人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
書いてはいけない4つの志望動機。
就職活動
成長に関する志望動機は、立派だからこそ要注意。
就職活動
よい志望動機と悪い志望動機を判断する方法。
就職活動
憧れも志望動機になるが、憧れだけではいけない。
就職活動
志望動機がお金であっても、露骨に表現しない。
就職活動
「入社して何をしたいか」を意識して、志望動機を考えること。

履歴書志望動機注意したい
30

お気に入り19 読んだ
30

好感られやすい志望動機構成

好感が得られやすい志望動機の構成。 | 履歴書の志望動機で注意したい30の書き方

望動機の書き方は、人それぞれです。

自分の強みや得意を、自分の思うように表現していいでしょう。

注意点や重要なポイントさえ押さえておけば、構成に決まりはありません。

志望動機が人それぞれであるように、志望動機の構成も、人それぞれです。

ただし「好感が得られやすい」という点で言えば、一定の構成が存在します。

次の構成を押さえておけば、誰でも好感が得られやすい志望動機を作成できます。

あくまで一例ですが、ぜひ参考にしてください。

  1. 結論

自己PRでも志望動機でも、結論から始めるのが鉄則です。

最初に結論を言うだけで、分かりやすさが格段に向上します。

つかみの効果も得られるため「さらに詳しく知りたい」という興味関心をかき立てることができます。

  1. 業界の志望理由

大枠として、業界を志望した理由を説明します。

  1. 企業の志望理由

どこの企業でも通用するような志望理由はよくありません。

「その企業でなければいけない」という点が伝わるように書くことが大切です。

  1. その企業でやりたいこと

「入社して何をしたいか」が伝わるように書きましょう。

具体的な目標やビジョンなどがあれば、一緒に紹介すると、より印象的になります。

  1. 決意

最大限に努力すること、会社に貢献することなどの決意を述べて、志望動機を締めくくります。

履歴書の志望動機で注意したい書き方 その30

  • 「結論業界志望理由企業志望理由・その企業でやりたいこと・決意」という構成で、
    志望動機える
まとめ

もくじ
(履歴書の志望動機で注意したい30の書き方)

同じカテゴリーの作品