人生の教科書



就職活動
「どの企業も1番」という濁した答え方では、強い入社意欲が伝わらない。
就職活動
一言断りを入れれば、鼻をかむことも怖くない。
就職活動
憧れも志望動機になるが、憧れだけではいけない。
就職活動
「安定に引かれた」は、面接では禁句。
就職活動
面接では、胸ポケットにペンを入れない。
就職活動
面接では、応募者から質問をしてもいいのか。
就職活動

面接マナーで注意したい
30のポイント

  • 面接では、
    本音と建前を使い分けることも必要。
面接マナーで注意したい30のポイント

もくじ

1
★1

面接では、本音と建前を使い分けることも必要。

面接官からの質問には、何でも正直に答えるべきでしょうか。 もちろん正直に答えるのは基本ですが、時には例外もあります。 正直に答えると自分の評価を下げる可能性のある質問は、露骨に答えるのではなく、答え方を工夫しましょう。 たとえば「当社の志望順位を教えてください」と聞かれたとします。 正直な回答として「御社は第3志望です」と言えば、不利になるのは確実でしょう。 面接官は困った表情をして、応募者の評価を下げるに違いありません。 この場合は「御社は第1志望です」と答えるのが基本です。 嘘はよくないと思うかもしれませんが「受ける企業はすべて第1志望」という気持ちで挑めば、筋が通ります。 また「当社の志望動機は何ですか」と聞かれたとします。 「本当にしたい仕事は別にあります。一時的な修行の場として御社を志望しました」と正直に答えれば、やはり悪印象。 踏み台とするような志望動機では、採用しようと思わないはずです。 この場合、本音から多少ずれますが、オブラートに包んだ答え方がいいでしょう。 「御社には、私の夢につながる要素が詰まっています」など、嘘にならない範囲で正直に答えます。 面接官から聞かれたことは、何でも正直に答えればいいわけではありません。 時には、本音と建前を使い分ける必要があります。 正直に答えると都合が悪い場合は、あえて露骨な答え方は避け、オブラートに包んだ答え方が必要です。 面接官からの質問には、何でも正直に答えず、本音と建前を使い分ける。

2
★0

面接では、胸ポケットにペンを入れない。

面接を受ける際は、スーツの着用が基本です。 このとき、胸ポケットにはペンを入れていませんか。 胸ポケットにペンを入れていると、メモが必要になったとき、すぐ取り出せます。 「ペンを入れるためのポケットなのだから別にいいだろう」と思う人もいるでしょう。 「胸ポケットにペンを入れていると、仕事ができそうに見える」と考える人もいるかもしれません。 たしかに胸ポケットにペンを入れると、ペンの出し入れが便利になるのは事実です。 一理ある考えですが、就職活動中の学生の場合は要注意です。 ペンを楽に取り出せるからこそ、楽をしようとする姿として誤解されやすくなります。 すでに実務経験のある社会人なら別ですが、就職活動をする人にとっては、学生らしいフレッシュな印象に欠けます。 ペンは、胸ポケットではなく、ペンケースに入れるようにしましょう。 このマナーは、面接だけでなく、企業説明会やOB・OG訪問などでも同様です。 社員と接する場は、身だしなみによって評価されることがあります。 ペン1本でも、身だしなみの1つと考えるのが妥当です。 どうしても素早くペンを取り出したければ、内ポケットが最適です。 誤解されることがないよう、就職活動にふさわしい身だしなみを心がけましょう。 ペンは、胸ポケットではなく、ペンケースにしまう。

3
★1

面接官から名刺を渡されたとき、自分も名刺を渡すべきか。

面接ではまれに、面接官が名刺を渡してくることがあります。 初対面ですから、面接官も企業の一員として身分を明かすため、名刺を差し出すことがあります。 名刺をもらえば、自分も名刺を渡さなければいけないのでしょうか。 いいえ、名刺を渡す必要はありません。 名刺は、自分が何者であるかを伝えるためのものです。 面接では、履歴書に応募者のプロフィールが詳細に書かれていますから、不要です。 履歴書が、立派な名刺の代わりになるのです。 ただし、名刺を渡していけないわけではありません。 「ぜひ名刺を渡したい」と思うなら、もちろん渡しても問題ありません。 また、名刺を渡すべきか、判断が難しい状況なら、面接官に確認してみるといいでしょう。 「すでに履歴書をお渡ししていますが、名刺もお渡ししてよろしいでしょうか」 確認を取った上で行動すれば、間違いはないはずです。 面接官から名刺を渡されても、自分は履歴書があるため、名刺は不要と考える。

4
★0

面接の髪型が、履歴書の写真と違うのは、問題ないのか。

履歴書に使う写真は「撮影から3カ月以内」が基本です。 3カ月以内である理由は、本人の最新の様子を確認するためです。 履歴書の写真は、本人のイメージを伝えるのが目的です。 したがって、面接の髪型が履歴書の写真と異なるのは、あまり好ましくありません。 ただし、当然ですが髪型が変わることもあります。 時間が経てば、髪は伸びます。 ストレートヘアの人が、ウェーブヘアにすることもあるはずです。 ロングヘアだった人が、ショートヘアにすることもあるでしょう。 髪型を変えることは、人として自然なことです。 そうした事情から、社会人として好ましい髪型の範囲なら、多少の違いは許容されるのが一般的です。 あくまでも「社会人として好ましい髪型」という範囲に注意です。 髪を派手に染めたり、本人だと分からない髪型にしたりなど、限度を超えるのはNGです。 面接官に不快感を与えない髪型で、面接に向かいましょう。 髪型が変わるとしても、社会人として好ましい髪型の範囲で抑える。

5
★2

面接室で、面接官が来るのを待つときのマナー。

面接会場に到着すると、待合室に案内されるとは限りません。 場合によっては、まず面接室に案内され、面接官が来るのをしばらく部屋で待つ状況があります。 提出するものがあれば、待機中の時間を使って準備しておくといいでしょう。 深呼吸をして気持ちを落ち着かせたり、スーツにごみが付いていないか確認したりなども、許容範囲です。 ただし、面接に無関係の行為は厳禁です。 携帯電話の電源を切るのはいいのですが、メールを確認したりゲームで暇つぶしをしたりするのはよくありません。 待機中に電話がかかってきても、すでに面接が始まっていると考え、対応しないのが無難です。 面接室に、新聞や雑誌などが置かれていても、手をつけないほうがいいでしょう。 スケジュール帳の確認も、緊急の場合を除き、直前では控えるのが賢明です。 余計なことをしないのが一番。 座っているときは、椅子の背にもたれません。 背筋を伸ばして前を向き、静かに待つのが一番です。 面接に集中するため、気持ちを落ち着かせる時間に充てるのが得策です。 面接室で待つ場合は、余計なことをせず、姿勢を正した状態で静かに待つ。

6
★1

面接官を出迎えるときの気持ちよいマナー。

面接では、面接官が来るのをしばらく部屋で待つ状況があります。 たとえば、面接官より先に面接室に案内されたときです。 提出するものがあれば、待機中の時間を使って準備しておくといいでしょう。 準備が終われば、余計なことをせず、静かに待つのが得策です。 さて、部屋で面接官が来るのをしばらく待ちますが、注意したいことがあります。 面接官が入室したとき、座ったまま挨拶をすることです。 軽い会釈だけで済ませるのは省略になるため、よい印象を与えません。 では、どうするか。 面接官が入室すれば、さっと立ち上がって挨拶しましょう。 立ち上がって挨拶をすると「出迎えている」「会うのを心待ちにしていた」などの印象が強くなり、好印象です。 「○○と申します。本日は、よろしくお願いいたします」 大きな声ではきはき挨拶をすれば、さらに第一印象が輝きます。 面接官と対面する最初の場面ですから、特に丁寧なマナーを心がけましょう。 面接官が入室すれば、立ち上がって挨拶しよう。

7
★1

どの形式の面接が、最も重要なのか。

面接には、さまざまな形式があります。 個人面接だけではありません。 集団面接・グループディスカッション・グループワークなど、さまざまな形式が存在します。 しかも、形式が異なるだけでなく、面接対策までもが異なります。 そうと分かれば、その面接が最も重要であるか、気になるところです。 しかし、残念ですが、答えはありません。 つまり、すべての面接が重要です。 まず、どの面接が最も重要であるかと考えるのは、好ましくありません。 重要な面接を考えることは、重要でない面接を考えることになるからです。 手抜きや油断をしていい面接はありません。 すべてが選考に関わりますから、すべての面接が重要と考えるのが適切です。 どんな形式の面接であれ、面接を受けるときには、常に全力を尽くしましょう。 全力を尽くすことが、ベストの結果につながります。 「どの面接も重要」と考え、すべての面接に全力を尽くす。

8
★0

入室マナーと退室マナー。
より大切なのは、どちらか。

面接では、入室マナーと退室マナーがあります。 入室も退室も、どちらも評価対象です。 両方とも、大切であることに変わりありません。 礼儀や常識を確認する、重要なポイントです。 さて、あえて「どちらがより大切か」という点で考えてみましょう。 「より大切」という点で考えるなら、やはり入室マナーです。 入室マナーは、第一印象を大きく決める瞬間だからです。 私たちが思う以上に、第一印象は強烈です。 強く記憶に残りますし、一瞬で全体的な人間性を判断される傾向があります。 「部屋に入って、椅子に座るだけ」と思いますが、軽視できません。 面接官は、入室の振る舞いから、応募者の礼儀や常識などを推し量ります。 時間としては一瞬かもしれませんが、深く長く、印象に残り続けるのです。 入室マナーは、第一印象につながりやすいため、退室マナー以上に重要です。 入室マナーは、しつこいくらいに練習しておきましょう。 練習、練習、また練習です。 自然と体が動くくらい、何度も練習しておくことが大切です。 入室マナーは、退室マナー以上に、練習しておく。

9
★1

「上着を脱いで楽にしてください」という一言は、社交辞令である場合が多い。

面接が始まるやいなや、面接官から言われやすい一言があります。 「上着を脱いで楽にしてください」という気遣いです。 「面接官の許可があるなら、素直に上着を脱いでしまおう」 そう単純に思うかもしれません。 しかし、この言葉には注意が必要です。 「上着を脱いで楽にしてください」という一言は、社交辞令である場合が多いからです。 応募者の常識を確かめるため、わざと優しい言葉をかけている場合があります。 面接は、公式の場です。 きちんとした場では、きちんとした身なりが適切です。 したがって「上着を脱いでよい」と言われたとしても、一般的には気遣いに感謝するだけで十分です。 「お気遣い、ありがとうございます。このままで大丈夫です」 感謝だけ述べて、上着は着たまま、面接を受けましょう。 場合によっては、断ったほうがいい気遣いもあるのです。 ただし、汗が目立つなら、その限りではありません。 暑苦しい姿を見せるのも失礼になるでしょう。 気温と汗が気になるなら、面接官に一言断りを入れた上で、上着を脱ぐことも許容範囲です。 「上着を脱いで楽にしてください」と気遣われても、汗が目立つ場合を除き、上着を着たまま面接を受ける。

10
★2

「自己PRをしてください」と言われるとは限らない。

「自己PRをしてください」と言われるとは限りません。 面接で「自己PRをしてください」と言えば、暗記口調で説明するのが定番です。 一字一句までしっかり覚えてきた発言を棒読みで説明されるのでは、面接官もつまらない。 面接官は、覚えてきた発言ではなく、考えた発言を聞きたいと望んでいます。 そこで面接官は、ひねってきます。 あえて「自己PR」というキーワードは使わず、別の表現で自己PRを促すことがあるのです。 たとえば、次のような表現です。 「あなたの武器は何ですか」 「自分の魅力は何だと思いますか」 「あなたの長所は何ですか」 「あなたの長所は、当社でどう生かすことができますか」 「『これだけは負けない』という点を紹介してください」 「自分を物に例えて、売り込んでください」 それぞれ異なる表現ですが、結局はどれも「自己PRをしてください」という意味です。 面接官の言葉の真意に気づかないと、せっかく準備した自己PRをうまく話せないままに終わる場合があります。 自己PRは一般的に、面接の序盤で聞かれる傾向があります。 序盤というタイミングを目安にすれば、面接官の言葉の真意に気づきやすくなるでしょう。 「これは自己PRという意味ではないか」と注意しながら、しっかり面接官の質問を聞くことが大切です。 「自己PRをしてください」というひねった表現に注意する。

11
★3

話の聞き方も、評価対象。

面接では、話し方だけでなく、聞き方も評価対象です。 無気力・無表情・無反応。 微動だにしない聞き方は、いくら聞く姿勢とはいえ、よくありません。 じっとしているだけでは「きちんと話を聞いているのだろうか」と、面接官は不安になります。 たとえ話を真剣に聞いていても、その様子が表に出ていなければ、聞く態度が悪いと誤解されます。 面接官の話の聞き方も、評価対象です。 話を聞くときは、真剣に聞いていることが分かる態度を見せることが大切です。 たとえば、話を聞くときは、相手の目を見ます。 にこやかな表情をしながら話を聞きましょう。 理解したときには、軽くうなずきます。 話の区切りでは「なるほど」「そうですね」「おっしゃるとおりです」などの相づちも有効です。 もし意味の分かりにくいところがあれば、勇気を出して、きちんと尋ねましょう。 分からない点を質問するのは、失礼なことではありません。 リアクションがあると、話を聞いている様子が伝わり、面接官も安心します。 人は、興味を持って聞いてくれる人に好感を抱きます。 興味を持って聞いている応募者の様子が伝われば、面接官は、自然と応募者にポジティブな印象を抱くでしょう。 聞くだけの姿勢とはいえ、見られている意識を持ちましょう。 話を聞く姿勢にも、注意する。

12
★1

珍しい経験を話す際によくある、ジレンマ。

珍しい経験は、印象深いアピールになります。 平凡な経験より珍しい経験のほうが、興味関心をかき立てられ、印象深くなるでしょう。 普通の人ではできない経験があれば、自己PRの強力な武器になるはずです。 ところがここで、難しいジレンマがあります。 珍しい経験は、珍しいゆえに、相手にとって未知である場合が多いのです。 たとえば、DJです。 学生時代にDJをやっていて、自己PRでアピールしたいとします。 DJという珍しい経験を通して、学びや成長などをアピールすれば、インパクトは抜群でしょう。 しかし、DJという意味を、採用担当者は詳しく知らないかもしれません。 「DJの経験があります」と言っても、言葉の意味が分からなければ、経験の素晴らしさも深く理解できないでしょう。 もし珍しい経験を紹介するなら、まず相手の反応の確認から始めたほうが得策です。 「私は学生時代、DJをやっていました。DJをご存知ですか」 面接官に質問を投げかけ、反応を確認してから話の展開を考えます。 もし「知っている」という返事なら、そのまま本題に入ります。 「知らない」という返事なら、DJの意味から説明を始めましょう。 ちなみにDJとは「ディスクジョッキー」の略であり、ディスコやクラブなどで音楽の選曲や調整をする人のことを言います。 こうすれば、珍しい経験でもスムーズに話を始められるのです。 珍しい経験は、面接官に「ご存知ですか」と言って質問を投げかけ、反応を確認してから話の展開を考える。

13
★0

面接で、書類選考に通過した理由を聞いてもいいのか。

書類選考を通過した後は、筆記試験か面接です。 選考を通過すれば、その理由を知りたい人も多いのではないでしょうか。 書類選考に通過した理由が分かれば、ほかの企業に応募する際にも「生かしたい」と思う人もいるはずです。 面接で、書類選考に通過した理由を聞いてもいいのでしょうか。 まず、聞くのは自由です。 聞くこと自体は、マナー違反でもありません。 ただし、聞き方には注意が必要です。 厚かましい態度にならないよう、丁寧な言葉を使って聞きましょう。 「書類選考を通過させていただき、ありがとうございます。興味の範囲でお聞きしたいことがあるのですが、よろしいでしょうか」 まず相手の許可を取りましょう。 面接官が「はい。いいですよ」と了承すれば、尋ねやすい雰囲気になります。 「書類選考の際、私の何が評価されたのか、教えていただくことは可能でしょうか」 ただし、教えてもらえるかどうかは、面接官によります。 「社外秘のため答えられない」と断られたときは、それ以上追求せず、素直に受け止めましょう。 また、通過した理由が分かったとしても、ほかの企業でも通用するとは限りません。 選考の基準は、企業によってさまざまです。 あくまで参考として、活用するようにしましょう。 面接で書類選考を通過した理由を聞くときは、聞き方に注意する。

14
★0

持病があれば、必ず企業に伝えなければいけないのか。

持病とはいえ、幅があります。 軽度から重度まで、持病の具合もさまざまです。 まず、業務に影響しない程度の持病なら、特に話す必要はありません。 履歴書の健康欄では「良好」と書けます。 面接で健康状態を問われても「特に問題ありません」と答えておけば、十分です。 もちろん「伝えておくほうが安心」という人は、伝えてもかまいません。 「○○の持病がありますが、業務に差し支えありません」と言っておけば、企業も安心するでしょう。 正直に告白する姿勢を見せておけば、好印象につながる可能性もあります。 ただし、業務に影響する可能性のある持病は、企業に伝える必要があります。 たとえば、車を運転する仕事で「てんかん」の持病がある場合は、仕事に影響します。 後から持病が発覚すると、大きな問題に発展する場合があります。 企業から聞かれなくても、応募者から伝えておくほうがいいでしょう。 選考に影響する可能性もありますが、隠さず、きちんと伝えておくことをおすすめします。 業務に影響する持病の場合は、きちんと伝えておく。

15
★0

面接官が早口でも、自分は落ち着いて丁寧に話す。

面接官にも、さまざまな人がいます。 落ち着いて話してくれる面接官とは限りません。 中には、早口で話す面接官もいるでしょう。 まくしたてるような話し方をされると「早く話しなさい」と、せかされているように感じるものです。 相手の早口の影響を受ければ、自分の話し方も、焦り気味になるのではないでしょうか。 さて、ここが注意ポイントです。 面接官が早口であっても、その話し方に合わせる必要はありません。 面接官は面接官であり、自分は自分です。 たとえ面接官が早口でも、自分は、落ち着いて丁寧に話しましょう。 落ち着いた話し方のほうが、堂々とした雰囲気が出やすくなります。 なめらかに発音しやすくなり、失言も防ぎやすくなるでしょう。 その動じない様子を見た面接官は、自分の余裕ない話し方に恥ずかしくなるでしょう。 どんな面接官にも動じず、落ち着いた話し方を心がけることが大切なのです。 面接官の話し方が早口でも、影響されず、自分は落ち着いて丁寧に話す。

16
★1

嬉しい言葉の返事は、準備できていますか。

面接が順調に進むと、面接官から嬉しい言葉を言われることがあります。 「君のような人材を待っていたよ」 「素晴らしい。うちに来てほしい。一緒に頑張ろう」 こう言われると、やはり誰でも嬉しく感じますね。 ところが嬉しい言葉にもかかわらず、うまく返事ができないことがあります。 厳しい言葉の返事は準備できていても、嬉しい言葉の返事は準備不足であることが多い。 厳しい言葉ばかり言われると思い込んでいた分、いきなり嬉しい言葉を言われると、度肝を抜かれます。 どう返事をしていいのか分からず、うまく返事ができないことがあるのです。 ここで迷った態度や曖昧な返事をすると、せっかくの好印象に悪影響です。 嬉しい言葉の返事は、準備できていますか。 きちんと返事をするためにも、厳しい言葉だけでなく、突然嬉しい言葉を言われたときの準備もしておきましょう。 難しくありません。 嬉しい言葉には、前向きな言葉で返事をするのが基本です。 「はい。ありがとうございます。ぜひ、お願いいたします」 「そう言っていただけると、私も嬉しく思います」 「恐縮です。まだまだ未熟者ですが、これからも頑張りたいと思います」 一瞬の迷いも見せず、目を輝かせながら答えましょう。 さらりと即答できれば好印象です。 会話がスムーズに進み、面接の雰囲気もさらによくなるでしょう。 嬉しい言葉を言われたときの返事も、準備しておく。

17
★0

口臭は、外見より悪影響を与える意外な要因。

就職活動では、外見より悪影響を与える意外な要因があります。 口臭です。 人との会話中、相手の口元からひどい口臭が漂い、気分を害した経験もあるのではないでしょうか。 こうしたときは、くさいだけでは終わりません。 一瞬にして、相手の印象まで悪くなってしまいます。 外見がどんなに立派で整っていたとしても、一息のくさい口臭が、すべての好印象を帳消しにします。 目に見えなくても、強烈な悪印象を与える要因なのです。 口臭の難しいところは、見えない点です。 外見なら、自分の目で確認できますが、口臭は見えないため、気づきにくい。 しかも鼻は、においに慣れやすいため、口臭がひどくても自覚しにくい特徴があります。 自覚しにくいからこそ、就職活動の盲点になっている場合があります。 特に1対1の個人面談では、面接官との距離が近いため、においやすい場面です。 面接だけではありません。 インターンシップ・OB・OG訪問・企業説明会など、人と接する場はすべて注意が必要です。 食後の歯磨きをサボれば、口臭があると考えていいでしょう。 口の中に食べかすが残っていれば、口内細菌による発酵が進み、悪臭が発生します。 食後は歯磨きをして、口臭予防をしておきましょう。 歯の健康につながるだけでなく、健全な人間関係にもよい影響を与えます。 食後は歯磨きをして、口臭を防ぐ。

18
★0

アルバイトの面接で、正社員になれる可能性を聞いていいのか。

アルバイトの面接で気になるのは、正社員になれる可能性です。 面接で露骨な質問をすると、減点につながる可能性があります。 正社員になる可能性は、質問してもいいのでしょうか。 ここは大切なポイントです。 もちろん聞くのは問題ありません。 むしろ、積極的に聞くべきです。 正社員になれる可能性を聞くということは、長期で働く姿勢を見せることにつながるからです。 つまり、熱意と意欲の表現になるのです。 採用担当者としても、長期で働いてくれる人は歓迎するはずです。 「頑張って仕事をすれば、正社員になれる可能性はありますか」 「過去に、アルバイトで正社員になった人はいますか」 「正社員になれる場合、どのくらいの期間が目安ですか」 基本的に減点になることはないはずですから、思いきって聞いてみましょう。 アルバイトの面接では、正社員になれる可能性を聞く。

19
★0

面接中、メモ帳を見ながら話してもいいのか。

面接中、メモ帳に書かれたメモを見ながら話せば、発言がスムーズになるでしょう。 履歴書を見ながら話せば、自己紹介・自己PR・志望動機など、うまく話しやすくなるはずです。 緊張しやすい人でも、メモ帳を見ながら発言できると分かるだけで、気持ちが楽になるに違いありません。 では、面接中、メモ帳を見ながら話してもいいのでしょうか。 まず、曖昧な記憶に頼るのは好ましくない場面では、やはりメモ帳を見るのもいいでしょう。 詳細な名前や数字などを聞かれたとき、やむを得ずメモを確認するのは分かります。 しかし、あくまでそれは例外です。 面接中は基本的に、メモ帳を見ながら発言するのは、喜ばれる姿勢ではありません。 メモ帳を見ながら話していると、面接官に消極的な印象を与えるでしょう。 「書かれていることを読んでいるだけ」という印象を与えるため、発言内容は立派でも心に響かないのです。 履歴書のコピーを見ながら発言するのも、やはり好ましくありません。 「自分の履歴書にもかかわらず、内容を覚えていないのか」と、面接官を不安にさせます。 プレゼンでも言えることですが、メモ帳を見ながら発言すると、発言力が低下します。 「メモ帳に書いてあることを棒読みしているだけ」という誤解を与える可能性があるのです。 当然ですが、メモを取りながら面接を受けるのも、基本的にNGです。 メモ帳を見るのは、絶対に禁止ではありませんが、必要最低限に抑えたいところです。 面接中は、メモ帳や書類ではなく、面接官を見て話しましょう。 仕方ない状況を除き、メモ帳や書類を見ながら発言するのは控える。

20
★0

面接では、個人的な情報をすべて伝えるべきか。

面接では、個人的な質問をされる場合があります。 たとえば「離婚歴の有無」「子供の人数」「両親の健康状態」などです。 「個人的なことは答えたくない」と思うかもしれません。 もちろん完全に業務と関係ないと感じた質問は、断ることも可能ですが、できるだけ答えたほうが賢明です。 面接官が尋ねるということは、業務上で何らかの関係があるためと考えられるからです。 面接官から聞かれたときだけ、正直に答えれば十分です。 すべて面接官に伝える必要はありませんが、必要範囲内で答えます。 ただし、業務に影響しそうな個人的事情は、事前に伝えたほうがいいでしょう。 たとえば、子供の保育所への送迎、結婚式を挙げる予定、両親の介護などです。 業務に調整が必要になりそうな情報は、個人的なことでも事前に伝えておくほうが安心です。 早いうちに話しておくほうが、企業も調整をつけやすくなります。 個人的なことは、業務に必要な情報だけ伝える。

21
★0

面接では、応募者から質問をしてもいいのか。

「応募者から質問すると、面接官の気分を害するのではないか」 質問する側とされる側の立場が逆転すると、何らかの不快な印象を与えるのではないかと心配する人もいるでしょう。 しかし、応募者にも疑問があって当然です。 質問があれば、応募者から面接官に質問できます。 注意したいのは、タイミングです。 面接の冒頭からいきなり質問するのは、ぞんざいな印象が出やすいため、避けるのが賢明です。 質問をする適切なタイミングは、面接の最後です。 面接の最後に「何か質問はありますか」と問われるはずですから、そのときにまとめて尋ねます。 もし聞かれなかった場合は、自分から切り出しましょう。 「質問があるのですが、お伺いしてもよろしいでしょうか」 面接官の許可が得られれば、スムーズに質問を始めることができるでしょう。 質問内容は、事前に優先順位をつけておくとスムーズです。 ただし、面接官から「質問はその都度受け付けます」という許可がある場合は、その限りではありません。 質問したいことは、面接の最後にまとめて尋ねる。

22
★0

面接中、汗が流れたときは、どう対応すべきか。

面接中に、汗が出ることがあります。 夏に就職活動をしていると、少し動いただけで、汗が出るでしょう。 面接直前に汗を拭いても、室内の空調が不十分だと、面接中に汗が出ることもあります。 暑い上に緊張が加わると、さらに汗も出やすくなるでしょう。 さて、汗が流れたときは、どうするべきか。 答えは単純です。 ハンカチで拭きましょう。 ハンカチで汗を拭く様子は、相手に不快を与えるのではないかと思いますが、逆です。 したたる汗をそのままにしておくほうが、相手に不快を与えてしまいます。 汗ばんだ様子は、見ているほうも暑苦しく思います。 汗をほうっておくと「汗をハンカチで拭くことすらできないのか」と思われ、社会人としての常識を疑われるでしょう。 汗がにじんできた段階で、ハンカチで拭くようにしましょう。 当たり前のことを、当たり前にするだけです。 できれば、質問に答えている最中より、質問の区切りのタイミングで拭くほうがスマートです。 面接中に汗が出たら、そのままにせず、ハンカチで拭く。

23
★1

一言断りを入れれば、鼻をかむことも怖くない。

面接中、鼻水が垂れることがあります。 たとえば、花粉症の季節になると、自然と垂れる鼻水に悩まされる人も多いでしょう。 面接中に鼻水が垂れたとき、どうしますか。 やはり面接中に鼻をかむのをためらう人は、多いのではないでしょうか。 鼻をかむ動作といい、音といい、気持ちのいいものではありませんね。 仕方ない状況とはいえ、できれば避けたいものです。 だからとはいえ、鼻水をほうっておくのは、もっとよくありません。 鼻水を垂らした顔を面接官に見せるほうが、はるかに不格好になるでしょう。 鼻水が垂れたときは、ティッシュで鼻をかみましょう。 さて、気をつけたいのは、この瞬間です。 突然ティッシュを取り出して鼻をかむこともできますが、この動作は控えたほうがいいでしょう。 鼻をかむのがいけないのではありません。 いきなり鼻をかむのがよくないのです。 もちろん普段の生活なら、突然鼻をかむのもいいのですが、面接は公式の場。 礼儀作法は、より強く意識したいところです。 では、どうするのかというと、一言、断りを入れるだけでいいのです。 「恐れ入ります。鼻水が垂れるので、鼻をかんでもよろしいでしょうか」 面接官が「どうぞ」と言えば、鼻をかみます。 許可されるのは当然なのですが、この一手間が重要です。 きちんと許可を得ることで「きちんと礼儀をわきまえている」という印象が伝わります。 印象が悪くなりがちな鼻をかむ動作を、かえって礼儀作法をアピールする機会に変えられるでしょう。 鼻をかむときは、一言断りを入れて、礼儀作法をアピールする機会に変える。

24
★5

すぐ答えられない質問をされたときのリアクション。

すぐ答えられない質問をされたとき、どんなリアクションをするかです。 一瞬の出来事で気にしない人もいるかもしれませんが、実に大切な瞬間です。 面接では、応募者の内面を知るため、わざと答えにくい質問をすることがあります。 たとえば「あなたを色に例えると、何色ですか」という質問です。 「とんでもない質問だな」と思いますが、よくある質問です。 予期せぬ質問をされたときの対応を見るため、わざと、すぐ答えにくい質問をしてくるのです。 どう答えていいのか分からず、慌ててしまうのではないでしょうか。 意表を突かれれば、誰でもとっさにスムーズな対応ができず、困惑するのは当然です。 しかし、この瞬間なのです。 慌てた表情をしたり、おどおどした態度になったりしていませんか。 自然なリアクションかもしれませんが、面接では避けたほうが賢明です。 では、どうするか。 「そうですね」とゆっくり言いながら、深く考えているそぶりを見せましょう。 ゆっくり言えば、数秒間ほど、回答を考える時間稼ぎができます。 予期せぬ質問にも動揺せず、落ち着いて答えている印象をアピールできるでしょう。 考える時間を稼ぐことで、うまく答えやすくなるのです。 焦っているときほど、演技でもいいので、落ち着いている様子を見せましょう。 一瞬ですが、大切な瞬間なのです。 答えられない質問をされたときは、困った顔ではなく、深く考えるそぶりを見せる。

25
★0

失言しやすいのは、面接官の「何なりとどうぞ」の一言。

面接では、就業意欲を疑われる質問は、厳禁です。 「仕事より待遇を気にしている」「残業を嫌がっている」などと誤解されることがあるためです。 「興味がない」「意欲がない」と誤解される場合があります。 しかし、それが悪いと分かっていても、失言しやすい状況があります。 面接官が「何なりとどうぞ」と、発言を促してくれるときがあります。 わざわざ面接官から、何でも聞いてよいと促されれば、つい考えが甘くなりがちです。 「そこまで言うなら、思いきって、過激な質問もしてみようか」 そういう考えがちらつくのではないでしょうか。 ここが注意です。 たとえ面接官から発言を促されても、やはり質問内容には慎重になったほうがいいでしょう。 「何なりとどうぞ」は、社交辞令と考えましょう。 優しい言葉で応募者を油断させ、本音を聞き出そうとしています。 そのほか「何なりとどうぞ」と同じ意味を持つ発言も、すべて注意です。 「正直に話してください」 「何でも自由に話していいですよ」 「本当のところはどうなんですか」 優しい言葉で催促されても、油断は禁物。 面接官が優しい言葉で催促してくれたとしても、就業意欲を疑われる質問は避けたほうが賢明です。 面接において、油断してよい瞬間はないのです。 面接官の「何なりとどうぞ」の一言は、社交辞令だと考える。

26
★1

圧迫面接は、期待の裏返し。

圧迫面接をされたとき、こう考えてください。 「自分は期待されているのだ」と。 圧迫面接は、面接官の意地悪であると考える人がいますが、そうではありません。 意地悪をするほど、面接官は暇ではありません。 圧迫面接は、期待している人しか行われない特殊な面接です。 面接で応募者を見たとき、明らかに不採用と分かる様子なら、わざわざ圧迫面接を行いません。 深い質問はされず、表面的な質問しかされません。 面接時間も、予定より短く終了するでしょう。 笑顔で「結果は後日お知らせします」と期待させ、結果は不採用なのです。 そもそも不採用という結論は明らかで、圧迫した質問をする必要がないからです。 面接官も、省ける手間は省きたい。 圧迫面接をするのも、疲れるのです。 圧迫面接をした面接官を恨まないことです。 怖い顔をしながら、心の奥では、実はあなたに期待しています。 もし圧迫面接をされたなら「自分は期待されている」と喜ぶことです。 少なくとも、圧迫面接を試すだけの価値があると認められているのです。 圧迫面接は、期待の裏返しであることに気づく。

27
★1

自己PRや志望動機には論理が必要。
ただし、論理だけではいけない。

自己PRや志望動機には、論理が必要です。 話の筋が通っていて、納得できる内容であることです。 単純に言えば「AはB。BはC。だからAはC」という内容です。 たとえば「私は人と話すことが得意。得意な話術を生かして営業をしたい。だから、私は御社を志望した」という流れです。 結論までの筋道が、事情や理由を含めて説明されていると、納得しやすくなりますね。 話が論理的だからこそ、採用担当者にとっても分かりやすくなります。 ただし、論理は必要ですが、論理だけではいけないのです。 結論までの筋道が淡々と説明される様子は、間違っていませんが、十分でもありません。 心が動かされないからです。 説明書を思い出してください。 説明書は、操作方法や注意書きが、分かりやすく淡々と書かれていますが、感動することはありません。 説明書の内容は、心が感じられないからです。 人は、心を感じないと、印象に残りません。 だから説明書は、読んでもすぐ忘れます。 必要なのは、心が感じられる内容です。 自己PRや志望動機を、採用担当者が見聞きしたとき、心が感じられる内容を工夫してみてください。 頑張ったことを紹介するのもいいでしょう。 実績を挙げるまでの苦労話も、併せて紹介するのもいいでしょう。 今後の目標を紹介するのも、積極性が感じられるため、いいアイデアです。 人間らしい思いやり、優しさ、努力です。 心を動かせるのは、心です。 心が感じられる内容に仕上げれば、採用担当者の心を動かすことができ、より深い感動を呼べます。 論理だけでなく、心が感じられる内容に仕上げる。

28
★1

話がまとまらなくなったときの対処方法。

話をしている最中で、話のまとまりがつかなくなることがあります。 自分でも、何を言っているのか分からなくなる状況です。 「自分が話すのだから分かるだろう」と思いますが、日常でも経験のある人が多いのではないでしょうか。 日常でも経験するのですから、面接ではさらによくある状況です。 話をしているうちに、テーマが脱線したり、話が飛躍しすぎたりして、自分でも話の収拾がつかなくなる。 面接の強い緊張のため、頭が余計に混乱して、単純な話も整理しにくくなる。 さて、話のまとまりがつかなくなったとき、どうするか。 最も避けたいのは、無理に話をまとめようとすることです。 話をまとめようとすると、補足説明が増え、余計に話が長引くでしょう。 まとまりのない話がさらに長くなり、支離滅裂になるでしょう。 立派な話でも、ぐだぐだしていると、悪印象。 ではどうするかというと、とりあえず話を打ち切るのです。 区切りのいいところで、思いきって話を打ち切ります。 中途半端な終わり方になるかもしれませんが、まとまりのない話をぐだぐだ続けるよりは、印象がすっきりします。 言い足りなかった点があったとしても、気になるところは、面接官がさらに質問してくるはずです。 そのときあらためて話せば、済むことです。 話し方もすっきりして、全体としてまとまるのです。 話がまとまらなくなったときは、区切りのいいところで打ち切る。

29
★1

面接官を怒らせてしまったときの対処。

面接中に、うっかりした言動から、面接官を怒らせてしまうことがあります。 無礼な言葉遣いであったり、面接官のプライドを傷つけてしまったりなどです。 悪気はなくても、相手を傷つけてしまうことは、面接に限らず、日常生活でもよくあることですね。 面接官の表情が険しくなっていることが分かると、雰囲気が悪くなり、応募者としても緊張が走るでしょう。 さて、面接官を怒らせてしまったとき、どう対処すればいいか。 まず面接官が怒った場合、2つの可能性が考えられます。 「本当に怒っている場合」と「圧迫面接としてわざと怒っている場合」です。 険しい表情だからといって、本当に怒っているとは限りません。 圧迫面接として、怒りを大げさに演じている可能性もあります。 しかし、どちらの場合にせよ、応募者がするべきことは、1つです。 謝罪なのです。 「申し訳ございません」 「不適切な言い方でした」 「今の発言は撤回します」 面接官は、丁寧な謝罪ができるかどうか、確認しています。 雰囲気が悪くて言いにくいかもしれませんが、きちんと謝罪できることが大切です。 面接官が怒ったときは、丁寧に謝罪する。

30
★1

面接で飲み物をこぼしてしまったとき、どうすればいいか。

面接では飲み物が出されることがあります。 お茶・コーヒー・紅茶などです。 ところが、面接中、何らかの拍子で飲み物をこぼしてしまったとします。 悪気がなくても、誰でもうっかりすることはあるでしょう。 さて、こんな状況になったとき、どう対応するのが好ましいか。 まず最大のポイントは、こぼした失態より、こぼした後の対応です。 トラブルがあったとき、対応の仕方を見られるため、丁寧な対応を心がけましょう。 大切な点は、次の4つです。 (1)慌てない 最も大切なのは、慌てないことです。 ひどく取り乱した態度を見せると「動揺しやすい」「トラブルに弱い」などの印象を与えます。 失態を犯しても、取り乱さず、できるだけ落ち着いた行動を心がけましょう。 (2)まず謝罪する 失態を犯せば、謝罪しましょう。 言い訳は不要です。 「申し訳ございません」「失礼いたしました」など、素直にすぐ謝罪の言葉を述べることが大切です。 (3)カバンからティッシュを取り出す 持参しているティッシュを、すぐカバンから取り出して拭きましょう。 面接官から「拭きますから大丈夫ですよ」と言われるかもしれませんが、配慮の態度だけでも見せたほうがいいでしょう。 (4)失態を引きずらない 失態の後は気持ちが重くなりがちですが、引きずらないことです。 気持ちを切り替えて、次の質問に集中しましょう。 飲み物をこぼしたときは、慌てず、落ち着いた行動を心がける。

同じカテゴリーの作品