人生の教科書



就職活動
就職活動をした日は、前向きに生きた1日。
就職活動
内定が決まった後は、就職活動をしてはいけないルールはない。
就職活動
就職活動に疲れているであろう未来の自分を、励ます方法。
就職活動
「就職活動がしたくない」そう思ったら、行動しよう。
就職活動

つらい就職活動を乗り切る
30の心得

  • 就職活動をしなければいけないと思うから、
    苦しい。
    就職活動をしようと思えば、
    楽しくなる。
つらい就職活動を乗り切る30の心得

もくじ

1
★1

就職活動をしなければいけないと思うから、苦しい。
就職活動をしようと思えば、楽しくなる。

就職活動をしなければいけないと思うから、苦しいのです。 しなければいけないと考えると、その行為が命令になり、義務になり、責任になります。 誰でも命令されたり、義務感や責任感があったりすると、体が重くなって当然。 「勉強をしなさい」と親に言われた瞬間、勉強のやる気をなくすのと同じです。 人間は、地球上で唯一、心のある生き物です。 ですから、心を尊重した生き方が大切です。 就職活動をしなければいけないと思うのではありません。 就職活動をしようと思うのです。 自分から働きたいと考え、あくまで自発的に就職活動をしようと考えます。 そう思えなくても、そう思うことです。 就職活動に対する前向きな考えができれば、重かった体は自然と軽くなります。 体が重いかどうかは、肉体面ではなく、精神面の問題です。 精神面が軽くなれば、体は軽やかになり、行動力も自然とみなぎってくるのです。 「就職活動をしなければいけない」ではなく「就職活動をしよう」と、自発的に考える。

2
★2

軸になる考え方を持つ人は、就職活動に強い。

就職活動がうまくいく人の特徴は、軸になる考え方を持っている点です。 軸になる考え方とは、自分らしい考えをしっかり持っていることであり、周りに流されない力です。 軸になる考え方がある人は、意見をはきはき言います。 「こんな仕事がしたい」 「こんな働き方がしたい」 「こんな生き方がしたい」 軸になる考え方があるから、自分に適した仕事も生き方もはっきりします。 面接での受け答えもはっきりして、面接官の心証がよくなり、採用率もよくなるのです。 あなたには、軸になる考え方がありますか。 もしなければ、今からでもいいので、軸になる考え方を持つように心がけましょう。 簡単な例を挙げれば、たとえば好きな食べ物も、軸になる考え方です。 あなたが好きな食べ物は、何ですか。 答えを曖昧にするのではなく、はっきり答えましょう。 「カレーライスが好き」「チョコレートが好き」「メロンが好き」でいいのです。 軸になる考え方を持つ、初歩的な練習です。 その調子で、もっと幅を広げていきましょう。 好きな音楽、好きな場所、好きな考え方。 さらに考えを広げていけば、いずれ仕事観や人生観にも到達できるはずです。 「こんな仕事がしたい」 「こんな生き方がしたい」 それを、就職活動で生かせばいいのです。 自分の特徴を十分に表現した意見を持つことです。 軸になる考え方は、どこかにあるのではありません。 自分の中にあります。 自分の好みに応じて、自由に作っていいのです。 自分の人生ですから、自分らしい意見をしっかり持つことです。 軸になる考え方があるからこそ、主体性が明確になり、生きるべき方向も明確になります。 軸になる考え方を持つ習慣を、意識する。

3
★1

「早めの対策」という指針を持つことも、早めの対策。

「忙しい」と思ったときは、すでに赤信号かもしれません。 忙しくなってから対策をしようと思っても、なかなか思うように取り戻せない場合があります。 遅れや不足を補おうとしても、実際その状況になると、思うようにいかないもの。 すでに余裕が不十分であるため、対策を立てようとしても、スムーズに進みにくいでしょう。 最悪の場合、手遅れの場合さえあります。 そこで必要なのが、早めの対策です。 自己分析を、早めの対策。 業界研究も、早めの対策。 筆記試験も、早めの対策。 そして「早めの対策を心がける」という指針を持つことも、早めの対策の1つです。 学業でも早めの対策が有利であるように、就職活動でも、早めの対策は確実に有利です。 多くの人が、ぎりぎりになって行動する傾向があります。 みんな、行動したほうがいいと分かっていても、思うだけでなかなか行動しません。 ぎりぎりになって、ようやく行動を始めます。 そんな中、少しでも早めに心がけるだけで、大勢より有利な状況に立つことができるでしょう。 早めに行動しておけば、学歴や能力とは関係なく、あなたの人生をスムーズにするのです。 就職活動全体の基本として「早めの対策」を心がける。

4
★0

就職活動の最新情報にも、目を光らせる。

就職活動の最新情報にも、目を光らせることが大切です。 就職活動にも、制度や形式があります。 年や年度の区切りに、制度や形式が変わる場合があるため、最新情報には敏感になる必要があります。 たとえば、適性検査の傾向です。 新しい分野が追加されたり、一部が削除されたりなど、適性検査の範囲が変わることがあります。 傾向が変われば、古い問題集では対策が不十分になるため、最新の傾向にあった対策が必要です。 新形式では前例がないため、最新版の問題集を買って、早めに準備が必要になるでしょう。 就職活動の解禁時期も、変更される場合があります。 たとえば、短期化になることもあれば、前倒しになることもあります。 企業が求める人材にも、傾向があり、変化することもあります。 最近の面接形式の傾向なども、年度によって異なるでしょう。 今までになかった新しい面接形式が、登場する場合もあります。 そのほか法律が変わり、就職活動に何らかの影響がある場合もあるでしょう。 そうした情報を知らなければ、対策の立てようがありません。 直前になって慌てて対処しても、手遅れの場合もあります。 人生の重大な進路を決める時期に、知らなかったでは済まされません。 乗り遅れないためにも、就職活動の最新情報は、常に確認しておきましょう。 就職活動の最新情報も、しっかり確認する。

5
★1

就職したい気持ちだけでは採用されない。
採用に必要なのは、就職に向けた行動。

「就職したい気持ちだけは、誰にも負けない」 「就職したい気持ちはこんなに強いのに、採用されない」 ときどきそんな愚痴を聞くことがあります。 もちろん熱い気持ちは大切ですし、意気込みも重要です。 しかし、残念ですが、気持ちだけでは就職は難しいでしょう。 心で思っているだけで行動が伴わなければ、何も生まれないからです。 採用に必要なのは、就職に向けた行動です。 結果を生むのは、気持ちではなく、行動しかありません。 本当に就職したければ、就職したい気持ちを抱くだけでなく、就職に向けた行動に取り組みましょう。 行動、行動、また行動。 夢を実現するために一番大切なのは、やはり行動です。 行動さえできていれば、就職活動の山場のほとんどは乗り越えられるといっても言いすぎではありません。 行動力のある人は、いわば四輪駆動のジープのようなもの。 どんな険しい道でも、足場の悪い道でも、ぐいぐい前に進むことができるのです。 就職したい気持ちを抱くだけでなく、就職に向けた行動に取り組む。

6
★0

資料請求にも、自己PRのチャンスが眠っている。

企業研究の際、企業に資料を請求することがあります。 はがきの場合もあれば、メールの場合もあります。 このとき、自由に記入できる欄が設けられている場合があります。 資料さえ入手できれば十分と思い、無記入にする人も多いのではないでしょうか。 記入は任意ですが、できるだけ記入することをおすすめします。 さりげない一言ですが、採用担当者が注目しているポイントです。 「御社の海外事業に興味を持ちました」 「御社が第1志望です。面接の際は、よろしくお願いいたします」 「御社は素晴らしい会社であると感じました。もっと深く知りたいため、資料をお願いいたします」 ささいなメッセージですが、受け手には嬉しいものです。 「好きになろうとする人は、好かれる人にもなる」という心理です。 こうした一言が採用担当者の心に響き、選考で有利になる可能性があります。 強く興味を持っていることが分かれば、特別な資料を追加してもらえるかもしれません。 資料請求にも、自己PRのチャンスが眠っているのです。 資料請求のとき、自由に記入できる欄には、何か前向きな意見を書く。

7
★2

「どちらが、より礼儀正しいか」という判断基準で考えれば、適切な選択が見えてくる。

就職活動で選択に迷ったときは、より礼儀正しいほうを選ぶのが得策です。 礼儀正しさは、就職活動のあらゆる場面で有利に働きます。 礼儀正しさがあれば、物事のやりとりがスムーズになるだけでなく、社会性が身についているアピールにもなります。 就職活動の1つ1つの場面で、適切な行動を覚えるのは膨大です。 もちろんゆくゆくは覚える必要はありますが、まだ社会に出ていない学生が身につけるのは難しいでしょう。 そんなとき、覚えるのではなくて、考え方を身につければいいのです。 その考え方こそ「どちらが、より礼儀正しいか」です。 何かの選択に迷ったとき「どちらが、より礼儀正しいか」と、自問自答してください。 この判断基準で考えれば、誰でも適切な選択肢が見えてきます。 面接では、腕時計を身につけたほうがいいのか。 自己紹介は、名字だけでいいのか、フルネームがいいのか。 お礼の手紙を出す際は、ペンがいいのか、筆がいいのか。 どの問いも「どちらが、より礼儀正しいか」で考えれば、おのずと適切な選択が見えてくるでしょう。 もちろん費用や手間暇の事情もあるため、完全に礼儀正しい行動を心がけるのは難しい状況もあります。 余裕のある範囲でよいので、できるだけ礼儀正しい行動を心がけたほうが賢明です。 少なくとも「礼儀正しい」と思われて、損はない。 時には礼儀正しさが行きすぎるかもしれませんが、少なくとも「礼儀正しい」と思われて、減点にはならないでしょう。 「この人は礼儀が正しいから不採用」というのはあり得ません。 費用と手間暇が余分にかかるかもしれませんが、礼儀正しさが伝わるなら、無駄にはなりません。 選択に迷ったときは「どちらが、より礼儀正しいか」という判断基準で考える。

8
★1

情報化社会になった今、ITやパソコンをまったく使えないのは致命的。

「IT」と「パソコン」。 この2つの言葉を聞いただけで「自分には絶対無理」と言って、眉をひそめる人がいるようです。 人によって得手不得手はあるように、ITやパソコンが苦手という人がいるのも自然なこと。 理系に関してはまったく無知で、何も分からないし、できない人もいるでしょう。 ITやパソコンを活用するには、それを使いこなす知識・技術・慣れなどが必要になるのも事実です。 しかし情報化社会になった今、ITやパソコンをまったく使えないのは、致命的です。 就職活動で、不利になる覚悟が必要でしょう。 ITやパソコンを使えば、膨大な手間と時間が必要になるところを、一瞬で終わらせられることがしばしばです。 ITやパソコンを使いこなす能力の差は、情報収集の量の差につながります。 それが就職活動に影響することは、十分考えられます。 「ITは苦手」 「パソコンはまったく分からない」 愚痴を言ってばかりでは、何も解決しません。 専門家になるのを目指すわけではありません。 普通に使えるようになるだけでも、情報収集の効率はずいぶん向上します。 ITやパソコンが苦手であっても、初歩的な知識と使い方くらいは、少し勉強して身につけたほうが得策です。 就職活動が効率よくなるだけでなく、社会に出て働くときにも、大いに役立つでしょう。 ITとパソコンに苦手意識があっても、初歩的な知識と使い方くらいは、勉強して身につける。

9
★1

手帳選びを間違えれば、就職活動に悪影響が及ぶ可能性もある。

就職活動に欠かせない道具の1つが、手帳です。 予定を書き込んだり、メモしたりなど、常に携帯が必要な道具の1つ。 就職活動をするほとんどの人が、手帳を持っているはずです。 さて、手帳と一言で言っても、その種類は多種多様です。 手帳は、種類によって使い勝手がまったく変わります。 手帳は、小さなサイズもあれば、大きなサイズもあります。 小さなサイズは、持ち運びに便利である一方、記入できる量が制限されます。 大きなサイズは、記入できる量が多くなる一方、持ち運びが不便になる場合があります。 カレンダーの週別・月別の違いも、使い勝手はずいぶん変わるでしょう。 手帳の色・柄・素材の違いも、触れたときの気持ちに変化をもたらすはずです。 手帳は、就職活動に影響を大きく与える道具。 手帳選びは、地味ですが、重要です。 手帳選びを間違えれば、就職活動に悪影響が及ぶ可能性もあります。 したがって、手帳は、自分に合った1冊を慎重に選ぶことが大切です。 大学から支給された手帳でもいいのですが、不便なら、無理に使い続けるのは得策ではありません。 さらに使いやすい手帳に買い換える勇気も必要でしょう。 数多くある手帳を比較しながら、自分に合った手帳をじっくり選ぶことです。 紙の手帳より電子手帳のほうが自分に合っていると確信しているなら、その選択が正解です。 費用も時間もかかりますが、就職活動に影響を与えることですから、無駄にはならない投資です。 就職活動に使う手帳は、自分に合った1冊を慎重に選ぶ。

10
★0

参加できなかった予定は、消すより、二重線。

手帳のスケジュール帳に、参加したい予定を記入するでしょう。 ところが事情によって、参加しなかった場合があります。 そんなとき、消しゴムなどで予定を消すより、二重線を引きましょう。 あえて残すのが、ポイントです。 過去の予定を追跡するとき役立ちます。 今後の予定を組み立てるとき、過去の予定が参考になり、役立つことがあるでしょう。 また意外に見逃せないのは、自分を戒める効果です。 「そういえばこの説明会に出席できなかった。次から気をつけよう」 二重線になった予定を見れば、そのときの事情と悔しさを思い出せます。 過去の失敗を振り返ることで、気持ちを引き締め、反省や注意喚起を促す効果があるのです。 手帳は、予定管理の道具だけでなく、モチベーションを高める道具にも活用しましょう。 参加できなかった予定は、消すのではなく、二重線を引く。

11
★2

就職活動に疲れているであろう未来の自分を、励ます方法。

未来の自分に、励ます言葉をかけてみませんか。 数カ月後、就職活動に疲れているであろう未来の自分に、元気や勇気の出る言葉を贈るイメージです。 「そんなことできるのか」と思いますが、単純な方法で実現できます。 手帳なのです。 手帳の数カ月先のスケジュール表に、未来の自分を励ます言葉を書いておけばいいのです。 月ごとに「この時期には、こんな状態になっているのではないか」と想像してみましょう。 その気持ちを乗り越えるため、奮起を促す言葉を手帳に書き込みます。 たとえば、8月なら「暑いけど、就職活動に負けるな。たくさん汗を流して踏ん張る」。 10月なら「外は寒くなっても、心は温かくして就職活動をする。体調管理には気をつけること」。 12月なら「年末でも就職活動を手抜きしない。できることはすべてやり尽くす」。 1月なら「新しい年の幕開けこそスタートダッシュ。新しい気分で就職活動を再開させよう!」。 その月になって手帳のページをめくったとき、以前に書いた言葉が目に飛び込んできて、元気づけられるでしょう。 自分で自分を励ますということです。 未来の自分に向けて、メッセージを送ります。 もう1人の自分に励まされることで、励ましの言葉も、心にすっと入ってくるでしょう。 数カ月後の自分を想像しながら、手帳に励ます言葉を書き込む。

12
★0

業界用語も、できるだけ普段から使い慣れておく。

就職活動では、それぞれ目指す業界があるでしょう。 志望業界が決まれば、必要な業界用語を勉強しますが、注意したいのは勉強だけで終わらせる状況です。 知識として知っていても、それをうまく会話で使えるかどうかは分かりません。 業界用語を初めて声に出した瞬間の、あの違和感。 たとえて言えば、初めて英単語を発音したときの違和感に似ています。 使い慣れていないと「本当にこの使い方でいいのだろうか」という不安が、弱々しいイントネーションや表情として表れます。 そうした違和感をなくすためにも、業界用語を勉強すれば、できるだけ普段から使い慣れておくといいでしょう。 業界用語を日常の一般用語のように使っておくと、言葉の使い勝手が分かり、理解も深まります。 特別な用語でも、自分には一般用語として慣れておきます。 面接で、面接官からの質問に答える際も、業界用語を使ってスムーズに答えやすくなるでしょう。 微々たる差かもしれませんが、業界用語に使い慣れているほうが、選考を有利にさせるのはたしかです。 会話の中でさらっと登場すれば、その業界を理解している印象だけでなく、頼もしい印象も受けるもの。 日常会話で業界用語を使うのは難しいかもしれませんが、できるだけ機会を見つけ、実践で使い慣れておきましょう。 たとえば、同じ業界を目指す仲間との会話です。 業界用語を使っても、自然に感じるでしょう。 会話で業界用語を使えば、業界の理解も深まる上、使い慣れることができます。 業界用語も、できるだけ普段から使い慣れておく。

13
★0

「自分にできるだろうか」という自問自答はいいが、相談は不毛。

「自分にできるだろうか」という自問自答はいいのです。 自分に問いかけて、あれこれ思い悩むことは、まだ前進があるでしょう。 適性を考える機会になり、何らかの発見ができる場合もあります。 しかし「自分にできるだろうか」という相談は、正直なところ、不毛です。 相談してもいいですが、相談らしい相談にはならないでしょう。 相談したところで、相手は「大丈夫。きっとできるよ」という社交辞令しか、返事のしようがないからです。 自分の適切を他人に聞いても、分かりません。 とりあえず明るい返事しか、答えようがありません。 慰めくらいにはなるかもしれませんが、結局は一時的な不安の解消です。 正直に「あなたには無理」「やめたほうがいい」と否定されても、落ち込むだけでしょう。 どのみち、根本的な不安の解消にはなりません。 だから、不毛なのです。 「自分にできるだろうか」と相談するくらいなら、自問自答のほうが建設的です。 どうしても実現不可能と分かれば、別の選択肢を考えることです。 どうしても実現させたければ、できる手段を考えることです。 分からなければ、試食・試飲・試用などを通して体験すれば、具体的に分かりやすくなるでしょう。 「自分にできるだろうか」という答えは、自分の中にあります。 自分が自分の中から、掘り起こさなければいけない課題なのです。 「自分にできるだろうか」という相談はせず、自問自答をして、自分が決める。

14
★0

OB・OG訪問や面接が夕方以降になる場合、準備しておきたいこと。

OB・OG訪問や面接が夕方以降になる場合、準備しておきたいことがあります。 お礼の準備です。 OB・OG訪問や面接が、夕方以降になるなら、終了時間は夜になるでしょう。 電車やバスなどを使い、自宅に戻る時間となると、さらに遅い時間になるのは確実です。 さて、OB・OG訪問や面接の後に心がけたいのは、お礼です。 基本的にお礼は、その日のうちに出すのがマナーです。 たとえ夜遅くなったとしても、お礼だけはその日のうちに出しておくほうが好印象になります。 ところが、1日の最後はひどく疲れている場合が多いため、なかなかお礼を出すのが難しい。 不慣れなイベントによって、体力も精神力も消耗した状況のため、頭の回転も鈍くなり、適切な言葉も浮かびにくいのです。 夜遅くなることが予想されるなら、お礼のメールを出す準備をしておくといいでしょう。 「どんなに疲れていても大丈夫」という人はいいのですが、自信がなければ、念のため準備しておくほうが安心です。 もちろん完全に書き上げるわけではありません。 基本的なお礼や今後の抱負など、基本的な共通の文面なら、途中まで書けるはずです。 途中まででもかまわないので、ある程度準備しておくと、自宅に戻って疲れていても、すぐお礼が出せます。 お礼を受け取った先輩も「今日は疲れていただろうに。礼儀正しいな」と感動し、好印象もさらによくなるはずです。 OB・OG訪問や面接が夕方以降に予定されているなら、事前にお礼を出す準備をしておく。

15
★3

本来、本気なら、ためらいはない。

ためらいがあるのは、どこかで本気になっていないということです。 もちろんリスクを含めて考えることは大切です。 お金・時間・人間関係など、注意しなければいけないことがあるのもたしかです。 しかし、本気で取り組む気持ちがあれば、小さなリスクには動じなくなるのが普通です。 強い意志を持って、まっすぐ前を向いて歩くとき、周りの様子は気になりません。 本当に就職したい企業の説明会なら、ためらいなく出席するでしょう。 本当に就職を成功させたければ、スーツもパソコンも腕時計も、ためらいなく購入するでしょう。 本当に面接を成功させたければ、面接対策の本も、ためらいなく購入するのが当然です。 本当にやりたい仕事のためなら、どんな壁でも乗り越えようとするはずです。 本来、本気なら、ためらいはないのです。 もし、あなたが今しようとしていることにためらいがあるなら、どこかで本気になっていない証拠です。 あなたが今、ためらっていることは何ですか。 あなたが今、ためらっていないことは何ですか。 本気かどうかは、ためらいがあるかどうかで分かるのです。 ためらいがあるかどうかで、本気かどうか、確認する。

16
★0

学生時代の討論会で、経験値を上げよう。

集団面接は、特に慣れが出やすい場面です。 大勢の人が注目している中、大きな声で発言します。 なかなか普段はない状況と言えるでしょう。 どういう態度で、どう話せばいいのか。 集団面接は、慣れているかどうかが、よく表れやすい場面です。 集団面接の対策として、できるだけ場慣れしておくことが必要ですが、限られた機会であるのも事実。 そこで1つ、活用してほしい機会があります。 学生時代の討論会です。 学生時代に討論会があれば、ぜひ積極的に参加してください。 恥ずかしくて発言を控えたり逃げたりしたくなりますが、集団面接の模擬練習です。 慣れは、経験しなければ得られません。 積極的に、大勢の前で発言する機会を作ることで、集団面接の慣れを作れます。 失敗してもいいのです。 討論会で失敗しても「こうすべきではなかった」と分かり、次に生かせます。 むしろ集団面接前にたくさん失敗しておくほど、本番がうまく進められるでしょう。 討論会の失敗は、集団面接の成功です。 討論会で失敗しても、恥ずかしいだけで済みます。 しかし、面接で失敗すれば、恥ずかしいだけでは済まされません。 「討論会は集団面接の練習」と考え、積極的に参加しましょう。 恥ずかしい思いを早いうちに経験しておけば、後が楽になります。 学生時代の討論会は、積極的に出席する。

17
★0

日頃のこまめなメモの習慣が、いざというときに役立つ。

自己PRや志望動機を書こうとしたとき、その場でぱっと適切な言葉が浮かぶとは限りません。 いえ、浮かばないときのほうが多いでしょう。 できるだけ印象的に表現したい気持ちはあっても、適した言葉が浮かばず、苦労するものです。 時間だけが過ぎていき、まだ何も書いていないのに、疲れだけはたまっていくのです。 そうしたときにおすすめなのが、メモの習慣です。 就職活動中に、ぴんとくる言葉に出会うことがあります。 友達との会話かもしれません。 ポスターに貼ってあるキャッチフレーズかもしれません。 「自己PRや志望動機に使えそうだ」と感じた言葉に出会えば、すぐメモを取りましょう。 自分をうまく表現できる言葉や、共感できる言葉など、ぴんとした言葉はメモしておきます。 そのときに役立たなくても、後になって役立ちます。 そのメモを、自己PRや志望動機を作成する際に見直せば、うまく生かす材料になり、スムーズに書きやすくなるでしょう。 日頃のこまめなメモの習慣が、いざというときに役立つのです。 就職活動中にぴんと言葉に出会ったときは、こまめにメモして、自己PRや志望動機の作成に生かす。

18
★1

エントリーする企業は、多ければ多いほどいいのか。

誰もが就職活動で一度は考える疑問でしょう。 普通に考えれば、エントリーする企業が多ければ多いほど有利である気がしますが、実際はどうでしょうか。 それを考える前に整理しておきたいのは、まずエントリーの種類です。 「エントリー」と一言で言っても、大きく分ければ、2種類あります。 「プレエントリー」と「本エントリー」です。 それぞれ対応が異なるため、分けて考えるのが妥当です。 まずプレエントリーについては、多くても問題ないでしょう。 プレエントリーは、正式なエントリーではありません。 「御社に興味があるので、詳しい採用情報があれば教えてほしい」という意図を伝える手段と考えればいいでしょう。 プレエントリーの後に興味がなくなれば、本エントリーをしなくても大丈夫です。 ただし、本エントリーになると、少し話は変わります。 本エントリーをすれば、基本的にエントリーシートの提出が必要です。 エントリーシートの作成は時間がかかるため、本エントリーの数に比例して、多くの時間が必要です。 本エントリーをしすぎると、エントリーシートの作成に多くの時間が奪われます。 その結果、肝心の面接対策が不十分になることがあるのです。 就職活動で大切なのは、あくまでマッチングです。 いくらエントリーした企業が多くても、どれも自分と合っていなければ、不採用ばかりになるでしょう。 一方、エントリーした企業は少なくても、きちんとマッチングができれば、スムーズに採用されます。 気にするなら「エントリーの数」ではなく「マッチング」です。 自分に合った企業を選び、適切な企業に応募することが大切です。 「できるだけたくさん応募したほうがいい」という周りの声に振り回されると、自分のペースを乱します。 周りの言葉やうわさに惑わされるのではなく、自分らしい就職活動を、自分のペースで進めるようにしましょう。 就職活動は、本エントリーの数ではなく、マッチングを意識しよう。

19
★0

必要ないと思っても、テレホンカード1枚くらいは持ちたい。

就職活動では、あれば役立つ予備の持ち物がいくつかあります。 シャープペンシルの換えの芯、予備の消しゴム、携帯電話の予備のバッテリー。 下痢止めの薬。 スーツのごみを取るためのブラシ。 女性なら、予備のストッキングですね。 なくてもいいのですが、万が一に備え、持っておくと安心です。 そんな万が一に備えた持ち物の1つが、テレホンカードです。 「テレホンカードなんて必要ない」という意見が大半でしょう。 たしかに携帯電話があれば、いつでもどこでも電話ができます。 しかし、携帯電話には「電波のないところでは電話ができない」というデメリットがあります。 公衆電話も、大きな硬貨やお札は使えないデメリットもあります。 お金はあっても、使えないのでは無意味です。 公衆電話に使える硬貨が数枚しかなければ、その時間分しか話すことができません。 悪条件が偶然重なる可能性もあるため、万が一に備え、テレホンカードがあると便利です。 予備が荷物になるなら、持参をためらうところですが、テレホンカードなら、まったく荷物になりません。 余裕があれば、持っておくと便利です。 必要ないと思っても、万が一に備え、テレホンカードを1枚は持っておく。

20
★3

学歴が乏しければ、別の点で補えばいい。

「結局、学歴の高い人にはかなわない」 「自分には学歴がないから、就職活動は不利になるだろう」 そう簡単に諦めていませんか。 学歴がないのは仕方ありませんが、それで就職活動が決まるわけではありません。 学歴だけで評価したければ、わざわざ面接をする必要はありません。 就職活動は、総合評価で決まります。 学歴以外も確認したいため、わざわざ面接をして、学歴以外の点も確認します。 学歴は、評価の1つにすぎません。 就職活動における評価は、まだまだほかにもたくさんあります。 学歴が乏しければ、別の点で補えばいいのです。 たとえば、身だしなみです。 清潔感のある身だしなみを徹底して、非の打ちどころがないくらいに仕上げましょう。 また、礼儀作法も重要です。 礼儀作法は、できて当たり前ですが、普通以上に丁寧な所作を心がけます。 入室や退室のマナーを、完璧にする。 お礼のメールは、その日のうちに必ず出す。 「そこまでするか」と思われるような礼儀作法を心がければ、学歴が低くても、高い評価が得られるでしょう。 言葉遣いを、徹底するのもよい方法です。 正しい言葉遣いはできて当然ですが、その上で、付加価値のある言葉遣いを意識します。 たとえば、相手に喜ばれたり感動させたりする一言を加えれば、他の人と差を付けることができるでしょう。 エントリーシートや履歴書の書き方を工夫するのもいいでしょう。 強い熱意や意欲の表現の仕方を工夫するのもいいでしょう。 学歴を補えることは、たくさんありますね。 学歴がないから簡単に諦めるのではなく、別の点で補うと考えることが大切です。 学歴がない人にも、まだまだチャンスはあります。 コンプレックスをバネにして、飛躍しましょう。 徹底的に補えば、学歴がある人以上に、有利になることもあるのです。 「学歴が乏しければ、別の点で補う」という考え方を持つ。

21
★4

夢とは、いわば、方向。
本当の生きがいを感じる道。

あなたには、夢がありますか。 夢とは、いわば方向です。 「夢があります」という状態は「この方向に進みたい」ということです。 最初は、抽象的でもかまいません。 人生で歩むべき方向が分かれば「ひとまずこちらに進もう」と分かり、歩み始められます。 しかし、夢がなければどうなるでしょうか。 それでも人生は前に進まなければいけないわけですが、たいていこういうときの道のパターンは、3つです。 肩書・安定・お金のどれかなのです。 「できるだけ有名に進む」 「できるだけ安定したところに進む」 「できるだけたくさん稼げるところに進む」 もちろん一時的にはいいのかもしれませんが、しばらくすると、自分の生き方に疑問を抱き始めるでしょう。 ふとした拍子に「本当にこの道でいいのか」と、不安になる場面があるはずです。 夢ではなく、あくまで一時的に設定した道であるため、心から生きがいを感じるのは難しいのです。 人生では、夢を持つことが大切です。 人から笑われてもかまわない。 人からどう思われてもかまわない。 「自分はこれがやりたい」という夢を、1つでいいから持ちましょう。 夢が1つあるだけで「こちらに進めばいい」という方向が分かります。 その方向に進めば、本当の生きがいを感じることができ、人生に充実感が生まれます。 時には困難もあるでしょうが、夢につながる道なら、根気と集中で乗り越えられるでしょう。 情熱を注げる何かを見つけ、それに自分の持てる力をすべて集中して注ぎ込めることは、素晴らしいことです。 自分らしい道とは、自分らしく生きられる道です。 夢を見つけ、自分らしく生きる道を見つけましょう。 夢を持って、本当の生きがいを感じる道を見つける。

22
★1

新聞を丹念に読むのが苦手な人は、ビジネス誌。

時事を知る基本的な手段といえば、新聞を丹念に読むこと。 新聞は、時事の主要な情報が満遍なく掲載されています。 時事は、筆記試験や面接で必要になるだけでなく、社会人になっても必要な基本知識です。 日頃からニュースを確認する習慣をつけ、時事の知識と見識を備えておけば、仕事にも生かされるでしょう。 毎日きちんと新聞を読んでいれば、社会の動向をしっかり把握することは、さほど難しくないはずです。 しかし、新聞を丹念に読むのは、なかなか大変です。 新聞で取り扱っている社会経済の記事には、小さなことから大きなことまで幅広く掲載されています。 情報が多すぎると、かえってどれを読んでいいのか分からなくなる人も多いはず。 そんなときに有効活用したいのが、ビジネス誌です。 ビジネス誌の特徴は、内容がまとめられている点です。 細かいニュースは省かれ、世間を揺るがす主要なニュースに絞って掲載されています。 分かりやすい絵やグラフも豊富に使われているため、直感的に理解しやすい点も特徴です。 新聞を何度読んでも理解できなかったことが、ビジネス誌なら、あっさり理解できることが少なくありません。 新聞を読むのが苦手な人は、ビジネス誌なら、読みやすいのではないでしょうか。 ビジネス誌を活用すれば、社会における旬の情報を、効率よく収集できます。 情報収集は、自分に合った媒体を選んで、就職活動の効率を上げましょう。 新聞を丹念に読むのが苦手な人は、ビジネス誌を検討する。

23
★0

昨日なかった求人が、今日はあるかもしれない。

就職活動を続ける希望を抱き続けることが大切です。 継続は力になります。 真っ暗が永遠に続くことはありません。 うまくいかなくても、続けていれば、いつか希望の光が見えてきます。 就職活動で職業安定所に毎日通うのも、意味があります。 昨日まで探して条件に合った求人がないと分かれば、今日探しても無駄と思うところでしょう。 しかし、そうとも言い切れません。 職業安定所の求人情報は、日々、入れ替わっています。 昨日まであった求人が突然なくなることもあれば、新しく求人が増えることもあります。 特に就職活動が盛んな時期になれば、日に日に求人が増えたり減ったりするもの。 昨日探してなかったとしても、今日探せば、ある可能性は十分考えられます。 「どうせ、ないに決まっている」 そう決め付けると、何も行動できなくなります。 「どうせ」と考えるのは、モチベーションを下げる悪い考え方です。 「昨日なかった求人が、今日はあるかもしれない」 そう考えながら、諦めずに就職活動を続けることが大切です。 「昨日なかった求人が、今日はあるかもしれない」と考える。

24
★2

面接中に出された飲み物は、飲んでもいいのか。

面接中、社員から飲み物を出されることがあります。 お茶・紅茶・コーヒーなどです。 面接を喫茶店で行う場合も、やはり最初に飲み物を注文するのが一般的です。 面接中に出された飲み物は、飲んでもいいのでしょうか。 もちろん飲んでかまいません。 飲んでもらうために、わざわざ差し出されています。 まったく飲まないのも不自然ですから、少し口をつけたほうがいいでしょう。 飲み物を飲めば、緊張が和らぎ、面接も対応しやすくなるはずです。 ただし、タイミングや飲み方には配慮が必要です。 まず差し出された瞬間に一気飲みをするのは、控えたほうがいいでしょう。 喉が渇いているとはいえ、豪快な飲み方は面接官を驚かせます。 飲むなら、質問の区切りのよいタイミングがおすすめです。 また、ずるずる音を立てて飲むのも好ましくありません。 不快な音を立てて飲むと、育ちが悪いと誤解される場合があります。 ひどく喉が渇いていないかぎり、お代わりも控えたほうがいいでしょう。 飲み物の飲み方も、評価対象です。 あくまで面接に来ているのですから、飲み物はサブとして考えるのが妥当です。 飲み物をいただけば、面接の最後にお礼も忘れずに言いましょう。 「飲み物、ありがとうございました。おいしかったです」という一言があれば、面接官も笑顔を浮かべるでしょう。 面接中の飲み物は、飲み方やタイミングに注意する。

25
★0

1日3社の面接は最終手段。
1日2社までが現実的。

面接は、1日1社が理想です。 準備もありますし、面接時間が長引くことも考えられます。 終わった後は、お礼を伝えるための時間も必要です。 時間に余裕を持つなら、理想は1日1社です。 ただし都合のため、1日に数社の面接の予定を入れなければいけない状況もあるでしょう。 仕方ない場合もあるでしょうが、それでも1日2社で抑えておくのが現実的です。 1日3社になると、移動時間にもよりますが、おそらく10時・14時・18時くらいになるのではないでしょうか。 1日3社は効率がよいように思えますが、実際はそうとも言い切れません。 面接を受けている間、次の面接が気になり、気持ちが落ち着かないでしょう。 会社の情報も、頭の整理が難しくなり、こんがらがる状況になる可能性もあります。 余裕がなければ、本来の自分を発揮できません。 準備はできても、余裕がなければ意味がない。 しっかり準備した自己PRも志望動機も、余裕が不足していれば、表現が不十分になる可能性があります。 本来なら通過できるはずの面接でも、スケジュールの組み方が悪ければ、通過できなくなるのです。 人生を大きく左右するような重要なイベントに、無理な状況があるのはおすすめしません。 したがって、1日に複数の面接を受けるのもいいですが、2社までと考えたほうがいいでしょう。 1日3社が不可能とは言いませんが、最終手段と考えることです。 実際は、1日2社までが現実的です。 面接を受けるのは、1日2社までが現実的と考える。

26
★0

面接を何社も受けているうちに、気持ちが冷めてきたとき。

慣れは怖い。 慣れは、よい効果をもたらす一方、時には悪い効果ももたらします。 面接を何社も受けているうちに、だんだん気持ちが冷めてくることはありませんか。 1社目は、企業研究も面接も入念だったにもかかわらず、何社も受けているうちに慣れてくる。 慣れが効率を上げてくれればいいのですが、時には、悪い方向に転じることがあります。 意気込みを失い、謙虚さを忘れる。 上手な手抜きならいいのですが、悪い手抜きを覚えてしまう。 気持ちが冷めてきて、だんだん流れ作業のようになる場合があります。 もし「気持ちが冷めてきた」という自覚が出てくれば、一度、気分転換を挟むといいでしょう。 休憩を入れて、何も考えない時間を作るのもよし。 しばらく趣味を楽しんで、リフレッシュするのもよし。 一度、気持ちをリセットさせるイベントを挟めば、再び就職活動の原点に戻ることができるでしょう。 初心を忘れることなく、新鮮な気持ちを持ち続けましょう。 1社1社、全力投球で挑むことが大切です。 気持ちが冷めてきたときは、気分転換を挟む。

