就職活動

就職活動前に準備しておきたい
30のこと

  • 「働きたい」と思ったときから、
    就職活動は始まる。
就職活動前に準備しておきたい30のこと

もくじ
  1. 「働きたい」と思ったときから、就職活動は始まる。

    就職活動は、いつから始まるのでしょうか。
    就職関連の本によって、開始時期はさまざまです。
    「大学3年生から」という意見もあれば「大学生になったときから」という意見もあります。

  2. 「就職は難しい」と決めてかかる人の就職は、本当に難しくなる。

    「就職は難しい」
    そう決めてかかっていませんか。
     

  3. 社会に出て、楽しげに働いている自分を想像する。

    就職活動前にしたいことがあります。
    社会に出て、楽しげに働いている自分を想像することです。
    まだどんな業界で仕事をするのか、決まっていません。

  4. 一般的な就職活動の流れ。

    就職活動は、どのような流れがあるのでしょうか。
    適当に進めればいいと思うのは、得策ではありません。
    順を誤ると、遠回りになったり手遅れになったりする場合があります。

  5. 就職を有利にする、3つの準備。

    就職活動の多くは、時期が決まっているものが大半です。
    企業説明会や面接などは明確な時期があります。
    自分の都合で、日程をずらしにくい特徴があります。

  6. 就職活動に必要な金額は、およそ25万円。

    就職活動は、お金がかかります。
    スーツ・ネクタイ・靴・腕時計・カバン。
    履歴書・写真・就職対策の本や雑誌・パソコン。

  7. 借りられる物は、借りて済ませる。

    就職活動には、お金がかかります。
    個人差はありますが、一般的に必要な金額は、およそ25万円と言われています。
    特にスーツ代やパソコンの購入は、大きな出費になるはずです。

  8. 早くて有利になることはあっても、遅くて有利になることはない。

    就職活動は、開始時期が大切です。
    いつから始めればいいのかというと、やはりできるだけ早く始めたほうが有利です。
    もちろん学業やアルバイトなどがあるため、無理に急ぐ必要はありませんが、早めの開始は意識したほうがいいでしょう。

  9. 「何だろう」に挑戦することが、就職活動の準備になる。

    学生時代は、できるだけ多くの経験をしましょう。
    多くの経験をすればするほど、スムーズな自己分析につながるからです。
    「何だろう」と思うことは、ひとまず挑戦して正解です。

  10. 見栄・体裁・世間体で仕事を選ぶと、就職してから苦労するだろう。

    見栄・体裁・世間体。
    この3つは、仕事を選ぶときに気をつけたい判断基準です。
    見栄・体裁・世間体を考えるというのは、自分の見え方をいつも気にするということです。

  11. 就職活動の鍵を握るのは、スケジュール管理。

    就職活動を始める前に、全体的なスケジュールを考えておきましょう。
    就職活動は、長期戦です。
    することがたくさんあり、何をいつ始めればいいのか、混乱します。

  12. 就職活動の余裕を底上げするのは、体力。

    就職活動では、お金が必要です。
    交通費・書籍代・スーツ代など、資金力があれば、就職活動をある程度スムーズに進めることができます。
    資金力は、就職活動にそなえる土台の1つ。

  13. 就職活動は、マラソンと同じ。
    最初に飛ばしすぎると、息切れする。

    体力や精神力は、無限にあるわけではありません。
    時間もお金も無限にあるわけではありません。
    にもかかわらず、甘く考えている人が多い。

  14. 就職活動は、1つだけ頑張っても意味がない。

    就職活動で大切なのは、バランスです。
    「○○さえ頑張ればいい」という偏った考えには注意が必要です。
     

  15. 就職内定率を気にしても、仕方ない。

    就職するときに気になるのが、就職内定率です。
    就職内定率とは、就職に至った割合を表す数値です。
    景気がいいときは、企業も新規雇用を積極的に行うため、就職内定率もよくなります。

  16. 親に就職先を命令されたときの対応方法。

    職業を決めるとき、親から理不尽なことを言われることがあります。
     
    たとえば「公務員になってほしい」と、仕事の希望を命令してくることです。

  17. 自分の人生は、自分のもの。

    あなたはこれから、さまざまな言葉に振り回されるでしょう。
    自分の言葉に振り回されるのではありません。
    他人の言葉に振り回されるのです。

  18. 仕事の意味は、後から見つけても、遅くはない。

    「なぜ、仕事をしなければいけないのか」
    そんな疑問が湧いたなら、仕事を始めてみましょう。
    仕事の意味は、実際に仕事を始めたほうが、よく分かります。

  19. 就職前に、資格をたくさん取っておくほうがいいのか。

    資格は、能力のアピールに役立ちます。
    就職対策として、就職活動前に資格をたくさん取ろうと考える人も多いでしょう。
    資格の中には、簡単に取得できるものもあります。

  20. 就職活動に有利なのは、どこの新聞なのか。

    「就職活動には、○○新聞」
    ときどきそんな広告を見かけることがあります。
    大手新聞社から発行されている新聞があります。

  21. 「社会人になれるかな」と考える必要はない。
    社会人になるしかないから。

    「社会人になれるかな」と考えていませんか。
    自分の能力に自信がなくて、社会人としてうまく仕事をやっていけるのか、不安になるのでしょう。
     

  22. 即戦力は、あって邪魔にならない。

    どんな企業でも、必要としている力があります。
    即戦力です。
    即戦力は、あって邪魔になることはありません。

  23. 正社員のイメージが湧きにくいときは、インターンシップ。

    アルバイトと同じ感覚で、正社員になるのは、注意が必要です。
    「正社員のイメージは、アルバイトと同じではないか」
    そう思うかもしれませんが、やはり違いはあると考えるのが妥当でしょう。

  24. OB・OG訪問は、早い時期から始めることも可能。

    就職活動は、大学時代の3年や4年ごろから始めるのが一般的です。
    エントリーシートの提出は、開始時期が設けられています。
    企業説明会も、日程が決まっています。

  25. 経営者の成功物語を読んで、仕事への意欲を高める。

    学生時代のうちに、ビジネス書を読むことをおすすめします。
    「ビジネス」というキーワードが含まれているためでしょうか。
    「ビジネス書は、ビジネスに携わっている人が読むもの」と思うかもしれませんが、もちろん学生も読めます。

  26. 評価を狙ったボランティア活動では、ボランティア精神が養われない。

    ボランティア活動の経験は、就職活動に有利です。
    履歴書や面接などでボランティア活動の経験をアピールすれば、自主性・積極性・社会性などが評価されるでしょう。
    就職活動のために、ボランティア活動を検討する学生も多いのではないでしょうか。

  27. 大手から順に志願すると、就職活動が難航する。

    就職活動でよく陥りがちな過ちがあります。
    志願する順です。
    就職したい業界が決まれば、その業界の大手から順に志願しようとします。

  28. 転職や独立が前提でも、就職活動を手抜きしない。

    「どうせ辞めるのだから」
    最初から転職や独立をするつもりで、企業に就職する人もいるでしょう。
    つまり、企業を「一時的な修行の場」として考えます。

  29. 必要性を感じないことなら、無理にする必要はない。

    すべてをしようとしないことです。
    就職活動対策の本のアドバイスにすべて従おうとすると、おそらく生活が破綻するはずです。
    「アルバイトをしよう」

  30. 明るい未来を考えると、勇気が出る。
    暗い未来を考えると、勇気が出ない。

    勇気がない人には、特徴があります。
    暗い未来を考えていることです。
    自分が失敗したときの状況を考えて「もしうまくいかなかったらどうしよう」と考えています。

同じカテゴリーの作品