人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

人生の正しい生き方に気づく
30の言葉

お気に入り90 読んだ
3

つらいときに、
つらそうな顔をしてはいけない。

つらいときに、つらそうな顔をしてはいけない。 | 人生の正しい生き方に気づく30の言葉

つらいときに、つらそうな顔をしてはいけません。

余計につらくなるからです。

つらい顔をしていると、ストレスが何倍も大きく感じるようになります。

「ああ。自分は今、つらい状況にいる」という自覚が強くなるため、苦しみがより強く感じるようになります。

ストレスを感じやすくなると、余計につらい顔になります。

つらい顔をすると、また余計につらく感じる。

悪循環です。

つらいときこそ、にこにこしながら立ち向かいましょう。

そういう状況ではないかもしれませんが、そうするしかありません。

つらすぎて泣いてしまうなら、泣きながら笑えばいい。

元気が出ないなら、せめて口角をきゅっと上げて、笑顔を作ります。

とにかく、つらいときにつらそうな顔をしてはいけない。

笑っていると「自分は今、つらい状況を楽しんでいる」と錯覚します。

状況はつらくても、脳は楽しんでいるのです。

楽しんでいるなら、ストレスは半減します。

結果として、ストレスに強くなるのです。

人生の正しい生き方に気づく言葉 その3

  • つらいときこそにこにこして、
    ストレスを笑い飛ばす。
得する道より、楽しめる道。

もくじ
(人生の正しい生き方に気づく30の言葉)

同じカテゴリーの作品