就職活動

就職活動のやる気を出す
30の言葉

  • あなたは今、
    人生の大きな分岐点に立っている。
就職活動のやる気を出す30の言葉

もくじ
  1. あなたは今、人生の大きな分岐点に立っている。

    学校を卒業して社会人になると、仕事です。
    学生のときは勉強一色でしたが、社会人になると仕事一色になります。
    まさしく朝から晩まで仕事。

  2. 学生気分を捨てるのが、社会人になる第一歩。

    親のお金で勉強をして、高得点を出していればよかったのが、学生です。
    もちろん勉強するのが学生の仕事であり、それはそれでよかったのです。
    社会人になるための大切な準備期間です。

  3. 熱意や意欲は、学歴より大切。

    就職活動で、弱気は不要です。
    「就職できないだろう」と思っていると、本当に就職できなくなります。
    弱気が言葉や態度に出てしまい、面接官に伝わります。

  4. 就職活動は、応募しないと始まらない。

    企業から「入社してほしい」という声がかかるのは、極めてまれです。
    企業から声がかかるケースも存在しますが、本当に有名で優秀な人に限った話です。
    一般的には、企業に応募しないと、入社できません。

  5. 就職活動は、恋愛のようなもの。
    履歴書はラブレター、面接は告白。

    恋愛は、まず異性との出会いから始まります。
    ある日、ちょっとしたことがきっかけで、ある異性と出会います。
    外見・内面に魅力を感じると、次第に恋心が出て、好意を伝えるようになります。

  6. あなたの顔も、履歴書。

    履歴書だけが、履歴書ではありません。
    実は、あなたの顔も、履歴書です。
    履歴書に「真面目な性格」と書かれているのに、ぼうっと口を開けた顔をしていると、どう感じるでしょうか。

  7. くだらない仕事なんて、この世にない。

    くだらない仕事なんて、この世にありません。
    仕事をするかぎり、大なり小なり、人と世間に貢献できます。
    仕事によって、給与や取り組み方はさまざまですが「貢献」という点は同じです。

  8. 100社に不採用でも諦めない覚悟があれば、不採用のダメージは半減する。

    就職活動する、すべての人が心がけたい覚悟があります。
    100社に不採用でも諦めない覚悟です。
    少し大げさな表現ですよね。

  9. 「自分に仕事ができるだろうか」という心配は無用。

    「自分に仕事ができるだろうか」という心配をする人がいます。
    それは、無用の心配です。
    仕事ができそうかどうかは、あなたが決めることではなく、採用する側が決めることだからです。

  10. やる気がないから、就職課に行く価値がある。

    「就職活動のやる気が出ない」
    そんなときは、とりあえず就職課に行ってみましょう。
    「やる気がないのに行っても仕方ない」と思っていませんか。

  11. 面接は怖くない。
    お互いが対等の立場。

    面接官と応募者には、立場に大きな違いがあるように思えます。
    「応募者は弱い立場。面接官から評価される一方」
    そう考える人も多いのではないでしょうか。

  12. 面接は、オーディション。

    面接は、オーディションに似ていると、よく言われます。
    舞台のオーディションでは、あらかじめ必要な役柄が決まっています。
    ある舞台が予定され、必要な役柄のため、能力を持った役者を求めます。

  13. 面接は、企業にとって大きな買い物。

    面接とは、何でしょうか。
    面接とは、企業にとって大きな買い物です。
    品定めをするような目つきで見られますが、実際に、品定めです。

  14. あなたは営業マン。
    商品は自分。
    営業するのも自分。

    「雇ってください」
    「私を選んでください」
    「働かせてください」

  15. 「1分しかない」ではなく「60秒もある」と考えよう。

    日常には、わずかな空き時間が多数存在します。
    就職活動では、わずかな空き時間の使い方が大切です。
    電車を待つ時間。

  16. 時代を嘆くのではない。
    改善する使命を担っていると考える。

    就職活動の前に大切なことは何か。
    未来に希望を持つことです。
    新聞や雑誌では、連日、暗いニュースが報道されています。

  17. 普通のスーツが、面接官を最も安心させる。

    就職活動では、個性のアピールが大切です。
    「スーツでも、自分の個性を出したほうが、面接官にアピールできるだろう」と思う人もいるでしょう。
    私服とは違い、スーツはどれも、似たり寄ったりです。