27
★0

注目すべきは、落ちた数より通過した数。

就職活動で注目したいのは、落ちた数ではありません。 通過した数です。 落ちた数を注目すると、だんだん気持ちが落ち込んでくるでしょう。 たとえば、応募書類を、10社に送ったとします。 書類選考があり、審査の結果、7社に落ちて3社に通過したとします。 「情けない。7社も落ちてしまった」と考えるのではありません。 「よかった。3社も通った」と考えるのです。 落ちてしまったのは仕方ありません。 もちろん反省する必要はありますが、反省点さえ見つかれば、むやみに振り返るのはやめましょう。 終わったことは、用事が済めば、さっと忘れることです。 注目すべきは、落ちた数より通過した数です。 通過した数に注目すれば「うまくいった」という達成感が得られます。 落ち込みを最小限に抑え、喜びを最大にすることができる工夫です。 通った数に注目すれば、気持ちの落ち込みを最小限に抑えることができるでしょう。 落ちた数より、通過した数に注目する。

28
★0

内定を辞退する際、理由は正直に言ったほうがいいのか。

複数の企業から内定をもらえば、どこかの企業は辞退しなければいけません。 内定を辞退するときに悩むのが、理由です。 曖昧に伝えるべきか、正直に伝えるべきか。 まず結論から言えば「どちらでもいい」と言えます。 いずれも辞退することに変わりないのですから、深く悩むことではないでしょう。 ただし、それぞれに注意点があります。 ・穏便な嘘でごまかしたい場合 穏便な嘘でごまかしたい場合は、自己責任の上で伝えるのも、1つの判断です。 嘘はよくありませんが、物事をうまく運ぶために、時には必要になる場面もあります。 ただし、嘘をつくなら、曖昧な理由は避けたほうがいいでしょう。 「いろいろあり、辞退をさせてください」などの曖昧な理由では、企業も納得できません。 応募者の誠意のない態度では、企業をもっと不快にさせるでしょう。 嘘をつくなら、嘘だと分かりにくい内容で伝えることです。 「家業を継ぐことになりました」 「就職せず、海外に留学することになりました」 「事故のため、長期で入院することになりました」 それらしい理由をつけて辞退するのも、社会人に必要なスキルです。 ・正直に伝える場合 正直に伝えるのは勇気が必要になる行為ですが、人によってはふさわしい場合もあるでしょう。 内定辞退者からの正直な理由は、企業には貴重なフィードバックになるはずです。 内定辞退者からの理由によって、何らかの改善につながることもあります。 失礼になることを覚悟の上、正直に伝えましょう。 ただし、伝え方には注意が必要です。 正直とはいえ、過激な表現や感情的な言い方などは避けましょう。 深く謝りつつも、丁寧な言葉と柔らかい表現を使って、正直に伝えることが大切です。 辞退の理由を正直に伝えるべきかは、自分の都合と状況によって判断する。

29
★0

嬉しそうな声で、内定を辞退しない。

内定を辞退するときにありがちな失態があります。 声のトーンです。 内定を辞退する状況ですから、より上位の志望企業から内定をもらったのでしょう。 内定を辞退するときは、申し訳ない気持ちがある反面、嬉しい気持ちもある状況が多いはずです。 その嬉しい気持ちが声に出てしまい、電話で内定を辞退する連絡の際、明るい声のトーンになる場合があります。 「大変心苦しいのですが、内定の辞退をお願いしたいのです」と言いながら、声は明るいのです。 これは、採用担当者に失礼です。 採用担当者は選考に、多くの手間暇を費やしています。 応募者に期待しているから内定を出したのであって、内定の辞退は、期待を裏切られるような気持ちになるでしょう。 もちろん本人に悪気はないのでしょうが、無意識に声が明るくなりやすいため、配慮が必要です。 「辞退するときは、相手のことなんて無関心」と考えるのは、社会人らしい態度とは言えません。 電話で内定を辞退する連絡の際は「申し訳ない」「心苦しい」などの気持ちを声に込めましょう。 内定の辞退する連絡の際は、心苦しい気持ちを、声に出す。

30
★2

内定前も内定後も入社後も、常に必要なのは、自分磨き。

内定前に心がけるのは、自分磨きです。 技能を磨いたり資格を取得したりなど、少しでも自分を高めておけば、就職活動が有利になります。 しかし、内定をもらえば、自分磨きも終了というわけではありません。 内定をもらって入社が決まった後も、覚えなければいけないことは山積みです。 入社後に必要な知識を前もって勉強しておけば、入社後の仕事をスムーズに対応できるでしょう。 さて、この流れはまだまだ続きます。 入社後も、やはり自分磨きが必要です。 少しでも業務効率を向上させるために、業務に必要な資格や勉強などを心がける必要があるはずです。 これは、20代だけでなく、30代でも40代でも同じです。 結局のところ、自分磨きに、終わりはありません。 いつまでも心がけるものです。 もし自分磨きをやめれば、そこで向上が止まります。 企業からは邪魔者扱いをされ、窓際に追いやられ、早期の自主退職を暗に促されるでしょう。 知識の向上でもいい。 人脈を広げるのでもいい。 新しい技術の取得でもいい。 技術の向上、知識の向上、肉体の向上、精神の向上、人間性の向上。 どの分野でもかまいませんから、とにかく何か向上を意識することです。 定年退職をした後も、自分磨きが必要です。 向上があるかぎり、人として腐ることはありません。 肉体は衰えても、心は若々しさを保てるため、いつまでも輝いていられます。 体は衰えているかもしれませんが、心だけはいつまでも向上し続けることができます。 常に自分磨きを心がけ、向上に取り組みましょう。 自分磨きは、いつまでも継続する。

同じカテゴリーの作品