生き方

人生の正しい生き方に気づく
30の言葉

読んだ お気に入り91
7

振り返る習慣をやめればいい。
前しか見られなくなる。

振り返る習慣をやめればいい。前しか見られなくなる。 | 人生の正しい生き方に気づく30の言葉

くよくよしてしまうのは、過去を振り返っているからです。

いつまでもくよくよしてしまうなら、過去を振り返る習慣をやめることです。

過去を振り返るから、嫌な思い出を思い出してしまい、くよくよしてしまいます。

「あんなことをするべきではなかった」

「あのとき、ああしていれば、人生は変わっていたかもしれない」

過去を思い出してから落ち込む流れが、目に見えています。

過去はもう終わったことです。

今さら、過去の事実を変えることができません。

後悔するような過去を思い出しても、仕方ないのです。

だから、過去を振り返りそうになれば、自分に「振り向くな」と言い聞かせます。

過去を振り返る習慣ではなく、過去を振り返らない習慣を持つのです。

振り返らなければ、前しか見られなくなります。

それでいいのです。

元気になるためには、振り返らないだけでいい。

自信がなければ「過去を振り返らない」と書いた紙を、壁に貼っておきましょう。

あなたにこれからやってくるのは、未来だけです。

未来に目を向けることが大切です。

これからの人生に集中できるようになります。

自然とポジティブになり、より建設的な考え方ができるようになるでしょう。

まとめ

人生の正しい生き方に気づく言葉 その7
  • 過去を振り返らない習慣を持つ。
一番やりたいことは最初にしよう。
もったいぶっていると、チャンスを逃す。

もくじ
人生の正しい生き方に気づく30の言葉
振り返る習慣をやめればいい。前しか見られなくなる。 | 人生の正しい生き方に気づく30の言葉

  1. バッターは、3割打てば「優秀」と呼ばれる。
    人生も、3割うまくいけば十分。
  2. できないことがあるのは素晴らしい。
    できる人を尊敬できるから。
  3. つらいときに、つらそうな顔をしてはいけない。
  4. 得する道より、楽しめる道。
  5. 靴と行動力は、比例する。
  6. 近道ばかりの人生は、つまらない。
    途中の景色が見えないから。
  7. 振り返る習慣をやめればいい。
    前しか見られなくなる。
  8. 一番やりたいことは最初にしよう。
    もったいぶっていると、チャンスを逃す。
  9. 飽きは、改善のサイン。
  10. 褒められたことは紙に書こう。
    いつまでも消えないから。
  11. よく褒められることは、才能の芽がある証拠。
  12. 日中の質を上げたければ、睡眠の質を上げる。
    睡眠の質を上げたければ、寝具の質を上げる。
  13. 積極的な行動に、精神的苦痛はない。
    消極的だから、精神的苦痛を感じる。
  14. 私たちは、簡単に諦めすぎている。
  15. 大人になっても、甘える時間は必要。
  16. 優しい人生にしたければ、あなたが優しくなければならない。
  17. 答えは、自分の中にある。
  18. 名前をつけないと、本当の愛着は生まれない。
  19. 世界を変えるのは、実は簡単。
  20. 有意義な時間とは、達成した瞬間より、努力している時間。
  21. 悪口を言っていると、どんどん頭が悪くなる。
    褒め言葉を言っていると、どんどん頭が良くなる。
  22. 他人の成果が気になるなら、自分に集中できていない証拠。
  23. どんな人にも愛がある。
    問題は、表現するかどうか。
  24. 簡単に儲かる話は、すべて怪しい。
    そういう話を持ちかける人も怪しい。
  25. 仕事をうまく仕上げるコツは、輪郭から始めること。
  26. 癒されたいと思うなら、誰かを癒す。
    その行為が、癒しになる。
  27. 事情があって、お墓参りに行けないときのマナー。
  28. 損をしたのではない。
    他人の分け前を増やしたのだ。
  29. お金を求めた活動に、偉業はない。
  30. あなたは人生に愛されている。
    だからあなたも、人生を愛そう。

同じカテゴリーの作品