就職活動

面接対策の
30のポイント

  • 面接を受けるとき、
    わくわくしていますか。
面接対策の30のポイント

もくじ
  1. 面接を受けるとき、わくわくしていますか。

    面接を受けるとき、わくわくしているでしょうか。
    面接を受ける直前は「うまく話せるだろうか」という不安があるでしょう。
    「どんな面接官が登場するのだろうか」というおびえる心理もあるでしょう。

  2. 面接対策の第一歩は、両親への挨拶。

    面接の第一歩とは何か。
    両親への挨拶です。
    両親に対して、基本的な挨拶ができているでしょうか。

  3. 適度な緊張感も、好印象。

    何も緊張していないと、その場を軽視しているように思えます。
    緊張感は、悪者として扱われがちですが、誤解です。
    悪者なのは、あくまで過度の緊張です。

  4. 自己紹介・自己PR・志望動機は、必ず聞かれると思っていい。

    面接までに準備するのは、履歴書だけではありません。
    面接で聞かれるであろう質問への答え方も、準備が必要です。
    面接ではさまざまな質問をされますが、あらゆる面接で聞かれる、基本的な質問があります。

  5. 1次面接で重視される、3つの評価基準。

    1次面接は、どこが評価されるのでしょうか。
    もちろん評価基準は企業によって異なりますが、一般的な基準なら、3つ存在します。
    「外見」「話し方」「マナー」です。

  6. 分からない質問は、無理に答えないことも礼儀。

    面接で質問をされる中には、分からない質問もあるでしょう。
    誰にでも、分からないことはあって当然です。
    答えたくても、分からない質問では答えようがありません。

  7. 企業名と同じくらい大事な名前。

    企業名と同じくらい大事な名前とは何か。
    それは、社長の名前です。
    応募者には他人に思えるかもしれませんが、採用担当者にとっては、やはり企業を代表する重要人物の名前。

  8. 面接の日程を勘違いして無断欠席した場合、どうするか。

    あってはならないことですが、人間ですから「絶対にない」とは言えません。
    遅刻ならまだよくても、無断欠席は、かなり印象が悪いと考えていいでしょう。
    面接の日程を勘違いして無断欠席した場合、どうすればいいでしょうか。

  9. 面接でふさわしいのは、同時のお辞儀より分離のお辞儀。

    面接では、お辞儀をするタイミングがあります。
    入室のタイミング、感謝を伝えるタイミング、退室のタイミングなどです。
    お辞儀によって、敬意を表現できます。

  10. 有名大学だからこそ、横柄な態度には注意したい。

    有名大学の学生が注意したいのは、横柄な態度です。
    有名大学は、大学名が強力なブランドになっています。
    評価の高い有名大学なら、一般的に就職活動も有利になる傾向があります。

  11. 面接日程がぶつかったとき、どうするか。

    就職活動は、勢いが大切です。
    多くの企業の面接予定を入れていると、面接の日程がぶつかることがあります。
    面接日程がぶつかったとき、どうしますか。

  12. 英語力をアピールするなら、英語の面接になる可能性がある。

    面接では、語学力をアピールする人もいるでしょう。
     
    たとえば、TOEICで高得点を取得していれば、英語力をアピールできます。

  13. 容姿に自信がなく、面接でもうつむいてしまうとき、どうすればいいか。

    容姿に自信がなくて、面接でうつむいてしまう人もいるかもしれません。
    容姿に恵まれた美男美女なら、堂々と前を向くことができるでしょう。
     

  14. 面接官は、敵ではない。

    面接官は、敵ではありません。
    そう見えるだけです。
    そもそも敵なら、あなたのために、わざわざ面接の時間を作るはずがありません。

  15. 会ってから好意を抱くのでは遅い。
    会う前から好意を抱く。

    初対面の面接官。
    面接官に会う前から好意を持ちましょう。
    そうしなければ、面接の対応が難しいからです。

  16. 面接官は、社長かもしれない。

    面接官は、地位の高い人が担当するのが一般的です。
    アルバイトなら、店長が対応するのが一般的です。
    一般企業なら、リーダー・課長・部長など、ポジションの高い人が面接官を担当する場合がよく見られます。

