生き方

風のように生きる
30の言葉

  • 「風のように生きる」とは。
風のように生きる30の言葉

もくじ

「風のように生きる」とは。

「風のように生きる」とは。

日常では「風のように生きる」という表現を聞くことがあります。
「風のように生きたい」
「あの人は、風のように生きている」

風のように生きるためには、まず肌で風を感じることが大切。

風のように生きるためには、まず肌で風を感じることが大切。

「風のように生きたい」
そう思ったら、まず実際に風を感じましょう。
頭の中でイメージするだけでは不十分です。

風のように生きるために心がけたい、3つの優しさ。

風のように生きるために心がけたい、3つの優しさ。

風は常に優しい存在です。
軽くて、柔らかくて、澄み切っています。
1つの場所にとどまらず、常に動きがあります。

風に幸せを感じよう。
地球の神秘であり、自然が生み出したアート。

風に幸せを感じよう。地球の神秘であり、自然が生み出したアート。

風を感じたら、こう思ってください。
「ああ、幸せだなあ」と。
「風を感じてだから何?」と思うかもしれません。

風のように生きるためには「スピード感」が欠かせない。

風のように生きるためには「スピード感」が欠かせない。

風のように生きるには、どうすればいいのでしょうか。
それは、風になったつもりですいすい動いていくことが大切です。
中でも特に意識したいのは「スピード感」です。

たまに不便を経験したほうが、便利なもののありがたみがよくわかる。

たまに不便を経験したほうが、便利なもののありがたみがよくわかる。

私たちは便利なものに囲まれた生活を送ってます。
便利な道具、便利な乗り物、便利なグッズ。
便利なものを使えば、時間や労力が少なくて済んで、ストレスも小さい。

リラックスしたいときは、魔法のおまじない「リラックス」を唱えよう。

リラックスしたいときは、魔法のおまじない「リラックス」を唱えよう。

リラックスしたいと思うときはありませんか。
ストレスを感じたり緊張状態が続いたりすると、のんびりしたい気持ちになるもの。
どこかに現実逃避したい気持ちに駆られるでしょう。

あなたに足りないのは「とりあえず動く」という習慣。

あなたに足りないのは「とりあえず動く」という習慣。

あなたに足りない習慣があります。
「とりあえず動く」という習慣です。
動くために、やる気や元気が必要と思っていませんか。

どちらでもいいから、人に決めてもらうのではない。
どちらでもいいからこそ、自分で決める。

どちらでもいいから、人に決めてもらうのではない。どちらでもいいからこそ、自分で決める。

世の中にはどちらでもいいことがたくさんあります。
選ぶことが必要な場面では、相手から「どちらにしますか」と聞かれることがあるでしょう。
食事のメニュー、飲み物の種類、デザインのタイプなどです。

なかなか行動できないときは、帆に風を受けて進むヨットをイメージしよう。

なかなか行動できないときは、帆に風を受けて進むヨットをイメージしよう。

なかなか行動できないときがあるもの。
行動したい気持ちはあっても、やる気がなかったり体がだるかったりすると、なかなか重い腰が上がりません。
「誰かに背中を押されたい」

自分を輝かせるのは、他人ではなく、自分。

自分を輝かせるのは、他人ではなく、自分。

自分を輝かせるのは誰でしょうか。
「かけがえないの親が私を輝かせてくれる」
「大切な親友が私を輝かせてくれる」

「トラブルに遭いたくない」と思うから、行動できない。
「小さなトラブルなら大歓迎」と思えば、行動できる。

「トラブルに遭いたくない」と思うから、行動できない。「小さなトラブルなら大歓迎」と思えば、行動できる。

「トラブルが怖い」と言いますが、ここに誤解があります。
そもそも人生にトラブルはつきものです。
泳げば、鼻に水が入るもの。

いつも優しくしてくれる人にかけたい言葉とは。

いつも優しくしてくれる人にかけたい言葉とは。

あなたにはいつも優しくしてくれる人がいますか。
おそらく「いる」と答えるでしょう。
社会は、多くの人で構成されています。

死ぬまでずっと「青春の心」でいることを誓う。

死ぬまでずっと「青春の心」でいることを誓う。

あなたにお願いがあります。
死ぬまでずっと「青春の心」でいることを誓ってください。
すでにもう10代を終えているかもしれません。

忙しいときほど、丁寧な仕事を心がけよう。

忙しいときほど、丁寧な仕事を心がけよう。

忙しいときは仕事が雑になりがちです。
忙しいときは焦っているときです。
焦っているときは、時間にも気持ちにも余裕がありません。

ため息には2種類ある。
「体のため息」「心のため息」

ため息には2種類ある。「体のため息」「心のため息」

ため息と聞いて、あなたはどんな様子を浮かべるでしょうか。
やはり最初に浮かべるのは、口から吐く長い息でしょう。
疲れたとき、悩んでいるとき、失望したときなどは、自然とため息をついてしまいます。

嫌な夢を見ても、正夢になると信じない。

嫌な夢を見ても、正夢になると信じない。

嫌な夢を見ることがあります。
大けがをする夢、大金を失う夢、大失敗をする夢、トラブルに巻き込まれる夢、命の危険が迫る夢。
嫌な夢を見たときは目覚めが悪いもの。

逆ギレする人に、素晴らしい人はいない。

逆ギレする人に、素晴らしい人はいない。

逆ギレとは何か。
逆ギレとは、怒られるべき立場の人が、逆に怒り出してしまうことをいいます。
人から悪いところを指摘されたとき、自尊心を傷つけられたと感じ、怒り始めます。

顔や視線をそらした挨拶は、きちんとした挨拶になっていない。

顔や視線をそらした挨拶は、きちんとした挨拶になっていない。

ときどき顔や視線をそらしたまま挨拶をする人がいます。
「おはようございます」
「お疲れ様です」

仲直りが1回できなかったくらいで諦めていないか。

仲直りが1回できなかったくらいで諦めていないか。

人間関係では、喧嘩がつきもの。
仲直りをしようと試みたものの、うまくいかないことがあります。
相手は許してくれませんでした。

問題点を嘆くのではない。
改善点が見つかったことを喜ぶのだ。

問題点を嘆くのではない。改善点が見つかったことを喜ぶのだ。

あるとき仕事で問題点が見つかることがあります。
もちろん好ましくない状態です。
問題点があるのは問題です。

明るい笑い声も、大きすぎると下品になる。

明るい笑い声も、大きすぎると下品になる。

面白いときや楽しいときは、笑います。
笑い声を出して「あはは」「わはは」と笑うことがあるでしょう。
特に面白いと感じたときは、おなかの底から声を出して大爆笑することもあるはずです。

つまらない仕事を引き受けよう。
工夫をすれば、面白くなるから。

つまらない仕事を引き受けよう。工夫をすれば、面白くなるから。

つまらない仕事があるなら、ぜひ引き受けてください。
「面白い仕事なら引き受ける。つまらない仕事なら断る」
それはそれで1つの考え方です。

約束は、多いより少ないほうがいい。

約束は、多いより少ないほうがいい。

約束には注意しましょう。
あなたの生活には、どのくらいの約束があるでしょうか。
もちろん約束を禁止にするわけではありません。

ラッキーな話を聞く機会があれば、ぜひ聞かせてもらおう。
運をおすそ分けしてもらえる。

ラッキーな話を聞く機会があれば、ぜひ聞かせてもらおう。運をおすそ分けしてもらえる。

「ねえねえ、聞いてよ!」
にこにこしながら急に話しかけられました。
「何事だろう」と思って耳を傾けると、どうやらラッキーなことがあったようです。

人は、いったん落ち込んで強くなる。
落ち込みは、強くなる前触れ。

人は、いったん落ち込んで強くなる。落ち込みは、強くなる前触れ。

人が強くなるためには、いったん落ち込むプロセスが必要です。
落ち込むことなく強くなりたいところですが、そんな都合のいい話はありません。
真っすぐな右肩上がりの成長曲線はありません。

「忙しくて○○する時間がない」という人は、本気になっていないだけ。

「忙しくて○○する時間がない」という人は、本気になっていないだけ。

「忙しくて○○する時間がない」という人がいます。
「忙しくて本を読む時間がない」
「忙しくて映画を見る時間がない」

早く終わらせたかったら、早く取りかかる。

早く終わらせたかったら、早く取りかかる。

仕事を早く終わらせるのはどうすればいいのでしょうか。
効率化させることでもなければ、処理スピードを上げることもありません。
意外と単純なことです。

目をつぶりながら顔を上に向けると、素直な気持ちを取り戻せる。

目をつぶりながら顔を上に向けると、素直な気持ちを取り戻せる。

頑固になっているときは、なかなか素直な気持ちになれません。
頭が固くなっているときは、視野も心も狭くなっていて、素直な気持ちになれないもの。
頑固になっていると呼吸まで浅くなり、息苦しさを感じてきます。

「運が悪かった」と言うだけでは、改善も成長もできない。

「運が悪かった」と言うだけでは、改善も成長もできない。

「運が悪かった」という一言を使うことはありませんか。
「運が悪くて、なかなかうまくいかない」
「ミスをしたのは運が悪かったから」

同じカテゴリーの作品