生き方

人生の生き方が上手になる
30の方法

  • 目先の快楽を求める人は、
    幸せになれない。
    幸せになるためには、
    常に先を考えた行動が大切。
人生の生き方が上手になる30の方法

もくじ
  1. 目先の快楽を求める人は、幸せになれない。
    幸せになるためには、常に先を考えた行動が大切。

    目先の快楽だけ考えて行動していませんか。
    特別な理由がなければ、目先の快楽を求める行動をしがちです。
    欲しいものは、今すぐ手に入れたい。

  2. 相手に好意を与える方法は簡単。
    笑顔で挨拶をするだけでいい。

    どうすれば相手に喜んでもらえるのでしょうか。
    どうすれば相手に好意を伝えられるのでしょうか。
    どうすれば相手を幸せになってもらえるのでしょうか。

  3. 「迷惑をかけないで生きる」と考えるのではない。
    「自分も迷惑をかけることがあるから、人の迷惑を受け入れよう」と考える。

    「迷惑をかけないで生きなさい」
    人生の先輩たちからよく言われる言葉です。
     

  4. 無意味な後回しは、余計なトラブルを招く習慣。

    「明後日までに仕上げてほしい」
    そう言われたら、あなたの中で期限を早めて「明日まで」と変換しましょう。
    もし「明日までに仕上げてほしい」と言われたなら「今日中」と変換しましょう。

  5. シンプルな生活を実現する基本ルール。
    「1つ買ったら、1つ捨てる」

    シンプルな生活を実現する基本ルールがあります。
    「1つ買ったら、1つ捨てる」というルールです。
    新しい服を買い続けていると、どんどん服がたまっていきます。

  6. 握手をするときは、手より目を見よう。

    「初めまして」
    そう挨拶をしながら握手をするとき、視線が大切です。
    握手をするとき、手を見ていませんか。

  7. 失敗した後にすることは3つしかない。
    「謝罪」「反省」「対策・改善」

    なぜ失敗が怖いのか。
    その原因の1つは「失敗した後の行動が曖昧」であることです。
    失敗した後の行動を整理できていないと、失敗が必要以上に怖く感じます。

  8. 本当に大事なこだわり以外は、潔く諦める心を持つ。

    こだわりは大事です。
    こだわりは、人によって千差万別。
    あなたにはどんなこだわりがありますか。

  9. 必要ないチャンスを得たとき、どうするか。

    チャンスは、すべて素晴らしいとは限りません。
    人生では、必要ないチャンスを得ることがあります。
    ダイエット中の人が、お菓子のプレゼントをもらっても困ってしまうでしょう。

  10. 嫌いな人を減らす生き方をしよう。
    好きな人を増やす生き方をしよう。

    充実した人生を送るためには、2つの生き方を心がけましょう。
    「嫌いな人を減らす生き方」と「好きな人を増やす生き方」です。
    どちらも大切な生き方です。

  11. お酒で酔うのもいいが、お酒なしで酔えるほうが、もっといい。

    酔うために飲むものといえば、お酒です。
    お酒の主成分はエタノール。
    脳には、有害物質の侵入を防ぐ脂肪細胞膜が存在しますが、脂肪と結合したエタノールは、その膜を通り抜けて脳に到達します。

  12. 1点を笑う人は、1点に泣く。
    1円をばかにする人は、1円に落ち込む。

    たった1点でも、軽視しないことです。
    「たった1点くらいで結果は変わらない」
    そう思っているなら誤解です。

  13. ちりやほこりが目立ってから掃除を始めるのは、遅すぎる。

    あなたが部屋を掃除するのは、どんなタイミングですか。
    定期的に掃除をしている人もいれば、ちりやほこりが目立ってから掃除を始める人もいるでしょう。
    比較的に短い間隔で定期的に掃除をしているなら、まだいいのです。

