80代がしておきたい
30のこと

  • 80代は、
    無限の可能性を秘めた10年間。
80代がしておきたい30のこと

80代は、無限の可能性を秘めた10年間。

80代になった今、あなたは新しいステージに上がりました。
誰でも80代まで生きられるわけではありません。
29200日以上、生きたことになります。

80代は、無限の可能性を秘めた10年間。

80代からの新しい趣味も、あっていい。

80代になれば、新しい趣味を始めてみませんか。
「80にもなって、新しいことをしたくない」と思うかもしれませんが、もっとやる気を出しましょう。
もっと人生を楽しみましょう。

80代からの新しい趣味も、あっていい。

少しでも笑うことが、80代の仕事。

きちんと仕事をしていますか。
「こんなよぼよぼの自分に、何の仕事ができるのか」と思うでしょう。
もちろんできます。

少しでも笑うことが、80代の仕事。

80代は、本当に年寄りなのか。

あなたは自分のことを、年寄りだと思いますか。
「当たり前だ。年寄りに決まっている」
そう思う人も多いのではないでしょうか。

80代は、本当に年寄りなのか。

80代のキーワードは「まだまだ」。

あなたは自分のことを、元気だと思いますか。
80代は、元気のない年寄りと考えているなら、ストップです。
年寄りという言葉は、あまりいい言葉ではありません。

80代のキーワードは「まだまだ」。

可能性は、まだまだ残っている。

80代になると、衰えがかなり目立ち始める年ごろです。
体力は、弱くなります。
記憶力も、弱くなります。

可能性は、まだまだ残っている。

どれだけ衰えても、趣味は完全にやめない。

昔から楽しんでいた趣味は、年を取るにつれて、しづらくなります。
体力、視力、聴力が衰えると、趣味をしたくても、しづらくなります。
しかし、趣味がしづらくなったとはいえ、完全に趣味をやめてしまうのはおすすめしません。

どれだけ衰えても、趣味は完全にやめない。

部屋の中ばかりにいても、元気は出ない。

「今日は元気が出ないから、部屋でじっとしておこう」
朝、起きても気分が優れず、元気が出ないときがあります。
元気が出ないものは、仕方ありません。

部屋の中ばかりにいても、元気は出ない。

デパートは、若返ることができる場所。

今週、デパートに行きましたか。
まだ行っていないなら、ぜひ行ってみましょう。
1週間に1回は、デパートです。

デパートは、若返ることができる場所。

孫に「結婚しろ」と、しつこく口にしない。

「まだ結婚しないのか。いつ結婚するのか。早く結婚しなさい」
孫に向かって、結婚を急がせていませんか。
80代がよく口にする言葉です。

孫に「結婚しろ」と、しつこく口にしない。

孫の結婚は、お金や物で釣るのが一番。

孫に向かって「結婚しろ」というのは、あまりいいことではありません。
会うたびに「結婚しろ」と言われると、孫は祖父母を避けたくなります。
孫にも孫の事情があります。

孫の結婚は、お金や物で釣るのが一番。

暇な時間を、作らない。

1日の中で、暇な時間は、どのくらいありますか。
「たくさんある」というなら、要注意です。
暇があってよいように思えますが、むしろ悪いことです。

暇な時間を、作らない。

残された時間ではない。
与えられた時間なのだ。

「人生で残された時間」という表現をよく耳にします。
人生から見ると、80代は、生きられる時間はもう短いと考えがちです。
しかし「残された時間」という表現は、あまりいい言葉ではありません。

残された時間ではない。与えられた時間なのだ。

わがままを言うのが、80代の仕事。

80代は、わがままに生きましょう。
慎ましく生きるのは素晴らしいですが、じっとしていることではありません。
じっとしていても、いいことはありません。

わがままを言うのが、80代の仕事。

「長生きしたくない」という言葉は、耳に入れない。

「そんな年まで生きたくない」
「長生きしたいとは思わない」
「長生きをしても、つらいことが増えるだけだ」

「長生きしたくない」という言葉は、耳に入れない。

長生きすればするほど、子供の成長を見る楽しみが増える。

人は、何のために長生きをするのか。
子供たちの成長を楽しむためです。
長生きをすればするほど、子供が増え、成長を楽しむ機会が増えていきます。

長生きすればするほど、子供の成長を見る楽しみが増える。

化粧には、奇跡を起こす力がある。

最後に、化粧をしたのはいつですか。
「最近は化粧の機会が少なくなった」という人も多いのではないでしょうか。
年を取ると、化粧に対する意識が低くなりがちです。

化粧には、奇跡を起こす力がある。

老いているのではない。
もう一度、子供に戻っているのだ。

人は、ある時期を境に、もう一度子供に戻ると言われます。
生まれてしばらくして、立てるようになり、歩けるようになります。
成長するにつれて、体はきびきびした動きができるようになり、激しい運動もできるようになります。

老いているのではない。もう一度、子供に戻っているのだ。

病院は、友人を作るところでもある。

「おや、またこの人がいる」
病院に何度か行くうちに、いつも見かける人に気づきます。
きっとあなたと同じように、何かの病気に悩んでいるのでしょう。

病院は、友人を作るところでもある。

お互いの人生を、語り合うだけでいい。

これまで、どんな人生を歩んできましたか。
人生について、語り合いましょう。
人には、それぞれに人生があります。

お互いの人生を、語り合うだけでいい。

薬は正しい飲み方をしないと、治る病も治らない。

調子が悪くて、病院に行くと、薬をもらいます。
薬をもらって、飲み方を指示されます。
飲むタイミングや飲む量などです。

薬は正しい飲み方をしないと、治る病も治らない。

不調は、正直にすぐ伝えよう。

体の中で、調子の悪いところはありませんか。
80代にもなれば、体の不調も、ひどくなり始める時期です。
しかし、不調を隠すのは、よくありません。

不調は、正直にすぐ伝えよう。

たまには友人のお見舞いに行こう。

たまには入院している友人のところへ、お見舞いに行きましょう。
お見舞いをすると、自然と力強い言葉が出ます。
「早く元気になってね」

たまには友人のお見舞いに行こう。

あなたの後悔は、人の役に立つ。

あなたが人生で、一番後悔していることは何ですか。
「学生時代、もっと勉強をしておくべきだったこと」
「パートナーを大事にせず、離婚したこと」

あなたの後悔は、人の役に立つ。

お世話になったすべての人に、感謝を伝えておく。

今まであなたは、数多くの人にお世話になってきました。
親、パートナー、子供など、家族だけではありません。
友人、知人、恩師などもいます。

お世話になったすべての人に、感謝を伝えておく。

家族の前で「死にたい」は禁句。

残念ながら、すべての年配者が前向きとは限りません。
年配者の中には、晩年の生き方を諦める人がいます。
やりたいことがなかったり重い病になったりすると、ふと、ネガティブな言葉を口にします。

家族の前で「死にたい」は禁句。

生きた証しを残すために、寄付できる物はありませんか。

「ただ消えてしまうなんて、嫌だ」
死の直前、湧き上がる欲求です。
生きていた証しを残したいと思うのは、人の本能の1つなのでしょう。

生きた証しを残すために、寄付できる物はありませんか。

家族に伝えたいことがあれば、ためらわず伝えておく。

家族に伝えたい言葉があれば、今のうちに伝えておくことです。
「財産管理について、しっかり考えてほしい」
「家を大事に守ってほしい」

家族に伝えたいことがあれば、ためらわず伝えておく。

不和のまま死んでも、成仏できない。

意地になって、失った人はいませんか。
勢いで、壊れてしまった人間関係はありませんか。
勢いで喧嘩をして、疎遠になった家族。

不和のまま死んでも、成仏できない。

寝ているのではない。
お母さんのおなかの中に戻っているのだ。

気持ちよく寝ているとき、こう考えてみてください。
「今、お母さんのおなかの中に戻っているのだ」と。
気持ちよさは、母の優しさです。

寝ているのではない。お母さんのおなかの中に戻っているのだ。

同じカテゴリーの作品

1:01:15
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION