就職活動

就職活動がうまくいかないときの
30の言葉

  • 就職は、
    諦めなければ、
    必ず達成できる。
就職活動がうまくいかないときの30の言葉

もくじ
  1. 就職は、諦めなければ、必ず達成できる。

    就職活動がうまくいかないときに、思い出してほしい言葉があります。
    「就職は、諦めなければ、必ず達成できる」という言葉です。
    なぜ、就職活動がうまくいかなかったのか。

  2. エリート意識が強すぎると、就職活動が難航する。

    エリート意識が強すぎると、就職活動が難航します。
    「自分はエリートだから、就職する企業も一流でなければいけない」と思います。
    高い学歴や立派な資格をたくさん持っていると、理想が高くなる傾向があります。

  3. 就職活動をした日は、前向きに生きた1日。

    就職活動をした日は、前向きに生きた1日です。
    前向きでないと、就職活動はできません。
    希望を持って、仕事をしたい気持ちがあるから、就職活動をしています。

  4. 就職活動がうまくいかない原因を、時代のせいにしない。

    好景気の就職活動は、比較的スムーズです。
    多くの企業では、業績が右肩上がりで、採用枠も多い傾向があります。
     

  5. 面接官が知りたいことをまとめると、2つだけ。

    面接では、面接官からさまざまなことを聞かれます。
    「自己紹介、自己PR、志望動機をお願いします」
    「志望動機を教えてください」

  6. 面接の目標回数は、自分の年齢以上。

    面接を受けて、すぐ採用されるのはまれです。
    受けても落とされることが、何度も続くでしょう。
    面接は、何社くらい受ければいいのでしょうか。

  7. 休憩も、就職活動の大事な一部。

    就職活動で息切れする人には、特徴があります。
    休憩がないのです。
    1日中、ずっと就職活動を続けた状態です。

  8. 就職活動の遅れを解消させる、2つのポイント。

    一般的に就職活動は、活動が早ければ早いほど有利です。
    早めにOB・OG訪問や企業説明会などに参加して情報を集めれば、対策も早く立てられるでしょう。
    情報は、力です。

  9. 就職活動がうまくいく人は、土曜の朝が早い。

    就職活動の差は、どこでできるのでしょうか。
    土曜の朝です。
    土曜の朝で、土曜のリズムが決まり、土曜のリズムで日曜のリズムも決まります。

  10. 不採用が恥ずかしくて人に言えない。
    その精神力に問題があるのではないか。

    いい報告は言いやすく、悪い報告は言いにくい。
    誰もが感じる、普通の人間心理です。
    悪い報告が言いにくいのは分かりますが、言えないのは要注意です。

  11. 不採用を受け取ったとき、こう考えてみよう。
    幸運を貯金しているのだと。

    運には、幸運と悪運があります。
    就職活動をしている今、不採用ばかりが続き、運のない日々かもしれません。
    不採用が何度も続くと、自分に自信をなくして就職活動が嫌になりますが、もう少しの辛抱です。

  12. 「やらされている」と思う就職活動は、なかなかうまくいかない。

    「就職活動の時期だね」
    「就職活動をやらないといけないね」
    そうしたことを親や友達から言われていると、やらされている気分になるかもしれません。

  13. 就職情報は、人に教えた数だけ増える。

    得られた就職情報は、どんどん人に話しましょう。
    「相手に有利な情報を与えると、余計に競争が激しくなる」
    「自分が不利になるかもしれない」

  14. 就職活動は、トンネルのようなもの。
    いつ終わるか、分からない。

    真っ暗なトンネル。
    トンネルに入ったときの恐怖は、薄暗さだけではありません。
    いつ抜けられるか、分からない恐怖もあります。

  15. 不採用のおかげで、別の企業に目を向けることができる。

    不採用になれば、こう考えてみましょう。
    「もっとふさわしい企業に就職できるだろう」と。
    不採用になれば、仕方なく別の企業へ当たることになります。

  16. 就職活動の苦労は、社会人としての粘り強さに変わる。

    就職活動の苦労は、無駄にはなりません。
    就職活動があっさり決まると、仕事もあっさり辞めやすくなるでしょう。
    苦労が少ないためです。

  17. 行動してもうまくいかないときは、考えたほうがいい。
    考えてもうまくいかないときは、行動したほうがいい。

    「行動しても、思うようにいかないことばかり」
    そんなときは、一度足を止めて、よく考えてみましょう。
    間違った方向に進んでいるのかもしれません。

  18. 就職活動も、立派な社会経験。

    仕事は社会経験と言いますが、就職活動も立派な社会経験です。
    内定を手に入れるためには、長い道のりが待ち受けています。
    時には遠回りをすることもあるかもしれません。

  19. 就職活動は、社会で仕事をする前のウォーミングアップ。

    「就職活動が大変だ」
    そんな声を耳にします。
    就職活動がスムーズに進まず、大変な日々であるのは分かりますが、珍しいことでもおかしなことでもありません。

  20. 落ち込むこともあるだろう。
    少し休んで、また頑張ればいい。

    うまくいかない就職活動では、休むことも必要です。
    どんなに精神力が強い人でも、つらいことを正面から受け止め続けていると、次第に参ってきます。
    気力も体力も精神力も、有限です。

  21. 入った企業で、人生のすべてが決まるわけではない。

    就職活動をしていると「企業選びで人生が決まる」と考えがちです。
     
    たしかに企業によって、人生に与えるインパクトは異なるでしょう。

  22. 面接は、駅の自動改札のようなもの。
    おどおどしていると、通れるものも通らなくなる。

    面接でおどおどしても、いいことはありません。
    能力が高くても、自信のない態度では「能力が低い」と誤解されるでしょう。
    明るい性格でも、下を向いていると「暗い性格」と誤解されるでしょう。

  23. 面接に落とされてもいい。
    後からいい思い出になるから。

    思い出とは、面白い特徴があります。
    いい経験だけ、いい思い出になるのかと思っていると、悪い経験も、いい思い出になっています。
    「部活を頑張ったけど、試合で負けた」

  24. 「内定がほしい」と考えれば考えるほど、内定が遠ざかる。

    「内定がほしい」
    そう考えていませんか。
    就職活動では、当たり前の考えですが、実は注意したい考えでもあります。

  25. 「そこまでする人なんて誰もいない」そう思ったときこそ、チャンス。

    OB・OG訪問は、約束した時間の30分前に到着しておきましょう。
    企業説明会では、何か1つは質問をしましょう。
    アンケートの自由記入欄には、何か一言、メッセージを残しておきましょう。

  26. なかなか内定が決まらない人に、よくありがちな悪循環。

    なかなか内定が決まらない人に、よくありがちな悪循環があります。
    焦る気持ちが強くなった結果、発言や態度が投げやりになりやすいのです。
    「どこでもいいから内定がほしい」

  27. 不採用の連絡は、採用の連絡の前触れ。

    不採用の通知が何度も続くと「次もきっと不採用だろう」と考えやすくなります。
    同じことが続くと、その状態がずっと続くような気がするのです。
     

  28. 「最初はうまくいかなくて当然」と思うほうが、うまくいく。

    誰でもやはり「最初からうまくいかせたい」と思うものです。
    努力も時間もお金も、必要最小限で済ませたほうが楽でしょう。
     

  29. 時間がかかっているのではない。
    時間をかけているのだ。

    スピード・スピード・スピード。
    世の中は、スピードを求める傾向があります。
     

  30. 不採用になった後が大事。

    不採用と分かれば、落ち込みそうになりますが、少し考え方を変えてみてください。
    不採用は、企業が求める人材と一致しなかっただけのことです。
    それ以上でも、それ以下でもありません。

同じカテゴリーの作品