人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
3回のノックは、早さと強さによって、印象が変わる。
就職活動
面接でネックレスをするときに心がけたい、5つのポイント。
就職活動
模擬面接用のチェックシート。
就職活動
ファッションについて質問されたときの答え方。
就職活動
インターンシップの面接で聞かれる、定番の質問。
就職活動
周りのマナー違反に、流されるな。

就職面接
30基本マナー

お気に入り15 読んだ
12

ドアノック正式マナー

接では、入室の際、ドアをノックします。

あなたはドアを、何回ノックしますか。

面接で入室する際、ノックを2回したいところですが、2回はよくないのです。

実は、ノックについては「プロトコールマナー」と呼ばれる国際標準マナーがあり、回数が正式に定められています。

面接は、礼儀が必要になる場ですから、4回でもかまいません。

実際に欧米の面接では、4回のノックが基本とされています。

 

ただし、ビジネスの場では、3回に省略することも可能とされています。

面接で入室の際は、3回のノックが好ましいでしょう。

細かい点ですが、こうしたマナーを確認する面接官もいます。

きちんと使い分けができると、かっこよく映るでしょう。

余談ですが、海外映画でノックの場面があれば、回数に注目してみましょう。

トイレ・プライベート・ビジネスなどの場面に応じて、ノックの回数を使い分けていることに気づくはずです。

就職面接の基本マナー その12

  • 入室ノックは、
    2回ではなく、
    3回する
入室後、椅子の左側に立つか、右側に立つか。

もくじ
(就職面接の30の基本マナー)

同じカテゴリーの作品