生き方

人生をやり直したいときの
30の言葉

  • 人生は、
    何度でもやり直せる。
人生をやり直したいときの30の言葉

もくじ

人生は、何度でもやり直せる。

人生は、何度でもやり直せる。

重大な失敗をすると「人生が終わった」と思います。
年齢を重ねてから夢を持っても「今さら努力をしても無駄」と思うかもしれません。
取り返しのつかない罪を犯せば「大変な人生が待っている」と思います。

「やり直せない」と思うから、やり直せない。
「やり直せる」と思えば、やり直せる。

「やり直せない」と思うから、やり直せない。「やり直せる」と思えば、やり直せる。

やり直せない一番の原因は何か。
時間やお金が足りないことでしょうか。
運やチャンスがないことでしょうか。

気持ちを立て直すことができれば、自然と現実も立て直っていく。

気持ちを立て直すことができれば、自然と現実も立て直っていく。

何もせず、ぼうっとしているだけで、人生が挽回することはありません。
何もしなければ、何も起こりません。
それが現実です。

落ち込んでいる今、リバウンドのチャンスが与えられている。

落ち込んでいる今、リバウンドのチャンスが与えられている。

今、リバウンドのチャンスが与えられています。
リバウンドと言えば、まずダイエットを想像することでしょう。
たしかにダイエットのリバウンドはよくありませんが、リバウンドしたほうがいいときもあります。

人間は、変化のない生活が続くと、変化を嫌う傾向がある。

人間は、変化のない生活が続くと、変化を嫌う傾向がある。

心理学で、興味深い実験があります。
あるところに、おりの中にゾウを入れ、鍵をかけました。
閉じ込めたのです。

じっとしているのが、実は一番苦しい。

じっとしているのが、実は一番苦しい。

道端に転んでけがをしたとき、不思議な経験をしたことはありませんか。
足を擦りむいて、血が流れます。
傷口が痛みますが、歩き始めると、なぜか痛みが治まります。

人生は、取り返しのつかないことより、取り返しのつくことのほうが、圧倒的に多い。

人生は、取り返しのつかないことより、取り返しのつくことのほうが、圧倒的に多い。

頭のいい人は「危ない」が、口癖です。
子供より、大人のほうが「危ない」とよく言います。
大人でも、高学歴の人ほど「危ない」とよく言います。

自分は、壊れたおもちゃなのかもしれない。

自分は、壊れたおもちゃなのかもしれない。

自分が嫌になることはありませんか。
人を助けることもできない。
人を喜ばせることもできない。

なぜ、世界が変わるのを待ってはいけないのか。

なぜ、世界が変わるのを待ってはいけないのか。

世界が変わるのを待っていませんか。
「もっと政治がよくなれば、平和になるだろう」
「もっと景気がよくなれば、収入も増えるだろう」

周りの目を気にした発言をしていると、自分を見失う。

周りの目を気にした発言をしていると、自分を見失う。

人は、何かを発言するとき、人目を気にしやすいものです。
「それは違う」と、否定されたくは、ありません。
やはり、人から褒められたり認められたりするような意見を言いたいと思うものです。

共倒れも、仲間がいるなら、楽しくなる。

共倒れも、仲間がいるなら、楽しくなる。

困っている人を助けようとしたとき、助けようとしていた自分まで、ダメになることがあります。
いわゆる、共倒れです。
無理な助け合いをした結果、お互いにやっていけなくなるのです。

善しあしを区別するのに、疲れていませんか。

善しあしを区別するのに、疲れていませんか。

いつからでしょうか。
私たちは、何かがあるたびに、善しあしを区別する癖があります。
リラックスできるのはよいことと考えますが、緊張するのは悪いことと考えます。

鍵のかかった密室から脱出する方法。

鍵のかかった密室から脱出する方法。

今あなたは、鍵のかかった密室に閉じ込められています。
手元に、鍵はありません。
鍵がどこにあるのかも、わかりません。

実は、裕福な人より貧しい人のほうが、恵まれている。

実は、裕福な人より貧しい人のほうが、恵まれている。

生まれたときから家が裕福なら、苦労はしません。
生まれたときから、裕福がすでに実現されています。
お金や衣食住が、十分すぎるほど、たくさんある状態です。

疲れには2種類ある。
「嫌いなことをする疲れ」と「好きなことをする疲れ」。

疲れには2種類ある。「嫌いなことをする疲れ」と「好きなことをする疲れ」。

「疲れたなあ」
そう思ったとき、疲れの様子を振り返ってみましょう。
疲れなんて同じではないかと思いますが、違います。

「もしかすると、簡単なのかもしれない」と考えて、行動する。

「もしかすると、簡単なのかもしれない」と考えて、行動する。

「難しいに決まっている」
そう考えると、先が思いやられます。
行動する前から、行動してからのことを想像してしまいます。

本当の競争相手を、間違えていませんか。

本当の競争相手を、間違えていませんか。

試合で負けたにもかかわらず、嬉しそうな表情をする選手がいました。
握り拳を作った両手を大きく突き上げて、勝利の喜びを見せています。
白い歯を見せて、涙を流しながら、喜んでいます。

何もない人には、軽いフットワークを持っている。

何もない人には、軽いフットワークを持っている。

お金もない。
仕事もない。
妻も子供もいない。

絆を作るために必要な条件とは。

絆を作るために必要な条件とは。

「絆」という言葉があります。
絆とは、人と人との強い結びつきです。
「家族の絆が強まった」「私たちには強い絆がある」などと言いますね。

いらいらさせた相手に当たるのではない。
いらいらしてしまった自分に当たるのだ。

いらいらさせた相手に当たるのではない。いらいらしてしまった自分に当たるのだ。

ふとしたトラブルで、いらいらすることがあります。
いらいらさせた相手に、怒りをぶつけるのはよくありません。
指摘するのはいいですが、喧嘩をするのはダメです。

当たり前のことを当たり前に行動するだけで、未来は切り開ける。

当たり前のことを当たり前に行動するだけで、未来は切り開ける。

一度でいいですから、当たり前のことを、当たり前に行動してみましょう。
「当たり前だから誰でもやっている」と思いますが、本当にそうでしょうか。
当たり前のことだから、誰もが軽く考えます。

若者でも、意識が老後に向いている人は、老人である。
高齢者でも、意識が青春に向いている人は、青年である。

若者でも、意識が老後に向いている人は、老人である。高齢者でも、意識が青春に向いている人は、青年である。

若者でも、老人のような人がいます。
老後ばかりを、考えている人です。
「老後はどうやって暮らそうか」

自己啓発書を、悪徳宗教のように、考えない。

自己啓発書を、悪徳宗教のように、考えない。

自己啓発書を、悪徳宗教のように考える人がいます。
教えを伝える様子は、洗脳に似ている一面があるのかもしれません。
しかし、悪徳ではありません。

大きな借金がある人は、バルザックを見習おう。

大きな借金がある人は、バルザックを見習おう。

19世紀フランスを代表する作家バルザックは、多作で有名です。
バルザックが作品数は、およそ100編にのぼると言われています。
生み出した登場人物は、およそ2,000人です。

きれいな景色を見たければ、まずきれいな言動を心がければいい。

きれいな景色を見たければ、まずきれいな言動を心がければいい。

きれいな景色を見るためには、どうすればいいのでしょうか。
きれいな景色のあるところへ旅行に行くことでしょうか。
たしかにきれいな景色が見られますが、時間とお金がかかりすぎます。

よい選択肢を選ぶのではない。
選んだ選択肢をよいものにすればいい。

よい選択肢を選ぶのではない。選んだ選択肢をよいものにすればいい。

よい選択肢を選ぼうとしていませんか。
人生をやり直すためには、できるだけよい選択肢を選ぼうとします。
たしかによい選択肢を選べば、立ち直りも早くなるでしょう。

今この瞬間も、目の前をチャンスが横切っている。

今この瞬間も、目の前をチャンスが横切っている。

今、あなたの目の前には、たくさんのチャンスが通りすぎています。
たった今、この瞬間もです。
「信じられない。チャンスなんて、どこにも見えないよ」と思いますが、無理もありません。

どうしても「ごめんなさい」と言えないとき、仲直りする方法。

どうしても「ごめんなさい」と言えないとき、仲直りする方法。

喧嘩をした直後は、素直に謝りにくいものです。
むかむかした気持ちがあり「ごめんなさい」が言えないときもあるでしょう。
「自分は悪くない」「プライドが許さない」という気持ちは、わかります。

疲れるくらいの持ち物なら、捨てたほうがいい。

疲れるくらいの持ち物なら、捨てたほうがいい。

人には、ある程度の「身なり」というものがあります。
服装や持ち物などです。
外を、裸で歩くわけにはいきません。

あらを探す能力より、つじつまを合わせる能力。

あらを探す能力より、つじつまを合わせる能力。

会話をしたり本を読んだりするときに、欠点を探して、けちをつける人がいます。
いわゆる、粗探しです。
「話が矛盾しています」「言っていることがおかしいです」と言います。

同じカテゴリーの作品