公開日:2021年4月18日
執筆者:水口貴博

人生を真剣に生きる
30の言葉

  • 人生とは1日の積み重ね。
    1日を一生懸命生きる人は、
    素晴らしい人生を実現できる。
人生を真剣に生きる30の言葉

人生とは1日の積み重ね。
1日を一生懸命生きる人は、素晴らしい人生を実現できる。

人生とは、1日の積み重ねです。
80年生きるとすれば、およそ30000日です。
90年生きるとすれば、およそ33000日です。

人生とは1日の積み重ね。1日を一生懸命生きる人は、素晴らしい人生を実現できる。

過去の事実は変えられない。
過去の解釈を変えることならできる。

あなたの過去には、どんな後悔がどのくらいありますか。
後悔のない人はいません。
誰にでも後悔が1つや2つあるものです。

過去の事実は変えられない。過去の解釈を変えることならできる。

出会いは、一つ一つが、運のいい出来事。

「運がない」と嘆く人は、出会いの素晴らしさに気づいていません。
出会いは、一つ一つが運のいい出来事です。
出会いは日頃からたくさんあって、普通で平凡なことに思うかもしれません。

出会いは、一つ一つが、運のいい出来事。

勇気と行動力を高める魔法の言葉。
「失敗してもいいからやってみよう!」

勇気と行動力を高める魔法の言葉があります。
「失敗してもいいからやってみよう!」です。
何かに初めてチャレンジするとき、私たちは「失敗してはいけない」と思いがちです。

勇気と行動力を高める魔法の言葉。「失敗してもいいからやってみよう!」

今ほど若い瞬間はない。

過去には今より若い時期はありました。
しかし、今となって過去に戻ることはできません。
頭の中で思い出すことはできても、もう一度戻ることはできません。

今ほど若い瞬間はない。

苦手意識は、徹底的な練習で克服する。

試験や試合などの本番の際、苦手意識で悩まされる人がいます。
「なかなか自信を持って取り組めない」
「スムーズにできるかどうか不安がある」

苦手意識は、徹底的な練習で克服する。

狙いを絞るから、結果が出せる。

大学受験のときには、入る大学を決めてから、必要な科目がわかります。
「○○大学には、英語と国語と世界史が必要。○○大学には、英語と数学と化学が必要」
志望大学を決めると、勉強が必要な科目もわかってきます。

狙いを絞るから、結果が出せる。

いつでもできる仕事だからこそ、今すぐ取りかかる。

いつでもできる仕事は、今すぐ取りかかりましょう。
仕事の種類によっては「いつでもできる」というものがあるでしょう。
いつでもできる仕事は、いつでもできます。

いつでもできる仕事だからこそ、今すぐ取りかかる。

どうせ忘れるからといって最初から覚えないのはよくない。
忘れてもいいから積極的に覚えていく。

「どうせ忘れるからといって覚えません」という人がいます。
たしかに記憶は永遠ではありません。
機械の記憶とは違い、人の記憶は不確実で、だんだん忘れるようにできています。

どうせ忘れるからといって最初から覚えないのはよくない。忘れてもいいから積極的に覚えていく。

知ったかぶりばかりしていると、癖になる。
質問できない人になったら、脳の老化が加速する。

知ったかぶりをする人がいます。
知ったかぶりの口癖は「それなら知っているよ」「そのくらい知っているよ」です。
知っているふりをすれば、周りから「物知りだね! 博識だね! さすがですね!」と褒められます。

知ったかぶりばかりしていると、癖になる。質問できない人になったら、脳の老化が加速する。

人から役立つ話を聞いたら、すぐ実行に移す。

人から役立つことを聞くことがあります。
いわゆる「お役立ち情報」です。
税金控除の話、スーパーの安売り情報、役立つウェブサイトの紹介など、偶然いい話を聞くことがあるでしょう。

人から役立つ話を聞いたら、すぐ実行に移す。

今日一番頑張る瞬間を、毎日心がける。

日常会話の中で「一番頑張った瞬間」というフレーズを使うときがあります。
「去年、一番頑張った瞬間」「学生時代、一番頑張った瞬間」などです。
長いスパンで過去を振り返り「今思えば、あのとき一番頑張っていたな」と思います。

今日一番頑張る瞬間を、毎日心がける。

嫌いな人はいてもいい。
嫌いな人の悪口を言うのがいけない。

嫌いな人はいてもいいのです。
人間ですから、嫌いな人がいるのは自然なことです。
まったく相性が合わない人もいれば、生理的に受け付けない人もいるでしょう。

嫌いな人はいてもいい。嫌いな人の悪口を言うのがいけない。

大変なときは上り坂。
楽なときは下り坂。

人生には、上り坂と下り坂があります。
「苦しい」
「つらいな」

大変なときは上り坂。楽なときは下り坂。

無断欠勤は社会人として避けるべき行為。
正当な理由がないかぎり、徹底回避を心がける。

無断欠勤とは、従業員が事前の連絡を入れることなく、会社を休むことをいいます。
無断欠勤は社会人として避けるべき行為です。
正当な理由がないかぎり、無断欠勤だけは徹底回避を心がけましょう。

無断欠勤は社会人として避けるべき行為。正当な理由がないかぎり、徹底回避を心がける。

嘘は、後になればなるほど訂正しにくい。
うっかり嘘をついてしまったら、直後に訂正するのが賢明。

円満な人間関係を築くためには、できるだけ嘘を避けることが大切です。
嘘がよくないのは子どもでもわかることであり、言うまでもありませんね。
嘘はトラブルのもとです。

嘘は、後になればなるほど訂正しにくい。うっかり嘘をついてしまったら、直後に訂正するのが賢明。

恥ずかしいから、体当たりする。

恥は恐れるほど、行動を妨げる大きな障害です。
恥ずかしいと思うことは、誰しも避けたいと思うものです。
かっこよく、美しく、要領よくこなしたいと思います。

恥ずかしいから、体当たりする。

運動不足の解消は「歩くこと」から始まる。
少しでも歩数を増やし、歩く距離を伸ばそう。

運動不足の解消で取り組むことと言えばどんなことでしょうか。
ダンベルを使った筋トレや、ジョギングやランニングなどの有酸素運動を浮かべる人が多いでしょう。
スポーツジムに行って、本格マシンで筋トレに励んだりエアロビクスで汗を流したりするイメージを浮かべる人もいるでしょう。

運動不足の解消は「歩くこと」から始まる。少しでも歩数を増やし、歩く距離を伸ばそう。

努力の方向性を間違えていると、いくら努力しても結果が出ない。

「いくら努力しても結果が出ない」
行き詰まっているなら、振り返ってほしいポイントがあります。
「努力の方向性」です。

努力の方向性を間違えていると、いくら努力しても結果が出ない。

「逃げ癖」という言葉に逃げない。

逃げ癖のある人には「逃げ癖」という言葉がよく登場します。
トラブルがあったとき、安易に「逃げ癖」という言葉で理由を説明します。
「いつもの逃げ癖が出てしまいました」

「逃げ癖」という言葉に逃げない。

小さな仕事・簡単な仕事だからといって「手抜きをしてもいい」という思考になっていないか。

「小さな仕事だから、多少の手抜きは許されるだろう」
「簡単な仕事から、ちょっとくらい手抜きをしてもいいよね」
心当たりがあればイエローカードです。

小さな仕事・簡単な仕事だからといって「手抜きをしてもいい」という思考になっていないか。

その日の疲れは、その日のうちに取る。
ポイントは「入浴」と「睡眠」。

疲れは、知らず知らずの間にたまり、蓄積されます。
自分では大丈夫と思っても、頭の回転が鈍くなり、集中力が出なくなります。
ぼうっとし、表情が暗くなり、元気が失われます。

その日の疲れは、その日のうちに取る。ポイントは「入浴」と「睡眠」。

大人になってから勉強のやり直しができる人は心が若い証拠。
新しい青春の風が吹き始める。

大人になってから学生時代の勉強をやり直したいと思うことはありませんか。
学生時代にサボっていた勉強を、大人になってから急にやり直したくなるときがあります。
国語、歴史、英語、理科、地理、算数、数学。

大人になってから勉強のやり直しができる人は心が若い証拠。新しい青春の風が吹き始める。

目的とは関係のない友人が、夢への掛け橋となる。

自分の成長のためには、目的とはまったく関係のない友人を持つことです。
目的を果たすために必要な友人と関係を持つことは、もちろんのことですが、それだけでは成長はできません。
あえて目的とは関係のない友人を持つと、不思議なことに、目的に近づけます。

目的とは関係のない友人が、夢への掛け橋となる。

年始に立てた目標が放置されていないか。

12月31日の大みそかを終え、1月1日になると、新しい1年が始まります。
正月を迎えてよくするのは「今年の目標設定」です。
新年を迎えた直後はフレッシュにあふれています。

年始に立てた目標が放置されていないか。

健康診断を受けるのは、真面目に生きる姿勢。

年に1回は、必ず健康診断を受けましょう。
実家に帰省したりお墓参りに行ったりするのも大切ですが、健康診断を受けるのはもっと大切です。
健康診断をしなければ、体に悪いところがあってもなかなか気づけません。

健康診断を受けるのは、真面目に生きる姿勢。

3分の遅刻は叱っていい。
3時間の遅刻は叱っていけない。

3分の遅刻は叱っていいのです。
3分であっても、アウトです。
ぎりぎり間に合いませんでしたが、遅刻は遅刻です。

3分の遅刻は叱っていい。3時間の遅刻は叱っていけない。

「しっかり動く」と「しっかり寝る」を交互に繰り返せば、人生はうまくいく。

「しっかり動く」と「しっかり寝る」を交互に繰り返してください。
この2つのバランスが大切です。
それぞれ真逆の行為ですが、相関関係があります。

「しっかり動く」と「しっかり寝る」を交互に繰り返せば、人生はうまくいく。

人生に「さようなら」は必要ない。
「また会いましょう」と言い換える。

別れの言葉といえば「さようなら」です。
進学や引っ越しで離ればなれになるとき、転職や退職する人を送別するとき、大切な人を亡くして葬儀を行うとき。
そんなとき「さようなら」というセリフが聞かれます。

人生に「さようなら」は必要ない。「また会いましょう」と言い換える。

人生を無限と思ってはいけない。
人生は有限であることを自覚すると、人生観が変わり、生き方が変わる。

人生を無限だと思わないことです。
私たちは、いつか死ぬことを知識として知っていても、どこか信じられない感覚があります。
リアルに感じられず、ファンタジーのように感じることが多い。

人生を無限と思ってはいけない。人生は有限であることを自覚すると、人生観が変わり、生き方が変わる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION