就職活動

面接に通る人と通らない人の
30の違い

11
6

面接に通らない人は、
面接を怖がる。
面接に通る人は、
面接を楽しむ。

面接に通らない人は、面接を怖がる。面接に通る人は、面接を楽しむ。 | 面接に通る人と通らない人の30の違い

面接に挑むときの気持ちで、選考に与える影響があります。

面接に通らない人は、面接を怖がります。

考えるのは、悪い展開ばかり。

「うまく話せるだろうか」

「圧迫面接があれば、嫌だな」

「不採用になったらどうしよう」

明るい展開は考えず、暗い展開ばかり考えます。

暗い展開ばかり考えるから、怖くなって、表情も悪くなる。

表情が悪くなるから、面接官にもよい印象を与えません。

「幽霊のような人が現れた」と思い、堅苦しい雰囲気がいっそう堅くなるのです。

 

一方、面接に通る人は、面接を楽しみます。

「面接をしに行く」というより「面接官との会話を楽しみに行く」と考えています。

「たくさん話を聞いてもらおう。自分をしっかり売り込むぞ」と考え、面接を楽しいイベントと考えています。

その心持ちは、自然と態度や表情に表れます。

面接を楽しもうという気持ちが、態度・表情・発言にも表れ、応募者から明るい雰囲気が漂います。

応募者が面接を楽しんでいるのは、面接官は見ればすぐわかります。

目をきらきら輝かせて、楽しそうに話すことが、立派な自己アピール。

そうした部分で差がつき、面接に通りやすくなるのです。

面接が怖いか楽しいかは、面接の問題ではなく、自分の心の問題です。

「怖い」と思えば、怖い面接になるでしょう。

「楽しむ」と思えば、楽しい面接になるでしょう。

心の持ちようが大切です。

面接に通る人と通らない人の違い(6)
  • 面接は、怖がるのではなく、楽しむ。
面接に通らない人は、スーツに着られている。
面接に通る人は、スーツに着慣れている。

もくじ
面接に通る人と通らない人の30の違い
面接に通らない人は、面接を怖がる。面接に通る人は、面接を楽しむ。 | 面接に通る人と通らない人の30の違い

  1. 面接に通らない人は、加点を狙う。<br>面接に通る人は、減点を避ける。
    面接に通らない人は、加点を狙う。
    面接に通る人は、減点を避ける。
  2. 面接に通らない人は、回答のすべてを覚える。<br>面接に通る人は、回答の要点だけ覚える。
    面接に通らない人は、回答のすべてを覚える。
    面接に通る人は、回答の要点だけ覚える。
  3. 面接に通らない人は、課程から話す。<br>面接に通る人は、結論から話す。
    面接に通らない人は、課程から話す。
    面接に通る人は、結論から話す。
  4. 面接に通らない人は、応募者の立場だけ経験する。<br>面接に通る人は、面接官の立場も経験する。
    面接に通らない人は、応募者の立場だけ経験する。
    面接に通る人は、面接官の立場も経験する。
  5. 面接に通らない人は、うつむきがちで、常に無表情。<br>面接に通る人は、前を向いて、常に笑顔。
    面接に通らない人は、うつむきがちで、常に無表情。
    面接に通る人は、前を向いて、常に笑顔。
  6. 面接に通らない人は、面接を怖がる。<br>面接に通る人は、面接を楽しむ。
    面接に通らない人は、面接を怖がる。
    面接に通る人は、面接を楽しむ。
  7. 面接に通らない人は、スーツに着られている。<br>面接に通る人は、スーツに着慣れている。
    面接に通らない人は、スーツに着られている。
    面接に通る人は、スーツに着慣れている。
  8. 面接に通らない人は、服装自由と言われ、私服で参加する。<br>面接に通る人は、服装自由と言われても、スーツで参加する。
    面接に通らない人は、服装自由と言われ、私服で参加する。
    面接に通る人は、服装自由と言われても、スーツで参加する。
  9. 面接に通らない人は、腕時計が派手。<br>面接に通る人は、腕時計がシンプル。
    面接に通らない人は、腕時計が派手。
    面接に通る人は、腕時計がシンプル。
  10. 面接に通らない人は、面接官の「楽にしてください」を信じる。<br>面接に通る人は、面接官の「楽にしてください」を信じない。
    面接に通らない人は、面接官の「楽にしてください」を信じる。
    面接に通る人は、面接官の「楽にしてください」を信じない。
  11. 面接に通らない人は、能力で差をつけようとする。<br>面接に通る人は、人間性で差をつけようとする。
    面接に通らない人は、能力で差をつけようとする。
    面接に通る人は、人間性で差をつけようとする。
  12. 面接に通らない人は「お願いいたします」と言いながら、お辞儀をする。<br>面接に通る人は「お願いいたします」と言ってから、お辞儀をする。
    面接に通らない人は「お願いいたします」と言いながら、お辞儀をする。
    面接に通る人は「お願いいたします」と言ってから、お辞儀をする。
  13. 面接に通らない人は、歩きながら挨拶をする。<br>面接に通る人は、立ち止まってから挨拶をする。
    面接に通らない人は、歩きながら挨拶をする。
    面接に通る人は、立ち止まってから挨拶をする。
  14. 面接に通らない人は、まったく前置きがない。<br>面接に通る人は、適切な前置きがある。
    面接に通らない人は、まったく前置きがない。
    面接に通る人は、適切な前置きがある。
  15. 面接に通らない人は、隣の人の話を聞いていない。<br>面接に通る人は、隣の人の話も聞いている。
    面接に通らない人は、隣の人の話を聞いていない。
    面接に通る人は、隣の人の話も聞いている。
  16. 面接に通らない人は、自分だけ受かろうとする。<br>面接に通る人は、みんなで受かろうとする。
    面接に通らない人は、自分だけ受かろうとする。
    面接に通る人は、みんなで受かろうとする。
  17. 面接に通らない人は、ちらっと時計を見る。<br>面接に通る人は、きちんと面接官を見る。
    面接に通らない人は、ちらっと時計を見る。
    面接に通る人は、きちんと面接官を見る。
  18. 面接に通らない人は、精神論と大げさな副詞で説得する。<br>面接に通る人は、方法論と具体例で説得する。
    面接に通らない人は、精神論と大げさな副詞で説得する。
    面接に通る人は、方法論と具体例で説得する。
  19. 面接に通らない人は、きれいな答えを心がける。<br>面接に通る人は、自分らしい答えを心がける。
    面接に通らない人は、きれいな答えを心がける。
    面接に通る人は、自分らしい答えを心がける。
  20. 面接に通らない人は、自己PRや志望動機を、どの企業にも使い回す。<br>面接に通る人は、自己PRも志望動機も、企業ごとに変える。
    面接に通らない人は、自己PRや志望動機を、どの企業にも使い回す。
    面接に通る人は、自己PRも志望動機も、企業ごとに変える。
  21. 面接に通らない人は、若者言葉を使う。<br>面接に通る人は、礼儀正しい言葉を使う。
    面接に通らない人は、若者言葉を使う。
    面接に通る人は、礼儀正しい言葉を使う。
  22. 面接に通らない人は、短所をひたすら隠す。<br>面接に通る人は、短所を長所として表現する。
    面接に通らない人は、短所をひたすら隠す。
    面接に通る人は、短所を長所として表現する。
  23. 面接に通らない人は「本当は働きたくない」と思っている。<br>面接に通る人は「本当に働きたい」と思っている。
    面接に通らない人は「本当は働きたくない」と思っている。
    面接に通る人は「本当に働きたい」と思っている。
  24. 面接に通らない人は、持っている資格をすべて答える。<br>面接に通る人は、仕事に関係した資格だけ答える。
    面接に通らない人は、持っている資格をすべて答える。
    面接に通る人は、仕事に関係した資格だけ答える。
  25. 面接に通らない人は、不快な質問に腹を立てる。<br>面接に通る人は、不快な質問を喜ぶ。
    面接に通らない人は、不快な質問に腹を立てる。
    面接に通る人は、不快な質問を喜ぶ。
  26. 面接に通らない人は、自信を表現しようとして横柄になる。<br>面接に通る人は、自信を持っても、謙虚は忘れない。
    面接に通らない人は、自信を表現しようとして横柄になる。
    面接に通る人は、自信を持っても、謙虚は忘れない。
  27. 面接に通らない人は、とにかく残業を嫌がる。<br>面接に通る人は、残業に協力的。
    面接に通らない人は、とにかく残業を嫌がる。
    面接に通る人は、残業に協力的。
  28. 面接に通らない人は、本番だけ入念。<br>面接に通る人は、準備と復習も入念。
    面接に通らない人は、本番だけ入念。
    面接に通る人は、準備と復習も入念。
  29. 面接に通らない人は、答える順が普通。<br>面接に通る人は、答える順がユニーク。
    面接に通らない人は、答える順が普通。
    面接に通る人は、答える順がユニーク。
  30. 面接に通らない人は、面接室にいる間だけ面接だと考える。<br>面接に通る人は、家から出て、戻るまでが面接だと考える。
    面接に通らない人は、面接室にいる間だけ面接だと考える。
    面接に通る人は、家から出て、戻るまでが面接だと考える。

同じカテゴリーの作品