人生の教科書



就職活動
他社の選考状況について質問されたときの答え方。
就職活動
志望企業の将来について質問されたときの答え方。
就職活動
企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。
就職活動
中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。
就職活動
知識や技能が生かしにくい可能性について質問されたときの答え方。
就職活動
企業を知ったきっかけについて質問されたときの答え方。
就職活動

企業と時事問題に関する
30の面接の定番質問

  • 企業選びの基準について質問されたときの答え方。
企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

もくじ

1
★2

企業選びの基準について質問されたときの答え方。

面接では、志望動機とは違った角度から質問されることがあります。 その代表の1つが「企業を選ぶ基準を教えてください」という質問です。 この質問の意図は、企業選びの本質を理解しているかどうかです。 志望動機とは違った角度から質問することで、応募者の考え方がより分かりやすくなります。 企業の選び方は自由ですが、理由の内容によっては、入社後の応募者の様子が想像できます。 企業を選ぶ基準について質問することで、応募者の考え方を知る狙いがあるのです。 できれば避けたほうがいい回答は、規模・安定・知名度に触れる内容です。 企業に貢献したい気持ちが感じにくく、自分本位で就職しようとしているのではないかと疑われやすくなります。 では、どう答えるか。 適切な回答としては、適正に焦点を当てた答え方です。 自分の適性を生かした上で企業を選ぶのは、お互いにとって好ましいこと。 応募者にとっては「やりがいを感じやすい」「長続きしやすい」などのメリットがあります。 自分に合った企業で働くほうが、成長もしやすくなるでしょう。 一方、企業にとっては、応募者が能力を発揮しやすくなるため、仕事の効率を上げる効果があります。 適正に焦点を当てた答え方ができれば、面接官は「企業選びの本質を理解している」と判断してくれるでしょう。 企業を選ぶ基準について質問されたときは、適正に焦点を当てた答え方をする。

2
★0

企業のプロフィールについて質問されたときの答え方。

企業のプロフィールについて質問をされることがあります。 「社長の名前は覚えていますか」 「事業内容を覚えていますか」 「当社の経営理念は言えますか」 どんな企業でも問われる可能性のある質問です。 シンプルな暗記問題ですから、覚えてさえいれば、難しく考えずに答えられる内容です。 この質問の意図は、応募者がきちんと企業研究をしているかの確認です。 志望企業に入社したければ、企業のプロフィールはしっかり確認できていて当然。 企業のプロフィールをすらすら答える姿を見せられれば、企業研究が入念であり、応募者の入社意欲が伝わるでしょう。 まず気をつけたいのは、曖昧な回答です。 濁した回答をしても、社員である面接官をごまかすのは難しいため、分かる範囲で正直に具体的に答えましょう。 覚えていなければ、素直に「覚えていません」と回答します。 記憶に自信がなければ「誤りがあれば、申し訳ございません」という断りを、一言入れておきます。 断りが一言あると、多少の誤りがあっても、寛大に受け入れてもらえる可能性があります。 答え方のポイントとしては、基本的に覚えていることを、そのまま伝えるだけで大丈夫です。 知っている範囲を、できるだけ具体的に回答しましょう。 もし余裕があれば、回答に加えて前向きな感想を述べるといいでしょう。 たとえば、経営理念について質問されたときは、回答の後、個人的な共感部分を話します。 共感によって面接官の心を動かせれば、印象にも残りやすくなります。 あくまで適度の範囲ですが、前向きな一言が加わると、熱意と意欲が伝わりやすくなります。 企業のプロフィールについて質問されたときは、曖昧な回答はせず、覚えていることをそのまま伝える。

3
★2

他社との違いを質問されたときの答え方。

「当社のどの点に魅力を感じますか」 「当社が、他社と違う点を教えてください」 「同業他社ではなく、当社を選んだ理由を教えてください」 面接官は社員ですから、他社との違いはすでに知っています。 では、なぜ質問するかというと、応募者がしっかり企業研究をしているか、確認するためです。 しっかり企業研究をしていれば、他社と違う点をさっと答えられるでしょう。 特に志望動機が甘いと、突っ込まれがちです。 業界には、数多くの同業者が存在しますが、その企業を選んだ理由が曖昧なら、面接官もさらに突っ込みます。 しっかり企業研究をして、他社と違う点をスムーズに答えられるようになっておきましょう。 事業内容・商品・サービスなど、それぞれを入念に研究すれば、独自の特徴が見えてくるはずです。 では、しっかり企業研究ができれば十分かというと、そうではありません。 実のところ、この質問には、もっと難しい問題があります。 ほかの応募者と、回答がかぶりやすいことです。 企業の事業内容・商品・サービスは、そうそう大きく変わることではありません。 企業研究をしていると、どの応募者も似たような回答になりやすいため、印象にも残りづらくなるのです。 では、どう差をつけるか。 理想は、面接官でも気づかないような魅力を訴えることです。 応募者には、面接官にはない有利な立場があります。 客観的という立場です。 面接官は社員だからこそ自社を熟知しているはずですが、社員だからこそ、客観視が難しい悩みがあります。 応募者は部外者であり、客観視ができる利点がありますから、その企業を外からよく見えるはずです。 そこで、面接官でも気づいていない魅力を鋭く訴えるのです。 これができれば、面接官を納得させるだけでなく、そんな点に気づけるあなたの印象も強くなるでしょう。 他社との違いを質問されたときは、面接官でも気づいていない、その企業の魅力を訴える。

4
★0

企業説明会の感想について質問されたときの答え方。

「当社の説明会に参加した感想を教えてください」 「説明会ではどういったところに興味を持ちましたか」 説明会のフィードバックとして質問しているように思えます。 もちろんそういう意味もあるでしょうが、もっと別の意味もあります。 ただ感想を述べるとはいえ、応募者の人柄が表れるところ。 説明会の感想を聞くことで、応募者の興味関心・着眼点・理解力などを知ることができます。 単なる感想と思って油断せず、気持ちを引き締め、面接官をはっとさせるような良質の意見を伝えましょう。 まず抽象的な回答は、要注意です。 「よかったです」 「話が分かりやすかったです」 シンプルで分かりやすいのですが、表現に深みがないため、どことなく幼稚な印象も与えます。 抽象的な表現を使いすぎると、面接官の印象にも残りにくくなるため、言葉を選ぶ必要があるでしょう。 答え方のポイントとしては、できるだけ具体的な意見を述べるのが一番です。 感想を述べるだけとはいえ、鋭い着眼点のアピールチャンス。 1つでかまわないので、印象に残った点を具体的に表現しましょう。 説明会に参加したからこそ分かった情報を伝えれば、面接官の印象にも残ります。 できるだけほかの応募者と感想がかぶらないような点に気づくほうが、鋭い着眼点のアピールにもなります。 企業にとって重要なフィードバックになるだけでなく、そうした着眼点を持つあなたも、一目置かれます。 企業説明会の感想について質問されたときは、印象的だったことを、できるだけ具体的に表現する。

5
★0

他社の選考状況について質問されたときの答え方。

「ほかにどんな企業を受けていますか」 「現在の就職活動の状況を教えてください」 ほかに受けている企業を見て、企業選びの基準を知るための質問です。 応募者の就職の方向性が定まっているなら、ほかに応募する企業にも一貫性が出ます。 受けている企業の共通点を探ることで、応募者が目指している方向性を確かめます。 同じ業界なら、正直に話せます。 どんな企業を受けているのか、具体的な企業名まで聞かれたときも、正直に答えていいでしょう。 もし他社と志望度を質問された場合は、もちろん面接を受けている企業が本命であることを伝えましょう。 さて、受けている企業の業種に一貫性がなければいいのですが、それが難しい事情の人もいるはずです。 就職活動が異なる業界に及ぶことは珍しくありません。 別の業界を受けているなら、理由をきちんと説明した上で、話す必要があります。 面接官も応募者に事情があることを理解するはずですから、合理的な理由があれば、納得してくれるでしょう。 ただし、説明に自信がなければ、伏せておくのも選択肢です。 説明が曖昧になると、応募者のポリシーははっきりしないと判断されやすくなります。 誤解を解こうとして話すと、話が余計にこじれる可能性もあります。 ほかに受けている企業について質問されたときは、正直に答えつつ、本命であることをしっかり伝える。

6
★0

OB・OG訪問について質問されたときの答え方。

「当社の面接にあたり、OB・OG訪問を行いましたか」 OB・OG訪問に関する質問もよく行われます。 特に、OB・OG訪問を歓迎する企業では、質問される可能性が高いと考えていいでしょう。 もしOB・OG訪問をしていないなら、しなかった理由を尋ねられる可能性があります。 あらかじめ回答を整理して、うまく説明できる準備をしておくといいでしょう。 OB・OG訪問をしたなら、堂々と答えましょう。 ただし「はい。しました」と答えるだけでは不十分です。 面接官が描写しやすいよう、会った相手・時期・人数などを、できるだけ具体的に答えましょう。 OB・OG訪問で感じたこと、先輩から受けたアドバイスなども答えると、回答がいっそう印象的になるでしょう。 質問されたことだけ答えるのではなく、詳細な答え方を心がけることで、熱意や意欲がより強く伝わります。 OB・OG訪問は、人数も大切ですが、回答内容はもっと大切です。 たとえOB・OG訪問した数が少なくても、しっかり生かせている様子が伝われば、面接官の心を動かせます。 OB・OG訪問について質問されたときは、会った相手・時期・人数などを、できるだけ具体的に答える。

7
★0

インターンシップについて質問されたときの答え方。

インターンシップの実績があれば、チャンスです。 履歴書にインターンシップした記載があれば、面接では、高確率で質問されるはずです。 働くことへの高い意欲が感じられるため、面接官は強く興味関心を抱くのです。 たとえ、インターンシップ先が志望企業以外であっても、熱意・意欲・行動力は高く評価されるでしょう。 インターンシップについて質問されたときは、自分を売り込む絶好の機会。 強くアピールするチャンスですから、しっかり考えを整理しておきましょう。 まとめておきたいポイントは、次の5つです。 (1)なぜ参加しようと思ったのか (2)いつ参加したのか (3)どんな仕事をしたのか (4)何を学んだのか (5)就職活動にどう生かしているか インターンシップ中に使っていたノートを見直すと、当時の記憶がよみがえり、復習しやすくなります。 質問されたときすぐ答えられるよう、一度整理しておくことをおすすめします。 せっかく時間をかけて参加したインターンシップなのですから、その実績を存分に生かしましょう。 インターンシップの実績があれば、経験内容を整理して、すぐ答えられるようにしておく。

8
★0

企業を知ったきっかけについて質問されたときの答え方。

「当社を知ったきっかけを教えてください」 面接官が参考にしたいため、質問しているだけと思うかもしれません。 もちろん参考にしていることもあるでしょうが、本当の意図は別のところにあります。 この質問の意図は、情報収集能力の確認です。 応募者がどんな手段を使い、どれだけ手間暇をかけたのかを知るのが狙いなのです。 まず、入社意欲を疑われる回答は好ましくありません。 たとえば「企業研究をしているとき、偶然見つけました」「たまたま先輩から勧められました」などです。 いきさつに明確な方針や方向性が感じられなければ、応募者の評価が下がる可能性もあります。 面接官が知りたいのは、情報収集能力なのですから、その点が伝わるように答えましょう。 少しでも熱意や意欲が伝わるように話すのが得策です。 情報収集の手段、情報に敏感であること、探すまでに費やした時間や努力など、具体的に説明します。 「自分に合った企業を手間暇かけて探した末、ようやく出会った」 そんな熱意の伝わるニュアンスを伝えると、面接官の印象にも残ります。 ▼回答例 御社を知るきっかけは、合同企業説明会で、御社の説明会に参加したことです。 そのときに伺った経営理念や事業内容に強く共感して、御社に興味関心を抱きました。 その後、OB・OG訪問や店舗訪問を通して、より詳しく企業研究を行いました。 特に、自由に仕事ができる環境が整っていることから、自分を最大限に生かせる企業であると確認しました。 ▲ その企業を知ったきっかけについて質問されたときは、情報収集能力をアピールしながら答える。

9
★0

内定の有無を質問されたときの答え方。

面接では、内定の有無について質問されることがあります。 「ほかの企業から内定をもらっていますか」「何社から内定をもらいましたか」などです。 「まだ内定をもらっていない」と答えれば、自分の評価を下げることになりそうです。 嘘でもいいから「内定をもらっている」と言ったほうが、好印象につながると思う人もいるかもしれません。 しかし、やはり正直に答えるのが基本です。 面接官からの評価は気にして、ためらうのではなく、素直に事実を伝えましょう。 「嘘をついても分からないのではないか」と思いますが、面接官は嘘を見抜きます。 頭をかく。 視線を外す。 急に落ち着かなくなる。 人を見るベテランですから、嘘を言ったときの独特の不自然さを敏感に読み取るのです。 今回の面接が第1志望であることをきちんと伝え、入社したい意志をしっかり伝えましょう。 もし「内定をもらっていない」と答えた場合、会話の流れから、その理由を質問される傾向があります。 今まで内定をもらえていない理由を、客観的な視点から、合理的に説明する準備をしておきましょう。 内定の有無を聞かれたときは、嘘はつかず、正直に答える。

10
★0

志望順位について質問されたときの答え方。

「当社の志望順位を教えてください」 「当社の志望度は、どのくらいですか」 たとえ志望順位が低くても、第1志望と答えるのが賢明です。 「御社は第3志望です」と聞いて、嬉しい面接官はいないでしょう。 「その企業に行けばいいではないか」とあしらわれ、選考で落とされる可能性が一気に高くなります。 志望順位を質問されたときは、どの企業でも「御社が第1志望」と答えるのが必須です。 「嘘を言うことになるのではないか」 そう思う人は、考え方に少し誤解があるようです。 そもそも「第1志望は1つでなければいけない」と思い込んでいるのではないでしょうか。 いいえ、1つである必要はありません。 第1志望の「第1」とは「特に志望度が高い」という意味です。 特に強く志望している企業が複数あるのは、ごく自然です。 したがって、志望度が高い企業を、第1志望としてひとくくりにすれば、筋の通った回答になるのです。 ちなみに「断然」という言葉をつけると、意味をさらに強調できます。 「断然、御社が第1志望です」と言えば、第2志望以下とは、大きな差をつけて首位であることを強調できます。 第1志望と答えるだけでは平凡すぎると思う人は、取り入れてみるといいでしょう。 「受ける企業はすべて第1志望」という気持ちで挑むことです。 第1志望であることがしっかり伝われば、面接官は笑顔でうなずくでしょう。 志望順位を質問されたときは、どんな企業でも「第1志望」と答える。

11
★0

企業のイメージについて質問されたときの答え方。

「当社に、どのような印象をお持ちですか」 「あなたが描く、当社のイメージを教えてください」 この質問の意図は、面接官の個人的な興味関心ではありません。 応募者の発想力・想像力・表現力を確認する狙いがあります。 応募者が、どれだけ企業研究をしてきたかが表現されやすい点でもあります。 発想力・想像力・表現力ができるだけ伝わるような回答を意識するのがポイントです。 まず、正直な印象やイメージを答えましょう。 答えるのは、世間が思うイメージではなく、自分が思うイメージです。 ただし、失礼になるイメージは避けるのがマナーです。 「業績が不調」「研修がきつい」「社屋が古い」などです。 たとえ正直な意見であっても、失礼な発言を聞いた面接官は、気分を悪くするでしょう。 おだてるわけではありませんが、発言には注意を払うのが賢明です。 イメージですから、シンプルに答えるのがポイントです。 最初にイメージを一言で答え、その後に、補足の説明を少し加えればいいでしょう。 「社員それぞれが自主的に働いているので、ディズニーランドのようなイメージがあります」 「社長がお若いため、若々しくて成長力のある企業というイメージがあります」 物やテーマパークなど、何かに例えると、具体的に表現できます。 イメージですから、ユニークな表現でも許容範囲です。 むしろユニークな回答のほうが、面接官の印象にも残りやすくなるため、効果的です。 失礼にならなければ、率直な意見で自由に回答できます。 面接前は、志望企業のイメージを一言で表現できる回答を考えておきましょう。 企業のイメージについて質問されたときは、失礼にならない範囲で、自由に一言で回答する。

12
★1

志望企業の将来について質問されたときの答え方。

「当社の将来は、どのように感じますか」 「当社の将来性について、考えを聞かせてください」 応募者の考え方を知る質問に思えますが、実際は違います。 こういう質問をすれば、応募者の誰もが前向きな回答をするのは分かりきったこと。 では、何のために質問しているかというと、企業研究をどれだけできているかを確認するためです。 企業の今後の展望や戦略については、企業説明会で必ず登場する話題です。 上場企業なら、IR情報や有価証券報告書などに、今度目指す取り組みについて記載されています。 細かな点まで研究が行き届いているかを知るのが、本当の狙いです。 まず注意点があります。 「もっと成長すると思います」「御社の将来性は明るいと思う」など、深みのない回答は好ましくありません。 何も考えずに、ただ前向きな答え方をしているだけと判断されます。 回答は前向きであっても、正直な意見であると信じてもらえないでしょう。 答え方のポイントとしては、前向きな回答です。 たとえ厳しい状態に置かれている企業でも、露骨に答えるのは得策ではありません。 企業説明会やIR情報などの情報を根拠にして、前向きに明るい将来性を答えるのがポイントです。 たとえば、海外進出の予定がある企業なら、そのネタを持ち出しながら、明るい将来性を話すといいでしょう。 企業が公開している戦略・戦術を根拠に話せば、企業研究がしっかりできていることが分かります。 理路整然と明るい展望を話す応募者にも、好印象を抱くのは間違いありません。 志望企業の将来について質問されたときは、企業説明会やIR情報などの情報を根拠にして、前向きに明るい将来性を答える。

13
★0

志望企業の課題や改善点について質問されたときの答え方。

「当社の課題は、何ですか」 「当社が抱える問題点をご存知ですか」 業界研究と企業研究の両方の知識が必要になるため、難易度の高い質問です。 社員でもない人間が答えるのは難しい質問です。 しかし、業界研究と企業研究がしっかりできていれば、答えられる質問です。 この質問の意図は、応募者がどのくらい業界研究と企業研究をしているかの確認です。 また、志望企業をしっかり研究できているかを知ることで、志望の本気度を確認する意味もあります。 大雑把でもいいので、何か答えられるようにしておくことが必要です。 さて、この質問には、うまく答えられる裏技があります。 OB・OG訪問なのです。 OB・OG訪問で、先輩に直接、企業の課題や改善点を伺いましょう。 社員でなければ分からないようなポイントを、容易に入手できるため、確実に鋭い回答ができます。 「分かっています」と言わんばかりの態度で、面接官をあっと驚かせましょう。 志望企業の課題や改善点について質問されたときは、OB・OG訪問で得た情報を手がかりに、鋭く答える。

14
★0

財務状況について質問されたときの答え方。

「当社の財務状況を知っていますか」 「知っているなら、どのくらい把握していますか」 上場企業の面接で聞かれる可能性のある質問です。 この質問の意図は、応募者の企業研究の確認です。 本気で入社したいと思うなら、財務状況の確認は基本になるでしょう。 また、状況によっては、あるメッセージが含まれている場合もあります。 「経営の厳しい企業ですが、それでもいいのですか」という、面接官の暗黙のメッセージが含まれていることもあるのです。 まず、好ましくないのは「知りません」「確認していません」というネガティブな回答です。 上場企業の面接を受けるなら、事前に財務状況を確認しておきましょう。 上場企業なら、有価証券報告書に財務諸表が公開されているため、財務状況が容易に確認できます。 誰でも無料で確認できるので、しっかり確認しておきましょう。 答え方のポイントとしては、知っている範囲で具体的に答えることです。 就職活動の面接ですから、細かい数字まで問われることはないでしょう。 問われるとしても、売上・経常利益・営業利益、当期純利益などの基本項目です。 財務状況を伝えるよりもっと大切なのは、企業の利益に貢献したい気持ちを伝えることです。 企業の現状を知った上で「ぜひ、御社に貢献したい」という思いを、存分に伝えることが大切です。 財務状況について質問されたときは、知っている範囲で具体的に答える。

15
★0

面接対策について質問されたときの答え方。

「当社を受けるに当たり、どんな準備や対策に取り組みましたか」 面接に向けて取り組んだ準備内容を知ることで、応募者の人柄を確認します。 面接前に準備をするのは当然ですが、準備の仕方は人それぞれ。 会社説明会だけしかしない人もいれば、OB・OG訪問を何人もして、徹底的に準備する人もいます。 入念な面接の準備ができる人物と分かれば、入社後の仕事でも、入念な準備をできるであろうことを期待できます。 面接の勝負は、面接前の準備で大半が決まります。 面接に向けて取り組んだ準備が多ければ、自己PRのチャンスとして、しっかりアピールしましょう。 その企業を受けるに当たり、取り組んだ準備を、すべて答えましょう。 企業説明会で学んだこと、企業研究にかけた時間、OB・OG訪問の数。 どれだけ時間をかけたか、どれだけ入念に調べたか、どれだけ足を使って行動したか。 あくまでその企業の面接に当たり、取り組んできた準備を正直に答えます。 しっかり手間暇かけて準備をしてきたと分かれば、準備を怠らない人物であることをアピールできます。 それだけ準備をするほど熱意や意欲も強いと、間接的に伝わるでしょう。 面接に向けて取り組んだ準備について質問されたときは、嘘はつかず、取り組んできた準備を具体的に答える。

16
★0

中小企業の志望理由について質問されたときの答え方。

「大企業ではなく、中小企業である当社を選んだ理由を教えてください」 応募者の志望動機を、さらに突き詰める質問です。 大企業を目指さない理由についての確認です。 多くの場合「応募しても不採用が確実」という理由が大半でしょう。 しかし、別の意味があれば、参考にしたい狙いがあります。 多くの人が大企業に憧れるものですが、あえて中小企業を志望した理由を知ることで、応募者の考え方を探ります。 正直に答えるのが基本とはいえ、安易な志望理由は不適切です。 「大企業は無理そうだから」 「中小企業のほうが受かりやすそうだから」 「ほかの企業は選考で落とされ、御社しかないから」 いくら正直な答えでも、これでは面接官をがっかりさせます。 能力の高い応募者でも、抵抗感を抱くでしょう。 答え方としては、誠実な気持ちが感じられる回答が適切です。 「業務内容が魅力的で、自分に合っていると感じたから」 「社長の人間性が素晴らしく感じたから」 「自分の力を発揮しやすい環境が整っているから」 「社員の意見やアイデアを積極的に取り入れる社風にひかれたから」 中小企業ならではの、ポジティブな志望理由を述べて、面接官に熱意と意欲を伝えましょう。 中小企業の志望理由について質問されたときは、安易な志望理由ではなく、ポジティブな志望理由を答える。

17
★0

店舗の印象について質問されたときの答え方。

「当社の店舗をどう思いますか」 「店舗訪問をしたときの感想を聞かせてください」 店舗見学をしたかどうかを間接的に確認する質問です。 また、店舗のどこに注目して、どんな印象を受けたのかなど、応募者の着眼点や考え方を知る狙いもあります。 この質問に答えるには、やはり店舗訪問をした実績が前提です。 その企業に就職したければ、事前に店舗を見学しておきましょう。 面接官から見て、店舗訪問をしていない応募者より、した応募者のほうが、より強い就業意欲を感じるのは確実です。 店舗を見学したことがなければ、答え方を考えるより先に、まず店舗を見学しにいきましょう。 時間に余裕があれば、1店舗だけで満足せず、複数の店舗を訪問しておくといいでしょう。 訪問した店舗が多ければ多いほど、共通点が分かりやすくなるため、具体的に答えやすくなります。 質問に答えるとき、店舗を見学したときの様子をだらだら話すのはよくありません。 答え方のポイントは、共通点です。 複数の店舗を見学して気づいた共通点を話しましょう。 「5店舗ほど見学させていただきました。どの店舗でも共通しているのは~」 こうした一言から回答が始まれば、面接官の興味関心を引きつけられるでしょう。 店舗を複数訪問した実績をさりげなくアピールできる上、問題意識を持って訪問したことも伝えられます。 店舗について質問されたときは、前向きな共通点を具体的に話す。

18
★1

応募数を質問されたときの答え方。

「何社くらい、応募しましたか」 「履歴書は、何社くらい送りましたか」 応募数は、やる気を測るバロメーターの1つ。 応募者のやる気を確認するため、参考として、応募数を質問することがあります。 この質問の意図は、応募者にどれだけやる気があるかの確認です。 応募数ですべてが分かるわけではありませんが、応募者の就職活動の勢いが分かる、1つの参考になります。 注意したいのは「応募したのは御社だけ」と、極端な答え方です。 もちろん事実ならいいのですが、入社意欲を見せるための嘘なら、避けるべき回答です。 就職活動は、多くの企業と比較しながら、並行して進めるのが一般的です。 非常に狭い就職活動であると分かれば、応募者の偏った考えや狭い視野が伝わり、誤解のもとになります。 では、どう答えるのがいいのか。 一見すると、応募数が多ければ多いほうがいいように思えますが、誤解です。 たしかに応募数は、やる気を測る目安の1つですが、すべてではありません。 大切なのは、応募した数より入社意欲です。 応募数が少なくても、志望企業について、入念に企業研究したことをアピールすれば問題ありません。 キーフレーズは「数ではなく相性」です。 「数ではなく相性」という基準で答えると、応募数にかかわらず、説得しやすくなります。 「就職活動は、数ではなく、相性が大事」 「自分に合った企業に、的を絞った」 適正を考えた上で、就職活動を進めていると分かれば、面接官も納得します。 面接官に反論されても「あくまで自分に合った企業が大事」と主張すれば、それ以上、厳しく追及されないはずです。 応募数を質問されたときは「数ではなく相性」という基準で答える。

19
★0

通勤時間が長いと言われたときの答え方。

「通勤時間が、ずいぶん長いですね」 通勤時間が長い場合、面接官に、冷ややかな顔つきで言われることがあります。 極端に通勤時間が長い場合、選考に影響しやすい場合があります。 通勤時間が長ければ長いほど、健康管理や仕事に悪影響が出やすくなるため、面接官も不安を抱くのです。 通勤時間が長くても、仕方ありません。 厳しい指摘に言葉が詰まり「そうですね」としか返事のしようがないように思えるかもしれません。 しかし、もちろん挽回のチャンスはあります。 では、どう答えるのがいいのか。 ポイントは、通勤時間の使い方です。 「通勤時間が、ずいぶん長いですね」と言われたときは、長い通勤時間を有意義に使うことをアピールします。 たとえば「通勤時間を使って読書します」と答えてみるのはいかがでしょうか。 知識の吸収に時間を使うことをアピールすれば、向上心や学習意欲が伝わるでしょう。 「通勤時間を使った勉強で資格取得を目指します」とアピールするのも、よい言い方です。 新しい資格が取得できれば、仕事にも好影響です。 通勤時間が長ければ、すぐ不採用とは限りません。 通勤時間の合理的な使い方をアピールできれば、通勤時間の長さは、デメリットではなくメリットに変わるのです。 応募者が、通勤時間を有効に活用すると分かれば、たとえ通勤時間が長くても、面接官は気にならなくなります。

20
★1

紹介者との関係について質問されたときの答え方。

紹介の機会に恵まれて面接を受ける場合、聞かれやすい質問があります。 紹介者との関係です。 「紹介者とは、どのような関係ですか」 面接官にとっても、応募者と紹介者との関係が気になるところ。 権威ある紹介者から紹介された人には、ある程度の信頼性があります。 深い付き合いであればあるほど、信頼性が高いと感じるでしょう。 内定をもらいやすい絶好の機会ですから、言葉を慎重に選びながら、対応しましょう。 答えるときに気をつけたいのは、自慢です。 強い結びつきを自慢したり、内定を強引にさせるアピールをしたりなど、不快感を与える主張は好ましくありません。 せっかく良質の人脈があっても、応募者の人柄に問題があると、人脈の力を最大限に生かせなくなります。 では、どう答えればいいのか。 関係について質問しているわけですから、紹介者との関係は、事実を具体的に説明しましょう。 紹介者と良好な関係であることを具体的に説明すれば、面接官も様子を描写しやすくなります。 紹介者との関係が強いと分かれば、応募者の信頼性が増します。 紹介者との関係について質問されたときは、自慢に気をつけながら、良好な関係であることを具体的に説明する。

21
★0

入社意思を確認されたときの返事。

どの企業でも、内定を出した後に悩まされるのが、内定辞退。 内定を出しても、内定を辞退する人が一定数存在して、採用担当者を慌てさせます。 内定辞退者が発生すれば、人員の穴埋めをしなければいけないため、再び採用担当者は大忙しになるのです。 そこで面接では、内定を辞退しない確認の意味として、面接で入社意思を確認することがあります。 「本気で入社する意思がありますか」「内定を出しても、辞退しませんか」などです。 特に最終面接では聞かれやすい質問です。 適切な答えは、やはり「辞退しない」です。 「考えさせてください」「そのときになって考えます」「現段階ではなんとも言えません」など、濁した答え方は不適切です。 実際そうした状況になる可能性があるとしても、強気の姿勢を見せておかないと、通る選考も通らなくなります。 企業によっては、弱腰の発言を聞いた瞬間「入社意思が弱い」と判断して、不採用を決めることもあります。 迷った態度や不安そうな表情も見せないように注意です。 発言は強気でも、態度や表情が不安定では、面接官を不安にさせます。 内定を辞退しないと宣言した後でも、内定の辞退が不可能になるわけではありません。 入社意思を確認されたときは、迷わず、入社意思をはっきり伝えましょう。 入社意思を確認されたときは、迷わず、入社意思をはっきり伝える。

22
★0

新聞の購読状況について質問されたときの答え方。

面接では、時事の質問もされやすいのですが、もっと基本的な質問をされることもあります。 そもそも新聞を読む習慣があるかどうかです。 「新聞は読んでいますか」 「どんな新聞を読んでいますか」 新聞の購読を確認することで、応募者の時事に対する姿勢を知ることができます。 まず「読んでいない」という回答は、どんな言い訳をしても、アピールにはならないでしょう。 社会人を目指すなら、少しでも時事に興味関心を持つ姿勢が求められます。 世間の動向に関心があるのは、社会人としての基本姿勢が身についていると考えることができます。 時事のすべてを把握するのは難しいですが、少しでも把握したい姿勢を見せることが大切です。 ネガティブな答えは避けるよう、何か1つでも、お気に入りのメディアを見つけておくといいでしょう。 情報収集は、新聞である必要はありません。 新聞の代わりに、インターネットで時事を確認する人も多いでしょう。 インターネットを使って時事を確認しているなら、メディアの種類・頻度・読み方などを詳しく答えます。 情報収集のコツも一緒に紹介すれば、時事に興味関心があるだけでなく、効率を考える姿勢もアピールできます。 新聞について聞かれる準備をしておく。

23
★0

ニュースの情報源を質問されたときの答え方。

ニュースの確認は、社会人としての基本。 面接では、時事の情報源について質問されることがあります。 「ニュースの情報源を教えてください」 「時事は、どんな媒体から入手していますか」 この質問の意図は、世間に対する、アンテナの張り方の確認です。 情報源にはさまざまな種類がありますが、どんな情報源に頼るのかは、応募者の人物像が反映されるところ。 頼っている情報源を知ることで、応募者の今後の成長も予想しやすくなります。 注意したいのは、不確かな情報源です。 たとえば、友達からの口コミです。 その友達が、情報通や専門家ならいいのです。 時事に精通した友達なら、情報収集の選別が効率的になり、重要な情報源になるでしょう。 しかし、情報通でも専門家でもなければ、情報源としては信頼性に乏しいと判断されます。 噂に流される人と誤解されるのは不本意でしょう。 情報源として友達を挙げるのは、情報通である場合を除き、注意が必要です。 情報源を答えるなら、できるだけ信頼できる情報源を答えましょう。 有名で権威のある情報源のほうが、正確な情報を求めている姿勢をアピールできます。 情報源を選んでいる理由も説明すると、情報に対する鋭い感性も伝えられます。 ニュースの情報源を質問されたときは、できるだけ信頼できる情報源を答える。

24
★1

志望業界で起こっている問題について質問されたときの答え方。

「私たちの業界では○○が問題になっています。この点をどう思いますか」 志望業界で起こっている問題は、面接で意見を求められる傾向があります。 どの業界でも、何らかの問題を抱えています。 雇用形態の変化。 法律改正によって影響。 外国資本の国内流入。 業界間の競争の激化。 新商品・新技術をめぐる業界再編の動き。 さまざまな事情が複雑に絡み合っています。 問題は、業界によって多種多様です。 もちろんすべての問題を把握するのは困難でしょう。 しかし、せめて志望業界については、重要な問題点だけでも把握しておくといいでしょう。 面接官は、正解を求めているわけではありません。 面接官の狙いは、どれだけ業界を深く研究して、問題点を理解しているのか確認することです。 鋭い意見ならいいのですが、応募者の立場ですから、基本的な問題点だけでもいいでしょう。 大切なことは、問題点をきちんと把握でき、自分なりの意見を述べることです。 本番でとっさに問われると、考えの整理が追いつかず、うまく説明できない場合があります。 時には専門用語やデータを用いなければいけない場面もあるでしょう。 志望業界で起こっている問題は、面接で意見を問われやすいため、あらかじめ整理しておくといいでしょう。 専門的な知識が必要になる場合もありますが、志望業界なら、ある程度は押さえておく必要があります。 最終的に就職すれば、自分にも関係する問題になります。 「就職に必要だから学ぶ」と考えるのではなく「自分に関係する問題」として考えれば、強い吸収力で学べるはずです。 志望業界で起こっている問題を把握して、あらかじめ自分なりの意見を考えておく。

25
★1

話題のニュースについて意見を求められたときの答え方。

時事についての質問は、その企業が属する業界に関する内容が多く見られます。 しかし、あくまで傾向です。 実際、面接では、企業が属する業界以外についても質問される可能性があります。 食の安全問題、大企業の経営破綻、製品のリコール問題などです。 意外な業界事情についての質問が来ると、どう意見を述べていいのか分からず、言葉に詰まることも多いでしょう。 最近、話題になっているニュースについては、就職に関係ない業界であっても、念のため、確認しておくのが安心です。 この質問の意図は、普段からニュースを確認して、主要な社会問題に関心を寄せているかどうかの確認です。 関心のある業界だけのニュースだけでなく、幅広くニュースを確認しているかどうかが分かります。 そのため、記事の内容をそのまま答えるような説明では、不十分です。 面接官が求めているのは、あくまで意見。 その時事問題について、自分なりの考え方・価値判断・見通しなどを、具体的に述べましょう。 ただし、完全に無知の問題なら、無理をして答えたところで、面接官にすぐばれます。 ばれて信用を落とすくらいなら「勉強不足で分からない」と正直に答えるのも、1つの選択です。 さて、うまく答えるポイントがあります。 自分がその業界にいるものと仮定して話す方法です。 自分に関係ない業界でも、その業界にいると思って、答えてみましょう。 自分とは無関係な業界でも、関係していることを想像すれば、重大な問題を身近に感じられるようになります。 その結果、真剣な様子や熱心さが伝わり、表情や話し方などが印象的になるのです。 話題のニュースについて意見を求められたときは、自分なりの考え方・価値判断・見通しなどを具体的に述べる。

26
★0

気になるニュースについて質問されたときの答え方。

「最近、気になるニュースはありますか」 日々の主要なニュースの確認は、社会人として基本の行為。 気になるニュースを質問することで、応募者が何に興味関心を抱く人物なのか確認する意味があります。 気をつけたいのは、テーマの選び方です。 面接官の質問をそのまま受け止め、個人的に気になるニュースを答えるのは注意します。 いくら気になるとはいえ、面接では無関係の芸能関係のニュースは不適切。 「気になるニュース」は「志望業界の範囲で気になるニュース」ととらえるのがいいでしょう。 さて、最も適したテーマは、やはり志望業界に関係した話題です。 志望業界に関するニュースをピックアップして、業界への興味関心が強いことをアピールしましょう。 業界の人しか知らないような、マイナーなニュースでもかまいません。 マイナーなニュースでも、あえて挙げることで、業界への興味関心が高いことをアピールできるでしょう。 別のテーマとして、政治経済に関するテーマも選べます。 政治経済は、すべての人や企業に関係しますから、面接にも適した話題です。 選んだニュースについては、さらに詳細な意見を求められる可能性があります。 気になった理由・今後の動向・改善策など、あらかじめ考えを整理しておきましょう。 気になるニュースについて質問されたときは、志望業界に関係したテーマ、もしくは政治経済を選ぶ。

27
★0

景気低迷について意見を求められたときの答え方。

「現在の景気低迷をどう思いますか」 「景気は回復すると思いますか」 「どうすれば、不景気を打開できると思いますか」 不景気は、私たちにとって最も身近な問題の1つ。 普段よく見聞きするニュースですが、いざ意見を求められると、意外に即答できないことが多いのではないでしょうか。 景気低迷について質問されても、自分なりの答えがきちんとできるよう、事前にしっかり考えておきましょう。 まず、注意したいのは、ネガティブな回答です。 たとえば「自分の力だけではどうしようもない」「世の中の摂理」「何をやっても無駄」などです。 もちろん個人の考えですから、何を思うのも自由ですが、面接での発言は控えたほうがいいでしょう。 ネガティブな回答は、熱意や意欲を疑われ、消極的であると判断されやすくなります。 理想は、やはり建設的な回答です。 あくまで面接であることを意識しながら、小さな可能性にも取り組む姿勢を見せましょう。 たとえば「仕事を通して、社会の景気回復に貢献したい」などの回答がいいでしょう。 「少しでもよくしたい」「わずかでも力になりたい」という意気込みが感じられる回答が適切です。 ▼回答例 もちろん私だけの力で、社会の仕組みを変えたり、景気にインパクトを与えたりするのは難しいと思います。 しかし、私が仕事をすることで、小さな力ではありますが、社会に与える刺激になるはずです。 私としては、自分の能力を、第1志望である御社で生かすことで、社会の景気回復に貢献したいと考えております。 ▲ 景気低迷について意見を求められたときは、できるだけ建設的な回答をする。

28
★0

少子高齢社会について質問されたときの答え方。

少子高齢社会は、国の代表的な問題の1つ。 志望業界にかかわらず、どんな企業でも、質問される可能性があります。 たとえば「少子高齢社会に向かっていますが、どう思いますか」という質問です。 テレビや新聞でよく見聞きするニュースだからこそ、ニュースに対する姿勢が表れやすい質問です。 ただニュースを眺めているだけでなく、私たちすべてに関係する問題として真剣に考えていることをアピールしましょう。 まず注意点です。 無関心な表現は避けるのが賢明です。 「どうしようもない」「仕方ない」「特に興味がない」などの表現では、前向きな姿勢が伝わりません。 「具体的な答えから逃げた」と思われ、ネガティブな印象を与えます。 普段からニュースを確認して、少子高齢化社会についての知識と理解を深めておくことが大切です。 では、どう答えればいいのか。 知っている範囲でかまわないので、具体的なデータや事例などを示しながら、説明しましょう。 「20xx年には、社会保障の負担率が○○パーセントになるとされているようです」 「20xx年には、65歳以上の人口が○○パーセントまで跳ね上がるとされています」 数字を含めた説明ができれば、普段から、意識をしながらニュースを確認していることが分かります。 自分に関わる問題として、関心を示す話し方をしましょう。 最後は、自分にできることで締めくくります。 「微力ではありますが、私としては、しっかり仕事をすることで社会の活性化に貢献したい」 人ごとと思わず、自分ができることもアピールすれば、余韻のよい締めくくり方ができます。 少子高齢社会について質問されたときは、具体的なデータや事例などを示しながら、説明する。

29
★0

環境問題について質問されたときの答え方。

「大気汚染について、どう思いますか」 「地球の温暖化問題について、どう思いますか」 「ごみのポイ捨てについて、どう思いますか」 環境問題は、国だけでなく、地球全体の問題です。 しかし、スケールがあまりに大きすぎるため、実感が湧きにくい問題として見られる傾向もあります。 応募者が環境問題について、どれだけ真剣に受け止めているかを確認するため、質問します。 注意したいのは、他人事のような発言です。 「どこの国も大変のようですね」 「何とかなればいいですね」 「国や企業がもっと真剣に取り組んでくれると、解決も早いのですが」 自分は無関係と言わんばかりの発言では、面接官の心を動かすのは難しいでしょう。 答え方のポイントです。 まず話してほしいのは、自分なりの意見や考え方です。 国民の1人1人が強い危機感を持ち、改善に向けた行動が重要であることを説明しましょう。 国や企業に任せるのではなく、自分にもできることがあると話せば、より明快な言葉になります。 また、実際に自分が取り組んでいる改善行動があれば、ぜひ紹介しましょう。 「実際に行動している」という事例は、具体的であるため、強い説得力を生む材料です。 わずかな行動でもかまいません。 たとえば、電気の無駄遣いを抑えるために、こまめな節電を心がけている事例はいかがでしょうか。 改善行動の規模は小さくても、みんなが一緒に心がければ、大きな結果を発揮できます。 具体的な行動に取り組んでいる実績を話せば、環境問題を真剣に受け止めていることをアピールできます。 環境問題について質問されたときは、1人1人の意識と行動の大切さと、実際に取り組んでいる事例を話す。

30
★1

業界の10年後について質問されたときの答え方。

「この業界の10年後は、どうなっていると思いますか」 まだ仕事をしていなければ「こっちが聞きたい」と思うのが本音かもしれません。 しかし、その業界に就職しようと思うなら、少しでも自分の意見を持っておくべきです。 浅い知識で満足な回答がしにくいかもしれませんが、自分なりの考えを表現することが大切です。 この質問の意図は、志望業界について、業界の未来も含めて、しっかり企業研究ができているかの確認です。 業界の10年後について質問することで、アンテナを張り、志望業界に対して中長期的な視点を持っているかが分かります。 まず避けるべきは「分からない」「想像できない」などの否定的な回答です。 分からなくても、分かる範囲で答える努力くらいはできるでしょう。 必ずしも鋭い視点が表現できなくてもかまいません。 まだ社会に出る前の学生ですから、平凡な答えも、許容範囲です。 業界の今までの流れを確認すれば、今後の流れも予想しやすくなります。 当たり外れは深く考えず、今ある知識と見識を総動員させ、業界の10年後についてできるだけ具体的に語りましょう。 このとき、過去の流れが含まれた回答ができると、さらに説得力が増します。 過去の事実をもとに今後の未来を予想できると、根拠が明快になるため、面接官も深くうなずいてくれるはずです。 業界の10年後について質問されたときは、過去の流れを含めて、自分なりの意見を言う。

同じカテゴリーの作品