まとめ
(人生がうまくいかないときの30の言葉)
人生がうまくいかないときの30の言葉

  • なかなかうまくいかないときこそ「運がいい」と考える。
  • 「人生に悩みはつきもの」と考える。
  • 人生はらせん階段と思って、とにかく行動する。
  • ばかにされたら、悔しがって終わるのではなく、見返すために努力する。
  • 問題解決能力より問題発見能力を高める。
  • 苦労が多い人生だから、不幸な人生というわけではないことに気づく。
  • 指示がなくても、自分から動ける人になる。
  • 早く笑顔になりたいなら、無理に涙を我慢せず、思いきり泣いてしまう。
  • ハズレを引いてもがっかりせず、行動できた自分を高く評価する。
  • 度胸がないときこそ、勇敢な行動をして、度胸を鍛えていく。
  • 自分を信用してもらいたいなら、まず相手を信用することから始める。
  • 嫌な記憶があって忘れられないなら、気にしないようにする。
  • 自分の不幸を国や政治のせいにしない。 自分の幸せは、自分の努力でつかみ取る。
  • 忙しさを避けるのではなく、余裕不足を避ける。
  • 変更や想定外があれば、すぐ気持ちを切り替え、臨機応変に対応する。
  • 漫画のようにうまくいかなくても諦めない。 漫画以上に現実が素晴らしくなるよう心がける。
  • 「うまくいかないかもしれない」と言いそうになったら「うまくいくかもしれない」と改める。
  • 見栄と体裁を捨てて、潜在的な行動力を発揮する。
  • 本当に解決が必要な問題なのか考える。
  • 「ダメだとわかって引き返すことも、立派な前進」と考える。
  • 相手に素直になってもらいたいときは、思いやって接する。
  • 何もかもうまくいかないのは「もうすぐ素晴らしいことが起こる前触れ」と期待する。
  • 回収不能と判断したら、惜しい気持ちがあっても、潔く撤退する。
  • 完璧な安定は求めず、7割が安定していれば合格と考える。
  • 下り坂であっても、じたばた騒がず、淡々と普段どおりに仕事をする。
  • 何もかもうまくいかず最悪だったときは「素晴らしい最低記録ができた」と考え、前向きな意味を持たせる。
  • 人生の台本を作る。
  • 多様な価値観は、否定するのではなく、肯定するようにする。
  • 高尚な人間を目指すより、低俗な人間を避ける。
  • 心にあるメンタルブロックを取り除く。 否定的な言葉が頭に浮かんでも、すぐポジティブな言葉で打ち消す。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION