公開日:2021年11月25日
執筆者:水口貴博

人生の転機を迎えたときの
30の言葉

  • 意思決定に失敗しないコツは、
    納得するまで調べ尽くすこと。
人生の転機を迎えたときの30の言葉

意思決定に失敗しないコツは、納得するまで調べ尽くすこと。

意思決定に失敗しないコツは何でしょうか。
それは「納得するまで調べ尽くすこと」です。
基本的な方法でありながら、最も確実な方法でもあります。

意思決定に失敗しないコツは、納得するまで調べ尽くすこと。

いい波が来たら、しっかり乗る。
人生のゴールデンタイムは、最大限に生かす。

人生では「いい波」がやってくることがあります。
何の前触れもなく、急にいい波がやってきます。
突然モテ期に恵まれることがあります。

いい波が来たら、しっかり乗る。人生のゴールデンタイムは、最大限に生かす。

「面倒くさいからやりたくない」と思うことは好きではない。
「面倒くさいけどやりたい」と思うことが好きなこと。

好きなことでも面倒くさく感じることがあります。
私たちは人間ですから、やる気が出なかったり気が進まなかったりすることは当然あることです。
違いが生まれるのは「面倒くさいと感じたとき」です。

「面倒くさいからやりたくない」と思うことは好きではない。「面倒くさいけどやりたい」と思うことが好きなこと。

お金がないとできないと思っていることは、お金がなくてもできる。

あなたが実現したいことは、本当にお金が必要でしょうか。
いいえ、きっと誤解です。
「お金が必要」と思い込んでいるだけです。

お金がないとできないと思っていることは、お金がなくてもできる。

持ち前の個性を生かすことで、才能が発揮する。

日本映画を代表する映画監督の1人に「黒澤明」がいます。
戦後の日本映画を代表する名監督の1人であり、世界的にも有名です。
彼は数々の名作映画を残していますが、その誕生エピソードはユニークで学ぶところがあり、注目に値します。

持ち前の個性を生かすことで、才能が発揮する。

人生の転機に慌てるのは、日頃から変化に慣れていないから。

人生には「転機」があります。
仕事・人間関係・住む場所が大きく変わり、環境や生き方が一変する状況があります。
人生の転機では、大きな変化とストレスを経験します。

人生の転機に慌てるのは、日頃から変化に慣れていないから。

「一人前には3年かかる」という話にとらわれてはいけない。

会社に入って新人が一人前になるには、3年かかるといわれています。
「ひととおり仕事を覚えるには3年かかる」
「転職をするなら、最低でも3年は会社で経験を積まなければいけない」

「一人前には3年かかる」という話にとらわれてはいけない。

敵がいることに嘆くのではない。
味方・仲間がいることを喜ぼう。

邪魔や嫌がらせをしてくる人がいると、孤独を感じるでしょう。
自分を攻撃してくる人がいると「敵」と感じてしまいます。
その人に対してストレスを感じてしまい、接するだけで息苦しさを感じます。

敵がいることに嘆くのではない。味方・仲間がいることを喜ぼう。

親友は1人いれば十分。
1人の親友は、100人の友人以上の価値がある。

友人と親友はまったく違います。
友人は、仲が良くて気持ちの通い合っている人です。
同じ学校に通ったり、行動を共にしたり、一緒に遊んだりする仲間です。

親友は1人いれば十分。1人の親友は、100人の友人以上の価値がある。

大人になったらやってみたかったことを思い出そう。
大人になった今なら楽しめる。

子どものころを思い出してください。
「大人になったら○○をしてみたい!」
そんな願望を思い描いていたことがあるのではないでしょうか。

大人になったらやってみたかったことを思い出そう。大人になった今なら楽しめる。

どんな副業であろうと、本業がおろそかになってはいけない。

昨今、副業を許容する企業が増えてきました。
基本的に副業は就業規定で禁止されているはずですが、時代の潮流が変わってきました。
長引く不況や政府の推奨により、副業を認める企業が増えています。

どんな副業であろうと、本業がおろそかになってはいけない。

できない理由を見つけるのが上手な人は、大化けする可能性を秘めている。

できない理由を見つけるのが上手な人がいます。
「時間がなくてできない」「お金がなくてできない」「もう歳だからできない」「スペースがないからできない」などなど。
頭をひねって知恵を振り絞り、さまざまな視点からできない理由を見つけます。

できない理由を見つけるのが上手な人は、大化けする可能性を秘めている。

こつこつ続けていることが、自信になる。

シンプルな繰り返しであってもいいのです。
簡単な仕事でもいいのです。
自信をつけたいなら「継続」を大切にしてください。

こつこつ続けていることが、自信になる。

「都会は家賃が高い」という声をうのみにしてはいけない。
どんな都会にも、必ず安い物件がある。

「都会は家賃が高い」という声をよく聞きます。
メディアでは決まり文句のように「都会の家賃は高い」とうたっていて、あなたもよく耳にしていることでしょう。
「都会は家賃が高いのかあ。住むのが大変そうだ!」と思う人も多いはずです。

「都会は家賃が高い」という声をうのみにしてはいけない。どんな都会にも、必ず安い物件がある。

あなたの今週の目標。
「買ったまま読んでいない本を読む」。

今週のあなたの目標を申し上げます。
「買ったまま読んでいない本を読む」です。
あなたの部屋の本棚には、買ったまま読んでいない本があることでしょう。

あなたの今週の目標。「買ったまま読んでいない本を読む」。

生まれた環境を嘆いても仕方ない。
大切なのは、生まれた後をどう生きるか。

さまざまなところで自分の生まれた環境を悲観する声が聞かれます。
「生まれた家柄が悪い」
「生まれた場所が悪い」

生まれた環境を嘆いても仕方ない。大切なのは、生まれた後をどう生きるか。

何者かになりたいなら、1つの道を究めないといけない。

「何者かになりたい」
そう思ったら、必須条件があります。
それは「1つの道を究める」ということです。

何者かになりたいなら、1つの道を究めないといけない。

「今から始めて遅いですか」と聞いてしまうことは、本当に好きなことではない。

「今から始めて遅いですか」と聞いてくる人がいます。
ときどき耳にするセリフですが、ここにある違和感に気づくことです。
「はい、遅いです」と答えたら、チャレンジをやめるのでしょうか。

「今から始めて遅いですか」と聞いてしまうことは、本当に好きなことではない。

2番目にやりたいことをやっても、幸せにはなれない。

「1番目にやりたいことができないから、2番目で妥協する」
そう思う人もいるかもしれません。
たとえば、就職活動です。

2番目にやりたいことをやっても、幸せにはなれない。

先のことまで考えて満足してはいけない。
先の先のことまで考えるのだ。

リスクを回避するためには、先のことまで考えることが必要です。
起こるであろうリスクを想定して、その準備や対策を立てていきます。
私たちには想像力があります。

先のことまで考えて満足してはいけない。先の先のことまで考えるのだ。

挫折をしたのではない。
方向転換をしたのだ。

新しい仕事に取り組んだものの、途中でつまずくことがあります。
時間不足、資金不足、能力不足。
時期尚早、過大評価、反対意見。

挫折をしたのではない。方向転換をしたのだ。

はやっているからといって安易に手を出さない。
周りが流行で盛り上がっていても、自分の得意なことに集中する。

「儲かっています!」
「行列ができています!」
「大人気で盛り上がっています!」

はやっているからといって安易に手を出さない。周りが流行で盛り上がっていても、自分の得意なことに集中する。

表に出てこない成功者は大勢いる。

成功者だからといって有名とは限りません。
世の中には表に出てこない成功者がいます。
しかも大勢います。

表に出てこない成功者は大勢いる。

難しいイメージは思い込みかもしれない。
趣味は、ささいなきっかけで始まる。

昔々あるところに、50代の中年男性がいました。
彼には20代の一人娘がいました。
娘が結婚することになったので、彼は結婚式で何か面白い余興を披露しようと考えました。

難しいイメージは思い込みかもしれない。趣味は、ささいなきっかけで始まる。

自分で自分を、変えることはできない。

自分を変えるための、ささいな問題です。
ここに透明色のコップがあります。
中には水が入っています。

自分で自分を、変えることはできない。

人生は長いようで短いもの。
あっという間の連続だ。

私たちの人生は、どの年代もあっという間に終わるのが特徴です。
あっという間の10代。
あっという間の20代。

人生は長いようで短いもの。あっという間の連続だ。

「悔いのない人生を生きているか」という自問は、一度だけで満足してはいけない。

悔いのない人生を生きるために、大切な自問があります。
「悔いのない人生を生きているか」という質問です。
自分と人生についてじっくり考える機会になります。

「悔いのない人生を生きているか」という自問は、一度だけで満足してはいけない。

無理なキャラクターを演じるのではない。
自分らしいキャラクターを貫くのだ。

無理なキャラ作りをしないことです。
世の中には、キャラクターを作って生きている人がいます。
もともと根暗キャラなのに根明キャラを演じたり、もともと真面目キャラなのにおふざけキャラを演じたりです。

無理なキャラクターを演じるのではない。自分らしいキャラクターを貫くのだ。

外見を磨くより言葉遣いを磨く。
さあ、言葉美人を目指そう。

多くの女性がまず磨くのは、外見です。
メイク、ヘアスタイル、ファッションなど、人と会ってまず目につくのはやはり外見です。
女性にとって容姿は最重要であり、永遠のテーマであり、お金も手間暇もかけているでしょう。

外見を磨くより言葉遣いを磨く。さあ、言葉美人を目指そう。

下り坂にいるときでも、気持ちだけは上向きでいる。

ずっと右肩上がりが続くわけではありません。
人生の全盛期が過ぎると、下り坂が始まります。
「仕事」「収入」「健康」に暗い影が忍び寄ります。

下り坂にいるときでも、気持ちだけは上向きでいる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION