就職活動

面接に通る人と通らない人の
30の違い

  • 面接に通らない人は、
    加点を狙う。
    面接に通る人は、
    減点を避ける。
面接に通る人と通らない人の30の違い

もくじ

面接に通らない人は、加点を狙う。
面接に通る人は、減点を避ける。

面接に通らない人は、加点を狙う。面接に通る人は、減点を避ける。

面接に通らない人は、加点を狙うのが特徴です。
「ほかの応募者と差をつけなければいけない」
「注目してもらうために、何か驚かせることをしたほうがいいのではないか」

面接に通らない人は、回答のすべてを覚える。
面接に通る人は、回答の要点だけ覚える。

面接に通らない人は、回答のすべてを覚える。面接に通る人は、回答の要点だけ覚える。

面接前には、質疑応答の準備が大切です。
質問の準備をするのは、マナー違反ではありません。
むしろ聞かれる可能性が高い質問は、しっかり準備しておくのがマナーです。

面接に通らない人は、課程から話す。
面接に通る人は、結論から話す。

面接に通らない人は、課程から話す。面接に通る人は、結論から話す。

「あなたの強みは何ですか」という質問があったとします。
面接に通らない人は、まず課程から話し始めるのが特徴です。
「私は幼い頃から○○が得意で、大学では○○を学び~」

面接に通らない人は、応募者の立場だけ経験する。
面接に通る人は、面接官の立場も経験する。

面接に通らない人は、応募者の立場だけ経験する。面接に通る人は、面接官の立場も経験する。

面接に通らない人は、応募者の立場だけ経験するのが特徴です。
たとえば、友達に面接の練習を協力してもらうとき、応募者役だけ演じようとします。
面接の練習ですから、普通に考えれば、たしかに応募者役で十分。

面接に通らない人は、うつむきがちで、常に無表情。
面接に通る人は、前を向いて、常に笑顔。

面接に通らない人は、うつむきがちで、常に無表情。面接に通る人は、前を向いて、常に笑顔。

表情は、相手に与える要因がとても大きい。
面接に通らない人は、うつむきがちで、常に無表情なのが特徴です。
うつむきがちで話すため、元気がないように見えます。

面接に通らない人は、面接を怖がる。
面接に通る人は、面接を楽しむ。

面接に通らない人は、面接を怖がる。面接に通る人は、面接を楽しむ。

面接に挑むときの気持ちで、選考に与える影響があります。
面接に通らない人は、面接を怖がります。
考えるのは、悪い展開ばかり。

面接に通らない人は、スーツに着られている。
面接に通る人は、スーツに着慣れている。

面接に通らない人は、スーツに着られている。面接に通る人は、スーツに着慣れている。

面接に通らない人は、スーツに着られているのが特徴です。
まずスーツのサイズがきちんと合っていません。
だぼだぼ、もしくはぴちぴちです。

面接に通らない人は、服装自由と言われ、私服で参加する。
面接に通る人は、服装自由と言われても、スーツで参加する。

面接に通らない人は、服装自由と言われ、私服で参加する。面接に通る人は、服装自由と言われても、スーツで参加する。

「服装は自由です」と許可される面接があります。
面接に通らない人は、服装が自由の面接を、素直に喜びます。
「やった。服装は自由でよいらしい。それなら楽な私服で面接を受けよう。どんなおしゃれをしようかな」

面接に通らない人は、腕時計が派手。
面接に通る人は、腕時計がシンプル。

面接に通らない人は、腕時計が派手。面接に通る人は、腕時計がシンプル。

面接に通らない人は、面接のとき、派手な腕時計をします。
「派手な腕時計で目立たせよう」
「ブランド名が目立つ腕時計のほうが、かっこよく見えるのではないか」

面接に通らない人は、面接官の「楽にしてください」を信じる。
面接に通る人は、面接官の「楽にしてください」を信じない。

面接に通らない人は、面接官の「楽にしてください」を信じる。面接に通る人は、面接官の「楽にしてください」を信じない。

面接が始まるやいなや、面接官が優しい言葉をかけてくれることがあります。
「緊張していませんか。大丈夫ですよ。自然体でいきましょう。楽にしてください」
リラックスを促してくれるのです。

面接に通らない人は、能力で差をつけようとする。
面接に通る人は、人間性で差をつけようとする。

面接に通らない人は、能力で差をつけようとする。面接に通る人は、人間性で差をつけようとする。

面接に通らない人は、能力で差をつけようとするのが特徴です。
高い学歴や成績をアピールしようとする。
ハイレベルな資格や免許を目立たせようとする。

面接に通らない人は「お願いいたします」と言いながら、お辞儀をする。
面接に通る人は「お願いいたします」と言ってから、お辞儀をする。

面接に通らない人は「お願いいたします」と言いながら、お辞儀をする。面接に通る人は「お願いいたします」と言ってから、お辞儀をする。

お辞儀にも、礼儀作法があります。
「ただ頭を下げればいいだけだろう」と思いますが、要注意。
単なるお辞儀でも、手順を誤ると、失礼な印象を与えることがあるため油断できません。

面接に通らない人は、歩きながら挨拶をする。
面接に通る人は、立ち止まってから挨拶をする。

面接に通らない人は、歩きながら挨拶をする。面接に通る人は、立ち止まってから挨拶をする。

面接に通らない人は、歩きながら挨拶をします。
面接室に入るやいなや、歩きながら「よろしくお願いいたします」と言って、椅子に座ります。
もちろん私生活なら、そうした挨拶もいいでしょう。

面接に通らない人は、まったく前置きがない。
面接に通る人は、適切な前置きがある。

面接に通らない人は、まったく前置きがない。面接に通る人は、適切な前置きがある。

面接では、デリケートな発言をしなければいけない場面があります。
たとえば、勤務地の希望を言ったり、残業の質問をしたりなどです。
面接であまり露骨な発言は好ましくありませんが、事情のため、どうしても発言しなければいけない場面もあるでしょう。

面接に通らない人は、隣の人の話を聞いていない。
面接に通る人は、隣の人の話も聞いている。

面接に通らない人は、隣の人の話を聞いていない。面接に通る人は、隣の人の話も聞いている。

ほかの応募者と一緒に、対面式の面接を受ける場合があります。
集団面接です。
面接官の質問に対して、1人ずつ答えていく流れが一般的です。

面接に通らない人は、自分だけ受かろうとする。
面接に通る人は、みんなで受かろうとする。

面接に通らない人は、自分だけ受かろうとする。面接に通る人は、みんなで受かろうとする。

面接では、ほかの応募者と協力しながら面接を受けることがあります。
たとえば、グループディスカッションやグループワークなどです。
こうした面接形式では、応募者が集団の中での役割や振る舞いが、表れやすいところ。

面接に通らない人は、ちらっと時計を見る。
面接に通る人は、きちんと面接官を見る。

面接に通らない人は、ちらっと時計を見る。面接に通る人は、きちんと面接官を見る。

面接中に時計を確認するしぐさには、要注意。
時間を確認するための時計ですが、いつでも時間を確認していいわけではありません。
時と場合によっては、思わぬ誤解を与える原因になります。

面接に通らない人は、精神論と大げさな副詞で説得する。
面接に通る人は、方法論と具体例で説得する。

面接に通らない人は、精神論と大げさな副詞で説得する。面接に通る人は、方法論と具体例で説得する。

面接官を、どう説得するかです。
ただ力強い発言をすれば、信じてもらえるわけではありません。
面接官は、ベテランの社会人。

面接に通らない人は、きれいな答えを心がける。
面接に通る人は、自分らしい答えを心がける。

面接に通らない人は、きれいな答えを心がける。面接に通る人は、自分らしい答えを心がける。

面接では、きちんとした回答が求められます。
自己PRや志望動機だけでなく、すべての質問に、きちんとした回答であるほうが好印象です。
ところが、きちんとした回答とはいえ、面接に通る人と通らない人とでは、答え方の心がけに違いがあります。

面接に通らない人は、自己PRや志望動機を、どの企業にも使い回す。
面接に通る人は、自己PRも志望動機も、企業ごとに変える。

面接に通らない人は、自己PRや志望動機を、どの企業にも使い回す。面接に通る人は、自己PRも志望動機も、企業ごとに変える。

面接に通らない人は、自己PRや志望動機を使い回すのが特徴です。
「自己PRや志望動機が同じでも、ほかの企業だから、ばれるはずがない」
少しでも手間暇を省こうとします。

面接に通らない人は、若者言葉を使う。
面接に通る人は、礼儀正しい言葉を使う。

面接に通らない人は、若者言葉を使う。面接に通る人は、礼儀正しい言葉を使う。

面接に通らない人は、若者言葉を使うのが特徴です。
若者言葉を使うことにためらいません。
若者言葉とは、俗語であったり、言葉の一部を省略したりなどした言葉を言います。

面接に通らない人は、短所をひたすら隠す。
面接に通る人は、短所を長所として表現する。

面接に通らない人は、短所をひたすら隠す。面接に通る人は、短所を長所として表現する。

短所のない人はいません。
面接でも、長所だけでなく、短所について追及されるのが定番です。
その短所についての答え方が、選考の結果を分けます。

面接に通らない人は「本当は働きたくない」と思っている。
面接に通る人は「本当に働きたい」と思っている。

面接に通らない人は「本当は働きたくない」と思っている。面接に通る人は「本当に働きたい」と思っている。

心の中は意外と表に出るもの。
本音は隠そうと思っても、なかなか隠しきれません。
それは、面接でも同じです。

面接に通らない人は、持っている資格をすべて答える。
面接に通る人は、仕事に関係した資格だけ答える。

面接に通らない人は、持っている資格をすべて答える。面接に通る人は、仕事に関係した資格だけ答える。

「何か資格を持っていますか」
そう面接官から質問されたとき、面接に通る人と通らない人に違いがあります。
面接に通らない人は、持っている資格をすべて答えます。

面接に通らない人は、不快な質問に腹を立てる。
面接に通る人は、不快な質問を喜ぶ。

面接に通らない人は、不快な質問に腹を立てる。面接に通る人は、不快な質問を喜ぶ。

面接では、圧迫面接が行われる場合があります。
応募者のストレス耐性を確認するため、厳しい言葉や威圧的な態度などで責めてきます。
さて、面接に通る人と通らない人とでは、圧迫面接の対応が正反対です。

面接に通らない人は、自信を表現しようとして横柄になる。
面接に通る人は、自信を持っても、謙虚は忘れない。

面接に通らない人は、自信を表現しようとして横柄になる。面接に通る人は、自信を持っても、謙虚は忘れない。

面接では、自信のある態度が必須です。
面接は自己アピールの場。
自分の強みをアピールするなら、自信のある態度が適切です。

面接に通らない人は、とにかく残業を嫌がる。
面接に通る人は、残業に協力的。

面接に通らない人は、とにかく残業を嫌がる。面接に通る人は、残業に協力的。

残業は、誰でも嬉しくありません。
ただし、社会で仕事をしていると、残業を避けられない状況があるのもたしかです。
就職活動がうまくいかない人は、とにかく残業を嫌がります。

面接に通らない人は、本番だけ入念。
面接に通る人は、準備と復習も入念。

面接に通らない人は、本番だけ入念。面接に通る人は、準備と復習も入念。

面接に通らない人は、面接だけ入念にしようとします。
たしかに面接は、採用を決める重要な場です。
重要であることは間違いなく、面接が最大の勝負所と言っていいでしょう。

面接に通らない人は、答える順が普通。
面接に通る人は、答える順がユニーク。

面接に通らない人は、答える順が普通。面接に通る人は、答える順がユニーク。

「強みと弱みを挙げてください」
こんな質問をされたとき、どう答えますか。
面接に通る人と通らない人とでは、答え方に違いが見られます。

面接に通らない人は、面接室にいる間だけ面接だと考える。
面接に通る人は、家から出て、戻るまでが面接だと考える。

面接に通らない人は、面接室にいる間だけ面接だと考える。面接に通る人は、家から出て、戻るまでが面接だと考える。

面接に通らない人は、面接室にいる間だけ面接だと考えています。
一見すると、普通の考え方に思えるのですが、不十分です。
面接室以外にも、評価に関係する場面があるからです。

同じカテゴリーの作品