生き方

落ち込まない生き方をする
30の方法

  • 過去と他人を変えようとするから落ち込む。
    未来と自分を変えようとすれば落ち込まない。
落ち込まない生き方をする30の方法

もくじ

過去と他人を変えようとするから落ち込む。
未来と自分を変えようとすれば落ち込まない。

過去と他人を変えようとするから落ち込む。未来と自分を変えようとすれば落ち込まない。

過去を変えようとしていませんか。
他人を変えようとしていませんか。
「過去に後悔がある。どうしてあんなことをしてしまったのだろう。あのときこうすればよかった」

勝ち負けにこだわるから落ち込む。
楽しむことに集中すれば落ち込まない。

勝ち負けにこだわるから落ち込む。楽しむことに集中すれば落ち込まない。

勝ち負けにこだわるから落ち込みます。
勝ったときはいいですが、負けたときが大変です。
結果を出せなかったことに落ち込みます。

不得意に目を向けているから落ち込む。
得意に目を向ければ落ち込まない。

不得意に目を向けているから落ち込む。得意に目を向ければ落ち込まない。

不得意に目を向けるのはやめることです。
あなたには不得意なことがあるでしょう。
不得意なこととは「上手にできない」「スムーズにできない」ということです。

批判・悪口として受け止めるから落ち込む。
助言・激励として受け止めれば落ち込まない。

批判・悪口として受け止めるから落ち込む。助言・激励として受け止めれば落ち込まない。

人から厳しい言葉を言われることがあります。
厳しい言葉を、どう受け止めるかです。
厳しい言葉の受け止め方は、落ち込み方に関わります。

「失敗した」と思うから落ち込む。
「ヒントを得た」と思えば落ち込まない。

「失敗した」と思うから落ち込む。「ヒントを得た」と思えば落ち込まない。

失敗したとき、どう思うかが大切です。
失敗したときの考え方は、心の健康に影響します。
目的を果たせなかったとき「失敗した」と考えるのはよくありません。

のろのろ動いているから落ち込む。
てきぱき動けば落ち込まない。

のろのろ動いているから落ち込む。てきぱき動けば落ち込まない。

落ち込みたくないなら、スピード感が大切です。
スピードがないとリラックスができたり時間に余裕が生まれたりしてよさそうに思うかもしれません。
ところが、現実は違います。

弱みを克服しようとするから落ち込む。
強みを伸ばしていけば落ち込まない。

弱みを克服しようとするから落ち込む。強みを伸ばしていけば落ち込まない。

落ち込まない生き方を実現させたいなら、弱みに注意してください。
弱みを克服するのではありません。
弱みはそのままでいいのです。

弱気・後ろ向きの心だから、落ち込む。
強気・前向きの心になれば、落ち込まない。

弱気・後ろ向きの心だから、落ち込む。強気・前向きの心になれば、落ち込まない。

落ち込みやすさに関係するポイントの1つです。
それは「心の状態」です。
心がどんな状態であるかは、落ち込みやすさとつながっています。

低下や停滞に目を向けるから落ち込む。
成長や向上に目を向ければ落ち込まない。

低下や停滞に目を向けるから落ち込む。成長や向上に目を向ければ落ち込まない。

低下や停滞に目を向けないことです。
ある程度長く生きていると、自分や身の回りに低下や停滞を感じることがあるものです。
「体力が衰えた」

「最初からうまくいく」と思うから落ち込む。
「最初はうまくいかないもの」と思えば落ち込まない。

「最初からうまくいく」と思うから落ち込む。「最初はうまくいかないもの」と思えば落ち込まない。

「最初からうまくいく」と思ってはいけません。
「最初からうまくいく」と思うから落ち込むのです。
もちろん本音としては「最初からうまくいってほしい」と願うところでしょう。

夜だから落ち込む。
昼なら落ち込まない。

夜だから落ち込む。昼なら落ち込まない。

夜に注意してください。
夜は感情が不安定になりやすい時間帯です。
夜は、外が真っ暗です。

難しいことから始めるから落ち込む。
簡単なことから始めれば落ち込まない。

難しいことから始めるから落ち込む。簡単なことから始めれば落ち込まない。

初心者にもかかわらず、難しいことから始めるのはよくありません。
見栄を張ったり体裁を気にしたりして、いきなり難しいことから始める人がいます。
たしかに難しいことから始めるほうが、知的でかっこよく見えやすくなるでしょう。

他人になろうとするから落ち込む。
自分になろうとすれば落ち込まない。

他人になろうとするから落ち込む。自分になろうとすれば落ち込まない。

「私もあの人のようになりたい」
そう思うことがあるでしょう。
・憧れの先輩

深刻に受け止めるから落ち込む。
軽く受け流せば落ち込まない。

深刻に受け止めるから落ち込む。軽く受け流せば落ち込まない。

落ち込みやすい人には、何でも深刻に受け止める癖があります。
ちょっとしたトラブルでも「大変なことになった!」と深刻に受け止め、慌てふためきます。
小さな失敗も「大きな失敗をしてしまった!」と深刻に受け止め、涙目になります。

自分が嫌いだから落ち込む。
自分を好きになれば落ち込まない。

自分が嫌いだから落ち込む。自分を好きになれば落ち込まない。

あなたは自分が好きですか。
それとも嫌いですか。
もし自分が好きというのであれば、素晴らしいことです。

いつもむすっとしているから落ち込む。
いつもにこにこしていれば落ち込まない。

いつもむすっとしているから落ち込む。いつもにこにこしていれば落ち込まない。

なかなか笑わないのはよくありません。
なかなか笑わないということは、元気になるチャンスを逃しているということです。
落ち込みやすい人は、なかなか笑うことがありません。

やるべきことをやっていないから落ち込む。
やるべきことをやっていれば落ち込まない。

やるべきことをやっていないから落ち込む。やるべきことをやっていれば落ち込まない。

やるべきことをやっていないから落ち込みます。
やるべきことをやっていないのは、サボっている状態です。
「手抜きをしてしまった」

悪いほうに考えるから落ち込む。
よいほうに考えれば落ち込まない。

悪いほうに考えるから落ち込む。よいほうに考えれば落ち込まない。

「よいほうに考えるか、悪いほうに考えるか」
これは落ち込み方に影響するポイントの1つです。
そして人生全体に及ぼすポイントです。

孤立するから落ち込む。
孤独であれば落ち込まない。

孤立するから落ち込む。孤独であれば落ち込まない。

「1人の時間が大切」
「1人でいるとき、自分が磨かれる」
「1人の時間が人生を豊かにする」

落ち込むことをするから落ち込む。
最初から関わらなければ落ち込まない。

落ち込むことをするから落ち込む。最初から関わらなければ落ち込まない。

「これをすると確実に落ち込む」ということはありませんか。
落ち込むことをすると落ち込みます。
たとえば「グロテスクが苦手」という人がいるでしょう。

過剰な自信を持つから落ち込む。
謙虚な自信を持てば落ち込まない。

過剰な自信を持つから落ち込む。謙虚な自信を持てば落ち込まない。

落ち込まないためには「自信」が大切です。
自信があれば、自分を信じることができます。
しっかり前を向けます。

怒るから落ち込む。
叱れば落ち込まない。

怒るから落ち込む。叱れば落ち込まない。

自分が教える立場になり、誰かに厳しく接することがあるでしょう。
長く生きていたりキャリアを積んだりしていれば、自分が親や先輩として教える立場になります。
教える立場になったとき、相手が間違えたり言うことを聞かなかったりすることがあるもの。

いい人になろうとするから落ち込む。
いい人をやめれば落ち込まない。

いい人になろうとするから落ち込む。いい人をやめれば落ち込まない。

私たちは、いい人になりたがろうとする傾向があります。
嫌われるより好かれたいと思うでしょう。
なるべく多くの人から好かれ、いい人と思われたいと思うもの。

「落ち込んではいけない」と思うから落ち込む。
「たまには落ち込んでもいい」と思えば落ち込まない。

「落ち込んではいけない」と思うから落ち込む。「たまには落ち込んでもいい」と思えば落ち込まない。

「落ち込んではいけない」という考え方をしていませんか。
「○○してはいけない」という考え方は「禁止」です。
禁止されて嬉しい人はいません。

同じままでいるから落ち込む。
変わり続ければ落ち込まない。

同じままでいるから落ち込む。変わり続ければ落ち込まない。

「同じまま」
これだけのことですが、落ち込む要因の1つです。
「同じまま」ということは「変化がない」ということです。

「もうダメだ」と思うから落ち込む。
「さあ、これからだ」と思えば落ち込まない。

「もうダメだ」と思うから落ち込む。「さあ、これからだ」と思えば落ち込まない。

ピンチのときの考え方は、落ち込み方に影響します。
トラブルが発生して、どんどん状況が悪くなっていくと「いよいよピンチ」という瞬間があります。
そんなとき「もうダメだ」と嘆くことでしょう。

寝不足だから落ち込む。
睡眠をたっぷり取っていれば落ち込まない。

寝不足だから落ち込む。睡眠をたっぷり取っていれば落ち込まない。

落ち込みやすくなる、意外な原因があります。
「寝不足」です。
あなたの普段の平均睡眠時間はどのくらいですか。

「年は取るもの」と思うから落ち込む。
「年は重ねるもの」と思えば落ち込まない。

「年は取るもの」と思うから落ち込む。「年は重ねるもの」と思えば落ち込まない。

「年を取る」
年を取るものという考え方はよくありません。
「取る」という言葉にはネガティブな意味があります。

無目的に生きているから落ち込む。
夢や生きがいがあれば落ち込まない。

無目的に生きているから落ち込む。夢や生きがいがあれば落ち込まない。

無目的に生きないことです。
夢も生きがいもなく、ただぼんやり生きていると、落ち込んでしまいます。
行き先のない旅に出るようなものです。

不足に目を向けるから落ち込む。
感謝に目を向ければ落ち込まない。

不足に目を向けるから落ち込む。感謝に目を向ければ落ち込まない。

不足に目を向けないことです。
すべてが満たされている人はいません。
人は誰でも、1つや2つ、不足していることがあるものです。

同じカテゴリーの作品