悩み解決&幸せ生活向上サイト


読み上げ動画・音声






使がうまくなる
30方法


お気に入り104 読んだ
その6

謙虚こそ、
本当




謙虚な人こそ、本当に強い人。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

分の頭のよさに自信がなければ、謙虚に生きることをおすすめします。

謙虚になれば、頭のよさを上回ります。

どんなに頭のいい人でも、謙虚な人にはかないません。

人生で成功する人、生き残れる人は、謙虚な人です。

成功する人といえば「頭のいい人」というイメージが多いようです。

しかし、本当の成功者は、頭がいい人より、謙虚な人なのです。

頭がいい人は、知識が豊富なので、知っていることしか対応できません。

頭がいい人は、勉強をして、知識だけを頼りに生きてしまいます。

ゆえに、知っていることだけしか行動しなくなり、制限的になってしまう。

知識を頼りに生きている人は、知っている土地は詳しくても、知らない土地へは旅行できません。

知らない土地では、知り合いもいなくて、道も分からないと思うからです。

迷子になってしまうのです。

知識を頼りにすると、知っていることしか行動できなくなります。

しかし、謙虚な人は、迷子になりません。

「人から聞けばいい」という姿勢を持っているからです。

人から話を聞くということには、謙虚な姿勢が必要です。

頭を下げて、腰を低くして、教えてもらうことは、謙虚でないとできません。

しかし、謙虚さがあれば、どこへ、いつ行っても、迷子になることはありません。

世界を旅するバックパッカーには、謙虚な人が多い。

私が留学時代に、バックパッカーと出会ったときには、謙虚な姿勢でした。

「教えてください」という謙虚な姿勢であり、柔らかい物腰だから、ついこちらも教えます。

たとえ言葉が分からなくても、謙虚な姿勢ですから、気持ちは誰にでも伝わります。

言葉が分からなくても、身ぶり手ぶりで土地を知り、生き抜くことができます。

バックパッカーの本当の強さは、謙虚なのです。

謙虚な人のほうが、頭のいい人より、強く生きていくことができるのです。




頭の使い方がうまくなる方法 その6

  • 謙虚姿勢を、
    さにえる


↓次の記事↓
頭がいい人は、頭を使わないようにする。
頭が悪い人は、頭を使おうとする。
※キーボードの左右矢印キーでページを移動することができます(←:前のページ →:次のページ)

もくじ
(頭の使い方がうまくなる30の方法)







同じカテゴリーの作品