公開日:2021年11月4日
執筆者:水口貴博

人生の岐路に立ったときの
30の言葉

  • 自分の生き方は、
    自分で決める。
人生の岐路に立ったときの30の言葉

自分の生き方は、自分で決める。

自分の生き方は誰が決めるのでしょうか。
自分です。
親が決めるものでもありません。

自分の生き方は、自分で決める。

人生の岐路に立ったとき、自分はどうしたいのか考えることが必要。

人生の岐路に立ったときは、さまざまな声が聞こえてきます。
親の声、先生の声、友人や恋人の声、上司や先輩の声。
自分から意見を求めることもあれば、相手から言われることもあるはずです。

人生の岐路に立ったとき、自分はどうしたいのか考えることが必要。

人生の岐路に立ったとき、正しい選択をする基準は1つだけ。
「後悔しない道を選ぶ」

人生の岐路に立ったとき、正しい選択をするにはどうすればいいのでしょうか。
お金のこと、家族のこと、健康のことなど、さまざまなことを考慮する必要があります。
親の声もあれば、周りからの声に惑わされることもあり、なかなか容易ではありません。

人生の岐路に立ったとき、正しい選択をする基準は1つだけ。「後悔しない道を選ぶ」

人生の岐路に役立つヒントは「子どものころの作文」にある。

人生の岐路に立ったときは、子どものころの作文を読んでみましょう。
小学生や中学生のころ、将来の夢や仕事について書いた作文があるのではないでしょうか。
たいていは一度書いたきりで、なかなか読み返すことはありません。

人生の岐路に役立つヒントは「子どものころの作文」にある。

思うように休めないのは、休むことに慣れていないから。

休むのが下手な人がいます。
ろくに休暇を取りません。
サボることもなく、いつも真面目で一生懸命。

思うように休めないのは、休むことに慣れていないから。

人生の岐路では「短期的な視点」に要注意。
目先のことにとらわれると、落とし穴にはまる。

人生の岐路で避けたいことの1つは「短期的な視点」です。
「今すぐお金が欲しい」
「今すぐ結婚したい」

人生の岐路では「短期的な視点」に要注意。目先のことにとらわれると、落とし穴にはまる。

あなたの才能は「頑張らなくても人よりうまくできること」にある。

あなたが才能はどこにあるのでしょうか。
難しい問いに思えますが、実はシンプルな話です。
あなたが才能は「頑張らなくても人よりうまくできること」にあります。

あなたの才能は「頑張らなくても人よりうまくできること」にある。

周りの生き方に惑わされてはいけない。
「人は人、自分は自分」で考えることが大切。

人生の岐路では「人は人、自分は自分」という考え方が大切です。
友人から進路決定の話を聞いたとき、心がそわそわして、少なからず動揺することがあるでしょう。
周りが自分より順調に進んでいたり、自分よりかっこいい道に進もうとしていたりすると、影響を受けます。

周りの生き方に惑わされてはいけない。「人は人、自分は自分」で考えることが大切。

人生の岐路に立ったときは、悔いのないよう全力を尽くすこと。

人生の岐路に立ったときは、悔いのないよう全力を尽くしてください。
手抜きは一切不要です。
今後の人生を決める、重要な場面だからです。

人生の岐路に立ったときは、悔いのないよう全力を尽くすこと。

忙しくても時間を割いてしていることが、本当に好きなこと。

「忙しくて好きなことができません」と言う人がいます。
たしかに何をするにも、時間は必要です。
時間がなければ、やりたいこともできず、好きなことにも打ち込めないように思えます。

忙しくても時間を割いてしていることが、本当に好きなこと。

人生の岐路とは「チャンスの塊を得た」ということ。
きちんと生かせば、素晴らしい未来がやってくる。

人生の岐路に立ったら「チャンスの塊を得た」と思ってください。
人生の岐路は、さまざまなチャンスに関わる場面でもあるからです。
自己理解を深めるチャンスです。

人生の岐路とは「チャンスの塊を得た」ということ。きちんと生かせば、素晴らしい未来がやってくる。

「経済力」という言葉を使うと、印象がよくなる。

「お金持ちになりたい」という言葉は、悪い言葉ではありません。
「できるだけお金をたくさん持ちたい」と思うのは、当然の気持ちです。
事実、お金があるほど、さまざまなことが実現可能になります。

「経済力」という言葉を使うと、印象がよくなる。

あれもこれも、欲しがってはいけない。

あれもこれも欲しがってはいけません。
あれもこれも欲しがるのは、我慢を知らない人のすることです。
欲のままに欲しがると終わりがありません。

あれもこれも、欲しがってはいけない。

残り時間で考える習慣を持つ。

計画を立てるときには、今の時間を起点にして考えるより、残り時間で考えるほうがうまくいきます。
残り時間で考えるほうが具体的になるからです。
「残り90日」という日数にして考えるほうが、計画も分けて考えやすくなります。

残り時間で考える習慣を持つ。

人が正しいと言うやり方と自分が正しいと思うやり方。
どちらを優先すべきか。

自分事のことで判断や選択に迷うことがあり、人に意見を求めました。
そんなとき、自分の意見と相手の意見が一致しないことがあります。
「人が正しいというやり方」と「自分が正しいと思うやり方」の2つがあるとします。

人が正しいと言うやり方と自分が正しいと思うやり方。どちらを優先すべきか。

直線コースばかりでは単調で眠くなる。
人生は、曲線コースが面白い。

多くの人が直線コースの人生を目指しています。
よい大学に進学して、一流企業に就職して、運命の人と結婚する。
幸せな家庭を持ち、子宝に恵まれ、自分の家を持つ。

直線コースばかりでは単調で眠くなる。人生は、曲線コースが面白い。

声を褒められて嫌な人はいない。

いい声の人に出会ったら、声を褒めましょう。
外見や性格を褒めることはあっても、声を褒める人は少ない。
声優やアナウンサーのように声で仕事をしている人なら別ですが、そうでなければ声を褒められることは少ないでしょう。

声を褒められて嫌な人はいない。

印象や雰囲気で向き不向きを判断してはいけない。

「私にこれは向いていません」「私はこれが向いていると思います」と言う人がいます。
じっくり話を聞いてみると、不自然な点に気づきました。
まだ一度も経験したことがないのです。

印象や雰囲気で向き不向きを判断してはいけない。

人生の岐路に立ったとき「壁にぶつかった」と勘違いしないこと。

人生の岐路に立ったとき「壁にぶつかった」と考える人がいます。
これはよくある勘違いです。
自分で作り出した幻想であり、ないのに「ある」と思い込んでいます。

人生の岐路に立ったとき「壁にぶつかった」と勘違いしないこと。

極論すれば、人の話はすべて、自分に関係する話になる。

なぜ人の話を興味を持って聞けないのか。
それは、自分に関係ない話だと思っているからです。
自分に関係している話なら興味を持って聞けますが、自分に関係ない話は興味が湧かず、退屈に感じます。

極論すれば、人の話はすべて、自分に関係する話になる。

スーパースターが自分と同じ年齢のときに何をしていたのか知っても、動揺しない。

世の中には「スーパースター」と言われる人物がいます。
各界には、スーパースターと呼ばれる人物がいるでしょう。
過去のスーパースターもいれば、現在活躍中のスーパースターもいます。

スーパースターが自分と同じ年齢のときに何をしていたのか知っても、動揺しない。

「やっぱりやめます」と言えるのも、勇気。

「よくお似合いですよ」
お店で服を選んでいると、店員から声をかけられ、服との相性を褒められました。
お世辞や決まり文句とわかっていても、やはり嬉しい一言に違いありません。

「やっぱりやめます」と言えるのも、勇気。

運動不足の自覚があるだけでも幸い。

「私は運動不足です」
「オフィスワークが多くてろくに運動をしていない」
「ずっと体を動かしていないので何とかしないといけない」

運動不足の自覚があるだけでも幸い。

ポジショントークであっても、耳を傾ける価値はある。

ポジショントークとは、自分の立場を利用して、自分が有利になる発言のことをいいます。
もともと投資業界で使われていた言葉ですが、現在では幅広い業界で使われています。
テレビや雑誌では、専門家たちが自分たちの立場を利用してポジショントークを繰り広げています。

ポジショントークであっても、耳を傾ける価値はある。

人生の岐路は、高速道路の分岐と同じ。
道を間違えても、回り道をすればいいだけ。

高速道路の運転中、うっかり分岐を間違えるときがありませんか。
「しまった! 間違えた!」と思ったときは時すでに遅し。
高速道路の逆走は厳禁です。

人生の岐路は、高速道路の分岐と同じ。道を間違えても、回り道をすればいいだけ。

自分の境遇を嘆くことがあれば、偉人の伝記を読もう。

「施設で育った」
「貧乏な家に生まれた」
「親が離婚していて、ひとり親で育てられた」

自分の境遇を嘆くことがあれば、偉人の伝記を読もう。

井の中の蛙としての生き方が合っている人もいる。

「井の中の蛙」という言葉があります。
広い海を知らない蛙のように、外に広い世界を知らず、狭い範囲の知識にとらわれることをいいます。
世間では井の中の蛙を非難する風潮があり、外に出て行くことを推奨する言葉が聞かれます。

井の中の蛙としての生き方が合っている人もいる。

オーディションに受からなくても、落ち込む必要はない。
制作サイドが求めているイメージに合っていなかっただけのこと。

オーディションで不採用通知を受けたとき、ひどく落ち込む人がいます。
「またダメだった。容姿が悪いせいだろうか。演技力が低いせいだろうか。情けないことだ」
落ち込むだけで終わらず、自分を責めて、自己嫌悪や自己否定をする人さえいます。

オーディションに受からなくても、落ち込む必要はない。制作サイドが求めているイメージに合っていなかっただけのこと。

自分で選んだ道しか、幸せになれない。

どんな道を選ぶかは、重要ではありません。
重要なのは、誰が選んだかです。
他人に選んでもらった道は、残念ですが、すべて要注意です。

自分で選んだ道しか、幸せになれない。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION