就職活動

就職活動の失敗を防ぐ
30の対策

  • 有能な人材とは。
就職活動の失敗を防ぐ30の対策

もくじ
  1. 有能な人材とは。

    人材を募集する企業から「有能な人材」という言葉がよく聞かれます。
    「有能な人材がほしい」
    「有能な人材を募集中」

  2. 自己分析は、遠回りに思えて、実は近道。

    「自己分析なんて不要だ」
    「自己分析なんてせず、さっさと就職活動を始めればいい」
    自己分析には、手間暇がかかり、面倒と感じる人も多いはず。

  3. 企業名で選ぶか。
    職種名で選ぶか。

    就職活動をするとき、必ず考えておきたいことがあります。
    「企業名で選ぶか。職種名で選ぶか」です。
    どちらでもよい気がしますが、生き方や充実感に大きな違いがあるため、整理しておきたい部分です。

  4. 就職情報サイトの誘惑に振り回されない。

    就職情報サイトではときおり、誘惑の表現を見かけることがあります。
    「○○社、最終受付!」
    「募集枠、残りわずか!」

  5. 親を頼るのは大切。
     ただし、何もかも頼るのはよくない。

    就職活動では「親に○○してもらった」という発言を聞くことがあります。
    「企業説明会の予約を、親にしてもらった」
    「面接会場まで、親に車で送ってもらった」

  6. コネに頼りすぎる就職活動は、難航する。

    コネがあれば、就職活動が有利になるのは事実です。
    コネは違法でもなければ、犯罪でもありません。
    世間では、コネへの批判やねたみがあるのは事実ですが、合法です。

  7. 時事問題の対策として、必要なことは何か。

    時事問題の対策といえば、やはり日頃からニュースを読むことです。
    ニュースを確認する媒体は、何でもかまいません。
    新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネットなど、自分に合った媒体からニュースを読む習慣を持ちます。

  8. 見学の態度も、選考に影響することがある。

    就職活動のイベントの1つに、企業見学や工場見学があります。
    実際に職場の中に入り、職場の雰囲気や働く様子などを見させてもらいます。
    社員の人に、各部署・各部門の案内をしてもらいながら、詳しい話が聞けます。

  9. 就職活動は、運よく進めるものではない。
    自分の努力で進めるもの。

    就職活動を、運に頼っていませんか。
    運よく、優良企業を見つけた。
    運よく、貴重な情報を聞くことができた。

  10. こだわる理由が見当たらなければ、こだわらない理由を考えてみる。

    企業説明会には、行かない。
    OB・OG訪問は、しない。
    面接の練習は、しない。

  11. 総合職と一般職で迷う場合、どうすればいいのか。

    総合職と一般職では、仕事の仕方に大きな違いがあります。
    キャリアアップを目指すなら、総合職です。
    転居を伴う人事異動がありますが、昇進や昇級には際限がありません。

  12. 自信を持っても、謙虚は忘れないこと。

    面接では、自信を持って話すことが大切です。
    「できるかもしれません」ではなく「できます」と言い切ります。
    「とりあえずやってみます」ではなく「任せてください」と言います。

  13. 男性でも、一般職に就くことはできるのか。

    もちろん男性でも、一般職に就けます。
    また一般職に男性が応募することも、おかしなことではありません。
    世間では「一般職には女性が多い」というイメージがあるようですが、あくまで一般的な話です。

  14. 外資系企業は、堅い企業しかないのか。

    「外資系企業」と聞いて、何をイメージしますか。
    「成果主義」
    「給与が高い」

  15. 応募企業に曖昧な点があれば、手間でもきちんと確認。

    求人情報を確認しているとき、曖昧な点を見かけることはありませんか。
     
    たとえば「勤務地は状況によって異なります」という説明があるとします。

  16. 興味を持った企業が社員を募集していない場合、諦めるしかないのか。

    興味を持った企業が、公募しているとは限りません。
    企業の事情のため、社員を募集していない場合もあります。
    最初から社員を募集していなければ、就職の余地はないと思うのが普通です。

  17. 募集条件を満たしていない場合、諦めるしかないのか。

    企業によっては、募集に条件を設けているところがあります。
    「35歳以下」「4大卒以上」などです。
    募集条件に合わなければ「応募できない」と考えるのが、普通です。

  18. 複数の土地で就職活動する場合は、中途半端に注意。

    複数の離れた土地で就職活動をすることがあります。
     
    たとえば、Uターン就職やJターン就職などです。

  19. Uターン就職を考える学生が狙いたいイベントとは。

    「大学を卒業後は、地元に戻り、地元の企業に勤めたい」
    いわゆる、Uターン就職です。
    大学生の中には、地元での就職を希望する人も多いのではないでしょうか。

  20. 教育実習と面接日程が重なった場合、どちらを優先すべきか。

    資格試験のため、日程変更をするならまだいいでしょう。
    資格の試験日は、変更が難しいため、企業は事情を理解してくれるはずです。
    応募者が試験に合格すれば、企業にとっても利益につながります。

  21. 大学の試験日と面接日程が重なったとき、どちらを優先すべきか。

    まれなケースですが、大学の試験日と面接日程が重なることがあります。
    本音を言えば、どちらも重要です。
    現在を考えるなら、大学の試験日でしょう。

  22. 選考が立て込む時期に体調を崩してしまうと、本当に痛い。

    選考が立て込む時期に、最も気をつけたいのは何か。
    体調管理です。
    普段から気をつけるのは当然ですが、選考が立て込む時期には、特に気をつけたい。

  23. 大切な面接がある日は、ほかに大きな予定を入れない。

    面接がある日は、勝負の1日です。
    面接がある日は、ほかに大きな予定を入れないようにしておきましょう。
    面接の前に予定を入れていると、その予定の影響で、面接に遅刻するかもしれません。

  24. 雪が多い日は、長靴を履いて就職活動をしてもいいのか。

    雪がよく降る地域に住んでいると、雪の事情が気になるところです。
    日によっては、雪の中を歩いて就職活動をすることになるでしょう。
    積雪量によっては、普通の靴では歩きにくく、長靴がふさわしい場合があります。

  25. 就職対策本は、面接に持参しない。

    面接に持参したい持ち物もあれば、逆に持参しないほうがいい持ち物もあります。
    持参しないほうがいいにもかかわらず、中でも特に持参しやすい持ち物があります。
    就職対策本です。

  26. 面接時間の長さは、どのくらいか。

    面接時間の長さは、企業によって異なるため、一概には言えません。
    面接の形式や人数によって、面接時間は大きく変わるでしょう。
    状況によっては、企業説明会や筆記試験も同時に行うこともあるため、意外に長引く場合もあり得ます。

  27. 傘袋も傘立てもないときのマナー。

    雨の日の面接には、傘が必要です。
    屋内に入るときは、傘をしっかり水切りして、たたんでから入ります。
    傘袋があれば、お借りしましょう。

  28. 自己PRと志望動機は、念のため、2種類準備しておくと安心。

    自己PRや志望動機では、まれに時間制限を設けられることがあります。
    よくあるパターンは、1分バージョンと3分バージョンです。
    「自己PRを、1分でしてください」

  29. 面接官を挑発するだけでは、選考を通過できない。

    「もし当社が不採用になれば、どうしますか」
    この質問の際、思いも寄らぬ、ユニークな回答をする学生がいます。
    「私をきちんと理解してくれれば、必ず内定をいただけるはずです!」

  30. 就職活動がきっかけで、友達関係が悪くなることがある。

    「就職活動をきっかけに、友達関係が悪くなった」
    実は、意外によくあるケースです。
    悪気はなくても、そうなりやすい状況があるため、気をつけたほうがいいでしょう。

同じカテゴリーの作品