人生の教科書



就職活動

インターンシップの
30のマナー

  • インターンシップができるのも、
    学生の特権。
インターンシップの30のマナー

もくじ

1
★0

インターンシップができるのも、学生の特権。

仕事をイメージできる手段は、数多くあります。 書籍・雑誌・テレビ・インターネット。 企業説明会・OB・OG訪問などです。 さて、ここで質問です。 数ある手段の中でも、最も具体的に仕事をイメージできる手段は何でしょうか。 正解は、インターンシップです。 インターンシップとは、学生が在学中に、実務能力の育成や職業選択の準備のため、一定期間、企業内で仕事を体験する制度です。 実際に企業の中に入って仕事をさせてもらえるため、他の手段とは比較にならないほど、具体的にイメージできます。 インターンシップには、大きく分けて2種類あります。 「短期のインターンシップ」と「長期のインターンシップ」です。 どちらでも自由ですが、より具体的に仕事をイメージしたければ、長期がおすすめです。 やはり社会で働くことを理解するには、ある程度の期間が必要です。 短期より長期のほうが、時間に余裕があるため、社会常識やビジネスマナーも身につきやすくなります。 社員とも、時間があるからこそ親しくなれ、親しくなるから濃い指導が受けられるでしょう。 もしかすると、普通の書籍では知ることのできない企業の裏側を見るきっかけになるかもしれません。 貴重な人脈を作るきっかけになる可能性も、ゼロではないのです。 インターンシップは任意ですが、余裕がある人は、ぜひ検討してみてください。 インターンシップができるのも、学生の特権なのです。 仕事を最も具体的にイメージしたければ、インターンシップに参加する。

2
★0

インターンシップとアルバイトとの違いとは。

インターンシップとアルバイトは、違います。 それぞれの違いを、辞書を引いて調べてみましょう。 アルバイトとは何か。 アルバイトとは、収入を得るための仕事をすることです。 「収入を得るため」という前提から分かるとおり、アルバイトの目的は「報酬」です。 もちろん経験・人脈などを求める人もいるでしょうが、あくまで付随です。 アルバイトは、働く対価として報酬が支払われます。 一方、インターンシップとは何か。 インターンシップとは、学生が一定期間、企業内で就業体験することです。 「企業内で就業体験する」という前提から分かるとおり、インターンシップの目的は「就職支援」です。 インターンシップは、原則、無報酬です。 報酬が支給される企業もありますが、あくまで一部であり、報酬を目的に参加するものではありません。 具体的な就業体験を通して、社会の現場や働くことを理解してもらい、就職活動に役立ててもらうのが狙いです。 このように、インターンシップとアルバイトは、まったく別物です。 「アルバイトの目的は報酬。インターンシップの目的は就職支援」 こう覚えておくと、分かりやすいでしょう。 インターンシップとアルバイトの違いを、把握する。

3
★0

インターンシップの情報は、どこで入手すればいいのか。

インターンシップの情報は、どこで入手すればいいのでしょうか。 友達・新聞・雑誌。 小さな情報源は数多く存在しますが、あまり主要ではありません。 インターンシップの主要な情報源は、大きく分けて3つあります。 企業のウェブサイト・就職情報サイト・就職課です。 (1)企業のウェブサイト 興味のある企業がはっきりしている場合におすすめなのが、企業のウェブサイトです。 企業のウェブサイトに直接アクセスして、採用情報を確認しましょう。 インターンシップを受け付けているのかはっきりしない場合は、企業に問い合わせてみるのも一案です。 (2)就職情報サイト 就職情報サイトでも、インターンシップを受け付けている企業が数多く掲載されています。 興味のある企業ははっきりしていないが、就職したい業界がはっきりしている場合におすすめです。 ある業界のインターンシップの情報を幅広く入手するには、効率のよい手段です。 (3)大学の就職課 大学の就職課でも、インターンシップの情報が確認できるはずです。 就職課の最大のメリットは、アドバイスです。 就職課の職員は、就職に関するベテランです。 初めてのインターンシップは、誰でも不安になるでしょう。 インターンシップの不安を職員と相談をしながら調べれば、スムーズかつ有益な情報が得られるはずです。 インターンシップの情報は、インターネットと就職課を利用して入手する。

4
★0

インターンシップによって得られる、4つのメリット。

インターンシップをすれば、どのようなメリットがあるのでしょうか。 大きく分けて、次の4つのメリットがあります。 (1)面接で話題になる インターンシップの経験があれば、面接で話題にできます。 実際にインターンシップを経験すれば、話が具体的になり、説得力を増す効果もあります。 たとえば、志望動機にインターンシップを絡めて紹介すれば、具体性が増し、印象的なアピールになるでしょう。 具体的な経験は人の心を動かすため、強い説得力へと変わるのです。 (2)業界研究・企業研究に役立つ 就業体験は、社会勉強になります。 正社員としての働き方を知ることで、仕事への理解が深まります。 社会の仕組みや厳しさだけでなく、社会の裏側を知るきっかけにもなり、視野が広がるに違いありません。 それらの経験は、今後の就職活動における、貴重な参考情報になるはずです。 (3)社会性が身につく 社会常識もビジネスマナーも、座学では限界があります。 社会人としてのマナーや常識は、やはり仕事を通して社会人と接しているとよく身につきます。 インターンシップを経験することで、社会人としての常識やビジネスマナーなどが習得しやすくなります。 (4)人脈ができる 同じインターンシップに参加した学生と知り合うこともできます。 定期的に連絡を取り合って情報交換をすれば、就職活動の力強い仲間になることでしょう。 実際に企業の中で働くと、その社員と知り合うことになります。 これは、人脈形成に役立ちます。 就職できなかったとしても、その企業に知り合いがいることは、今後の人生の大きな資産になるはずです。 インターンシップによって得られる、4つのメリットを把握する。

5
★0

企業がインターンシップを実施する、本当の目的とは。

なぜ、企業はインターンシップを実施するのか。 「社名や商品をアピールできる」 「学生に、就業体験の場を提供したい」 「社員の補助的な仕事を対応してほしい」 こうした理由もありますが、企業がインターンシップを実施する本当の理由は、もっと別のところにあります。 企業は、インターンシップを「非公式の選考活動」と考えているのです。 いきなり面接をして採用するのは、企業にとってリスクがあります。 いくら履歴書が立派で面接が完璧でも、実際に仕事をしている様子を見たわけではありません。 「仕事ができる人物」と思って採用したが、実際に働かせてみると、まったく仕事ができない場合もあります。 一度正社員として雇用したからには、解雇しにくい現実もあります。 そうした面接の失敗を防ぐため、企業はインターンシップを活用して、興味のある学生を集めます。 企業内で実際に仕事を対応してもらうことで、仕事に取り組む様子を確認しつつ、裏では評価しています。 企業から高い評価を得られれば、選考では優遇され、内定につながる場合があります。 場合によっては、そのまま採用されることもあります。 つまり、インターンシップは、優秀な人材を発掘するスカウトの場として活用されている現実があるのです。 インターンシップは、非公式ではあるものの、事実上の選考活動です。 参加するなら、安易な気持ちではなく、引き締めた気持ちで挑むことが大切です。 インターンシップは、非公式の選考活動でもあると考える。

6
★0

インターンシップにおける、企業と学生のメリット。

インターンシップは、企業にも学生にもメリットがあります。 メリットという言葉は、やましく聞こえるかもしれませんが、企業もボランティア活動をしているわけではありません。 何らかの意図があるから、インターンシップを実施しています。 企業によって、インターンシップを行う意図はさまざまですが、おおむね次のような内容が一般的です。 ▼企業側のメリット ・仕事の一部をお手伝いしてもらえる ・採用候補者を探すことができる ・学生たちをモニターとして、市場調査ができる ・社名や商品を学生たちに認知させ、波及効果を期待できる ・学生を育てる役割を訴えることで、企業の印象を高めることができる ▲ 次に、学生側のメリットを見ていきましょう。 学生にとってインターンシップの魅力といえば、まず就業体験ですが、ほかにも魅力は存在します。 学生がインターンシップを通して得られるメリットは、おおむね次のような内容が一般的です。 ▼学生側のメリット ・社会人として働く様子を具体的に確認できる ・仕事に必要な知識・技術・意識などを学ぶことができる ・社会人との人脈ができる ・社員から業界や仕事の詳しい話を聞くことができる ・自分を売り込む場として活用できる ・インターンシップの経験は、自己PRや志望動機のネタになる ▲ インターンシップにおける、企業と学生のメリットを把握する。

7
★2

興味がない企業でも、インターンシップをすべきなのか。

まったく興味がなければ、無理にインターンシップに参加する必要はないでしょう。 もちろん興味ない企業でも、何らかの発見はあるかもしれません。 企業の中に入って正社員としての働き方を知ることで、仕事への理解が深まります。 社会の仕組みや厳しさだけでなく、社会の裏側を知るきっかけにもなり、視野が広がるに違いありません。 インターンシップの経験は、アルバイトと同様、貴重な経験になるでしょう。 しかし、インターンシップは、ある程度の時間を要します。 学生なら、本業である学業で忙しいことでしょう。 就職活動には、大きなお金が必要です。 貯金のためにアルバイトをしている人もいるはずです。 インターンシップをするからには、やはり、できるだけ興味の範囲で選択するのが適切です。 もし、学業で忙しければ「インターンシップをしない」という選択肢もあります。 必須の制度ではありません。 「できればしておきたい」という程度です。 インターンシップは、社会をイメージするのに役立つ一方、時間を消費する側面もあるため、総合的に考える必要があります。 自分の将来を見すえた上で、参加は慎重に判断しましょう。 興味のある企業に、インターンシップをする。

8
★0

短期と長期では、得られるものが違う。

インターンシップは、大きく分けて2種類あります。 「短期のインターンシップ」と「長期のインターンシップ」です。 まず、短期のインターンシップをたくさん経験するのもいいでしょう。 特に学業・アルバイト・サークルなどに忙しい人には、短期のほうが好都合のはずです。 短い期間でも就業体験ができれば、貴重な経験になるに違いありません。 しかし、実際のところ、短期のインターンシップは「見学」に近い状態になりがちです。 短期であるゆえに、何かを理解することや習得するには、短すぎます。 見て、聞いて、触って、知ることはできても、深めるための時間が十分ではありません。 短期では、理解や習得をする前に、インターンシップが終わってしまうのです。 自己成長という点で考えるなら、おすすめは長期のインターンシップです。 やはり社会で働くことを理解するには、ある程度の期間が必要です。 仕事の仕方・厳しさ・仕組みを理解するだけではありません。 社会常識やビジネスマナーを習得するにも、時間があるからこそ慣れることができ、身につきます。 また、社員と仲良くなるためにも、やはり時間は必要です。 時間があるからこそ親しくなれ、親しくなるから濃い指導が受けられるでしょう。 インターンシップの選び方は個人の自由ですが、自己成長を目的とするなら、長期がおすすめです。 自己成長を目的とするなら、短期より長期を選ぶ。

9
★2

インターンをするのに最も適した時期とは。

インターンシップに参加する学生の大半は、大学3年生です。 就職活動前という時期として、ちょうどいい頃合いです。 しかし、インターンシップに参加した学生は、みんな口を揃えて、こう言います。 「もっと早く参加しておけばよかった」と。 なぜでしょうか。 考えてみれば、単純です。 3年生になって、初めてインターンシップを体験したとします。 ほとんどの学生が貴重な体験ができ、社会性が身についたり、視野が広がったりする経験を得ることができます。 ところが現実では、インターンシップが終われば、すぐ就職活動が始まります。 将来を考える時間に余裕がありません。 自分の弱点を把握できたとしても、十分に克服する時間がありません。 手遅れではありませんが、余裕があるとも言いがたい。 その結果「もっと早く参加しておけばよかった」と思うのです。 では、インターンシップをするのに最も適した時期とはいつでしょうか。 大学1年生や2年生なのです。 インターンシップは、企業から対象学年を指定されていなければ、大学1年生や2年生でも参加できます。 社会のことを知るのは、できるだけ早いほうがいい。 将来について考える余裕を作りたければ、やはり早いほうが得策です。 貴重な体験をしておけば、将来について考える余裕ができます。 もちろん学業との兼ね合いもあるため、すべての学生に勧めるわけではありませんが、早い行動は無駄にならないはずです。 余裕があれば、大学1年生や2年生からの参加をおすすめします。 余裕があれば、大学1年生や2年生からの参加に挑戦する。

10
★0

インターンシップの選考で落ちた場合、その企業への就職も諦めたほうがいいのか。

企業によっては、インターンシップ前に、審査を行う場合があります。 履歴書による書類選考や面接などです。 これらは「選考」というより「熱意や意欲の確認」が目的です。 企業は、希望者をすべて受け入れたくても、難しい場合があります。 倍率の高い企業の場合「できるだけ熱意や意欲のある学生に参加してほしい」と思い、やむなく選考を行うのです。 さて、ここで1つ、疑問が浮かびます。 インターンシップの選考で落ちた場合、その企業への就職も諦めたほうがいいのでしょうか。 答えは、NOです。 まず気づいてほしいのが、インターンシップの不合格は、就職の不採用とは意味が異なります。 インターンシップの不合格は、あくまでインターンシップを対象にした不合格です。 企業側の都合により、不合格になった可能性が高いと考えていいでしょう。 単に、先着順や抽選で参加者を選ぶ企業もあります。 インターンシップで不合格になったとしても、その企業の就職まで諦める必要はないのです。 たとえば、別の時期にインターンシップを開催していないか、確認してみましょう。 企業によっては、夏休み以外の時期にも、インターンシップを開催している場合があります。 時期を変えて再び応募すれば、次は参加ができるかもしれません。 また、無理を承知で、もう一度お願いするのもいいでしょう。 企業にとってインターンシップは、スカウトの場として活用している現実があります。 そういう意味では、熱意と意欲のある学生は歓迎するはずです。 「見学だけでもかまいません。お願いします」と熱意を見せるくらいは、迷惑ではないでしょう。 もしかすると、例外として受け入れてもらえるかもしれません。 インターンシップで不合格になっても、その企業への就職まで諦めないようにする。

11
★0

インターンシップを募集していない企業は、諦めるしかないのか。

インターンシップをしたくても、できない場合があります。 たとえば、インターンシップの募集があっても、すでに締め切っている場合です。 もしくは、最初からインターンシップを募集していない企業もあります。 受け付けていなければ、諦めるのが普通です。 しかし、もう少し別の試みをしてみましょう。 インターンシップは、正社員としての業務を体験できる貴重な機会です。 扉が閉まっていても、こじ開けるくらいの意気込みを持ち、積極的な行動を心がけましょう。 試みたい手段は、次の2つです。 (1)無理を承知で問い合わせる 募集を締め切っていても、無理を承知で問い合わせてみましょう。 最初からインターンシップを募集していない企業でも、何とか受け入れてもらえないか、問い合わせてみます。 「お願いします」「御社が第1志望です」など、説得も必要です。 可能性は低いですが、応募者の熱意と意欲を見せれば、受け入れてもらえる場合があります。 (2)興味のある業種で体験 問い合わせてもやはり無理なら、別の選択肢があります。 興味のある企業で難しければ、興味のある業種で体験してみます。 業種まで幅を広げれば、選択肢は広がるでしょう。 業種が同じなら、仕事内容は共通している部分も多いはずです。 募集を締め切っていても、出席したい気持ちが強ければ、無理を承知で問い合わせてみる。

12
★0

「全日程に出席できる方」という条件は、諦めるしかないのか。

インターンシップで、やっかいな条件があります。 「全日程に出席できる方」という条件です。 実施時期によっては、全日程では都合が悪い人が多いでしょう。 何らかの都合で、1日だけ出席できない場合もあるはずです。 たった1日出席できないだけで、インターンシップを諦める場合も多いのではないでしょうか。 最初からすぐ諦めるのはよくありません。 この場合、無理を承知で、一度企業に問い合わせすることをおすすめします。 企業に強い興味があり、出席したいことを伝えましょう。 「募集条件から外れていますが、熱意と意欲はありますので、チャンスを与えていただけないでしょうか」 「御社への興味は誰にも負けません。何とか参加させていただけないでしょうか」 熱意と意欲を見せつつ、丁寧な言葉遣いでお願いしてみましょう。 就職活動では、自分で可能性を切り開く積極性が大切です。 最初から諦めるのではなく、無理を承知でアプローチする勇気も必要です。 もしかすると、例外として認められるチャンスに恵まれるかもしれません。 全日程では都合が悪い場合でも、無理を承知でお願いしてみる。

13
★0

インターンシップでは、どのような仕事を任されるのか。

インターンシップの仕事内容は、企業によります。 業種や職種によって、仕事内容はまったく違うと思っていいでしょう。 「初心者だから、簡単な仕事が中心になるだろう」と思っていませんか。 いいえ、そうとは限りません。 アルバイトとは違い、インターンシップは、最初から難しい仕事を任される場合が多いのが特徴です。 就業体験をしてもらうからには、難易度も、必然的に高くなる傾向があります。 社会人の厳しい世界にいきなり飛び込みますから、覚悟が必要と思っていいでしょう。 インターンシップでも、社員にひどく叱られる場合もあります。 残業が必要になる場合もあります。 企業のウェブサイトにアクセスして、インターンシップの業務内容について確認しましょう。 もし、記載がなければ、メールや電話などで問い合わせる方法も一案です。 事前にイメージしている仕事と異なると分かれば、別の企業のインターンシップを検討する必要もあります。 一度参加を始めるからには、最後までやり遂げることが大切です。 安易な気持ちで参加するのではなく、事前の調査をしっかりしておきましょう。 事前に、インターンシップで行われる仕事内容を確認する。

14
★0

インターンシップの面接で聞かれる、定番の質問。

インターンシップでは、面接が行われる場合があります。 就業体験ですが、やはり企業としては、軽い気持ちで参加してほしくありません。 企業は「できるだけ熱意と意欲のある学生に参加してほしい」と考えています。 本音としては、インターンシップを非公式の選考活動と位置付けているため、より士気の高い学生を求めています。 インターンシップとはいえ、事前に書類選考や面接が行われる場合があるのです。 さて、インターンシップの面接で聞かれる定番の質問が、5つあります。 (1)「なぜ、インターンシップをしようと思ったのか」 (2)「なぜ、当社でインターンシップがしたいのか」 (3)「今回のインターンシップでは、何を得たいのか」 (4)「学校やアルバイトとの両立はできるか」 (5)「当社への就職を予定しているか」 この5つの質問は、どの企業の面接でも聞かれる可能性があります。 事前に考えを整理して、しっかり答えられるように準備しておきましょう。 インターンシップで聞かれる、定番の質問への答えを準備しておく。

15
★0

インターンシップを通してビジネスマナーを学ぶのでは、遅い。

インターンシップで油断しやすいのが、ビジネスマナーです。 「ビジネスマナーは、インターンシップを通して学べばいい」 そう思っている人が多いのですが、好ましい姿勢ではありません。 たしかにインターンシップではビジネスマナーを学べますが、インターンシップに頼っていると、後悔するでしょう。 基本的なビジネスマナーができていなければ、社員に迷惑をかけたり、仕事に影響を出したりすることがあります。 仕事以前に言葉遣いを注意され、肝心の就業体験に集中できなくなるのです。 インターンシップへの参加が決まれば、事前にビジネスマナーを学んでおくことをおすすめします。 本でも、雑誌でも、インターネットでもかまいません。 基本的な挨拶。 電話における受け答え。 報告・相談・連絡をするときの言葉遣い。 予習と考えれば、イメージしやすいでしょう。 勉強でも、予習したほうが身につきやすいように、インターンシップも、予習したほうが身につきやすくなります。 予習をしておけば、インターンシップで身につく速さや度合いに違いが出てきます。 わずかな予習を惜しまないことです。 もちろんすべてを学ぶのは難しいですが、せめて基本的なビジネスマナーくらいは押さえたいところです。 座学で学んだビジネスマナーを、現場で実践してみると考えるといいでしょう。 予習をしておけば、いっそう有意義なインターンシップになります。 インターンシップへの参加が決まれば、ビジネスマナーを予習しておく。

16
★0

インターンシップの参加は、学校に報告する必要があるのか。

インターンシップに参加するときに抱く疑問があります。 学校への報告です。 インターンシップの参加は、学校に報告する必要があるのでしょうか。 まず学校から事前に指示されていなければ、学校への報告は任意です。 報告してもいいし、報告しなくてもいい。 あくまで自分の意思で参加しますから、学校へ報告しなければいけないわけではありません。 報告が面倒という人は、報告しなくても問題ないはずです。 ただし、連絡しておくほうが便利な場合があります。 企業によっては、インターンシップ中のけが・病気・過失などに備え、保険の加入を義務づけていることがあります。 たとえば、災害傷害保険や賠償責任保険などです。 中には、学生が自分で加入手続きをしなければならない場合があります。 あらかじめ学校に報告しておけば、手続きの不明点があれば、手助けしてくれるでしょう。 また、積極的に行動する姿勢を学校に見せておけば、追加のサポートが受けられる可能性もあります。 熱意と意欲は、隠すものではなく、見せるものです。 熱心に就職活動をする人は、やはり応援したくなるもの。 それは、学校も同じです。 学校への報告は任意ですが、今後のサポート面を考えると、できれば報告しておくことをおすすめします。 インターンシップに参加する場合、できれば学校に報告する。

17
★0

インターンシップに、ふさわしい服装とは。

インターンシップも、就職活動の一環です。 ましてや、企業の中に入って就業体験をしますから、服装は当然、スーツが好まれます。 インターンシップに参加する予定があるなら、事前にスーツを購入しておきましょう。 女性なら、ブラウスとスカートの組み合わせが無難です。 基本的な服装としては、面接のときと同じです。 ただし、すべての企業がスーツでなければいけないわけではありません。 企業によっては、自由な服装で仕事をしているところもあります。 インターンシップでも、自由な服装でよいと言われるかもしれませんが、油断は禁物です。 インターンシップは、最初が肝心です。 自由な服装を許可している企業でも、初日くらいは誠意を見せるため、スーツで出社することをおすすめします。 第一印象がよければ、きっと気持ちよくインターンシップを始められるはずです。 インターンシップは、スーツで出社する。

18
★0

ビジネスの場にふさわしい身だしなみを心がける。

インターンシップは、スーツが基本です。 企業の中に入って就業体験をしますから、服装はスーツが好まれます。 たとえ、自由な服装でよい企業でも、初日くらいは誠意を見せるため、スーツで出社するのが得策です。 ただし、気をつけるのはスーツだけではありません。 インターンシップにふさわしい身だしなみは、面接を受けるときと同じです。 基本は、黒髪です。 髪を染めているなら、黒に戻しましょう。 女性の場合、ショートヘアでもロングヘアでもかまいませんが、清潔感が出るようにします。 カバン・メガネ・腕時計・ワイシャツ・ネクタイ・ベルト。 身につける物はすべて、ビジネスの場にふさわしい、シンプルで落ち着いたものを選びましょう。 ファッション性やブランド名が目立つタイプは、NGです。 女性の場合、アクセサリーは、シンプルで落ち着いたものなら身につけてもいいですが、なくても大丈夫です。 靴も、サンダル・スニーカー・ローファーなど、カジュアルな靴はNGです。 ビジネス用のシューズを履きましょう。 カバンは、A4サイズの書類が収まるビジネスバッグが便利です。 ハンカチとティッシュは、常備です。 堅苦しいと思うかもしれませんが、企業で就業体験をさせてもらうのです。 ビジネスの場にふさわしい身だしなみで、参加しましょう。 ビジネスの場にふさわしい身だしなみを心がける。

19
★0

インターンシップに参加する際、一番大切な心がけとは。

インターンシップは、軽い気持ちで参加するのはNGです。 「就職にいいらしいから、適当に参加してみよう」 「とりあえず参加して、嫌になれば辞めればいい」 安易な考えで参加するのは、好ましくありません。 消極的な姿勢では、学べることも少なくなります。 インターンシップも、就職活動の一環です。 インターンシップに参加するからには、安易な気持ちではなく、真剣な気持ちで参加することが大切です。 インターンシップに参加する際、一番大切な心がけとは何か。 「やり遂げる」という気持ちです。 インターンシップに参加するからには、仕事をやり遂げる決意を抱きましょう。 任された仕事は、最後までやり遂げる。 1人で無理なら、仲間と協力してやり遂げる。 全日程を、無遅刻・無欠席でやり遂げる。 途中で投げ出すことなく、責任を持って、最後まで完全に対応する姿勢が大切です。 「やり遂げる」をキーワードにして、あらゆる仕事に全力を注ぎましょう。 インターンシップでやり遂げた経験は、自信にもつながるはずです。 インターンシップは「やり遂げる」という気持ちで、参加する。

20
★1

インターンシップは、自分を売り込む絶好の機会。

インターンシップは、非公式の選考活動になっている現実があります。 もちろんすべての企業がそうだとは限りません。 中には「学生の社会経験を手伝いたい」と考える企業もあるでしょう。 しかし、やはり実際は、人と接しますから、評価を見られる現実があります。 非公式ではありますが、企業はインターンシップで優秀な学生がいれば「ぜひ入社してもらいたい」と考えています。 実際に仕事の様子を見てから採用することになれば、企業にとっても面接の失敗のリスクを抑えることができるのです。 その状況を逆に考えれば、学生にとっても有利です。 インターンシップ先の企業が、第1志望の場合、学生にとってはチャンスです。 熱意と意欲ある働きぶりを見せれば、企業に自分をアピールする場にもなります。 だからこそ、インターンシップでは、本気になって参加することが大切です。 報告・相談・連絡など、仕事の基本を徹底します。 与えられた仕事は、最後までやり遂げましょう。 自分を売り込むつもりで、積極的な働きぶりを見てもらうのです。 「よく頑張る学生だな」 「ぜひ、当社で正社員として働いてほしい」 そう思わせるような働きぶりを見せれば、内定に有利になるはずです。 インターンシップは、自分を売り込む絶好の機会なのです。 インターンシップを通して、自分を売り込む。

21
★0

形式上は体験であるが、体験という意識は忘れたほうがいい。

インターンシップは、就業体験です。 形式上としては体験ですが「体験」という意識は忘れたほうがいいでしょう。 インターンシップは、就業体験であると同時に、非公式の選考活動です。 就業体験と言いつつ、企業はあなたを裏で評価しています。 評価されるからには、中途半端な姿勢で挑むのは得策ではありません。 参加するからには、本気で仕事を対応することが大切です。 まず無遅刻・無欠席は、基本です。 報告・相談・連絡という仕事の基本も、徹底します。 大きな声で「おはようございます」という挨拶をして、お世話になったときは「ありがとうございます」とお礼を言います。 仕事は、受け身になるのではなく、積極的に取り組む姿勢で挑みましょう。 学べる量は、積極性に比例して、多くなります。 「すでに本格的な仕事が始まっている」 そう思って取り組むほうが、あなたにとっても、学べることが多くなるはずです。 参加するからには、本番の仕事と思い、本気で対応するつもりで参加しましょう。 本気で取り組む姿勢を見せたほうが、企業もあなたを高く評価するでしょう。 「見られている。評価されている」と考えて、積極的に取り組むことが大切なのです。 インターンシップとはいえ、本気で取り組む。

22
★1

インターンシップを有意義にするコツ。

インターンシップを有意義にするコツがあります。 まったく難しいことではありません。 社員を、名前で呼ぶことです。 これだけで、インターンシップの成り行きはまったく違ってきます。 たとえば、学生が社員に質問するとき、次の2つの状況があるとします。 (1)「質問があります」 (2)「○○さん、質問があります」 どちらのほうが印象よく感じましたか。 おそらく2番のはずです。 名前を呼んでくれると、誰でも嬉しく感じるものです。 相手を尊重している印象が出るため、あなたの印象がよくなるのです。 「○○さん、質問があります」と言われれば「よし。力になってあげよう」と思うでしょう。 名前で呼ぶと、仲良くなりやすくなります。 分からないことを、教えてもらいやすくなります。 その結果、仕事もやりやすくなり、インターンシップがいっそう有意義になるのです。 名前で呼ぶためにも、インターンシップが始まれば、積極的に名前を覚えましょう。 名前を呼びながら、コミュニケーションをする。

23
★0

中途半端な気持ちで参加すると、後輩に迷惑がかかる。

インターンシップを中途半端な気持ちで参加するのは、NGです。 学べることが少なくなったり、企業に迷惑がかかったりするだけではありません。 一番迷惑がかかるのは、大学の後輩たちです。 企業内でのインターンシップの態度が悪いと、企業はその学生だけでなく、大学に悪い印象を抱きます。 「態度が悪ければ、悪い印象はその人だけではないか」と思いますが、現実は違うのです。 「人」という単位ではなく「大学」という単位で見る傾向があります。 「○○大学の学生は態度が悪い」という印象ができると、なかなか消えません。 今後、同じ大学の学生がその企業をインターンシップするとき、偏見や先入観で見られやすくなるでしょう。 「自分は大学の代表者」という気持ちになることが大切です。 大学の看板を背負っていると分かれば、いかに重要であるか認識できるでしょう。 大学の代表者のつもりで、インターンシップに参加する。

24
★0

一緒に参加する学生と仲良くなる。

インターンシップで仲良くしたいのは、社員だけではありません。 一緒に参加する学生がいれば、仲良くなりましょう。 自分のことで頭がいっぱいになるかもしれませんが、やはり周りへの気配りも大切です。 まず挨拶は、自分から積極的に声をかけましょう。 もちろん過度の雑談は慎むべきですが、仕事上の内容なら、どんどん話しかけましょう。 仕事上の会話は、すればするほど、仕事の質もよくなると同時に親交も深められます。 仲間ができれば、インターンシップでの心の支えになります。 学生同士で情報交換をすれば、今後の就職活動に役立つでしょう。 インターンシップで得た仲間が、今後の就職活動の支えになるかもしれません。 1人だけで孤立するのではなく、一緒に参加する学生とも仲良くなる。

25
★0

参加することに意義があるのではない。
何かを得ることに意義がある。

「インターンシップに参加したが、何も得られなかった」 そんな状態があるとします。 就業内容が悪い印象を受けますが、きっと悪い原因は、別のところにあります。 本当に悪いのは、本人の意識です。 「参加さえすればいい」 おそらく、そうした安易な気持ちで参加したのでしょう。 「参加さえすればいい」という考えでは、大きな意義は見いだせないでしょう。 消極的な姿勢では、どんな体験でも、得られることが少なくなります。 学ぶ意識が低ければ、何をやっても無益です。 時間をかけて体験したものの、得られることがないのは、本当に無駄なのです。 インターンシップの意義とは何か。 インターンシップは、参加することに意義があるのではありません。 何かを得ることに意義があるのです。 企業の中に入り、実際に就業体験をすることで得られることがあります。 まず、仕事に必要な知識や技術を得ることです。 勉強不足であることに気づかされることもあれば、社会人としての常識やマナーを得ることもあるでしょう。 思わぬ、社会の実態や裏事情を知ることもあるはずです。 社員との人脈を得ることもあれば、一緒に参加した学生と友達になることもあります。 何かを得ることに意義があるのです。 インターンシップの意義は、得られる量に比例します。 何かを得れば得るほど、インターンシップの意義も大きくなるのです。 できるだけたくさん得て、大きな意義を見いだす。

26
★0

インターンシップ中に「辞めたい」と思ったときの対処。

インターンシップに参加するからには、最後まで参加することが大切です。 ただし、事情があって、インターンシップ中に「辞めたい」と思うことがあります。 有意義と思って参加したが、イメージと違っていた。 体調が著しく悪くなって、参加の継続が難しくなった。 急に親が倒れて、帰省しなければいけなくなった。 仕方ない事情もあるはずです。 さて「辞めたい」と思ったとき、どうするか。 まず気をつけたいのが、一方的な主張です。 辞めたくなったとき、突然「今日で辞めます」と言って、自分の都合を押し付ける言い方は好ましくありません。 企業は、参加する学生のために、机・パソコン・資料などを用意して、時間や経費をかけています。 企業の努力を考えれば、一方的な主張は好ましくないと理解できるでしょう。 必要なのは、相談です。 余裕のない状況かもしれませんが、まず職場の代表者と相談しましょう。 辞めたくなった理由を落ち着いて話し合い、理由を理解してもらいます。 話し合うときも、感情的な話し方ではなく、理性的な話し方が大切です。 理由によっては、企業側が配慮して、改善してくれることがあります。 誠意を見せることです。 辞めるのは、きちんと段階を経てからにしましょう。 辞めたくなれば、自分の都合を押し付けるのではなく、まず職場の代表者と相談する。

27
★1

インターンシップが終われば、体験から得たことをノートにまとめる。

インターンシップが終わった後に心がけてほしいのは、まとめです。 インターンシップは、濃い時間になるでしょう。 企業の中で就業体験できると、学ぶことが山ほどあり、頭がパンクの状態になるはずです。 そこで必要なのが、整理です。 インターンシップが終われば、体験から得たことをノートにまとめましょう。 特にまとめてほしい内容は、次の項目です。 ・体験を通して、発見できたこと ・体験して学んだこと ・学んだことは、どう生かしていきたいか ・体験して、足りないと気づいたこと ・足りないことは、どう補っていくか ・インターンシップの目的は、達成できたか ・今後の目標は、明確になったか インターンシップ全体を反省して、書いてみましょう。 もちろん余裕があれば、日記形式で書いてもかまいません。 まとめるのは、インターンシップの最終日か、終わった直後がいいでしょう。 「後から書けばいい」と思わず、記憶がはっきり残っているうちに書き留めることが大切です。 書くのが面倒と思うのが本音でしょうが、やはりまとめることが大切です。 「書き出す」という行為によって、学んだことが浮き彫りになります。 自分の成長も具体的に見えるようになるでしょう。 学校のレポートや、学生同士の報告会などで活用できます。 そのメモが、後で志望動機を作成するときの貴重な材料になるのです。 インターンシップが終われば、体験を振り返って、ノートにまとめる。

28
★0

インターンシップの最終日にしておきたい、2つのこと。

インターンシップの最終日にしておきたいことが、2つあります。 「お礼」と「レポートの提出」です。 (1)お礼 インターンシップの最終日は、お世話になった社員の皆さんにお礼を言いましょう。 できれば挨拶を一度で済ませるより、1人ずつ挨拶したほうが好印象です。 企業としても参加者から感謝をされれば「インターンシップを受け入れてよかった」と実感するでしょう。 また、最終日にお礼をしたとしても、後日メールでもお礼を伝えておくことをおすすめします。 お礼は、しすぎて困ることはありません。 一言のお礼があるだけで、インターンシップをきれいに締めくくれます。 (2)レポートの提出 余裕があれば、レポートも提出すると、なお喜ばれます。 迷惑になるのではないかと思いますが、決して迷惑になることはありません。 インターンシップで得たことをレポートにまとめて提出すれば、企業にとってフィードバックになります。 学生たちが、何をどう学んだのかが分かれば、次回のインターンシップに生かされるでしょう。 真剣な気持ちで参加すれば「○○大学の学生は素晴らしい」という評判が広がります。 翌年、後輩たちがその企業にインターンシップするときも、歓迎してくれるに違いありません。 インターンシップの最終日は、お世話になった社員の皆さんに、お礼を言う。

29
★0

インターンシップで得た機密事項は、外部に漏らさない。

インターンシップの仕事内容によっては、機密事項に及ぶことがあります。 たとえば、社外秘やプライバシーなどに関する情報です。 機密事項に触れる仕事の場合、おそらく事前に企業から守秘義務に関する誓約書を書かされるはずです。 では、誓約書を書かなければ漏らしてもいいかというと、そうではありません。 たとえ、誓約書を書いていなくても、社会人の常識としての守秘義務はあります。 見るつもりはなくても、見てしまうこともあるでしょう。 知るつもりはなくても、知ってしまうこともあるでしょう。 実際に企業の中に入りますから、企業の裏事情や機密事項を知ることは十分あり得ます。 インターンシップが終わると気持ちが緩みがちですが、重要なことまで口外しないように注意が必要です。 インターンシップで漏らした情報でトラブルを起こせば、就職活動に影響を与えることもあります。 インターンシップとはいえ、その企業の一員になったつもりになり、情報の扱いには注意しましょう。 インターンシップで得た機密事項は、外部に漏らさないようにする。

30
★0

インターンシップが終わって、終わりではない。

インターンシップが終わって、終わりではありません。 インターンシップが終われば、新しいスタートです。 体験から得たことをもとにして、次の目標を立てましょう。 たとえば、インターンシップで身につけた技術があれば、その技術をさらに磨くステップに進みます。 インターンシップで足りないと気づいたことは、その不足を補うステップに進むのもいいでしょう。 インターンシップで得たことを土台にして、次に進むイメージです。 生かすからこそ、経験した意味があります。 インターンシップが終わった瞬間をゴールと思わず、新しいスタートと考えることが大切です。 インターンシップが終われば、学んだことをもとに、次の目標を立てる。

同じカテゴリーの作品