  17. 面接官が優しくても、油断しない。

    面接官にも、さまざまなタイプがいます。
    意地悪な質問で困らせる面接官。
    厳しい発言で圧迫してくる面接官。

  18. 面接官の質問には、必ず意図がある。

    「聞かれたから、正直に答える」
    これは、面接における受け答えの基本です。
    もちろん正直に答えるのは基本なのですが、愚直に答えるのは注意が必要です。

  19. 面接は、演説の場ではない。

    面接を演説の場と勘違いしていませんか。
    演説の場と勘違いしている人の特徴は、一方的な話し方です。
    自分の話ばかりをして、相手と会話が成立していないのです。

  20. 面接官の心を動かすのは、上手に話す人より、一生懸命に話す人。

    話が上手な営業マンは、かえって商品が売れにくいと言います。
    上手に説明できるなら商品も売れるだろうと思いますが、現実は異なるようです。
    意外なことに、話が整いすぎているのが原因といいます。

  21. 「いい答え」ばかりを意識するから、いい答えではなくなる。

    面接官との会話では「いい返事」にこだわりがちです。
    「どんな発言をすれば、好印象なのか」
    「どんな返事をすれば、評価を上げてもらえるか」

  22. 面接で面白い話をすると、面白いほど落ちるだろう。

    面接で面白い話は、注意が必要です。
    「少しでも好印象をアピールしたい」と思い、面接官を面白がらせる話を意識する人もいるでしょう。
    面白い話をして面接官を笑わせれば、機嫌がよくなり、好印象につながる気がします。

  23. 自信がないときは、熱意と意欲を見せる。

    最初から自信があれば、苦労しないのです。
    誰でも初めてのことは、自信がないはずです。
    また「自信があります」と堂々と答えられることも、そうあるものではありません。

  24. 面接中の失禁は、条件が重なると、誰にでも起こりうる。

    「自分は失禁しない」
    失禁の経験がない人は「自分にかぎってあり得ない」と強く思うかもしれません。
    自己申告する人は少ないため正確な数字は分かりませんが、面接中に失禁した話は、たしかに存在するのです。

  25. 企業の商品を愛用していることを伝える。

    企業の商品を愛用したことがあるなら、ぜひ伝えましょう。
    テレビ局なら「御社のテレビ番組は、子供のころからよく見ていました」と答えます。
    外食関連の企業なら「御社のレストランは、幼いころからよく利用しています」と答えます。

  26. 外資系企業ではなくても、英語を問われることもある。

    外資系企業の面接は、英語について問われるのは確実、と考えたほうがいいでしょう。
    海外とのやり取りが仕事の中心ですから、やはり英語が欠かせません。
    外資系企業の面接では、やり取りのすべてを、英語で要求されることもあります。

  27. 面接官が何を考えているか気にしても、仕方ない。

    面接官が何を考えているか、気にしないことです。
    気にしても、仕方ないからです。
    考えたとしても、相手の考えていることですから、分かりません。

  28. いらいらした瞬間とは、結果を分ける瞬間。

    面接では、圧迫面接が行われることがあります。
    圧迫面接のリアクションは、大きく分けて、2つしかありません。
    前向きな返事をするか、感情的な態度を見せるかです。

  29. 面接中に不採用の予感がしても、態度に出さない。

    残念ながら、面接中に不採用を予感することがあります。
    入室マナーを間違えた。
    自己PRや志望動機を、うまく話せなかった。

  30. 喫煙できる待合室では、タバコを吸ってもいいのか。

    喫煙者が一度は抱く疑問は、面接でのタバコです。
    まず、面接中の喫煙が厳禁であるのは、言うまでもありませんね。
    どんなにタバコを吸いたくても、面接中の喫煙は控えるべきです。

同じカテゴリーの作品