就職活動

就職活動の
30の噂と真実

  • 不細工は、
    選考に不利なのか。
就職活動の30の噂と真実

もくじ
  1. 不細工は、選考に不利なのか。

    不細工は、選考に不利なのでしょうか。
    いいえ、そう感じるかもしれませんが、誤解です。
    不細工が選考に不利になるとは限りません。

  2. 整った顔立ちは、採用に有利なのか。

    採用が、顔を基準に行われることはありません。
    法律でも、顔を採用基準にすることを禁止されています。
    例外として、俳優・歌手・モデルなどには認められていますが、一般企業の場合、顔を基準に採用することはないでしょう。

  3. 太っている人は、選考に不利なのか。

    太っているとはいえ、幅があります。
    まず「ふくよか」という程度なら、気にすることはないでしょう。
    食べ盛りの学生ですから、ふくよかな体型は珍しいことではありません。

  4. 身長は、選考に影響するのか。

    「身長が高いと選考に有利」
    「身長が低いと選考に不利」
    そんな噂を聞いたこともあるのではないでしょうか。

  5. 体育会系は、就職活動に有利なのか。

    ちまたでは、一風変わった噂を耳にすることがあります。
    「体育会系は就職活動に有利」という噂です。
    体育会系とは、運動部の活動でよく見られる、上下関係や精神論を基本とした価値観のことです。

  6. 運転免許証の有無は、選考に影響するのか。

    多くの人が持っている国家資格といえば、運転免許証です。
    身分証明にも役立つため、車を運転しなくても、運転免許証を持つ人は多いでしょう。
    運転免許証は、時間に余裕がある学生時代に取得する人が大半ですが、中には必要性を感じず、持たない人もいます。

  7. ITやパソコンが苦手な人は、就職活動に影響するか。

    パソコンやITは、今や世界中で普及しています。
    多くの企業で導入され、仕事では、ITやパソコンを扱う能力が求められているのが現状です。
     

  8. 一人暮らしは、選考に不利なのか。

    面接では、一人暮らしの有無を聞かれることがあります。
    「一人暮らしは、選考に有利だ」
    「一人暮らしは、選考に不利だ」

  9. 目立つ傷痕は、採用に影響するか。

    傷痕だけでは、不採用の理由にはなりません。
    生きていれば、転んだ擦り傷ができたり、跡ができたりするもの。
    また事故や手術などで、やむを得ず大きな傷痕ができることもあります。

  10. 学生結婚は、就職に不利になるのか。

    学生のうちに縁に恵まれ、結婚をしている人もいるでしょう。
    いわゆる、学生結婚です。
    ちまたでは「学生結婚は就職に不利」という噂を聞くことがあります。

  11. 両親の離婚や母子家庭は、選考に影響するのか。

    両親の離婚や母子家庭は、選考に影響することはありません。
    家族構成に関しては、プライベートなことですから、答える必要はありません。
    答えたくなければ「お答えいたしかねます」など、丁寧な言い方で断れば十分です。

  12. 地元の学校に通う学生のほうが、就職に有利なのか。

    大学卒業を機に地元に戻り、地元の企業に就職したい人もいるでしょう。
    いわゆる、Uターン就職です。
    Uターン就職にまつわる、ある噂があります。

  13. 非上場の企業は、不安定と考えていいのか。

    上場している企業は、一般的に知名度があり、社会的信頼もあるといえます。
    上場するためには、厳しい審査を通らなければいけません。
    企業の運営について、ルールを厳格に決め、膨大な書類にまとめる必要があります。

  14. 資本金が大きい企業ほど、安定しているのか。

    企業研究の際に注目するのが、資本金です。
    資本金とは、事業を運営するときの基礎となる資金です。
    小企業・中企業・大企業の区分けも、資本金が基準の1つになっています。

  15. アルバイトの経験がないと、選考が不利になるのか。

    「アルバイトの経験がないと、選考で不利になる」
    ちまたでは、そんな噂を聞くことがあります。
     

  16. ゼミに入っていないと、就職が不利になるのか。

    面接では、ゼミの所属について聞かれることがあります。
    「ゼミに所属しているのか」「所属している場合、どんなゼミか」などです。
    「ゼミに所属していないと、就職活動が不利になる」などの噂も、学生の間では存在しているようです。

  17. 浪人の経験は、就職に不利なのか。

    就職活動をする人の中には、浪人の経験者もいるでしょう。
    中には、2浪や3浪という猛者もいるかもしれません。
    大学の入学時期が遅れていますから、就職活動にも影響があるように感じます。

  18. 留学経験は、就職活動に有利なのか。

    「留学経験があります」
    そう言えば、誰もが驚くでしょう。
    やはり珍しい経験であることに変わりありません。

  19. 学歴によるフィルターは、存在するのか。

    存在する企業もあります。
    特に大企業や人気企業では、公表されていませんが、学歴によるフィルターが存在する傾向があります。
    大企業や人気企業では多くの応募者が殺到するため、1人ずつ丁寧に対応していると、膨大な資源を消費します。

  20. 4年制大学の学生は、一般職に不利なのか。

    「4年制大学の学生は、一般職に不利」
    そんな噂が、学生の間で聞かれます。
    これは、一概には言えません。

  21. 大学院への進学は、就職に不利なのか。

    学歴が高いにもかかわらず、逆に就職が不利になるとは、信じがたい話です。
     
    しかし、就職内定率を見ると、一定の傾向があるようです。

  22. OB・OG訪問で話した内容は、採用担当者に報告されているのか。

    OB・OG訪問で話した内容は、採用担当者に報告されているのでしょうか。
    やはり報告されている可能性があります。
    企業によっては、OB・OG訪問をした社員は、採用担当者に報告を義務づけているところがあります。

  23. 「説明会は選考に関係ありません」という触れ込みは、本当なのか。

    企業説明会では、次のような触れ込みを見かけることがあります。
    「説明会は選考に関係ありません」
    企業側としては、学生たちを安心させたいため、あえて告知することがあります。

  24. 説明会のキャンセルは、選考に影響するのか。

    事前にキャンセルしても、選考には影響しないでしょう。
    採用担当者も、以前は就職活動をする側でした。
    いかに就職活動が忙しくて大変であるか、よく分かっているはずです。

  25. スピード写真を使うと、選考で不利になるのか。

    確実に不利になるとは言い切れませんが、影響する場合があります。
    まず、スピード写真と写真館で撮る写真は、仕上がりが違います。
    その違いは、素人が見ても分かるほどです。

  26. 履歴書の提出日が、選考に影響する場合もあるのか。

    履歴書に提出期限があるなら、できるだけ早く提出しましょう。
    履歴書が完成して、不備がないことを確認できれば、すぐ提出したほうがいいでしょう。
    履歴書の提出日が、選考に影響する場合があるからです。

  27. 方言は、選考で不利になるか。

    田舎の人の場合、言葉に方言が混じることがあります。
    イントネーションが標準語と異なっていると、変に思われるのではないかと、不安を抱く人もいるでしょう。
    面接では言葉遣いも評価対象ですが、方言は選考に影響するのでしょうか。

  28. グループディスカッションで司会者になれば、評価を得やすいのか。

    結論から言えば、YESでもNOでもあります。
    まず、評価が得られるのは、司会者に適した素質がある場合です。
    司会者は、グループディスカッションの中で最も目立つ立場です。

  29. 面接中トイレに行くと、確実に不採用なのか。

    面接中のトイレは、基本的に減点です。
    特別な事情がないかぎり、印象がよくありません。
    面接官に「なぜ面接前に済ませておかなかったのか」と思われ、準備不足と思われるのは確実でしょう。

  30. 面接官が急に優しくなるのは、不採用の前触れなのか。

    「面接官が急に優しくなるのは、不採用の前触れ」
    そんな面白い噂を聞くことがあります。
     

同じカテゴリーの作品