公開日:2023年7月14日
執筆者:水口貴博

「毎日同じことの繰り返し」と思ったときの30の言葉

  • 自信がついてからトライするのではない。
    自信は、
    トライしながらつけていくものだ。
「毎日同じことの繰り返し」と思ったときの30の言葉

今すぐできる、新しいチャレンジとは。

「新しいチャレンジ」にはどんなイメージがありますか。
難しそうで大変なイメージがあるかもしれません。
苦労があったり時間がかかったりするイメージがあるかもしれません。

個性は、人だけでなく、他の動物にも存在している。

動物園に行くと、たくさんのサルがいます。
水族館に行くと、たくさんのペンギンがいます。
日本庭園に行くと、たくさんコイが優雅に泳いでいます。

失敗したとき「良い勉強になった」を口癖にしておく。

仕事で失敗した。
好きな人に振られて、失恋した。
自分の発言のせいで、人を傷つけてしまった。

道を聞かれたとき、道順に加えて、もう1つ情報を伝えたい。
相手に喜ばれる、プラスアルファの情報とは。

街中を歩いていると、道を聞かれることがあるでしょう。
「すみません。道をお伺いたいのですが、○○にはどう行けばいいでしょうか」
初めての場所は、土地勘もゼロ。

自信がついてからトライするのではない。
自信は、トライしながらつけていくものだ。

「自信がないからやりません」と言う人がいます。
それはナンセンスです。
自信がつくのを待たないことです。

「やってみますか」と声をかけられたら、すぐ快諾する人がチャンスをつかむ。

見学していると「やってみますか」と声をかけられることがあります。
生け花を見学していると、先生から「やってみますか」と声がかかります。
工場の作業を見学していると、スタッフから「やってみますか」と声がかかります。

間違いを指摘されても、逆ギレしない。

間違いを指摘されたとき、逆ギレする人がいます。
「ここは認証バイアスといってね」
「すみません、間違っています。認証バイアスではなくて確証バイアスです」

バスを降りるとき、運転手さんにお礼を言っていますか。

バスは、私たちにとって最も身近な公共交通機関の1つです。
通勤や通学など、移動の足として、日頃からバスを利用している人も多いのではないでしょうか。
そんなバスで、気になる光景を目にすることがあります。

「醜い」を「かわいい」に置き換えると、世の中の見え方が変わってくる。

世の中には「醜い」と呼ばれる生き物が存在します。
たとえば、ブタやカエルは醜い生き物として知られています。
「ブタは醜い」「カエルは醜い」といった声がよく聞かれます。

著書名も著者名もわからず、店員さんに本を探してもらうのは難しい。

書店にいると、店員さんに本を探してもらう人を見かけることがあります。
目的の本があっても、書店ではたくさん本が置いてあるので、探すのに苦労します。
検索機が置いていない書店も少なくありません。

厄払いは、厄年の人だけが受けるものではない。

「なんだか最近、ついてないな」
「なぜか不運な出来事が続いている」
「このごろずっと心が重いような気がする」

「くだらない問題」という言い方は、問題に失礼だ。

試験勉強に役立つのが「一問一答」です。
基本的な知識が身につけば、一問一答で知識の確認です。
一問一答はクイズのような感覚があって楽しく勉強できます。

失敗しても、経験という宝物が残る。

失敗してもいいのです。
負けてもいいのです。
努力が無駄になってもいいのです。

股のぞきで自分の部屋を見てみよう。
新鮮な世界が広がっていて面白い。

たまには自分の部屋を逆さまで見てみてください。
方法は簡単です。
シンプルに股からのぞきをするだけです。

自分らしくないかどうかは、一度やってみないとわからない。

「この服は自分らしくない」
「ヨガをするなんて自分らしくない」
「ダンスをするなんて自分らしくない」

単語を書いて覚えるとき、薄い字で書かない。

単語を書いて覚えるとき、薄い字で書く人がいます。
単語の勉強は、声に出して覚えるほか、紙に書いて覚えることも効果的です。
漢字なら、形を正しく覚えなければいけません。

「ごちそうさま」を言い忘れていませんか。

食事をするときは、手を合わせて「いただきます」と言います。
食事をするときの挨拶言葉ですね。
家でも学校でも、食事をするときは「いただきます」の一言を口にするようしつけられてきました。

結果が出ないのは、集中力を大切にしていないから。

同じ時間だけ勉強しているのに、成績の伸びが良い人がいます。
「もともと頭が良いからだ」「才能があるから簡単に結果が出るんだ」と思うかもしれませんが、違います。
人の脳にそれほど差はありません。

清掃員は「挨拶しなくてもいい人」ではなく「挨拶しなければいけない人」。

オフィスビルには清掃員がいて、至るところの清掃を行っています。
オフィス内をはじめ、廊下、階段、お手洗いなど、細かなところまで清掃を手がけています。
そんな清掃員に対して挨拶をしない人がいます。

目礼は、社会人として身につけておきたい、大人の挨拶。

スムーズな人間関係を築くために、身につけておきたい挨拶のスキルがあります。
「目礼」です。
目礼とは、目で交わす、軽い挨拶のことをいいます。

感情は収まっても、ストレス解消は必要。

嫌なことがあると、いらいらします。
不快なことがあると、ストレスを感じます。
怒りや悲しみの感情が、心の中で湧き起こる。

全員の料理が同時に出てくるのは、実に感動的なこと。

家族や友人とレストランに行くと、全員の料理が同時に出てくることです。
「ちょうど全員分が来たね。同じタイミングで良かったね。一緒に食べ始められるね」と思います。
何気ないことに思うかもしれませんが、そうではありません。

共同作業をすることで、信頼関係が深まる。

2015年8月、航空宇宙局(NASA)の資金提供のもと、ハワイでユニークな模擬試験が行われました。
「ハイシーズ」と呼ばれる、将来の有人火星探査に関するプロジェクトです。
孤立した空間で365日の共同生活を送るというものです。

雨の日も、散歩日和。

日頃から散歩を楽しんでいる人は多いでしょう。
散歩の習慣がある人は多い。
晴れた日の散歩は、青空が広がっていて気持ちがいいものです。

やったことがない趣味の話が出ても「わからない」とは答えない。

やったことがない趣味の話が出てきたとき、どう答えるかです。
相手が「趣味は将棋です」「趣味はボルダリングです」と言ったとき「やったことがないでわかりません」と一蹴する人がいます。
「わかりません」の一言は壁を作ります。

悪口グループに所属しているなら、思い切って抜けてしまおう。

あるところに、悪口を言わないと決断した人がいました。
「よし、人の悪口はやめる! もう二度と悪口を言わない!」
今まで文句も悪口もずけずけ言っていましたが、ある日そんな自分が嫌になりました。

変なニックネームをつけられたくないための、シンプルな工夫とは。

あなたはどんなニックネームで呼ばれていますか。
進学・就職・転勤など、新しい人間関係がスタートしたとき、ニックネームで呼ばれることがあります。
自己紹介をすると、相手から「じゃあ、ニックネームは○○だね」と勝手に決められることがあるものです。

自転車のブレーキがうるさくなったら、放置しない。

自転車のブレーキがうるさくなったら、早めに対処しましょう。
自転車のブレーキがキーキー鳴っているにもかかわらず、放置している人がいます。
本人は「別に不便は感じていない。ちょっと音がするだけ」と思っているのでしょう。

新しい経験が増えるのは、きちんとチャレンジができている証拠。

「最近、新しい経験が増えているなあ」
「最近、新しい出会いが多いなあ」
「ここ数カ月で新しい知識がどっと増えたなあ」

人からの親切を「私はそんな年寄りじゃない」と言い返さない。

あるところに親切な人がいました。
席を譲ろうと声をかけると、意外な言葉が返ってきました。
「私はそんな年寄りじゃない」と言い返されたのです。

同じカテゴリーの作品

1:30:19
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION