公開日:2023年8月29日
執筆者:水口貴博

人生の楽しみを増やす
30の方法

  • ポパイはホウレンソウを食べてパワーアップした。
    パワーアップフードがあれば、
    ピンチを切り抜けられる。
人生の楽しみを増やす30の方法

ポパイはホウレンソウを食べてパワーアップした。
パワーアップフードがあれば、ピンチを切り抜けられる。

アメリカの漫画『ポパイ』の主人公ポパイは、パワーアップフードがあります。
大好物のホウレンソウです。
ポパイはピンチになると、缶詰のホウレンソウを食べます。

ポパイはホウレンソウを食べてパワーアップした。パワーアップフードがあれば、ピンチを切り抜けられる。

夢を叶えるためには、手段と目的の一致が大切。

手段と目的があります。
手段は、目的を達成するための具体的な方法です。
手段が正しければ、やればやるほど目的に近づけ、いずれ達成となります。

夢を叶えるためには、手段と目的の一致が大切。

「お金のためなら何でもする」という考え方には要注意。

「お金のためなら何でもする」という人がいます。
たしかにお金は大切です。
お金がないと生きてはいけません。

「お金のためなら何でもする」という考え方には要注意。

休憩を入れないで、だらだら勉強するのが悪いとは限らない。

休憩を入れながら勉強する人がいます。
一方、休憩を挟まず、だらだら勉強する人がいます。
結果を出せるのはどちらでしょうか。

休憩を入れないで、だらだら勉強するのが悪いとは限らない。

有名人に会った話は、すればするほど、小粒に見える。

有名人に会ったことを嬉しそうに話す人がいます。
「この前、有名人の○○と会ってきた! 握手してきた! ツーショットの写真も撮った!」
本人はご満悦の様子です。

有名人に会った話は、すればするほど、小粒に見える。

気づきも、れっきとした勉強の1つ。

日常生活では、気づきが得られることがあります。
海外旅行をして、文化の違いに気づかされることがあります。
子どもと話していると、子どもの視点に気づかされることがあります。

気づきも、れっきとした勉強の1つ。

サプライズに驚かない人は、愛されない。

サプライズがあったとき、無反応を貫く人がいます。
家族や友人が企画して、何日も前からサプライズを準備します。
面白いプレゼントだったり、意表を突いたパーティーだったりです。

サプライズに驚かない人は、愛されない。

分単位の隙間時間で満足しない。
秒単位の隙間時間も活用しよう。

試験に向けた勉強は、時間との勝負です。
限られた時間で、いかに結果を出せるかです。
ここで大切なのは「隙間時間の活用」です。

分単位の隙間時間で満足しない。秒単位の隙間時間も活用しよう。

ゲームに負けそうになってから「やり直そう」と言うのはルール違反。

ゲームに負けそうになってから「やり直そう」と言う人がいます。
終了直前にぐだぐだ言い始めます。
決着がつく前にリセットボタンを押そうとします。

ゲームに負けそうになってから「やり直そう」と言うのはルール違反。

「○○は一番」という表現は、使い方に注意すること。

「○○は一番」という表現があります。
ときどき聞かれる表現ですが、使い方に気をつけましょう。
使い方を誤ると、思わぬ誤解を招くことがあります。

「○○は一番」という表現は、使い方に注意すること。

近道のはずが近道ではなかったとき、どうするか。

近道のはずが近道ではなかったときがあります。
行き止まりで引き返すことになりました。
思っていたのと違っていて、遠回りをすることになりました。

近道のはずが近道ではなかったとき、どうするか。

はじけていないトウモロコシも、ポップコーンの醍醐味だいごみ

ポップコーンの入れ物の底を見てください。
はじけていないトウモロコシが少し残っています。
ポップコーンになれなかった、トウモロコシです。

はじけていないトウモロコシも、ポップコーンの醍醐味。

「話し上手だね」と言われたとき、素直に喜んでいいとは限らない理由とは。

「話し上手だね」と言われたら、どう感じるでしょうか。
「話し上手」という言葉は、ポジティブな意味として受け止められるのが一般的です。
たしかに世の中には話し上手な人がいます。

「話し上手だね」と言われたとき、素直に喜んでいいとは限らない理由とは。

嘘泣きの効果があるのは最初だけ。
嘘泣きで親友は作れない。

嘘泣きをする人がいます。
嘘泣きといえば、子どものすることと思われがちですが、大人でもする人がいます。
嘘泣きをする人には、必ず狙いがあります。

嘘泣きの効果があるのは最初だけ。嘘泣きで親友は作れない。

名前を間違えられても、腹を立てない。

「名前を間違えられた!」
「名前を間違えるなんてありえない。なんて失礼なのだろう!」
「ふりがなを付けているのに見ていないのかな?」

名前を間違えられても、腹を立てない。

イメージと違う髪型にされたら、イメージチェンジをしたつもりで楽しもう。

美容院でカットをお願いしたとき、イメージと違う髪型にされることがあります。
初めて行く美容院や、初めての美容師さんに担当してもらったときにありがちです。
違うところをカットされたり、思った以上に短くカットされたり、重めのボブでお願いしたのにおかっぱみたいにされたり。

イメージと違う髪型にされたら、イメージチェンジをしたつもりで楽しもう。

間違えた人を見て「ばかだなあ」「頭、悪いなあ」と言わない。

「ばかだなあ」「頭、悪いなあ」と言う人がいます。
恥ずかしいミスした人を見て「ばかだなあ」とつぶやきます。
簡単な問題に間違えた人を見て「頭、悪いなあ」とつぶやきます。

間違えた人を見て「ばかだなあ」「頭、悪いなあ」と言わない。

マナー違反の人を注意するとき、直接声をかけない。
スタッフを通して注意してもらうのがベスト。

美術館内で鑑賞していると、マナーの悪い人を見かけることがあります。
作品に触れている人、大きな声で会話しながら鑑賞する人、休憩スペース以外のところで飲食をしている人。
マナーの悪い人がいると、なかなか鑑賞に集中できません。

マナー違反の人を注意するとき、直接声をかけない。スタッフを通して注意してもらうのがベスト。

なぜ買ったばかりの服を着ているときに限って、すぐ食事で汚してしまうのか。

新しい服を買うと嬉しい。
さっそく着て、出かけたくなります。
誰かと会いたくなります。

なぜ買ったばかりの服を着ているときに限って、すぐ食事で汚してしまうのか。

映画の感想を求められたとき「つまらなかった」と言わないこと。

「○○の映画を見ました」と話すと、相手から「どんな映画だった?」と聞かれます。
このとき「つまらなかった」と答える人がいます。
正直な感想なのかもしれませんが、ここは言葉に注意したいところです。

映画の感想を求められたとき「つまらなかった」と言わないこと。

喧嘩の原因は、ささいなことがほとんど。

私たちは、喧嘩の原因を大げさに捉えているところがあります。
もちろん重大なこともありますが、それはごく一部に過ぎません。
実際のところ私たちの喧嘩の原因は、ささいなことがほとんどです。

喧嘩の原因は、ささいなことがほとんど。

日本の魅力に詳しいのは、日本人より外国人。

日本人だからといって、日本の魅力に詳しいとは限りません。
日本人なら日本の魅力に詳しいと思われがちですが、そうとは言い切れないところがあります。
意外なことに、日本人より外国人のほうが、日本の魅力に詳しいことが多いのです。

日本の魅力に詳しいのは、日本人より外国人。

実家に帰省するか迷ったとき、思い出したい言葉。

お盆や年末年始の時期になると、多くの人が実家に帰省するか迷います。
「帰省する」と言うのは簡単ですが、実際に行動に移すとなるとなかなか大変です。
帰省にはお金がかかります。

実家に帰省するか迷ったとき、思い出したい言葉。

字を褒められて、嫌な人はいない。

ときどききれいな字を書く人を見かけることはありませんか。
お店で領収書をお願いすると、きれいな字で書いてくれる人がいます。
書類に必要事項の記入をお願いすると、驚くほどきれいな字の人がいます。

字を褒められて、嫌な人はいない。

赤ちゃんのハイハイを楽しめるのも今だけ。

赤ちゃんの歩行は、ハイハイから始まります。
最初は立って歩けないので、四つんいになってよちよち歩きます。
四つん這いなのに、つまずいて転ぶことも少なくありません。

赤ちゃんのハイハイを楽しめるのも今だけ。

上司から「ちょっといいかな」と呼ばれたときも、きちんとメモ帳を持参する。

上司から「ちょっといいかな」と呼ばれたとき、メモ帳を持参しない人がいます。
たしかに軽い呼ばれ方です。
数分で終わる話なのだろうと思われます。

上司から「ちょっといいかな」と呼ばれたときも、きちんとメモ帳を持参する。

「何もない」なんて言わないこと。

「何もない」という人がいます。
「田舎には何もない」
「○○市には何もない」

「何もない」なんて言わないこと。

誰でも簡単にできる、誘惑に打ち勝つトレーニングとは。

人生では、誘惑に惑わされることがあります。
特に都会では、誘惑が至る所にたくさんあって大変です。
誘惑は、悪魔のささやきです。

誰でも簡単にできる、誘惑に打ち勝つトレーニングとは。

真夏日の昼間に犬を散歩させない。

真夏日に犬を散歩させないことです。
お天気がいいと犬との散歩日和に思うかもしれませんが、実際は逆です。
地面が熱すぎるのです。

真夏日の昼間に犬を散歩させない。

誰も見ていないからといって、トイレの後、手を洗わないのはダメ。

誰も見ていないからといって、トイレの後、手を洗わない人がいます。
人が見ているときはきちんと手を洗うのですが、誰も見ていないときは手を洗わないのです。
手洗いを面倒くさがる人によく見られます。

誰も見ていないからといって、トイレの後、手を洗わないのはダメ。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION