生き方

人生を変える
30の方法

  • 自分の道は、
    最初からあるものではなく、
    切り開いていくもの。
人生を変える30の方法

もくじ
  1. 自分の道は、最初からあるものではなく、切り開いていくもの。

    人生では、自分の道に迷うことがあります。
    「やりたいことがなく、どう生きていけばいいか分からない」という人もいるでしょう。
    「やりたいことがあっても、実現の可能性がない」という人もいるでしょう。

  2. 意識・価値観・考え方を変えるのに、時間はかからない。

    人の内面を変えるには、時間がかかります。
     
    たとえば、性格です。

  3. 弱い自分でも大丈夫。
    弱いなら、弱いまま前進すればいい。

    「自分は本当に弱い人間だ」
    「気力も体力も精神力も、弱くて困っている」
    「弱い自分が嫌いだ」

  4. 完全に伝えようとするから、苦しくなる。
    半分伝わってよしとすれば、楽になる。

    会話中、相手にきちんと伝わっていないと気づくことがあります。
    優しい心、楽しい心、魅力的な心。
    悲しい気持ち、悔しい気持ち、諦めたくない気持ち。

  5. かっこよく生きようとすると、かっこ悪くなる。
    かっこ悪くてもよしとすると、かっこよくなる。

    かっこよく生きようとしていませんか。
    「スマートなところを見せたい」
    「人を引き付ける魅力を出したい」

  6. 享受者・傍観者になっても、そこで終わらない。
    提供者・貢献者になろう。

    私たちは、まず享受者・傍観者の立場から始まります。
    質の高い商品やサービスを受け取って、楽しみます。
    スポーツ選手の素晴らしいプレイを見て、興奮と感動を楽しみます。

  7. 「忘れる」というのは素晴らしい能力。
    忘れるおかげで、常に新鮮な気持ちでいられる。

    忘れることを悪いことだと思っていませんか。
     
    たしかに「忘れる」という言葉には、ネガティブな印象があるでしょう。

  8. 失敗は成功のもと。
    成功は失敗のもと。

    失敗は成功のもとになります。
    失敗は、成功に役立つヒントの宝庫。
    失敗したなら、何か悪いところがある証拠です。

  9. あなたの手は、偉大なものをつかんでいる。
    未来を切り開く可能性だ。

    自分の手を見てみましょう。
    その手には何がありますか。
    手のひらには何もない。

  10. 情熱と興奮しかない恋愛は、いずれ燃え尽きる。
    理性と愛着が伴った恋愛は、ずっと長続きする。

    「恋愛をしたい!」
    そう思ったときに思い浮かべるのは「熱い恋愛」でしょう。
    燃えるように熱い恋愛をして、とことん親密になりたい。

  11. 熱いだけの情熱は、空回りする。
    冷静な情熱は、建設的な結果を生み出す。

    仕事をするときは、情熱が大切です。
    情熱を持って仕事をすると、スピードと集中力が生まれます。
    情熱は、モチベーションを高めます。

  12. 直感を大切にしたいなら、計画を立てないほうがいい。

    直感の妨げになるもの。
    それは、計画です。
    仕事に取り組む前、計画を立てることがあるでしょう。

  13. 経験は、成功・失敗に関係なく、心の財産になる。

    大切なのは、経験を増やすことです。
    経験は、成功・失敗に関係なく、心の財産になります。
    挑戦した結果、うまくいったとします。

  14. 人前に出ると、どうしても見栄や体裁が気になるときの対処法。

    自分を見失う原因になるもの。
    それは、見栄と体裁です。
    どちらも人生に悪影響を与えるもの。

  15. 心の年齢は、時間の経過と無関係。
    「100歳の若者」も夢ではない。

    年齢を重ねるごとに若返りましょう。
    「若返るのは不可能」
    そう思ったあなた。

  16. 決断は苦しくても、それだけの価値がある。

    決断は苦しい。
    決断には、ストレスが伴います。
    小さな決断ならまだ楽ですが、大きな決断となると簡単にはいきません。

  17. 決断力を鍛えるには、実際に決断をしていくしかない。

    決断力を鍛えるにはどうすればいいでしょうか。
    答えはシンプルです。
    決断力を鍛えるには、実際に決断をしていく方法がベストです。

  18. 焦っているときこそ、落ち着いた表情をしよう。

    焦っているとき、どんな表情をするか。
    ここがポイントです。
    焦っているときは、焦った表情をするのが普通でしょう。

  19. 「命をかける」という表現を気安く使わない。

    「命をかける」という表現を使う人がいます。
    「命がけでやります!」
    「命をかけて頑張ります!」

  20. 交流会は、参加者より主催者になるほうがいい。

    交流会に出席する場面があります。
    新人や新入社員を歓迎する歓迎会。
    友情や友好を深める親睦会。

  21. 自信には2種類ある。
    「根拠のある自信」と「根拠のない自信」。

    私たちはときどき「自信」という言葉を使います。
    「自信がある」
    「自信がついてきた」

  22. 自分が考えた提案は、自分が一番の推薦者になろう。

    自分で考えた提案にもかかわらず、自信を持てないことがあります。
    「こんな提案は意味があるのだろうか」
    「これくらいなら誰でも考えることができる」

  23. 刺激がほしいなら、危険なほうを選ぼう。
    危険な道の先には「新しい何か」が待っている。

    人生では、選択肢に迷うことがあります。
    さまざまな基準と照らし合わせて考えるでしょう。
    人間には、高度な想像力が備わっています。

  24. どんなに嫌いな歌も、歌詞に注目すると、感じ方が変わる。

    あなたが嫌いな歌は何ですか。
    好きな歌ならいいのです。
    好きな歌なら、聞いているだけで癒されたり励まされたりします。

  25. 行き詰まったら、初心を思い出そう。
    すべての原点は、初心にある。

    行き詰まったとき、どうすればいいか。
    人に相談することでしょうか。
    がむしゃらに頑張ることでしょうか。

  26. 問題の中に、答えがある。

    問題の答えは、どこにあるのでしょうか。
    私たちが問題の答えを見つけようとするとき、問題の「周辺」に目を向ける傾向があります。
    ヒューマンエラーが発生したら「仕事を担当した人に問題がある」と考える。

  27. 鍵のない扉の鍵を探したところで、見つからないのは当然。

    あなたは今、扉の鍵を探しているでしょう。
    扉が閉まっていて、開けるには鍵が必要です。
    「きっとどこかに扉の鍵があるはず」

  28. ため息は、ネガティブ。
    深呼吸は、ポジティブ。

    疲れたときに出やすいのが、ため息です。
    心や体に疲れがたまると、だるさをどうにかしたくて、大きなため息をつきたくなるでしょう。
    かすかに声を出しながら、大きく息を吐く。

  29. 新しいことを習慣化させるには、最低でも3週間は必要。

    新しい行動をパターン化させるとき「習慣にする」という表現を使います。
    「節約の習慣」
    「運動をする習慣」

  30. 寄付を「もったいない」と考える人は、誤解をしている。

    寄付をしたことはありますか。
    もし一度も寄付をしたことがないなら、貴重な機会を逃しています。
    ●寄付とは、社会貢献につながるお金の使い方

同じカテゴリーの作品