就職活動

自分に関する
30の面接の定番質問

  • 自己紹介について質問されたときの答え方。
自分に関する30の面接の定番質問

もくじ
  1. 自己紹介について質問されたときの答え方。

    「自己紹介をしてください」
    「自分について、簡単に説明してください」
    面接の序盤に聞かれる、最も基本的な質問です。

  2. 自己PRについて質問されたときの答え方。

    面接で最も必要になる主張の1つ。
    それが、自己PRです。
    面接室に入って着席すれば、まず自己PRから始まるのが定番です。

  3. 志望動機について聞かれたときの答え方。

    面接における3大質問の1つ。
    それが、志望動機です。
    志望動機のポイントを細かく挙げると、1冊の本ができるほど数多くあります。

  4. 名前の由来について質問されたときの答え方。

    「変わった名前ですね。名前の由来を教えてください」
    名前が変わっていれば、普通の興味関心として、その由来が気になるところ。
    応募者の名前がユニークである場合、面接でも聞かれやすい傾向があります。

  5. 強み・長所・得意について質問されたときの答え方。

    「誰にも負けない強みは何ですか」
    「自信のある長所を教えてください」
    「あなたが得意なことは何ですか」

  6. 弱み・短所・不得意について質問されたときの答え方。

    「一番の弱点を教えてください」
    「あなたの短所を教えてください」
    「苦手なことは何ですか」

  7. 成功体験について質問されたときの答え方。

    「今までで一番の成功体験を教えてください」
    この質問の意図は、夢や目標に向かって努力を継続できる人物であるかの確認です。
    成功体験という名にふさわしい出来事を、しっかり答えましょう。

  8. 失敗経験・挫折体験について質問されたときの答え方。

    「これまで最も失敗した経験は何ですか」
    「とてもつらかった挫折体験を教えてください」
    「人生で一番苦労したことは何ですか」

  9. 学生時代に頑張ったことについて質問されたときの答え方。

    「学生時代に頑張ったことは、何ですか」
    「学生時代に力を入れていたことは、何ですか」
    採用担当者から、よく聞かれる質問の1つです。

  10. 性格について質問されたときの答え方。

    「性格は明るいほうですか、暗いほうですか」
    「プラス思考ですか、ネガティブ思考ですか」
    応募者についてよく知っているのは、応募者です。

  11. 友達から言われる性格について質問されたときの答え方。

    「友達から、どんな性格だと言われますか」
    意表を突く質問をされると、うっかり本音を言いそうになります。
    他人から言われる言葉には、説得力があります。

  12. 病気について質問されたときの答え方。

    面接では、病気について質問されることがあります。
    「持病はあるか」「過去に大きな病気をしたことはあるか」などです。
    面接では一般的に、自分の弱みをうまく繕うことが大切です。

  13. 資格について質問されたときの答え方。

    「何か資格は持っていますか」
    履歴書に書かれているから質問されないとは限りません。
    より具体的な内容を聞くために、面接では資格について聞かれるのが定番です。

  14. 体力への自信について質問されたときの答え方。

    「体力に自信はありますか」
    体は仕事の土台です。
    健全な体があってこそ、仕事をしっかり行えます。

  15. 幼い頃の自分について質問されたときの答え方。

    「幼い頃、あなたはどんな子供でしたか」
    「幼稚園や小学生の頃の特徴を教えてください」
    たわいもない雑談に思えますが、要注意です。

  16. 飲酒の習慣について質問されたときの答え方。

    「お酒は飲めますか」
    「お酒は週にどのくらい飲みますか」
    「お酒に酔うと、どうなるタイプですか」

  17. 趣味について質問されたときの答え方。

    「趣味は何ですか」
    答えやすい質問をして、応募者をリラックスさせようとする質問です。
    難しく考えず、シンプルに答えていいでしょう。

  18. 学業について質問されたときの答え方。

    「好きな科目は、何ですか」
    「大学ではどんなことを学びましたか」
    「専攻科目について詳しく説明してください」

  19. 学業以外で頑張ったことについて質問されたときの答え方。

    「学業以外で頑張ったことは何ですか」
    こんな質問をされると「学業の話は参考にならなかったのではないか」と心配するかもしれませんが、もちろん誤解です。
    実際は、勉強以外の強みを知るための確認です。

  20. 成績について質問されたときの答え方。

    「現在の成績の状況を、正直に教えてください」
    成績証明書を見れば分かると思いますが、現実では、成績証明書を提出する前に面接を受ける場合もあります。
     

  21. ゼミについて質問されたときの答え方。

    「ゼミは何ですか」
    「どんなゼミを受講していますか」
    学業の1つとして、ゼミを受講している人も多いでしょう。

  22. 卒業論文のテーマについて質問されたときの答え方。

    卒業論文とは何か。
    卒業論文とは、大学を卒業するにあたり、学生が特に研究した問題について提出する論文です。
    卒業論文は、まさしく学生生活の最後の難関。

  23. 休日の過ごし方について質問されたときの答え方。

    「休日は、どう過ごされていますか」
    休日の過ごし方も、面接でよく聞かれる質問です。
    休日は、何をしても自由。

  24. 家業について質問されたときの答え方。

    実家が自営業の場合、面接官から家業に関する質問をされることがあります。
    「家業は、継がなくていいのですか」
    実家で家業を営んでいる場合、面接官は、将来辞めるのではないかという不安があります。

  25. 友達関係について質問されたときの答え方。

    「友達は何人くらいいますか」
    「一番仲のいい友達は、どんな人ですか」
    それを聞いて意味があるのかと思いますが、もちろん意味があります。

  26. サークルやゼミでの自分の役割について質問されたときの答え方。

    「サークルでの、あなたの役割を教えてください」
    「ゼミにおける、あなたのポジションを教えてください」
    この質問の意図は、応募者が集団の中で、どういう立場と役割を担っているかの確認です。

  27. ストレス解消法について質問されたときの答え方。

    「あなたのストレス解消法を教えてください」
    「ストレスは、どのように乗り越えていますか」
    応募者がストレス発散法を身につけているかは、面接官の重要な関心事。

  28. 普段の生活リズムについて質問されたときの答え方。

    「普段の生活リズムを教えてください」
    「1日の時間の使い方を教えてください」
    「普段の起床時間と就寝時間は、何時ごろですか」

  29. コミュニケーションの能力について質問されたときの答え方。

    「コミュニケーション能力は高いほうですか」
    コミュニケーション能力は、面接での応対を通して判断されるのが一般的ですが、直接聞かれることも珍しくありません。
    面接のわずかな時間で、応募者のすべてのコミュニケーション能力を把握するのは、ベテランの面接官でも困難。

  30. 10年後の自分について質問されたときの答え方。

    「10年後、どんな仕事をしていますか」
    「10年後の自分は、どうなっていると思いますか」
    「10年」とは、長期で物事を考えるときに使われる、代表的な区切りの1つです。

同じカテゴリーの作品