就職活動

就職活動の
30の裏事情

  • なぜ企業は、
    新卒を好むのか。
就職活動の30の裏事情

もくじ

なぜ企業は、新卒を好むのか。

なぜ企業は、新卒を好むのか。

新卒とは、その年に新しく学校を卒業した人のことを言います。
新卒採用は、就職活動で最も有利な立場とされています。
就職が1年でも遅れれば、第二新卒の扱いです。

求人広告で見かける「女性歓迎」の意味とは。

求人広告で見かける「女性歓迎」の意味とは。

求人広告では「女性歓迎」という文言を見かけることがあります。
「女性も歓迎しますよ」という意味ですが、そのまま信じるのは注意したほうがいいでしょう。
あまり大きな声では言えませんが「女性歓迎」というのは「女性以外はお断り」という意味の場合があるからです。

文系と理系。
どちらが就職に有利か。

文系と理系。どちらが就職に有利か。

「就職に有利」という点だけ考えると、どちらも大差ありません。
企業が求める人材は、企業によって異なります。
文系の企業には、文系が有利です。

独身者と既婚者。
就職に有利なのはどちらか。

独身者と既婚者。就職に有利なのはどちらか。

就職活動でよく話題になるのが、結婚の有利・不利です。
独身者と既婚者のうち、就職に有利なのはどちらか。
結論から言えば、企業によります。

入社日が「応相談」である意図とは。

入社日が「応相談」である意図とは。

企業によっては、入社日が決まっていない場合があります。
よく見かけるのが、入社日が「応相談」という記載です。
つまり「採用担当者と相談した上で決めましょう」という意味です。

企業は小論文を通して、何を見ようとしているのか。

企業は小論文を通して、何を見ようとしているのか。

就職活動では、小論文が出題される場合があります。
小論文は、作文とは違い、自分の考えを論理的かつ系統立てて主張する必要があります。
ところで企業は、小論文を通して、応募者の何を見ようとしているのでしょうか。

締め切りのない求人の意味とは。

締め切りのない求人の意味とは。

求人情報の中には、必ずしも締め切りが書かれているとは限りません。
中には、締め切りが明記されていない求人も存在します。
記載漏れではないかと思いますが、おそらく別の事情です。

なぜ「面接は複数回」という曖昧な表記があるのか。

なぜ「面接は複数回」という曖昧な表記があるのか。

求人情報では、面接の回数について曖昧な表記を見かけることがあります。
「面接は複数回」
「面接は2回もしくは3回」

なぜ「3年間は働きなさい」と言われるのか。

なぜ「3年間は働きなさい」と言われるのか。

社会では「3年間」をキーワードにした言葉をよく耳にします。
「3年間は学びなさい」
「3年間は働きなさい」

企業からの電話は、非通知でかかってくることもある。

企業からの電話は、非通知でかかってくることもある。

企業からの連絡は、非通知でかかってくることがあります。
非通知に対して着信拒否をしていると、相手は連絡を取りたくても取れません。
企業からの電話は、電話番号を通知するのが一般的ですが、必ずとは言い切れません。

なぜ企業は、非通知で電話をかけてくることがあるのか。

なぜ企業は、非通知で電話をかけてくることがあるのか。

企業からの電話は、非通知でかかってくることがあります。
非通知の受信拒否をしているなら、企業からの電話が受けられるよう、あらかじめ解除しておくと安心です。
電話に出られなかったときのことも考え、必ず留守番電話の設定もしておきましょう。

筆記試験で評価されるのは、点数だけとは限らない。

筆記試験で評価されるのは、点数だけとは限らない。

企業によっては、筆記試験が実施される場合があります。
筆記試験は、試験の点数で評価されますが、注意したいことがあります。
評価されるのは、試験の点数だけとは限りません。

筆記試験が悪ければ、確実に選考で落とされるのか。

筆記試験が悪ければ、確実に選考で落とされるのか。

「試験」という響きがあるためでしょうか。
「筆記試験は、高得点でなければ通過できない」と思いますが、そうとは限りません。
筆記試験の評価基準は、企業によってさまざまです。

なぜ文系が入社して最初の仕事は、営業なのか。

なぜ文系が入社して最初の仕事は、営業なのか。

「文系が入社すると、営業の仕事から始まる」
就職活動では、よく聞く話です。
企業にもよりますが、文系が入社して最初の仕事は、営業になるのが定番と言われています。

大学名で判断されることを、不公平と考えない。

大学名で判断されることを、不公平と考えない。

あまり大きな声では言えませんが、書類選考で注目されているのは、大学名です。
有名な大学かどうか。
大学の偏差値が高いかどうか。

年齢条件で、よくある見間違い。

年齢条件で、よくある見間違い。

求人広告の中では、年齢条件がよく見られます。
「25歳程度まで」「20歳から35歳まで」などです。
この年齢条件で、よくある見間違いがあります。

有利になる通勤時間。
不利になる通勤時間。

有利になる通勤時間。不利になる通勤時間。

通勤時間は、正直に答える必要があります。
通勤時間は平均時間ではなく、最短時間で答えます。
通勤時間については言い方の工夫が難しく、正直に答えるしかありません。

求人がなくなったから、募集もしていないとは限らない。

求人がなくなったから、募集もしていないとは限らない。

以前まで就職情報サイトに掲載されていた求人が、ある日突然、なくなることがあります。
普通に考えれば「求人の必要がなくなったから」と思うでしょう。
応募者が集まって定員に達したため、掲載がなくなったと思うのではないでしょうか。

採用担当者も、実は就職雑誌を読んでいる。

採用担当者も、実は就職雑誌を読んでいる。

採用担当者も、就職雑誌を読んでいる可能性は十分にあります。
必ずではありませんが、多くの採用担当者が参考にしていると考えていいでしょう。
採用担当者は「採用」という仕事を任されています。

就職活動で、推薦状を使うときのデメリット。

就職活動で、推薦状を使うときのデメリット。

推薦状は、ないよりあったほうがいいです。
大学教授からの推薦状があれば、客観的な人物評価もできるため、就職活動がスムーズになるでしょう。
高い学位を持つ教授がわざわざ推薦しますから、就職活動の武器になるのは確実です。

コネを使うときに覚悟しておきたい事情とは。

コネを使うときに覚悟しておきたい事情とは。

就職活動中に、コネの力を利用するべきでしょうか。
コネを使うのが悪いことなのかというと、そうとも言い切れません。
不正はいけませんが、コネはOKです。

社員の雰囲気には、自然と社内の事情が表れる。

社員の雰囲気には、自然と社内の事情が表れる。

OB・OG訪問や企業説明会では、確認したいポイントがあります。
社員が生き生きしているかどうかです。
OB・OG訪問や企業説明会では、露骨な質問を聞きにくいものです。

なぜ、非公開の求人が存在するのか。

なぜ、非公開の求人が存在するのか。

転職業界には「非公開の求人」というものが存在します。
「表向きは求人をしていないが、実際は求人をしている」という状態です。
一般には非公開であり、もちろんインターネットで検索しても出てきません。

採用担当者は、応募者の名前で検索している。

採用担当者は、応募者の名前で検索している。

本当です。
すべての企業ではありませんが、可能性は十分考えられます。
名前で検索すれば、その人の情報が出てくる時代です。

なぜ、筆記試験が存在するのか。

なぜ、筆記試験が存在するのか。

なぜ、筆記試験が存在するのか。
シンプルですが、深い質問です。
偏差値の高い大学なら、その大学に通う学生も、すべて優秀であるはずです。

なぜ、荷物置き場のない面接が多いのか。

なぜ、荷物置き場のない面接が多いのか。

面接では、荷物置き場が用意されないのが一般的です。
もちろん親切に荷物置き場を準備している企業もありますが、普通は荷物置き場がないと思っていいでしょう。
さて、ここで1つ疑問が浮かびます。

採用担当者にも、恐れていることがある。

採用担当者にも、恐れていることがある。

採用担当者にも恐れていることがあります。
採用に失敗することです。
採用担当者の立場になって考えてみましょう。

グループディスカッションが行われる、3つの理由。

グループディスカッションが行われる、3つの理由。

なぜ、グループディスカッションが行われるのか。
その理由は、3つあります。
(理由1)一度に大勢の選考ができる

不採用通知の後、選考通過の連絡が届いた。
結果が変わった理由とは。

不採用通知の後、選考通過の連絡が届いた。結果が変わった理由とは。

「不採用通知の後、選考通過の連絡をもらった」
一見すると不可解ですが、実際にあり得る状況です。
まれに不採用だった企業から、数日後、選考通過の連絡が届くことがあります。

卒業間近になると、急に募集枠が増える理由とは。

卒業間近になると、急に募集枠が増える理由とは。

大学を卒業するまで、ほんの数カ月。
卒業が近づく時期になっても内定がもらえていなければ、焦りもピークになるでしょう。
今まで就職活動して内定がもらえていなければ、残り数カ月では絶望的と思うかもしれません。

同じカテゴリーの作品