生き方

人生に花を咲かせる
30の方法

  • 自分の花は、
    自分にしか咲かせられない。
人生に花を咲かせる30の方法

もくじ

自分の花は、自分にしか咲かせられない。

自分の花は、自分にしか咲かせられない。

人生に花を咲かせるために、一番大切なことがあります。
「自分の花は、自分にしか咲かせられない」ということです。
人に代行してもらうことはできません。

なぜ、あなたの人生は「いいね」の連続なのか。

なぜ、あなたの人生は「いいね」の連続なのか。

SNSでは「いいね」の機能があります。
「いいね」とは、ポジティブ評価を表します。
「いいね」の数が多ければ多いほど、その行為が認められたことになります。

ずっと迷い続けていることは、やったほうがいい。
「本当はやりたい」と思っている証拠。

ずっと迷い続けていることは、やったほうがいい。「本当はやりたい」と思っている証拠。

あなたにはずっと迷い続けていることがあるでしょう。
「やろうかな、どうしようかな」
「気になって頭から離れないよ」

最後のどんでん返しは、最後にある。
全うした人だけが手に入れる奇跡。

最後のどんでん返しは、最後にある。全うした人だけが手に入れる奇跡。

「最後のどんでん返し」という言葉があります。
最後のどんでん返しは、映画でよくあります。
「こういう流れで話が進むのかな」と思いきや、最後に意外な真実が明かされ、状況が一変します。

自分がバージョンアップしている実感を持てば、また次も頑張れる。

自分がバージョンアップしている実感を持てば、また次も頑張れる。

自分がバージョンアップしている実感を持ちましょう。
新しい本を読んだり映画を見たり旅をするたびに、あなたはどんどんバージョンアップしています。
錯覚ではなく、事実です。

なぜ大きな仕事は、1人でやってはいけないのか。

なぜ大きな仕事は、1人でやってはいけないのか。

大きな仕事を1人で、やろうとしていませんか。
「大変そうだけど、1人でやろう。多分何とかなるだろう」
ちょっと待ってください。

最後に体重計に乗ったのはいつですか。

最後に体重計に乗ったのはいつですか。

突然ですが、あなたに質問です。
最後に体重計に乗ったのはいつですか。
「今日すでに1回乗っている」

好きなことをしていて、途中で嫌になったらどうするか。

好きなことをしていて、途中で嫌になったらどうするか。

好きなことをしていると、途中で意外な感覚に襲われることがあります。
「嫌になってくる」という感覚です。
どんどん心の高揚感が消えていき「好き」という気持ちがどこかに消えてしまうのです。

靴を磨くタイミングには、マナーがある。

靴を磨くタイミングには、マナーがある。

靴は、消耗の激しいアイテムの1つです。
衣服とは違って、直接地面に触れるため汚れやすい。
特に本革を使った靴はデリケートなので、定期的なメンテナンスが欠かせません。

知らない言葉と出会うことも、未知との遭遇の1つ。

知らない言葉と出会うことも、未知との遭遇の1つ。

「未知との遭遇」
そう聞いてイメージするのは何でしょうか。
スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『未知との遭遇』が有名です。

自慢したら、今度は相手の自慢を聞く番。

自慢したら、今度は相手の自慢を聞く番。

日常では自慢したくなる瞬間があります。
ラッキーに恵まれたり大きな手柄が得られたりしたときは、誰かに話を聞いてほしくなるもの。
鼻を高くして「ねえねえ聞いてよ」と自慢したくなるでしょう。

一発逆転を狙うから、うまくいかない。
百発逆転を狙えば、うまくいく。

一発逆転を狙うから、うまくいかない。百発逆転を狙えば、うまくいく。

「一発逆転を狙いたい」
苦しい状況で四苦八苦しているときは、早く抜け出したいと思うでしょう。
手軽に大成功できる方法がないか探したくなるもの。

いらいらしたら負け。

いらいらしたら負け。

あなたのストレス耐性を強くする言葉があります。
「いらいらしたら負け」です。
「いらいらしたら負け」と思ってください。

たまには利き手でないほうの手を使ってみよう。

たまには利き手でないほうの手を使ってみよう。

あなたの利き手はどちらですか。
あなたは利き手を中心に生活をしているでしょう。
利き手が右なら右手ばかりを使っていて、左なら左手ばかりを使っているはずです。

動きが遅い人にいらいらしてはいけない。
その人にとって普通のペースなのだ。

動きが遅い人にいらいらしてはいけない。その人にとって普通のペースなのだ。

時折動きの遅い人を見かけることがあります。
歩くのが遅い人、話すのが遅い人、仕事をするのが遅い人、すべてのことが遅い人。
動きが遅い人にいらいらすることはありませんか。

「何の話をしていたんだっけ?」と言えるのは、素晴らしいこと。

「何の話をしていたんだっけ?」と言えるのは、素晴らしいこと。

日常会話の中で、こんなセリフを言うことはありませんか。
「何の話をしていたんだっけ?」です。
楽しく話を進めていくうちに、だんだん話がそれていき、元の話題を思い出せなくなる状況です。

あなたの本性が出るのは、褒められたときではなく、叱られたとき。

あなたの本性が出るのは、褒められたときではなく、叱られたとき。

あなたの本性が出るのはいつでしょうか。
「褒められたときに本性が出るのではないか」
そう思っているなら、ちょっと違います。

悪いのは無計画な衝動買い。
計画的な衝動買いなら、冒険になる。

悪いのは無計画な衝動買い。計画的な衝動買いなら、冒険になる。

一般的に衝動買いは避けるべきこととされています。
衝動買いは、無駄遣いになりやすい。
勢いやスピードがあっていいのですが、冷静な判断がうまくいきません。

面倒なことではない。
面倒だと思い込んでいるだけだ。

面倒なことではない。面倒だと思い込んでいるだけだ。

あなたが面倒だと思っていることを思い出してください。
掃除、洗濯、炊事、買い物、通勤、通学。
日々のルーチンワークであったり、単調な繰り返し作業であったりするでしょう。

落とし物を届ける人は、自分が落とし物をしたとき、神様が助けてくれる。

落とし物を届ける人は、自分が落とし物をしたとき、神様が助けてくれる。

あるとき、落とし物を見つけることがあります。
道ばたであったり、お店やトイレの中であったりします。
落とし物を見つけたとき、どうしますか。

腕時計をするおしゃれもある。
腕時計をしないおしゃれもある。

腕時計をするおしゃれもある。腕時計をしないおしゃれもある。

おしゃれとして腕時計をしている人も多いでしょう。
ビジネスであれば、身だしなみとして腕時計が必要な場面もありますが、プライベートであれば自由です。
腕時計のファッションも一部です。

自分にとっては真面目な人生なのに、周りからは不可解に見える人生がいい。

自分にとっては真面目な人生なのに、周りからは不可解に見える人生がいい。

自分らしさを追求した人生は、他人から理解されるとは限りません。
自分らしい人生を実現すれば、周りから認められて褒められると思っているなら、考え直したほうがいいでしょう。
理解されないことのほうが大半です。

じっとしていられない人は、もともと成功しやすい素質が備わっている。

じっとしていられない人は、もともと成功しやすい素質が備わっている。

「じっとしていられない性格だ」
「じっとしていると、体がむずむずしてくる」
「つい体を動かしたくなる」

変わった性格の人は、もともと成功しやすい素質が備わっている。

変わった性格の人は、もともと成功しやすい素質が備わっている。

「変わっているね」
「ちょっと普通の人とは違うよね」
変わった性格の人は、そのことを指摘されることが多いでしょう。

元気がないときは、明るい服を着よう。
服があなたを励ましてくれる。

元気がないときは、明るい服を着よう。服があなたを励ましてくれる。

元気がないとき、どんな服を着ていますか。
暗い気持ちのときは、つい暗い色の服に手が伸びてしまうことが多い。
無意識に自分の気持ちを反映するような服を選びがちです。

個性は、作るものではない。
もともと備わっているものであり、にじみ出るもの。

個性は、作るものではない。もともと備わっているものであり、にじみ出るもの。

「個性を作る」というフレーズを耳にすることがあります。
「新しい個性を作ろう」
「あの人のような個性を作りたい」

気持ちを切り替えるパワーフレーズ。
「さあ、次に行こう!」

気持ちを切り替えるパワーフレーズ。「さあ、次に行こう!」

気持ちの切り替えがうまくいかなくて、苦しいときはありませんか。
「忘れたくても忘れられない」
「どうしても頭から離れない」

かわいいかどうかを人に聞かない。
自分の基準で決めていい。

かわいいかどうかを人に聞かない。自分の基準で決めていい。

「かわいく見えますか」
「どれがかわいいでしょうか」
そんなセリフを口にしていませんか。

視野が狭くなっているときは、高い場所から地上を見下ろそう。

視野が狭くなっているときは、高い場所から地上を見下ろそう。

「視野が狭くなっているな」
妙に窮屈な感覚を覚えることはありませんか。
集中しているときは、目の前がはっきり見える一方、周りの様子が目に入りにくくなります。

花が咲くには時間がかかるもの。
あなたの花は、もうすぐ咲く。

花が咲くには時間がかかるもの。あなたの花は、もうすぐ咲く。

すぐ花を咲かせようとしないでください。
もちろんすぐ花を咲かせたいと思うのが本音でしょう。
夢や目標があるとき、できるだけ短期間で実現させたいと思うもの。

同じカテゴリーの作品