自分磨き

気品と美しさを身につける
30の方法

お気に入り222 読んだ
19

いらない物は、
徹底的に捨てる。

いらない物は、徹底的に捨てる。 | 気品と美しさを身につける30の方法

いらない物を捨てると、不思議なことに生活に品が出てきます。

普通に考えれば、物がたくさんあるほど裕福に見えそうです。

 

しかし、実は、逆なのです。

裕福だからこそ、物を持たないようにして、軽くなろうとします。

持つとしても「一番の物」だけを持つようにします。

一番ではない、2番や3番は必要ありませんから、どんどん捨てていきます。

そうしていけば、最後に残る物は、一番だらけになってしまうのです。

一番お気に入りの歯ブラシ、コップ、皿、本、シャーペンなど、一番だけを持つようにしましょう。

結果として、部屋の中の物をどんどん捨ててしまうことになりますが、品性のために必要なことです。

実際に使う物といえば、一番だけです。

使いもしない物を部屋の中に置いていても、飾りになるどころか、部屋が散らかる原因になります。

片付けにも、整理にも、掃除にも、手間がかかります。

品のある人の部屋を見ると、物が少ないことに気づきます。

いつでも引っ越しができるくらいに、物が少なく、整理がされています。

品が出ているのです。

貧乏性の人は、何でもかんでももらいたがります。

もらった物を、部屋中に置いて、自分が貧乏であることを隠そうとしています。

 

しかし余計に貧乏に見えてしまうのです。

レストランに行くと、無料提供の砂糖やガムシロップを「無料ならもらっておけ」と言わんばかりにバッグの中へ詰め込みます。

これは、貧乏性の人ほどやってしまいがちです。

お金がなくて困っているからと、部屋に物をたくさん置くことでコンプレックスを補って、隠そうとしています。

貧乏性の人ほど、部屋に物がたくさんあります。

結果として、物で散らかり、品が失われています。

部屋のあちこちに物を置くことで「これだけ物を置けば貧乏そうには見えないだろう。実は裕福なんだぞ」と思っています。

たくさん物があっても、どれも使わない物ばかりなのです。

自分の生活を振り返れば、毎日使っている物は、いつもお決まりの物ばかりです。

たくさんないといけないというどころか、毎日使っている物は、いつも同じ物です。

使わない物を、思いきって捨てることで、生活の中にスペースができ、新しく受け入れる余裕ができます。

これが、品として映るのです。

まとめ

気品と美しさを身につける方法 その19
  • いらない物は、思いきって処分する。
余裕のある生活を送ろう。

もくじ
気品と美しさを身につける30の方法
いらない物は、徹底的に捨てる。 | 気品と美しさを身につける30の方法

  1. 本当のかっこよさは、品のある雰囲気から生まれる。
  2. 顔をきれいにする前に、部屋をきれいにする。
  3. 人目のないときでも、整理整頓、できていますか。
  4. 品というオーラの根源は「きれいにしたい」という気持ち。
  5. 足元からも、オーラが出る。
  6. 着信メロディーは、迷惑の元。
  7. 品性とは「余裕」のことである。
  8. ごみ箱は、心の中の表れ。
  9. 経験数が増えることで、品性が向上する。
  10. 緊張することで、品性が養われる。
  11. ささいなことほど、丁寧に扱う。
  12. ため息をつかない。
  13. 電話をかける側が、腰を低くすることが品のあるマナー。
  14. 「落ち着き」は、品格のある印象を醸し出す。
  15. 気になる態度も、ほかの人から見れば小さな迷惑として映る。
  16. がははと笑うと、品が下がる。
    にっこり笑うと、品が上がる。
  17. 拾わない、もらわない。
  18. 明日の準備をしてから、帰る。
  19. いらない物は、徹底的に捨てる。
  20. 余裕のある生活を送ろう。
  21. 毎日使う日用品は、精神状態に大きく関わりを持つパートナー。
  22. 「まあいいか」と思うところほど、まめに行動する。
  23. 個性を表現し、さらに引き出していくために、ファッションがある。
  24. 知識は、気品があってこそ、引き立つ。
  25. お金がなくても楽しめるセンスを、品という。
  26. 五感を通して感じることを、感動という。
  27. 愛を感じるために、愛を削っていませんか。
  28. 部屋の物が少ないほど、生活に品が出る。
  29. 品性のある人は、背中にも目がついている。
  30. むかっとした出来事を反面教師にできる人が、立派になる。

同じカテゴリーの作品