就職活動

企業研究をする
30の方法

  • 希望する条件の優先順位を、
    はっきりさせているか。
企業研究をする30の方法

もくじ
  1. 希望する条件の優先順位を、はっきりさせているか。

    希望する条件の順位を、はっきりさせていますか。
    実は、曖昧にしている人が多いのではないでしょうか。
    「これだけは譲れない」という条件は、人によって異なります。

  2. 平均勤続年数についてよくある誤解。

    平均勤続年数とは、何でしょうか。
    平均勤続年数とは、現在勤務している社員の勤続年数を平均した数字です。
    入社してから会社を辞めるまでの平均年数を指す数字ではないため、注意が必要です。

  3. 企業の個性は、どこに現れるのか。

    企業も、人と同じように、個性があります。
    成果主義を第一にする個性。
    女性を大切にする個性。

  4. 企業に出会わなければ、調べることもない。

    業界研究が終われば、次に企業研究です。
    企業研究をするための大前提があります。
    まず、その企業と出会うことです。

  5. 企業情報の項目から読み取れること。

    数字を眺めるだけでは、企業の詳細が見えてきません。
    もちろん本格的に調べようとすると経済知識が必要ですが、基本なら、素人でも可能です。
    各項目から、何が読み取れるか。

  6. 小さな企業だから、大きな可能性が眠っている。

    あなたが就職したい企業は、中小企業かもしれません。
    風が吹けば飛ぶような、零細企業かもしれません。
    ほんの数人で構成している、ベンチャー企業かもしれません。

  7. 情報を集めるだけでは、十分に生かせない。

    企業研究の難しさは、情報量です。
    さまざまな情報源から情報を入手しますが、その圧倒的な量に押されるでしょう。
    企業研究によって、情報が増えれば増えるほど、混乱してきます。

  8. 似た企業があって迷うとき、どうするか。

    企業研究をしていると、似た企業があって迷うことがあります。
    明らかな違いがあれば選びやすいのですが、給与や待遇などの条件が似ているため、応募に迷う。
    「A社もいいな。B社も素晴らしい。どちらも似ていて迷ってしまう」

  9. 企業研究を効率的にするコツ。

    世の中には、数多くの企業が存在します。
    業種は、およそ3万種。
    法人数だけでも、400万社。

  10. 自宅から通える企業の探し方。

    自宅から通える企業は、どう探せばいいのか。
    近所を歩いて探すのも方法ですが、現実的ではありません。
    地元に特化した企業説明会に出席するのもいい方法です。

  11. 企業の服装を確認する、3つの方法。

    「自由な服装で働きたい」
    企業研究の1つとして、服装を気にする人も多いのではないでしょうか。
    服装は、仕事の気分や効率にも影響するポイントです。

  12. 企業訪問ができなければ、企業のそばまで訪問。

    企業を知るには、企業訪問です。
    実際に企業の内部を見ることで、社内の雰囲気や働いている人の様子などを、具体的に知ることができます。
     

  13. インターネット上の噂を、愚直に信じない。

    インターネットで情報収集していると、衝撃的な内容に触れることがあります。
    自分が志望する企業への批判です。
    自分が志望する企業が、インターネット上で批判されていると分かれば、不安になるのも当然です。

  14. 形だけの制度に、要注意。

    その制度は、本当に活用されているのでしょうか。
    「制度があるなら活用できるに違いない」と思います。
     

  15. 実物を写した写真なのか。
    イメージした写真なのか。

    企業のウェブサイトには、企業に関する写真がたくさん掲載されています。
    目につきやすいのは、やはり文字より写真ではないでしょうか。
    写真は、視覚に訴える力が強いため、やはり注目してしまいます。

  16. イメージした写真かどうか、見分ける方法。

    企業研究をする際は、写真の種類に注意が必要です。
    その写真は、実物を写した写真ではなく、イメージした写真である場合があるからです。
     

  17. 離職率にこだわると、企業研究に誤解を生みやすくなる。

    企業研究で欠かせないのが、離職率。
    離職率とは、労働人口のうち、ある一定期間に離職した人の割合です。
    離職率が高い企業の場合「何か問題がある」と見られる傾向があります。

  18. 企業情報は、現状の確認だけで満足しない。

    企業情報を調べる際に気をつけたいのが、情報の時期です。
    企業の売り上げなどを確認して、企業の経営状況を確認しますが、現状だけを確認しないことです。
    企業の現状だけを見て「なるほど」と満足していませんか。

  19. 魅力がないと思うのは誤解。
    魅力を見つける力がないだけ。

    「この企業は魅力がないな」
    そんな一言で、片付けていないでしょうか。
    表面だけを見ているのでは、気づきにくいかもしれません。

  20. 企業から発信される情報は、ポジティブな内容に偏っている。

    企業について詳しく調べたいと思えば、やはり企業のウェブサイトを確認するのが正攻法でしょう。
    企業から発信している情報ですから、最も正確な内容と思うはずです。
     

  21. 企業研究は、ストーカーではない。

    しつこく企業を研究しているとき、こんなことを考える瞬間があります。
    「自分がしていることは、ストーカーのようだな」と。
    企業研究は、企業のプロフィールをしつこく調べることになります。

  22. 志望企業が提供する商品やサービスがあれば、ぜひ利用したい。

    志望企業が提供する商品やサービスがあれば、ぜひ利用してみましょう。
    テレビや雑誌で間接的に見たり聞いたりするだけでは、具体的な把握は困難です。
    やはり実際に利用するのが一番。

  23. 自分の意見だけでなく、ほかの利用者の意見も参考にしたい。

    志望企業が提供する商品やサービスがあれば、ぜひ利用してみましょう。
    やはり実際に利用することで、よさや雰囲気が理解できます。
    実際に利用することで分かったことは、自信を持って発言できます。

  24. 好調な企業が、優良とは限らない。

    企業の調子は、売り上げ・経常利益・販売実績などから判断するのが一般的です。
    好調な企業なら「きっとこの先も、ぐいぐい成長していくだろう」と期待するのではないでしょうか。
    好調な企業に入社できれば、仕事も安定して、収入も上がるような気がします。

  25. 急成長している企業は、必ず原因を探ること。

    企業研究をしていると、急成長している企業に出会うことがあります。
    前年期と比べて、売り上げが何倍も伸びている企業です。
    ベンチャー企業の中には、短期間で急成長を遂げる企業が珍しくありません。

  26. 組織名から、その企業の全体像を把握してみよう。

    企業研究の一環として確認したいのが、組織図です。
    組織図とは、その企業の組織構成を分かりやすくまとめた図表です。
    上場企業なら、株主向けの資料として、必ず存在します。

  27. 組織図の確認の際は、所属したい部署も決めておくといい。

    企業研究では、組織図の確認も必要です。
    組織図を見れば、その企業の概要が分かりやすい。
    どんな部署があり、どんな組織構成になっているのか、一目で把握できます。

  28. 企業の規模が小さすぎて、企業情報が入手できない場合の対処法。

    ある程度規模のある企業なら、就職関連の書籍にもデータが掲載されています。
    企業研究も調べれば分かる状態ですから、調べやすいでしょう。
    問題は、規模の小さな企業です。

  29. 店舗見学を充実させるコツは、予約。

    企業研究の一環として、店舗見学をする人も多いのではないでしょうか。
    一般に開放された店舗なら、客として、いつでも自由に訪問できます。
    店舗に訪れ、働く人たちの様子を直接見れば、自分が社員になったときの想像が膨らみやすくなるでしょう。

  30. 同業他社も企業研究すると、業界内の位置関係も分かる。

    企業研究では、まず志望企業を徹底的に調べることです。
    志望企業については、あらゆる手段を使って深く調べることが重要です。
     

同じカテゴリーの作品