執筆者:水口貴博

まとめ
(流されない生き方をする30の方法)
流されない生き方をする30の方法

  • 妄想するのではなく、行動する。
  • 「自分は人生の脇役」ではなく「人生の主役は自分」と考える。
  • 他人評価ではなく、自分評価で生きる
  • 積極的になる。
  • 他人意識ではなく、当事者意識を持つ。
  • ぼんやりした考えは避け、はっきりした考えを持つ。
  • 「流れは作ってもらうもの」ではなく「流れは自分で作るもの」と考える。
  • 協調性より共感性を意識する。
  • 感情的な人にはならない。 理性的な人になる。
  • ポリシーを持つ。 一度決めたポリシーは、よほどのことがないかぎり、貫く
  • スピリチュアルの世界ではなく、リアルの世界を生きる。
  • 集団行動には注意する。 孤独を愛し、個人で行動する。
  • 心の支えを作る。
  • 世の中の変化に合わせて、自分も変化していく。
  • 「流行」ではなく「自分らしさ」を追いかける
  • 「八方美人」ではなく「一方美人」になる。
  • 虫の目(ミクロ視点)・鳥の目(マクロ視点)の両方を身につける
  • 依存型人間から自立型人間に生まれ変わる。 完全な自立が難しい場合は、依存割合を少しでも減らしていく。
  • 抽象的な言葉遣いは避け、具体的な言葉遣いを心がける。
  • 自分を責めない癖があれば、やめる。 自分を褒める癖をつけ、自己肯定感を高めていく。
  • 成長を止めない。 何事もチャレンジと思って、成長に対して貪欲になる。
  • 「なりたい自分」「叶えたい目標」をイメージして、夢の実現に向けて突き進む。
  • 過干渉してくる人とは、距離を置く。
  • トラブルが起こったときは「大変だ」と焦るのではなく「何とかなる」と笑う。
  • 失敗体験だけでなく、成功体験を積み上げて、自己肯定感を高めていく。
  • 心身を元気にする。 心身が病んでいるときは、回復を最優先する。
  • 休みなく続けるのではなく、適度に休憩を入れながら取り組む。
  • 秘密主義にはならない。 自己開示主義になる。
  • プロ意識を持って仕事に取り組む。
  • 日々のニュースに目を通し、世の中に詳しくなっておく。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION