執筆者:水口貴博

まとめ
(人生の生き方が上手になる30の方法)
人生の生き方が上手になる30の方法

  • 目先の快楽を求めるのではなく、常に先を考えて行動する。
  • きちんと笑顔で挨拶をして、相手に好意を伝える。
  • 「迷惑をかけないで生きる」ではなく「自分も迷惑をかけることがあるから、人の迷惑を受け入れよう」と考える。
  • 与えられた仕事は、期限ぎりぎりではなく、早めに仕上げる。
  • 「1つ買ったら、1つ捨てる」というルールを徹底する。
  • 握手をするときは、手より目を見る。
  • 「謝罪」「反省」「対策・改善」が終われば、失敗はすっぱり忘れる。
  • 本当に大事なこだわり以外は、潔く諦める心を持つ。
  • 必要ないチャンスを得たら、必要としている人に譲り渡す。
  • 嫌いな人を減らす生き方をする。 好きな人を増やす生き方をする。
  • お酒以外で酔える何かを見つける。
  • 1点や1円を軽視せず、大切に扱う。
  • ちりやほこりに気づく前に、掃除を始める。
  • 1人で悩みを抱え込まず、誰かに聞いてもらう。
  • おごってもらったら、3回はお礼を言う。
  • 「値段が高ければ高いほどよい」という価値観を見直す。 「感情」や「必要性」を目安に選ぶ。
  • ときどき5つの質問を通して、人生の定期検査を行う。
  • 病院に行った後や本を買った後の行動を大切にする。
  • 調子の悪いときは、いったん休憩を入れる。 どうしても仕事がしたいなら、調子が悪くてもできる仕事をする。
  • 完璧主義者は「10割を完璧」ではなく「7割を完璧」と考える。
  • 落とし物を拾ったら、交番に届ける。
  • 悩み事の話し相手を、人に限定しない。
  • 静かな音を意識した動作を心がける。
  • 追い込まれたピンチの状況は、潜在的な能力を発揮できる機会として生かす。
  • 十分な準備にこだわらないようにする。 必要最低限の準備ができれば、すぐ取りかかる。
  • メモを取る様子を見せて、相手を喜ばせる。
  • 余裕があるように見えたいなら「ゆっくりした動作」を心がける。
  • 新しいことに挑戦するとき、いったん過去の成功体験を忘れ、新しい自分で挑む。
  • なまっていても、堂々と話をする。
  • 「なりたい自分」より「ありのままの自分」を大切にする。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION