就職活動

面接マナーで注意したい
30のポイント

  • 面接では、
    本音と建前を使い分けることも必要。
面接マナーで注意したい30のポイント

もくじ
  1. 面接では、本音と建前を使い分けることも必要。

    面接官からの質問には、何でも正直に答えるべきでしょうか。
    もちろん正直に答えるのは基本ですが、時には例外もあります。
    正直に答えると自分の評価を下げる可能性のある質問は、露骨に答えるのではなく、答え方を工夫しましょう。

  2. 面接では、胸ポケットにペンを入れない。

    面接を受ける際は、スーツの着用が基本です。
    このとき、胸ポケットにはペンを入れていませんか。
    胸ポケットにペンを入れていると、メモが必要になったとき、すぐ取り出せます。

  3. 面接官から名刺を渡されたとき、自分も名刺を渡すべきか。

    面接ではまれに、面接官が名刺を渡してくることがあります。
    初対面ですから、面接官も企業の一員として身分を明かすため、名刺を差し出すことがあります。
    名刺をもらえば、自分も名刺を渡さなければいけないのでしょうか。

  4. 面接の髪型が、履歴書の写真と違うのは、問題ないのか。

    履歴書に使う写真は「撮影から3カ月以内」が基本です。
    3カ月以内である理由は、本人の最新の様子を確認するためです。
    履歴書の写真は、本人のイメージを伝えるのが目的です。

  5. 面接室で、面接官が来るのを待つときのマナー。

    面接会場に到着すると、待合室に案内されるとは限りません。
    場合によっては、まず面接室に案内され、面接官が来るのをしばらく部屋で待つ状況があります。
    提出するものがあれば、待機中の時間を使って準備しておくといいでしょう。

  6. 面接官を出迎えるときの気持ちよいマナー。

    面接では、面接官が来るのをしばらく部屋で待つ状況があります。
     
    たとえば、面接官より先に面接室に案内されたときです。

  7. どの形式の面接が、最も重要なのか。

    面接には、さまざまな形式があります。
    個人面接だけではありません。
    集団面接・グループディスカッション・グループワークなど、さまざまな形式が存在します。

  8. 入室マナーと退室マナー。
    より大切なのは、どちらか。

    面接では、入室マナーと退室マナーがあります。
    入室も退室も、どちらも評価対象です。
    両方とも、大切であることに変わりありません。

  9. 「上着を脱いで楽にしてください」という一言は、社交辞令である場合が多い。

    面接が始まるやいなや、面接官から言われやすい一言があります。
    「上着を脱いで楽にしてください」という気遣いです。
    「面接官の許可があるなら、素直に上着を脱いでしまおう」

  10. 「自己PRをしてください」と言われるとは限らない。

    「自己PRをしてください」と言われるとは限りません。
    面接で「自己PRをしてください」と言えば、暗記口調で説明するのが定番です。
    一字一句までしっかり覚えてきた発言を棒読みで説明されるのでは、面接官もつまらない。

  11. 話の聞き方も、評価対象。

    面接では、話し方だけでなく、聞き方も評価対象です。
    無気力・無表情・無反応。
    微動だにしない聞き方は、いくら聞く姿勢とはいえ、よくありません。

  12. 珍しい経験を話す際によくある、ジレンマ。

    珍しい経験は、印象深いアピールになります。
    平凡な経験より珍しい経験のほうが、興味関心をかき立てられ、印象深くなるでしょう。
    普通の人ではできない経験があれば、自己PRの強力な武器になるはずです。

  13. 面接で、書類選考に通過した理由を聞いてもいいのか。

    書類選考を通過した後は、筆記試験か面接です。
    選考を通過すれば、その理由を知りたい人も多いのではないでしょうか。
    書類選考に通過した理由が分かれば、ほかの企業に応募する際にも「生かしたい」と思う人もいるはずです。

  14. 持病があれば、必ず企業に伝えなければいけないのか。

    持病とはいえ、幅があります。
    軽度から重度まで、持病の具合もさまざまです。
    まず、業務に影響しない程度の持病なら、特に話す必要はありません。

  15. 面接官が早口でも、自分は落ち着いて丁寧に話す。

    面接官にも、さまざまな人がいます。
    落ち着いて話してくれる面接官とは限りません。
    中には、早口で話す面接官もいるでしょう。

  16. 嬉しい言葉の返事は、準備できていますか。

    面接が順調に進むと、面接官から嬉しい言葉を言われることがあります。
    「君のような人材を待っていたよ」
    「素晴らしい。うちに来てほしい。一緒に頑張ろう」

  17. 口臭は、外見より悪影響を与える意外な要因。

    就職活動では、外見より悪影響を与える意外な要因があります。
    口臭です。
    人との会話中、相手の口元からひどい口臭が漂い、気分を害した経験もあるのではないでしょうか。

  18. アルバイトの面接で、正社員になれる可能性を聞いていいのか。

    アルバイトの面接で気になるのは、正社員になれる可能性です。
    面接で露骨な質問をすると、減点につながる可能性があります。
    正社員になる可能性は、質問してもいいのでしょうか。

  19. 面接中、メモ帳を見ながら話してもいいのか。

    面接中、メモ帳に書かれたメモを見ながら話せば、発言がスムーズになるでしょう。
    履歴書を見ながら話せば、自己紹介・自己PR・志望動機など、うまく話しやすくなるはずです。
    緊張しやすい人でも、メモ帳を見ながら発言できると分かるだけで、気持ちが楽になるに違いありません。

  20. 面接では、個人的な情報をすべて伝えるべきか。

    面接では、個人的な質問をされる場合があります。
     
    たとえば「離婚歴の有無」「子供の人数」「両親の健康状態」などです。

  21. 面接では、応募者から質問をしてもいいのか。

    「応募者から質問すると、面接官の気分を害するのではないか」
    質問する側とされる側の立場が逆転すると、何らかの不快な印象を与えるのではないかと心配する人もいるでしょう。
     

  22. 面接中、汗が流れたときは、どう対応すべきか。

    面接中に、汗が出ることがあります。
    夏に就職活動をしていると、少し動いただけで、汗が出るでしょう。
    面接直前に汗を拭いても、室内の空調が不十分だと、面接中に汗が出ることもあります。

  23. 一言断りを入れれば、鼻をかむことも怖くない。

    面接中、鼻水が垂れることがあります。
     
    たとえば、花粉症の季節になると、自然と垂れる鼻水に悩まされる人も多いでしょう。

  24. すぐ答えられない質問をされたときのリアクション。

    すぐ答えられない質問をされたとき、どんなリアクションをするかです。
    一瞬の出来事で気にしない人もいるかもしれませんが、実に大切な瞬間です。
    面接では、応募者の内面を知るため、わざと答えにくい質問をすることがあります。

  25. 失言しやすいのは、面接官の「何なりとどうぞ」の一言。

    面接では、就業意欲を疑われる質問は、厳禁です。
    「仕事より待遇を気にしている」「残業を嫌がっている」などと誤解されることがあるためです。
    「興味がない」「意欲がない」と誤解される場合があります。

  26. 圧迫面接は、期待の裏返し。

    圧迫面接をされたとき、こう考えてください。
    「自分は期待されているのだ」と。
    圧迫面接は、面接官の意地悪であると考える人がいますが、そうではありません。

  27. 自己PRや志望動機には論理が必要。
     ただし、論理だけではいけない。

    自己PRや志望動機には、論理が必要です。
    話の筋が通っていて、納得できる内容であることです。
    単純に言えば「AはB。BはC。だからAはC」という内容です。

  28. 話がまとまらなくなったときの対処方法。

    話をしている最中で、話のまとまりがつかなくなることがあります。
    自分でも、何を言っているのか分からなくなる状況です。
    「自分が話すのだから分かるだろう」と思いますが、日常でも経験のある人が多いのではないでしょうか。

  29. 面接官を怒らせてしまったときの対処。

    面接中に、うっかりした言動から、面接官を怒らせてしまうことがあります。
    無礼な言葉遣いであったり、面接官のプライドを傷つけてしまったりなどです。
    悪気はなくても、相手を傷つけてしまうことは、面接に限らず、日常生活でもよくあることですね。

  30. 面接で飲み物をこぼしてしまったとき、どうすればいいか。

    面接では飲み物が出されることがあります。
    お茶・コーヒー・紅茶などです。
     

同じカテゴリーの作品