就職活動

まとめ
(就職活動に役立つ30のアドバイス)
就職活動に役立つ30のアドバイス

  • 混み合う就職課は、朝一番に行く。
  • 就職活動での持ち物や身だしなみは、シンプルを心がける。
  • やる気がないときこそ、スケジュール帳に就職活動の予定を入れる。
  • 勇気と余裕があれば、海外のインターンシップを検討する。
  • 志望企業に先輩がいれば、OB・OG訪問をして、情報収集する。
  • OB・OG訪問は、できればエントリーの前にする。
  • 「採用率は、OB・OG訪問の数だけ高くなる」と考える。
  • OB・OG訪問をしてくださる先輩に感謝する。
  • 勢いがあるときに、進められるだけ進めておく。
  • 就職活動でも、PDCAサイクルを意識する。
  • スーツは、インターンシップ前、もしくは企業説明会前に購入しておく。
  • 余裕があれば、ICカード乗車券を持つ。
  • 靴擦れ対策として、ばんそうこうを持参する。
  • 都合がつくかぎり、企業訪問や工場見学をする。
  • 就職活動の効率が向上する物なら、都合がつくかぎり買う。
  • 傘を持参しようか迷えば、持参する。
  • 空が晴れていても、念のため、天気予報は確認する。
  • 早めに到着して時間に余裕があれば、建物や出入りする社員の様子を確認して、面接のネタにする。
  • 気の利いた発言ができなければ、雰囲気を盛り上げる側に回る。
  • 弱々しい外見に悩む男性は「肩パッド」「日焼け」「筋トレ」で、力強く健康的な印象に変える。
  • 自分より面接が上手な人がいれば、真似をする。
  • 余裕があれば、メールではなく、はがきや手紙でお礼を伝える。
  • 顔や学歴が優れているわけでもないのに、驚異的な内定率の人を研究する。
  • 自分が正しく理解されるための言葉を、慎重に選ぶ。
  • 特に猫背には注意する。
  • ビジネスマナーを身につけて、さまざまなタイプの人と仲良くなるチャンスを得る。
  • すべて話そうとするのではなく、要点だけ話す。
  • 見てほしい資料が多ければ、ノートパソコンにデータとして保存して、面接に持参する。
  • 社名を間違えたときは、言い訳をせず、素直に非を認める。
  • 疲れていても眠くても、できるだけお礼状は、その日のうちに出す。

同じカテゴリーの作品