就職活動

就職活動の
30の基本ポイント

  • 就職活動の主役は誰か。
就職活動の30の基本ポイント

もくじ

就職活動の主役は誰か。

就職活動の主役は誰か。

当たり前のことかもしれませんが、再認識しておきたいことがあります。
難しいことではありません。
「就職活動の主役は誰か」ということです。

就職活動の第一歩は、就職対策本の購入。

就職活動の第一歩は、就職対策本の購入。

就職活動の第一歩は、就職対策本の購入から始まります。
「本を読むと、対応が形式的になりそう」と思うかもしれませんが、それは誤解です。
むしろ、形式を知る必要があります。

準備もなく「自分は大丈夫」と思う人は、要注意。

準備もなく「自分は大丈夫」と思う人は、要注意。

「自分は大丈夫」と思っているかどうかです。
もちろん準備をした上で「自分は大丈夫」と思うのはいいのです。
準備をしっかりしているのは、事前に危険を意識して、対策ができています。

準備しないことが、自分らしさを見せることではない。

準備しないことが、自分らしさを見せることではない。

「準備をすると、素の自分を見せられなくなる」
「自分らしさを出したいから、あえて何も準備しない」
そう考える人がいるようです。

就職情報サイトは、できれば複数登録しておきたい。

就職情報サイトは、できれば複数登録しておきたい。

就職活動では、就職情報サイトに登録します。
もはや登録しない人はいないでしょう。
「就職情報サイトへの登録は1つで十分」と考える人もいるかもしれませんが、十分ではありません。

学業をおろそかにしてまで、就職活動しない。

学業をおろそかにしてまで、就職活動しない。

学業と就職活動。
どちらが大切かと聞かれたとき、あなたなら、どう答えますか。
優先順位は、はっきりしています。

時事問題は、どのくらい過去まで遡って学べばいいのか。

時事問題は、どのくらい過去まで遡って学べばいいのか。

時事問題では、過去の時事が出題されます。
しかし、過去とはいえ、範囲は膨大です。
過去というのは、5年前なのか、10年前なのか。

就職対策として、新聞を購読したほうがいいのか。

就職対策として、新聞を購読したほうがいいのか。

「就職対策として、新聞を購読したほうがいいのか」
就職活動の際、よく持ち上がる話題です。
時事情報を入手するなら、やはり基本は新聞です。

時事問題は、集中的に勉強する機会を、一度は設けたい。

時事問題は、集中的に勉強する機会を、一度は設けたい。

時事問題は、日頃の勉強が重要です。
社会情勢は、毎日変化します。
新しいニュースも、毎日発生します。

企業が求める人材の3大要素とは。

企業が求める人材の3大要素とは。

世の中には、さまざまな仕事があります。
企業が求める人材は、企業によってさまざまです。
体力・語学力・文章力・発想力。

学生として、就職活動を行わない。

学生として、就職活動を行わない。

学生が就職活動をするとき、学生の気分で進めるのはよくありません。
たしかに学生ですから、学生の気分があって当然かもしれません。
しかし、就職活動を始めるからには、気持ちの切り替えが必要です。

自分に合った仕事を探す3つのポイント。
やりたいこと、できること、求められること。

自分に合った仕事を探す3つのポイント。やりたいこと、できること、求められること。

自分に合った仕事を探すとき、まず考えたい3つのポイントがあります。
「やりたいこと」「できること」「求められること」です。
自分に合った仕事を探すとは、この3つが重なる部分を探す作業です。

就職活動は、苦しむものではなく、楽しむもの。

就職活動は、苦しむものではなく、楽しむもの。

就職活動を、楽しんでいますか。
将来に関わる就職活動では、不安がいっぱいでしょう。
履歴書を書くのが面倒で、ため息をついている人もいるかもしれません。

就職活動のために、パソコンを持つ必要はあるか。

就職活動のために、パソコンを持つ必要はあるか。

パソコンは、就職活動に必要でしょうか。
必須ではありませんが、あったほうが便利になるのは間違いありません。
いまやほとんどの企業で、自社のウェブサイトが準備されています。

最初に用語を勉強しておけば、就職活動がスムーズになる。

最初に用語を勉強しておけば、就職活動がスムーズになる。

就職活動では、就職に必要な用語を先に勉強しておきましょう。
語学を学ぶとき、まず単語から覚えるのとイメージは同じです。
語学学習では、最初に単語を勉強しておけば、文法・熟語・長文読解がスムーズになりますね。

就職活動は、加点を狙うより、減点を避ける。

就職活動は、加点を狙うより、減点を避ける。

就職活動は、加点を狙うより、減点を避けましょう。
もちろん加点を狙うのも大切ですが、減点を避けるのは、もっと大切です。
加点の1点と減点の1点。

企業側から見た、採用活動の流れ。

企業側から見た、採用活動の流れ。

学生にとっての就職活動は、企業にとっては採用活動です。
学生にとって就職活動は大きなイベントですが、企業にとっても採用活動は大きなイベントです。
採用活動は、自社の未来を左右する活動です。

集団面接・グループディスカッション・最終面接。
それぞれの面接で確認される点の違いとは。

集団面接・グループディスカッション・最終面接。それぞれの面接で確認される点の違いとは。

集団面接・グループディスカッション・役員面接。
形式や担当者が異なるだけではありません。
同じ面接でも、それぞれ確認される点が異なります。

迷ったときは、丁寧な選択を選べば、間違いない。

迷ったときは、丁寧な選択を選べば、間違いない。

毎年、就職の時期になると、雑誌では就職活動に関する記事が増えます。
中でもお決まりの記事は、就職活動のノウハウです。
採用担当者にインタビューをして、就職活動のアドバイスをまとめた記事を見かけます。

給与から手取りを計算する目安とは。

給与から手取りを計算する目安とは。

給与と手取り。
企業から支払われるお金とはいえ、意味が違います。
まず、それぞれの違いから説明します。

面接の代表的な種類と特徴。

面接の代表的な種類と特徴。

面接には、どのような種類があるのでしょうか。
就職活動の基本として、まず面接の種類から確認していきましょう。
複数の応募者を一度に面接する方式です。

送られてきた案内資料に、お礼は必要か。

送られてきた案内資料に、お礼は必要か。

ポイントは、自動的に送られてきたかどうかです。
資料請求をした際、自動で送られる案内資料なら、お礼は不要です。
たとえば、就職情報サイトで応募したと同時に、サーバーから自動で送られる案内資料です。

就職活動における「自由」とは「常識の範囲内での自由」という意味。

就職活動における「自由」とは「常識の範囲内での自由」という意味。

就職活動では「自由」というキーワードを見かけることがあります。
たとえば、エントリーシートや履歴書では、自由記述欄が設けられていることがあります。
アパレル系の面接では「自由な服装でお越しください」と案内されることもあるでしょう。

就職活動は、何社くらい応募すればいいのか。

就職活動は、何社くらい応募すればいいのか。

就職活動で必ず聞かれる、ある疑問があります。
「何社くらい応募すればいいのか」という疑問です。
友達との会話で「何社くらい応募したか」と聞くことも、多いのではないでしょうか。

就職活動と進学に向けた勉強の両立はできるか。

就職活動と進学に向けた勉強の両立はできるか。

就職活動では、ある葛藤を抱くことがあります。
「就職したい気持ち」と「大学院に進学したい気持ち」です。
1つに絞ればいいのですが、どちらにも魅力を感じ、判断に迷う場合があるでしょう。

失敗を防ぐことが、成功にもつながる。

失敗を防ぐことが、成功にもつながる。

就職活動では、友達や先輩などから、体験談を聞くことが大切です。
ためになる体験談といえば、やはり成功談を考える人が多いのではないでしょうか。
成功例がわかれば、ぜひ自分も取り入れて、真似をしようと思います。

反対する親を説得するのも、就職活動。

反対する親を説得するのも、就職活動。

就職したい企業を親に伝えると、親が反対することがあります。
いえ、反対されるほうが多いのかもしれません。
世の中の親の大半は「大企業や公務員を目指してほしい」と思うものです。

就職活動中のブログやSNSには、要注意。

就職活動中のブログやSNSには、要注意。

ブログとは、インターネット上で公開できる、日記形式のウェブサイトです。
情報提供だけでなく、意見交換の機能もあるため、ブログを通してコミュニケーションすることも可能です。
SNSとは、人とのつながりを支援する、インターネットサービスのことです。

就職活動で常に意識したいのは、自分を生かすこと。

就職活動で常に意識したいのは、自分を生かすこと。

就職活動において、いつも心に留めておきたいキーフレーズがあります。
「自分を生かす」というキーフレーズです。
あなたの就職活動は、自分を生かしていますか。

「一緒に働きたい」と思わせる人が、合格する。

「一緒に働きたい」と思わせる人が、合格する。

面接では、評価対象がたくさんあります。
学歴・身だしなみ・考え方・話し方など、さまざまな点を見ながら、総合的に評価します。
評価する点はたくさんあるように思えますが、すべてを一言で集約すると、次のポイントです。

同じカテゴリーの作品