就職活動

面接直前に心がけたい
30のマナー

  • 面接の前日こそ、
    美容パックの出番。
面接直前に心がけたい30のマナー

もくじ

面接の前日こそ、美容パックの出番。

面接の前日こそ、美容パックの出番。

面接では、明るい顔で挑みたいですね。
肌は、荒れているよりきれいであるほうが、好印象であることは間違いありません。
肌が疲れていると思ったときに役立つのが、美容パックです。

しっかり睡眠を取ることも、面接対策。

しっかり睡眠を取ることも、面接対策。

面接の前日には、十分な睡眠が大切です。
面接の前日に、深夜まで面接対策を再確認したい状況があるかもしれません。
自己PRや志望動機を見直したり、入退室のマナーを練習したりなどです。

あなたのカバンは、いつの間にか汚れている。

あなたのカバンは、いつの間にか汚れている。

身だしなみとは、服装や髪型だけではありません。
忘れがちなのは、カバンです。
就職活動でカバンを使い続けていると、汚れが付着しているものです。

面接当日の朝は、トップニュースを確認しておくと安心。

面接当日の朝は、トップニュースを確認しておくと安心。

面接では、ニュースについて質問されることがあります。
読んでいる新聞の種類、ニュースを確認する習慣、確認方法などです。
たとえば、ニュースを確認する頻度について質問されたとします。

朝の挨拶は、面接に向けた準備運動。

朝の挨拶は、面接に向けた準備運動。

朝起きれば、自分から親に挨拶しましょう。
友達と会えば、自分から挨拶しましょう。
面接で社屋に入れば、すれ違う社員にも挨拶をしましょう。

面接前は、美容院に行こう。

面接前は、美容院に行こう。

面接前には、身だしなみの一環として、美容院に行きましょう。
面接直前に髪を切ってもらうことで、最も整った髪型で面接に向かえます。
面接時間に余裕があれば、美容院は、面接当日の朝が理想的です。

靴磨きは本来、面接直前が適切。

靴磨きは本来、面接直前が適切。

靴磨きは、家を出るときにしておけば安心とは限りません。
家を出るときに靴をきれいに磨いても、面接に向かう途中で汚れることがあります。
外には、ちりやほこりがいっぱいです。

場所や日時を企業に確認するのは、タブー。

場所や日時を企業に確認するのは、タブー。

企業説明会や面接の場所や日時について、企業に確認の連絡をする応募者がいます。
「きちんと予約が取れているか」
「自分の認識が間違っていないか」

キシリトールのガムには、面接直前対策に3つの効果がある。

キシリトールのガムには、面接直前対策に3つの効果がある。

面接前は、キシリトールのガムがおすすめです。
「ガム程度で効果があるはずない」と思うかもしれません。
もちろん個人差はあるでしょうが、人によっては、面接直前対策として効果的である場合があります。

志望度が高くて、しっかり研究した企業でも、面接直前の復習は必須。

志望度が高くて、しっかり研究した企業でも、面接直前の復習は必須。

しっかり研究した企業でも、面接直前の復習をしておきましょう。
何を聞かれても答える自信があっても、油断は禁物です。
志望度の高い企業があるとき、企業研究をする状況を思い出してください。

面接直前は、頭の中でイメージトレーニング。

面接直前は、頭の中でイメージトレーニング。

面接直前には、イメージトレーニングをしておきましょう。
イメージトレーニングは、厳密な場数ではないため、無意味と思うかもしれません。
たしかに実際の経験とは異なりますが、意味がないと思うのは誤解です。

鏡に向かって、笑顔の練習。

鏡に向かって、笑顔の練習。

面接直前のお手洗いでは身だしなみを整えましょう。
スーツのしわやごみを取る。
ネクタイをまっすぐに整える。

カバンから取り出す様子がたどたどしいと、面接官も不安になる。

カバンから取り出す様子がたどたどしいと、面接官も不安になる。

就職活動で持参するカバンには、常に必需品を携帯しておくことが大切です。
ハンカチ・ティッシュ・地図・筆記用具・メモ帳。
履歴書・案内資料などを持参することもあるでしょう。

面接に持参する筆記用具は、ボールペンだけでいいのか。

面接に持参する筆記用具は、ボールペンだけでいいのか。

「筆記用具」という定義には、考え方に個人差があるようです。
人によっては「筆記用具はボールペンだけで十分」と考える人もいるでしょう。
たしかに社会に出て仕事をすると、鉛筆よりボールペンのほうがよく使われます。

面接前に必要なのは、気合でもリラックスでもない。
適度な緊張。

面接前に必要なのは、気合でもリラックスでもない。適度な緊張。

「面接前に必要なのは気合」と言いたいところですが、少し違います。
気合は、普段以上の力を発揮するときに必要です。
大声を出したり、自分の顔を叩いたりして、意図的に自分を興奮させ、120パーセントの状態を作り出そうとします。

