生き方

未来が待ち遠しくなる
30の言葉

  • あなたは、
    未来を言い当てる占い師。
    自分で自分の未来を予言しよう。
未来が待ち遠しくなる30の言葉

もくじ

あなたは、未来を言い当てる占い師。
自分で自分の未来を予言しよう。

あなたは、未来を言い当てる占い師。自分で自分の未来を予言しよう。

あなたは占い師です。
とてもよく当たる占い師です。
自分で自分の未来を予言しましょう。

将来への不安にくよくよするのではない。
モチベーションに変えるのだ。

将来への不安にくよくよするのではない。モチベーションに変えるのだ。

「将来が不安だ」
将来への不安にお悩みですか。
ニュースを見ると、明るい話より暗い話のほうが目立ちます。

8時台にやってきた宅配便さんに感謝しよう。
「早起きができた。
ありがとう、宅配便さん」

8時台にやってきた宅配便さんに感謝しよう。「早起きができた。ありがとう、宅配便さん」

「ピンポーン」
朝の8時台に家のチャイムが鳴りました。
「○○さん、お届け物です」

休むとサボるは意味が違う。
休むのはいいが、サボるのはいけない。

休むとサボるは意味が違う。休むのはいいが、サボるのはいけない。

次の2つの言葉に注目です。
・「休む」
・「サボる」

仕事ができない人は、やり直しを嫌がる。
仕事ができる人は、快く受け入れる。

仕事ができない人は、やり直しを嫌がる。仕事ができる人は、快く受け入れる。

仕事ができる人とできない人の違いは「やり直し」という点に表れます。
やり直しが発生するのは悪いことではありません。
結果を出してから、悪い点に気づくことがあります。

どんなに落ち込んでいても腹は減る。
空腹は、体からの励まし。

どんなに落ち込んでいても腹は減る。空腹は、体からの励まし。

つらいことがあってひどく落ち込んでいるときは、食欲がなくなります。
まさに「元気がゼロ」の状態です。
そんなときは「何も食べたくない」と思うもの。

仕事がスムーズに進まないときもある。
「たまにはこういうこともある」でいい。

仕事がスムーズに進まないときもある。「たまにはこういうこともある」でいい。

仕事がスムーズに進まないときがあります。
・企画を考えたいが、なかなか案が浮かばない。
・なかなかアイデアが浮かばず、仕事が停滞する

「ほかの人にも優しくしているんでしょ」と言う人は、いずれ優しくされなくなる。

「ほかの人にも優しくしているんでしょ」と言う人は、いずれ優しくされなくなる。

人に優しくしてもらったとき、ひねくれたことを言う人がいます。
「ほかの人にも優しくしているんでしょ」です。
優しくされると、それが純粋なものなのか、形式的なものなのか気になるところ。

レールを外れたのではない。
自分の意思で選んだ道なのだ。

レールを外れたのではない。自分の意思で選んだ道なのだ。

自分のやりたいことを突き詰めていると、既存のレールから外れてしまうことがあります。
自分のやりたいことが既存のレールの上にあるとは限りません。
むしろレールから外れたところにあるほうが多いでしょう。

ぴったり準備をするのがアマチュア。
十分な準備をするのがプロ。

ぴったり準備をするのがアマチュア。十分な準備をするのがプロ。

アマチュアとプロの差はどこに現れるのか。
その1つは「準備」です。
準備とはいえ、アマチュアとプロとでは、考え方・取り組み方が大きく違います。

コミュニケーションで大切なのは、何を言ったかではなく、相手にどう伝わったか。

コミュニケーションで大切なのは、何を言ったかではなく、相手にどう伝わったか。

コミュニケーションで最初に注意が向くのは「自分が発する言葉」でしょう。
どう言えばいいか。
どんな話し方をすればいいか。

私たちは「取り返しのつかない毎日」を送っている。

私たちは「取り返しのつかない毎日」を送っている。

私たちは「取り返しのつかない毎日」を送っています。
もちろんあなたも、取り返しのつかない毎日を送っているところです。
「そんなことはない。後から取り返せるはずだ」と思うかもしれませんが、できません。

ありのままの自分をさらけ出すことは、勇気を鍛えることになる。

ありのままの自分をさらけ出すことは、勇気を鍛えることになる。

勇気を鍛えるにはどうすればいいか。
シンプルな方法があります。
ありのままの自分をさらけ出しましょう。

頑張る節約は、たかが知れている。
本当に節約効果があるのは、頑張らないこと。

頑張る節約は、たかが知れている。本当に節約効果があるのは、頑張らないこと。

あなたは節約を頑張っていますか。
「私は節約を頑張っている」
「毎日こつこつ節約している」

指示される前に動くことを「ゲーム」と考えてみる。

指示される前に動くことを「ゲーム」と考えてみる。

指示されて動いていませんか。
・上司に指示されて動く
・指示されたとおりに仕事をする

ため息が止まらないのは、体からの拒否サイン。

ため息が止まらないのは、体からの拒否サイン。

「は~」
「ふう~」
ため息が出ることはありませんか。

夢に向かって努力することを夢にする。

夢に向かって努力することを夢にする。

あなたは今、夢に向かって努力しているでしょう。
夢の実現に向けて、毎日やるべきことをやっているはずです。
苦しいことがあっても耐え、倒れても立ち上がり、諦めないで頑張っているに違いありません。

自分から「頑張る」「努力する」と言ってはいけない。
自分から言うものではなく、人から言われるもの。

自分から「頑張る」「努力する」と言ってはいけない。自分から言うものではなく、人から言われるもの。

「私は頑張っています」
「私は努力しています」
熱意のある人がよく口にするセリフです。

くだらない質問をしてはいけない。
ただし、されたときは、真剣に答える。

くだらない質問をしてはいけない。ただし、されたときは、真剣に答える。

くだらない質問をしてはいけません。
初歩的な質問、低俗な質問、価値のない質問。
油断していると、うっかりくだらない質問をしてしまうことがあるもの。

小さな趣味も、10年続ければ、偉大な結果になっている。

小さな趣味も、10年続ければ、偉大な結果になっている。

あなたには趣味がありますか。
読書、映画鑑賞、ジョギングなど、お気に入りの趣味があるでしょう。
絵画・陶芸・同人誌といった創作系の趣味。

もしものことを考えすぎてはいけない。
限度を超えると、かえって毒になる。

もしものことを考えすぎてはいけない。限度を超えると、かえって毒になる。

「もしものこと」を考えることは大切です。
前もって将来に起こりそうなリスクを考えておけば、回避策や対処策を立てることができます。
策を講じて備えておけば安心です。

さあ、立ち上がれ!買ったまま読んでいない本を、今から読もう。

さあ、立ち上がれ!買ったまま読んでいない本を、今から読もう。

あなたには、買ったまま読んでいない本がありますか。
おそらく「ある」と答えるでしょう。
本を読みたい気持ちが冷めるのは早い。

夢に未来の日付を加えるだけで、実現しやすくなる。

夢に未来の日付を加えるだけで、実現しやすくなる。

あなたに夢はありますか。
夢があることは恥ずかしいことではありません。
むしろかっこいいことです。

「後でやります」というセリフは「熱意がない」と見なされる。

「後でやります」というセリフは「熱意がない」と見なされる。

軽い気持ちで「後でやります」というセリフを言う人がいます。
・上司から仕事を依頼されたとき「後でやります」と答える
・仕事の進捗を聞かれたとき「後でメールします」と答える

上司の大事な本番直前に、トラブルを報告しない。

上司の大事な本番直前に、トラブルを報告しない。

上司にトラブルを報告しなければいけないときがあります。
トラブルは、心理的な抵抗があって隠したくなるものですが、それはよくありません。
きちんと正直に報告することが必須です。

曖昧な発言をしていると、曖昧な人生になる。
はっきりした発言をしていかないと、人生は切り開けない。

曖昧な発言をしていると、曖昧な人生になる。はっきりした発言をしていかないと、人生は切り開けない。

曖昧な発言をしないことです。
「やりたいかもしれません」
「行きたいような、行きたくないような」

1位になって満足しない。
次はぶっちぎりの1位を目指そう。

1位になって満足しない。次はぶっちぎりの1位を目指そう。

競走の結果、あなたはめでたく1位を獲得できました。
指名数、販売数、売上額、ユーザー数、顧客満足度。
念願の1位は嬉しいですね。

隠れ家のある人は、人生に強くなる。

隠れ家のある人は、人生に強くなる。

あなたには「隠れ家」がありますか。
隠れ家といえば「人目を避けて身をひそめ隠れている場所」という意味が一般的ですが、その限りではありません。
ちょっと頭を柔らかくして解釈を広げて考えましょう。

年末には、きちんと来年の目標を立てよう。
目標の有無は、人生の質に関わる。

年末には、きちんと来年の目標を立てよう。目標の有無は、人生の質に関わる。

年末にはきちんと来年の目標を立てましょう。
来年1年間を通して実現させたい目標です。
「いちいち決めるのが面倒くさい」

10年前の10年後は、今日。
10年後の10年前も、今日。

10年前の10年後は、今日。10年後の10年前も、今日。

10年前の10年後は、今日です。
ちょうど10年前の今日、あなたはどこで何をしていましたか。
今の10年前にさかのぼって思い出してみてください。

同じカテゴリーの作品