  18. 泣いても笑っても、新卒は一生に一度。

    新卒とは、何でしょうか。
    新卒とは、その年に新しく学校を卒業した人を言います。
    企業のウェブサイトの採用情報では「新卒採用」として、新卒に絞った募集を見かけることがあります。

  19. こう考えてみよう。
    筆記試験対策ではなく、教養なのだと。

    就職活動では、多くの企業が筆記試験を設けています。
    筆記試験のない企業もありますが、まだまだ筆記試験は一般的です。
    筆記試験の出題内容は企業によって異なりますが、基本的には、適性検査・作文・一般常識が中心です。

  20. 不快な質問が来れば喜ぼう。
    驚かせるチャンス。

    面接では、不愉快な質問をされることがあります。
    男尊女卑・家庭・恋愛などに関する質問です。
    「外見が悪いよね」

  21. 圧迫面接は、台風と同じ。
    耐えながら、過ぎ去るのを待つ。

    激しい雨風が特徴の台風。
    台風の定義とは、熱帯低気圧のうち、最大風速が毎秒17.2メートル以上に発達したものを言います。
    激しい雨風が吹き荒れ、過ごしにくい日が続きますが、ずっと続くわけではありません。

  22. 学歴が低くても、大企業に就職できる可能性は、ゼロではない。

    面接は、学歴が立派な人ほど有利と思われがちです。
    優秀な学歴は、能力が高い証明の1つになるでしょう。
    「勉強する持続力がある」「記憶力がいい」「自己管理ができる」などです。

  23. 履歴書には、アルコールが含まれている。
    採用担当者を酔わせる力がある。

    履歴書は、アルコールのようなものだと考えてください。
    もちろん本物のアルコールではありませんが、アルコールのような力があります。
    採用担当者が履歴書を見た瞬間です。

  24. 面倒と思うなら、その程度の意欲。

    「企業研究が面倒」
    「OB・OG訪問が面倒」
    「企業説明会への出席が面倒」

  25. この先40年間を決める大事な時期。
    今頑張らなくて、いつ頑張るのか。

    就職活動は、人生の方向性を決める大事な時期です。
    就職活動は、高校受験より大切です。
    高校の在籍期間は、基本的に3年間です。

  26. あなたの字も、個性の1つ。

    「自分の字が嫌いだ」
    そんなことを叫ぶ人がいます。
    字に自信がない人は、自分の字を嫌う傾向があります。

  27. 就職活動に、弱気は不要。

    就職活動の際、弱気になっていませんか。
    「面接官に自分を選んでもらう」
    「どうか私を雇ってください」

  28. 今すべきことに集中すれば、自然と道は開ける。

    今すべきことに集中できていますか。
    気力も体力も精神力も、有限です。
    いつまでも無限に湧き出てくるものではありません。

  29. 気合が入ったからスーツを着るのではない。
    スーツを着るから気合が入る。

    就職活動の気合を入れるためには、どうすればいいのか。
    スーツを着てみましょう。
    用事がなくてもいいので、とにかくスーツを着るのです。

  30. 仕事をしなければいけないから就職活動ではない。
    仕事をしたいから就職活動。

    あなたにとって、仕事の目的は何ですか。
    「お金を稼ぐため」という人もいれば「学校を卒業するから仕方なく」という人もいるでしょう。
    仕事の目的は人それぞれですが、1つ、気をつけたい考え方があります。

同じカテゴリーの作品