就職活動

面接の失敗を防ぐ
30の対策

  • 3回のノックは、
    早さと強さによって、
    印象が変わる。
面接の失敗を防ぐ30の対策

もくじ
  1. 3回のノックは、早さと強さによって、印象が変わる。

    面接のノックは、3回が基本です。
    2回のノックは「トイレ用」とされているため、正しくは3回が適切です。
    細かい点ですが、ノックの回数を確認する面接官もいるため、配慮しておくといいでしょう。

  2. 目をそらすとき、どこを見るかが重要。

    目を見て話すのは、会話の基本。
    目をそらしていると、自信がないように見え、印象がよくありません。
    面接においても、面接官の目を見て話すことが基本ですね。

  3. 非正規雇用の面接は、手抜きをしてもいいのか。

    雇用形態には、大きくわけて2種類あります。
    正規雇用と非正規雇用です。
    正規雇用とは、正社員です。

  4. 手を体の後ろに隠すと、悪気はなくても、誤解されやすい。

    面接室のドアを開けてから、椅子に座るまでの場面を思い出してください。
    ドアを閉めてから、椅子の横に立ち、面接官に挨拶と一礼をしてから椅子に座りますね。
    このときの手の位置について、ときどき見かけるマナー違反があります。

  5. 「ギャップが激しい」と言われる人は、1次面接で苦戦しやすい。

    「ギャップが激しい」
    そんなことを言われることはありませんか。
    世の中には、第一印象と内面のギャップが激しい人がいるものです。

  6. 遅刻したときに必要なのは、言い訳ではなく、謝罪。

    1分でも、遅刻は遅刻。
    面接に遅れそうと分かれば、採用担当者に早めの連絡を心がけましょう。
    遅れるのが確実になった時点で連絡を入れるより、遅れそうだと分かった時点で連絡を入れるほうが安心です。

  7. 面接官の「気楽にしてください」を信じていいのか。

    面接官の中には、優しい言葉をかけてくれる人がいます。
    「気楽にしてください」です。
    「リラックスしてください」「自由にしてください」「いつもどおりにしてください」などの言葉の場合もあります。

  8. 「自己紹介を3分でお願いします」と言われた。
    30秒で終わらせるのはダメか。

    「自己紹介を3分でお願いします」
    そう言われたなら、3分を目安に自己紹介しましょう。
    「そんなにたくさん話すことはない」と思うかもしれませんが、やはり短すぎるのはよくありません。

  9. なぜ面接では、笑顔が大切なのか。

    面接では、終始、笑顔を心がけましょう。
    入室から退出まで、基本的に笑顔です。
    笑顔がない人は、いくら履歴書が立派でも、不採用の可能性が急激に高くなると言っていいでしょう。

  10. 真面目な話には、真面目な表情。

    面接で大切なのは、笑顔だけではありません。
    へらへら笑ってばかりでは、明るい雰囲気は出ますが、軽い印象になるでしょう。
    物事を深く考えず、軽々しく行動する性格ではないかと誤解される場合があります。

  11. 明るい表情と真面目な表情。
    面接でふさわしいのは、どちらか。

    面接対策の本には、次のようなアドバイスがよく見られます。
    「面接中は、明るい表情になりましょう」
    「面接中は、真面目な表情になりましょう」

  12. なぜ回答の丸暗記は、しないほうがいいのか。

    面接前に、聞かれるであろう質問の準備は、常識です。
    確実に聞かれるであろう自己PRと志望動機については、しっかり内容を準備しておきます。
    「聞かれるのではないか」と予想できれば、答えるべき内容もしっかり考え、覚えようとするでしょう。

  13. 面接で突っ込まれやすい3つの形容詞。

    面接で突っ込まれやすい3つの形容詞があります。
    「いろいろ」「さまざま」「たくさん」です。
    私たちが普段言いやすい言葉ですね。

  14. 完全な答え方ができなければ、部分的な答え方だけでも心がける。

    回答ができない質問をされたとき、どう答えるかです。
    プライベートな質問なら、完全に回答を拒否できます。
    難しい質問なら「分かりません」と、正直に伝えてもいいでしょう。

  15. 最小限に答える様子は、簡潔で分かりやすくても、アピールの力が弱い。

    「聞かれたことに答える」
    面接におけるコミュニケーションの基本です。
     

  16. 「大変だったことは何ですか」という質問でありがちな、食い違い。

    「大学生活で大変だったことは何ですか」
    面接で聞かれる、定番の質問の1つです。
    聞かれたとおりに答えればいいのですが、ここでよくある食い違いがあります。

  17. 面接官の発言に矛盾を見つけたときは、指摘したほうがいいのか。

    面接官にも、失言があります。
    あれこれ発言をしていると、面接官も気づかないまま、矛盾を言ってしまうことがあります。
     

  18. 面接で、怒ったり泣いたりするのはいいのか。

    面接では、不快な質問をされることがあります。
    失礼な質問をされれば、怒りを感じる人もいるでしょう。
    圧迫面接では、怖くなって泣きそうになることもあるでしょう。

  19. 面接では、履歴書と同じことを話してもいいのか。

    履歴書には、あらかじめ自己PRや志望動機を書きます。
    面接本番でも、面接官から自己PRや志望動機を聞かれますが、ふと疑問が湧きます。
    面接でも、履歴書と同じことを話してもいいのでしょうか。

  20. 面接のときだけ、正しい姿勢になっていないか。

    面接では、正しい姿勢が大切です。
    正しい座り方を、おさらいします。
    椅子の背の側を、3分の1ほど空けた状態で座りましょう。

  21. 志望業界と志望企業の業界は、一致していることが基本。

    「ほかの業界にも興味はありますが、入社したい企業は御社です」
    こんな一言に心当たりはありませんか。
    ある志望企業があれば、その企業が所属する業界にも興味を持っているのが普通です。

  22. メモを取りながら、面接を受けてもいいのか。

    メモを取りながら面接を受けてもいいのでしょうか。
     
    たしかにメモを取る姿を見せれば、意欲や熱意を伝えやすくなると思われます。

  23. 言葉がつかえたときは、どうするか。

    話している途中、言葉がつかえることがあります。
    言い出しの言葉を、スムーズに発音できなかった。
    舌を噛んで、変な発音になった。

  24. 独立を考えている人は、面接で伝えるべきか。

    応募者の中には、将来、独立の野望を抱く人もいるでしょう。
    会社員として働きながら、知識や技術を身につけた後、独立するという流れです。
    個人事業主として自営業を希望する人もいれば、会社を興したい人もいるはずです。

  25. 事情があって残業ができない場合は、正直に伝えたほうがいいのか。

    何らかの事情で、残業ができない場合があります。
    持病・通院・育児・介護など、事情はさまざま。
    資格の学校に通っているため、残業が難しい状況もあるでしょう。

  26. 趣味や特技に、ギャンブルをアピールするのは、大丈夫なのか。

    大学時代に、ギャンブルを経験する人もいるでしょう。
    パチンコ・マージャン・競馬などです。
    趣味や特技を問われたとき、ギャンブルをアピールするのは、問題ないのでしょうか。

  27. 採用に関係がないような質問をされたとき、どうするか。

    面接では、採用に関係のないような質問をされることがあります。
    多くの場合、応募者の緊張をほぐすのが狙いです。
    ささいな質問をしながら雰囲気が柔らかくなれば、お互いにとって、面接がしやすくなるでしょう。

  28. リーダーや代表などの経験がない場合、どうアピールすればいいのか。

    代表役の経験は、自己PRの絶好のネタです。
     
    たとえば、リーダー・責任者・実行委員などです。

  29. 花粉症で鼻水が止まらない。
    面接中の鼻水は、どうすればいいのか。

    花粉の季節と言えば、花粉症です。
    花粉症の人は、常に鼻水が垂れて苦労する人も多いでしょう。
    鼻が蛇口であるかのように、水のような鼻水が常に流れ続ける人も多いと聞きます。

  30. 1次面接で話した内容を、2次面接でも話していいのか。

    2次面接では、1次面接で聞かれたことを、もう一度聞かれることがあります。
     
    たとえば、1次面接で志望動機を聞かれたにもかかわらず、2次面接でも、志望動機を再び聞かれるなどです。

同じカテゴリーの作品