  14. 大半の悩みは、誰かに聞いてもらっただけで、半分は解決する。

    解決策が分からず、精神的な苦しみを感じるもの。
    それは悩みです。
    世の中に悩みのない人はいないでしょう。

  15. 上手におごられるのも、社交術の1つ。
     ただし、3回はお礼を言うこと。

    社会で仕事をしていると、誰かにおごってもらう機会があります。
    上司・先輩・取引先などから「今日はおごります」と誘われることがあるでしょう。
    「おごられるのは気を遣うから苦手」という人もいるでしょう。

  16. 「値段が高ければ高いほどよい」という価値観を見直そう。

    買い物をする際、私たちは「ある価値観」を軸に決める傾向があります。
    それは「値段が高ければ高いほどよい」という価値観です。
     

  17. 人生の定期検査に役立つ、5つの質問。

    今、正しい人生を送れても、一生安心とは限りません。
    今は問題なくても、時間が経つにつれて、どんどん方向がずれることがあります。
    そんなときに役立つのが「人生の定期検査」です。

  18. 病院に行っただけで満足しない。
    本を買っただけで満足しない。

    病院に行っただけで満足していませんか。
    病院に行くと、それだけで病気が治ったような錯覚があります。
    病院という特殊な場所に行き、医者に診てもらい、診察料を支払う。

  19. 調子の悪いときの過ごし方。

    日常では、調子の悪いときがあります。
    体調が優れないときもあれば、気分が乗らないときもあるでしょう。
    集中したいが、集中力が出ない。

  20. 10割を完璧にするのではない。
    7割を完璧にする。

    完璧主義とは何か。
    完璧主義とは、妥協を許さず、完全完璧を目指す方針のことを言います。
    完璧主義者の人は、何事もパーフェクトに仕上げようとします。

  21. 落とし物を拾ったら、どうするか。

    落とし物を見つけて、拾うことがあります。
    道ばたで拾うこともあれば、飲食店の店内で見つけることもあります。
    落とし物を拾ったら、どうするか。

  22. 悩み事は、誰かに話すと軽くなる。
    話し相手は、犬でも猫でも鳥でもいい。

    悩み事があれば、誰かに話しましょう。
    誰にも話さず1人でため込んでいると、ストレスがたまります。
    悩みとはいえ、心に影響するストレスです。

  23. 大きな音を立てると、運が逃げる。
    静かな音を意識すると、運がやって来る。

    運が逃げるか、やってくるか。
    それを決めるポイントの1つは「音」にあります。
    物を置くとき「ドスン」という音を立てていませんか。

  24. 追い込まれたピンチの状況は、潜在的な能力を発揮できる機会。

    私たちの日常では、追い込まれる瞬間があります。
    大事な試験日が近づいているとき。
    仕事の締め切りが間近に迫っているとき。

  25. 仕事の準備を必要最低限にすると、スピードが出る。

    行動のスピードを上げる方法の1つ。
    それは「最低限の準備」です。
    十分な準備ではなく、最低限の準備であることがポイントです。

  26. あなたがメモを取る姿こそ、最高の感謝。

    いい話が聞けたら、お礼を言いましょう。
    「いい話が聞けました。勉強になります。ありがとうございます」
    きちんとお礼を言えば、相手も話したかいがあったと思い、喜んでくれるでしょう。

  27. 余裕があるように見えるポーズの取り方。

    「余裕があるように見せたい」
    余裕のある雰囲気を出すには、どうすればいいでしょうか。
    もちろん理想としては、本物の余裕を作ることに尽きます。

  28. あなたの成功を妨げているのは、過去の成功体験。

    なぜ、あなたは成功できないのでしょうか。
    これほど頑張っているのに、なぜうまくいかないのでしょうか。
    努力や苦労が足りないからではありません。

  29. なまりのある英語を堂々と話す人が、かっこいい。

    英語は、イギリスが発祥です。
    5世紀にゲルマン人が、今のイギリスであるブリテン島に移住し、原型が作られました。
    そんな英語は、今や世界中に広まり、国際語になりました。

  30. 「なりたい自分」は大切。
    「ありのままの自分」はもっと大切。

    あなたには「なりたい自分」がありますか。
    輝く生き方をしている人を見れば「あんなふうになりたい」と思うことがあるでしょう。
     

同じカテゴリーの作品