人生の教科書



プラス思考
罪悪感も、ほどほどが大切。
プラス思考
ポジティブは、頭で考えるものではない。
顔から作り出していくもの。
プラス思考
ろうそくの火を見つめるだけで、気持ちが落ち着く。
プラス思考
泣きながら笑おう。
笑顔は、闇を吹き飛ばす力がある。
プラス思考

ポジティブ思考になる
30の方法

お気に入り214 読んだ
6

気持ちはなくていいから、
とにかく癖にしてしまう。

気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。 | ポジティブ思考になる30の方法

「何とかなる」というポジティブになるおまじないを口にすると、どんどん気持ちが明るくなります。

自分の周りにある悪い気を追い払い、明るいオーラを作り出します。

 

さて、問題なのは、どう口にするかです。

あなたは「気持ちがないのに口にできないよ」と、心配しているのではないでしょうか。

気持ちは、全然なくてもかまいません。

なくてもいいですから、最初はとにかく口にしてしまいます。

何度も繰り返し口にして、口に動きを覚えさせてしまいます。

「口に癖をつけてしまう」のです。

その言葉の癖がつけば、自然と「何とかなる」という言葉を口にしてしまうようになります。

口にした言葉を自分の耳が聞いて、脳に伝わります。

そうしたときに「何とかなるかもしれないぞ」と、いい意味で脳が勘違いをして、ポジティブになれます。

ポジティブになれば、また明るい言葉を口にして、また脳が勘違いをします。

その勘違いが繰り返され、そうして本物のポジティブになるのです。

おまじないは、できるだけたくさん口にするほうが、効果があります。

まとめ

ポジティブ思考になる方法 その6
  • 気持ちはなくていいから、
    とにかく口癖にしてしまう。
スランプは、休憩する場所であり、成長が振り出しに戻らないための熟成期間。

もくじ
(ポジティブ思考になる30の方法)

同じカテゴリーの作品