就職活動

答えるのが難しい
30の面接の定番質問

  • 嫌いな人について質問されたときの答え方。
答えるのが難しい30の面接の定番質問

もくじ
  1. 嫌いな人について質問されたときの答え方。

    「どんな人が嫌いですか」
    嫌いな人を前提に質問されると、悪い発言しかできないように思え、返答に困るところです。
    この質問の意図は、嫌いな人を知ることで、企業で働く社会人としての適応性の確認です。

  2. 面接の自己採点について質問されたときの答え方。

    「今日のあなたの面接を、自分で採点すると、何点ですか」
    自己採点する流れになるとは、思いも寄らない展開でしょう。
    質問されるとすれば、面接の終盤になるはずです。

  3. 「あなたが面接官なら、どの応募者を採用しますか」と聞かれたときの答え方。

    圧迫面接は、個人面接のときだけ行われるとは限りません。
    時には集団面接でも、意地悪な質問や威圧的な発言などをぶつけられることがあります。
    集団面接で圧迫面接が行われる場合、代表的な質問は、ほかの応募者との比較です。

  4. 方言について指摘されたときの答え方。

    「方言がひどいですね」
    「話し方に癖がありますね」
    そう言われると、悪いことであるかのように思えるでしょう。

  5. 浪人や留年の原因について質問されたときの答え方。

    「浪人をしてしまった原因は、何ですか」
    「留年をしているようですが、何が原因ですか」
    浪人や留年の経験がある人は、聞かれやすい質問です。

  6. 正社員ではなく、アルバイトとして働いてほしいと言われたときの答え方。

    「正社員ではなく、アルバイトとして働いてほしいと言われたら、どうしますか」
    正社員を募集しているはずが、面接で「アルバイトはできないか」と打診される場合もあります。
    「話が違うのではないか」と言いたくなりますが、とげのある発言には要注意。

  7. 付き合っている人について質問されたときの答え方。

    「現在、付き合っている人はいますか」
    「今まで、何人くらいの人と付き合ってきましたか」
    明らかにセクハラにつながる質問です。

  8. 今まで内定が取れなかった理由について質問されたときの答え方。

    「なぜ、今まで内定が取れなかったのですか」
    答えにくい質問に、誰もが言葉を詰まらせるはずです。
    「それはこちらが聞きたい」と思うのが、正直なところではないでしょうか。

  9. 学生と社会人の違いについて質問されたときの答え方。

    「社会人にどんなイメージを持っていますか」
    「学生と社会人の違いについて、あなたの考えを聞かせてください」
    この質問の意図は、応募者が描く、社会人のイメージの確認です。

  10. 隣の人の発言について意見を求められたときの答え方。

    「今、隣の人の発言について、あなたはどう思いますか」
    集団面接では、突然、隣の人の発言について意見を求められることがあります。
    ぼうっとして話を聞き逃していると、きちんと答えられません。

  11. ライバルについて質問されたときの答え方。

    「あなたにはライバルがいますか」
    「あなたのライバルは、どんな人ですか」
    この質問の意図は、応募者に競争相手がいるかどうかの確認です。

  12. 不採用になった後の進路について質問されたときの答え方。

    「当社が不採用になれば、どうしますか」
    こう質問をされると「面接官は、自分を不採用にしようとしているのではないか」と不安になるかもしれません。
     

  13. すべて不採用だった場合について質問されたときの答え方。

    「すべての面接が不採用になれば、どうしますか」
    ストレス耐性を確認する質問です。
    応募者がどん底の状況で、どう考え、どう行動するかを想像します。

  14. 進路変更について質問されたときの答え方。

    「教職を取っていながら、本当に当社に入社する気があるのですか」
    「専攻科目は演劇ですが、なぜ一般企業への入社を希望しているのですか」
    専攻科目とは異なる企業で面接を受けるとき、よくある質問です。

  15. 腹が立ったことについて聞かれたときの答え方。

    「最近、腹が立ったことは何ですか」
    「最近、いらいらした出来事を教えてください」
    この質問の狙いは、応募者の感情の気質を探ること。

  16. 突然、商品の売り込みを依頼されたときの答え方。

    面接では、時に依頼されることがあります。
     
    たとえば「この部屋にあるものを、私に売り込んでください」という依頼です。

  17. 採用するメリットについて質問されたときの答え方。

    「当社にとって、あなたを採用するメリットは何ですか」
    この質問には、2つの意図があります。
    (1)採用するメリットの確認

  18. 逆面接の対応を迫られたときの答え方。

    応募者と面接官の立場を逆にして行われる、珍しい面接形式があります。
    逆面接です。
    「面接官の私を、あなたが面接してください」と言われ、面接官役を演じるよう依頼されるのです。

  19. 学業で一番苦労したことについて質問されたときの答え方。

    「学業で一番苦労したことは何ですか」
    学業における困難を感じるポイントの確認です。
    やはり社会に出て仕事をするときにも、勉強しなければいけない場面があります。

  20. 内定が出た後の就職活動について質問されたときの答え方。

    「当社から内定をもらったら、どうしますか」
    「当社から内定が出ても、就職活動は続けますか」
    本音は、続けるつもりであっても、答え方には注意しましょう。

  21. 商品の感想や意見について質問されたときの答え方。

    「当社の商品を1つ挙げ、感想や意見などを聞かせてください」
    しっかり企業研究をしているかどうかを確認する質問の1つです。
    自由に挙げてよいなら、メジャー・マイナーの商品にかかわらず、やはり詳しく説明できる商品を挙げるのが得策です。

  22. 最後にアピールを質問されたときの答え方。

    「最後に何か、アピールしたいことはありますか」
    面接の最後に聞かれる質問の1つです。
    まさしく、最後のプレゼンと言っていいでしょう。

  23. 誰にも負けない強みがないときの答え方。

    「誰にも負けない強みは、何ですか」
    そう聞かれたとき、どう答えますか。
    もちろん実際にあれば、素直に答えればいいのです。

  24. 親や家族について質問されたときの答え方。

    「あなたの両親は、どんな方ですか」
    「どんな家庭環境でしたか」
    人が最も大きな影響を受ける存在といえば、やはり両親でしょう。

  25. 残りの学生生活の過ごし方について質問されたときの答え方。

    「残りの学生生活は、どんな過ごし方をしますか」
    面接官の単なる興味関心で聞いている質問かと思いますが、違います。
    裏には重要な意味が込められた質問です。

  26. 就職活動で心がけていることについて質問されたときの答え方。

    「あなたが就職活動をする上で、心がけていることを教えてください」
    就職活動で心がけていることを知れば、応募者の行動基準や取り組み方が分かります。
    応募者がどんなことに価値を置いているのかを知ることで、応募者の内面も見えてきます。

  27. 年配者との交流について質問されたときの答え方。

    「普段、年配者と接することはありますか」
    「年配者と接する頻度を教えてください」
    一般的に、年配者と接する機会が多い若者は、礼儀作法や言葉遣いが整っている傾向があります。

  28. 英語力について質問されたときの答え方。

    「英語は、どの程度できますか」
    「英語は話せますか」
    「英語で自己紹介をしてください」

  29. 没頭した経験について質問されたときの答え方。

    「これまで何かに没頭したことはありますか」
    「今まで夢中になったことはありますか」
    この質問の意図は、応募者の好みの傾向と集中力です。

  30. 自分の人生の採点について質問されたときの答え方。

    「自分の人生を採点するなら、何点ですか」
    面接の多種多様な質問の中でも、特に答えにくい質問です。
    誰でもこんな質問をされれば、まず言葉に詰まるでしょう。

同じカテゴリーの作品