面接直前の食事は、普段どおりが一番。

面接直前の食事は、普段どおりが一番。

面接直前の食事は、普段どおりが一番です。
面接直前、やる気を出すため、普段よりたくさん食べることもあるかもしれません。
元気を出すため、普段より栄養のあるものを食べる人もいるでしょう。

採用担当者への差し入れは、許されるのか。

採用担当者への差し入れは、許されるのか。

選考を有利にする工夫として、差し入れを思い浮かべる人もいるかもしれません。
採用担当者に差し入れをして喜んでもらえば、採用を優遇されそうな気もします。
ただで金品が得られるなら、誰でも嬉しく思うでしょう。

面接前の水分摂取は、量と種類に注意する。

面接前の水分摂取は、量と種類に注意する。

面接前の水分摂取には、要注意です。
尿意があると、心や気持ちに余裕がなくなり、面接で余裕のある対応が難しくなります。
もちろん水分を取るのはいいのですが、問題は、水分の量と種類です。

汚れた歯では、どんな言葉を発しても、心に響かない。

汚れた歯では、どんな言葉を発しても、心に響かない。

面接直前の食事の後は、歯磨きをしましょう。
食後は、食事の食べかすが歯についているでしょう。
面接中、応募者の歯から食べかすが残っていると、面接官を不快にさせることがあります。

道がわかりにくい場合は、企業に問い合わせてもいいのか。

道がわかりにくい場合は、企業に問い合わせてもいいのか。

面接会場に向かう途中、道がわかりにくくて苦労することがあります。
やはり初めて通る道は、誰でも不安ですね。
企業によっては、わかりにくい立地である場合があります。

地図があれば、迷子にならないとは限らない。

地図があれば、迷子にならないとは限らない。

面接に向かうときは、地図の準備が必須です。
「自分は方向音痴ではない」「単純な道だから迷うはずはない」などの自信があっても、実際はわかりません。
思ったよりわかりにくい地形であったり、勘違いで方向感覚が狂ったりするものです。

自分の車で、面接会場に向かうのはいいのか。

自分の車で、面接会場に向かうのはいいのか。

自分の車を所有する学生もいるでしょう。
面接会場の場所によっては、交通機関より車のほうが、スムーズに移動できる場合もあるはずです。
ところで、自分の車で面接会場に向かうのはいいのでしょうか。

面接に向かう途中で、忘れ物に気づいた。
さて、どうするか。

面接に向かう途中で、忘れ物に気づいた。さて、どうするか。

面接に向かう途中で、忘れ物に気づくことがあります。
あってはならないことですが、やはりうっかりするのが人間です。
入念な準備をしても、勘違いや思い込みで持ち忘れることがあるものです。

早めに到着したときも、遅刻に注意。

早めに到着したときも、遅刻に注意。

交通渋滞を懸念して、早めに家を出たとします。
特に問題なくスムーズに移動でき、目的地にずいぶん早く到着できることがあります。
面接時間の30分前や1時間前などです。

面接直前は、携帯電話の電源を切る。

面接直前は、携帯電話の電源を切る。

面接中に携帯電話が鳴り響くと、確実に悪印象です。
面接直前に携帯電話の電源を切るのは、基本中の基本。
面接の雰囲気を壊すだけでなく、管理能力の欠如も伝わるため、いっそう印象が悪いのです。

総合ビルのお手洗いも、油断しない。

総合ビルのお手洗いも、油断しない。

面接の直前、ビルのトイレを利用させてもらうことがあります。
さまざまな企業が入居する総合ビルでは、各階にトイレが設置されているのが一般的です。
面接が始まる前、ビルのトイレを借りて、身だしなみを整えることが大切です。

社屋ですれ違う人とは、すべて挨拶。

社屋ですれ違う人とは、すべて挨拶。

面接で社屋に入れば、基本的にすれ違う人すべての人と、挨拶しましょう。
挨拶は、軽い会釈で十分です。
面識がないから挨拶しなくてもいいと思いますが、逆です。

受付でも気を抜かず、丁寧な対応が必要。

受付でも気を抜かず、丁寧な対応が必要。

面接前の面接。
それは、受付です。
企業によっては受付に人がいて、来客を迎えるところがあります。

受付の人から資料を受け取るとき、好感度を上げるポイント。

受付の人から資料を受け取るとき、好感度を上げるポイント。

受付の人から資料を差し出されたとき、好感度を上げる受け取り方があります。
手に持っているカバンを一度床に置いてから、両手で受け取りましょう。
男性に限らず、女性も同様です。

待合室で注意したい5つのタブー。

待合室で注意したい5つのタブー。

面接前、待合室でしばらく待機することがあります。
まだ面接が始まっていないとはいえ、油断は禁物です。
待合室の陰から、採用担当者が応募者の様子を確認している可能性もあります。

同じカテゴリーの作品