執筆者:水口貴博

まとめ
(人生に希望を持って生きる30の言葉)
人生に希望を持って生きる30の言葉

  • せっかく生まれてきたのだから、好きなように、生きる。
  • 闇の時期を、味わう。
  • 1パーセントの可能性を信じて、行動する。
  • 決めかねていることを、決断する。
  • 「もう年だから」を禁句にする。
  • チャンスがなくなる前に、行動する。
  • 倒れたときは、何かをつかんで起き上がる。
  • 「1パーセントでも、自分にも過ちがあるのではないか」と考える余裕を持つ。
  • 受験資格を失った道は、自分に向いていなかったのだと考える。
  • 未来に進むなら、まず過去を捨てる。
  • 問題に直面している今のうちに、自分の心の中を、よく見ておく。
  • 同じことを長く淡々と続けられる自分のすごさに、気づく。
  • 「自分で決めた選択は、常に正しいのだ」と信じる。
  • 自分の体そのものが宝物であることに、気づく。
  • 身近な人に「きっと未来は明るくなるよ」と、言う。
  • 落ち込んだときこそ、下ではなく、上を向く。
  • ときどきは、他人の幸せを、祈る。
  • 損をしたときには、誰かに得をあげたのだと、考える。
  • 人生を否定するのではなく、肯定することで、気持ちよく酔う。
  • 次は焦らずに、落ち着いて、取り組む。
  • 「自分は世界一幸せな人間だ」と、本気で思ってみる。
  • 最初から可能性の数字にとらわれず、後から増やす気持ちを持つ。
  • 名前も住所も明かされた人からの、ストレートな批判を、喜ぶ。
  • 楽しむ側より、楽しませる側になる。
  • 無料で頂いたものでも、お礼をするチャンスだと考える。
  • 曖昧な気持ちは「後悔するかしないか」で、はっきりさせる。
  • 1人で乗り越えて、一人前になる。
  • 泣きたくないときには、そのままでいる。
  • 星のように、1日を精いっぱい、生きる。
  • 先祖から受け継いだものを受け継ぎ、より良いものへと変えてから、次の世代に残す。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION