就職活動

就職活動における身だしなみの
30のマナー

  • 身だしなみが整っている人は、
    仕事もできる。
就職活動における身だしなみの30のマナー

もくじ
  1. 身だしなみが整っている人は、仕事もできる。

    「身だしなみと仕事は関係がない」
    そう思う人もいるのではないでしょうか。
     

  2. おしゃれと身だしなみを、同じと考えない。

    「おしゃれを通して、自分のセンスをアピールしたい」
    面接でもおしゃれをして、目立ちたい気持ちを抱く人もいるでしょう。
     

  3. ハンカチやティッシュも、印象に影響する場合がある。

    社会人の身だしなみとして、ハンカチとティッシュを持つのは常識です。
    当然、面接でも、持参しておくといいでしょう。
     

  4. スーツは、自分の判断だけで選ばない。

    スーツの購入で、よくある失敗があります。
    自分の判断だけで選んでしまうことです。
    もちろん自分の判断で選ぶのは当然ですが、問題なのは「自分の判断だけ」という点です。

  5. 就職活動に、高級ブランドは不要。

    就職活動で、高級ブランド品は必要でしょうか。
    高級ブランドのバッグ・時計・スーツなどです。
    「高級ブランド品を身につけておけば、立派な人物に見られるのではないか」

  6. 「面接は私服でかまわない」という言葉を、本気にしない。

    「面接は私服でもかまいません」
    「あなたらしい服装で来てください」
    そうした触れ込みで、面接を告知されることがあります。

  7. 自分の個性を表現するには、手持ちの服が無難。

    アパレル業界の面接では、私服面接が行われることがあります。
    アパレル業界は、ファッションセンスも能力の1つ。
    応募者の普段着を見ることで、ファッションセンスを確認したい意図があります。

  8. 私服で面接を受けるときの心がけ。

    面接ではスーツが基本ですが、例外もあります。
    アパレル業界やファッション業界などの面接では、私服による面接が許容されていることがあります。
    「スーツは厳禁」「自由な服装でお越しください」などです。

  9. くせ毛の人は、面接前、ストレートパーマをかけるべきか。

    生まれつき、髪の毛が縮れている人がいます。
    くせ毛です。
    面接では、見た目が大切です。

  10. 丸刈りは、面接に不利なのか。

    人によっては、丸刈りを好む人もいるでしょう。
    昔から丸刈りを続けていた人なら、就職活動中も、丸刈りのままでいたいと思うはずです。
     

  11. メガネをかけていると、面接で印象が悪くなるのか。

    「メガネをかけていると、イメージが悪くなる。面接で不利になる」
    そんな噂があるようです。
    面接のために、わざわざコンタクトレンズをする人までいると聞きます。

  12. 髪を染めたまま、面接を受けてもいいのか。

    「普段の自分を見てもらおう」
    普段から髪を染めている人なら、いつもの様子で面接を受けたほうがいいと思う人もいるでしょう。
     

  13. 面接で心がけたい、男性の身だしなみのマナー。

    ・髪
    長髪・寝癖・ぼさぼさした髪など、乱れた髪型はNGです。
    髪の基本は、黒髪と短髪です。

  14. 面接で心がけたい、女性の身だしなみのマナー。

    ・髪
    基本は、黒髪です。
    髪型は、ショートヘアでもロングヘアでもかまいませんが、清潔感が出るようにしましょう。

  15. スーツで差をつけるには、どうすればいいのか。

    就職活動は、スーツを着るのが基本です。
    会社説明会・OB・OG訪問・面接など、スーツを着る場面が増えるでしょう。
     

  16. 「スーツを着ているほうが落ち着く」と思うくらい、スーツを着慣れる。

    学生が就職活動に向けて初めてスーツを着たとき、あることに驚くはずです。
    独特の雰囲気です。
    自分はだらしなくても、服装は立派。

  17. ピアスの穴や跡は、面接での選考に影響するのか。

    おしゃれなピアスとはいえ、就職活動では好ましくありません。
    企業説明会や面接など、ピアスはNGです。
    誤解を防ぐため、社員と接する場面では、ピアスを外すのが常識です。

  18. ポケットが大きく膨らむなら、カバンに入れておくほうがいい。

    上着やズボンにあるポケット。
    物を入れるためにあるポケットですが、何でも入れればいいわけではありません。
    ハンカチやティッシュだけでなく、小銭や消しゴムなど余分な物まで詰め込むと、ポケットが大きく膨らみます。

  19. 男性でも、メイクは必要なのか。

    男性の場合、基本的にメイクは不要です。
    男性でもメイクをすることもできますが、多くの企業では、不自然という考え方が一般的です。
    役者やモデルなど、男性でもメイクを必要とする面接があるのも事実です。

  20. 半袖と長袖。
    面接でふさわしいのは、どちらか。

    まず適しているのは、長袖です。
    やはり面接では、第一印象が重要です。
    人は、見かけで判断される場合があるため、服装は特に気をつけたい。

  21. 上着には、2つボタンと3つボタンがある。
    就職活動にふさわしいのはどちらか。

    一般的な上着には、2種類あります。
    2つボタンと3つボタンです。
    2種類あると分かれば、どちらがふさわしいのか、迷うところでしょう。

  22. もらったネクタイが、就職活動に適さなければ、どうするか。

    就職活動中、内定を祈願して、親や先輩からプレゼントしてもらうことがあります。
    定番のプレゼントは、やはりネクタイでしょう。
     

  23. 腕時計をしない人でも、面接では身につけておくといい。

    面接での印象をよくしたければ、おすすめのアイテムが1つあります。
    腕時計です。
    必須ではありませんが、できれば身につけておくことをおすすめします。

  24. 面接官は、こっそりあなたの爪を確認している。

    面接前は、必ず爪を短く切っておきましょう。
    服装ばかりに注意が向いて、爪のことを忘れがちです。
    「爪なんて見られないだろう」「爪は選考に影響しないだろう」と思うかもしれません。

  25. 靴下は、ささいな部分だから、その人の考えがよく表れる。

    就職活動に強い人は、靴下がきちんとしています。
    就職活動で着用する靴下は、黒か紺が基本です。
    ルールとして定められているわけではありませんが、事実上、就職活動の定番になっています。

  26. 極端に先端が丸いビジネス用の靴は、知的でシャープな印象に欠ける。

    ビジネス用の靴とはいえ、千差万別です。
    素材・色・形。
    さらに値段も、安いものから高いものまであります。

  27. 夏場に注意するのは、汗だけではない。
    皮脂のお手入れも、身だしなみの1つ。

    夏場に最も気になるのは、やはり汗です。
    滝のように流れる汗は、見苦しいだけでなく、においの原因にもなるため、悩まされる人も多いでしょう。
    ハンカチでこまめに拭き取ったり、制汗スプレーなどで抑えたりなど、こまめなお手入れが大切です。

  28. 夏の就職活動でも、上着やネクタイの着用は必要か。

    焼け付くような真夏の空。
    熱く乾いた風。
    したたり落ちる汗。

  29. 面接でカラーのコンタクトレンズは、許されるのか。

    手軽に目の色を変えるときに便利なのが、カラーのコンタクトレンズ。
    おしゃれの1つとして、カラーのコンタクトレンズを使っている人もいるでしょう。
    最初は目の色の変化に驚いても、毎日使っているうちに違和感が小さくなり、普通に感じるようになります。

  30. 歯のホワイトニングで、笑顔の印象を上げる。

    余裕があれば、歯のホワイトニングはいかがでしょうか。
    簡単に言えば、歯を白くすること。
    歯の表面をきれいに磨き、科学的な漂白処置によって歯の明度を上げ、白くする方法が一般的です。

同じカテゴリーの作品