就職活動

OB・OG訪問の
30のマナー

  • OB・OG訪問は、
    特別なことではない。
OB・OG訪問の30のマナー

もくじ
  1. OB・OG訪問は、特別なことではない。

    就職活動において、OB・OG訪問は必須ではありません。
    あくまで自発的に行うものであり、したくない人は、する必要はありません。
    実際のところ、OB・OG訪問をしようとすると、手間がかかります。

  2. OB・OG訪問が恥ずかしくて、したくない。

    「OB・OG訪問が恥ずかしい」
    そう思って、逃げ腰になっていませんか。
    会話に自信がなかったり、初対面が苦手であったりなど、避けたい理由はさまざまでしょう。

  3. OB・OG訪問をしている人は少ない。
    だから、狙い目。

    あなたの回りに、OB・OG訪問をしている人は、どのくらいいるでしょうか。
    おそらく少ないのではないでしょうか。
    そもそも「OB・OG訪問」という言葉すら、聞き慣れないかもしれません。

  4. OB・OG訪問の基本的な流れ。

    (1)OB・OGを紹介してもらう
    まず、就職したい企業に先輩がいないか、確認することから始まります。
    一般的には、大学の就職課に行けば、スムーズに確認できるでしょう。

  5. OB・OGがいない場合、どうするか。

    企業に面接するなら、OB・OG訪問をおすすめします。
    特に人気企業や大企業に面接するなら、必須と言っていいでしょう。
    その企業の理解を深めるためにも、事前にOB・OGと会って、情報収集が必要です。

  6. 多くの人が見落としがちな、OB・OG訪問先とは。

    多くの人が見落としがちな、OB・OG訪問先があります。
    親です。
    親は、身近すぎる存在のため、すっかり見落としていることがあります。

  7. 女性がOB・OG訪問をする場合、1人目は女性がよい。

    女性がOB・OG訪問をする場合、連絡しやすい先輩から訪問するのが一般的でしょう。
    もちろん基本はそれでいいのですが、少し意識したいこともあります。
    訪問相手を選べる状況があるなら、できるだけ女性の先輩を優先させるほうが安心です。

  8. OB・OG訪問を申し込むと、志望動機を聞かれた。
    その意味とは。

    OB・OG訪問を申し込むと、突然、志望動機を聞かれることがあります。
    なぜ、志望動機を聞こうとするのでしょうか。
    それは、あなたの熱意を確認するためです。

  9. 「忙しくて会うのは難しい」と言われたとき、諦めるしかないのか。

    人脈を通してOB・OGと連絡を取れても、残念な返事が返ってくることがあります。
    「忙しくて、会うのは難しい」
    「最近、仕事が忙しくてね」

  10. 突然の訪問は、マナー違反。

    「電話やメールが面倒。突然訪問してもいいのではないか」
    いわゆる、出待ちです。
    事前の連絡もなく、突然OB・OG訪問するのも、1つの方法です。

  11. 訪問する日時や場所は、先輩の都合に合わせたほうが好印象。

    OB・OG訪問は、突然の訪問は避け、事前に連絡をしましょう。
    先輩は、すでに働いている社会人です。
    いきなり出向いて、話をうかがおうとするのは、失礼です。

  12. うるさすぎる場所はいけない。
    静かすぎる場所もいけない。

    一般的にOB・OG訪問は、カフェやレストランで行います。
    先輩の都合に合わせたほうが好印象ですから、先輩の勤め先から近い店を優先するのがマナーです。
     

  13. 複数人でOB・OG訪問をするのは、失礼になるか。

    OB・OG訪問は、1対1でなければいけないルールはありません。
    状況によっては「複数人でOB・OG訪問をしたい」と思うこともあるでしょう。
    「複数人が1人の先輩から話を聞く」というスタイルです。

  14. OB・OG訪問を受け付けていない企業は、諦めるしかないのか。

    企業のウェブサイトを確認すると、次のような注意書きを見かけることがあります。
    「当社は、OB・OG訪問を受け付けておりません」
    企業によっては、最初からOB・OG訪問を断っているところがあります。

  15. 余裕があれば、手土産も持参したい。

    OB・OG訪問の際、余裕があれば、手土産を持参しましょう。
    必須ではありませんが、余裕があれば、心がけたいマナーです。
    先輩は、わざわざ時間を割いて、会ってくれています。

  16. 同じ約束の時間でも、学生と社会人では、考え方が違う。

    同じ約束の時間でも、学生と社会人では、考え方が違います。
    学生の場合「約束した時間までに到着すればいい」という考え方が多いのではないでしょうか。
    もちろん約束の時間前に到着さえすれば、間に合っていますから、約束どおりです。

  17. OB・OG訪問では、飲食の注文にも配慮。

    OB・OG訪問は、時間を要するため、長時間滞在できる場所で行われます。
    企業の会議室である場合もありますが、一般的には、喫茶店やレストランなどが中心になるでしょう。
    お店に入れば、注文しないわけにはいきません。

  18. 「いろいろ教えてください」は、失礼。

    OB・OG訪問の際、言ってしまいがちな一言があります。
    「いろいろ教えてください」です。
    面接のこと、企業のこと、社会のことなど、教えてほしいことが山ほどあるため、つい言ってしまうのでしょう。

  19. よくありがちな話の脱線を防ぐ方法。

    OB・OG訪問でよくありがちなのは、話の脱線です。
    聞きたいことからどんどん話がそれてしまい、収拾が付かなくなることがあります。
    福利厚生をしているうちに、社員旅行の話になる。

  20. OB・OGとの会話が、採用担当者に伝わることもある。

    OB・OG訪問は、正式な面接ではありません。
    非公式であり、ある程度、柔らかい雰囲気が許されます。
    場所も、喫茶店やレストランなどが一般的で、話しやすい雰囲気になるでしょう。

  21. 熱心な様子を見せることが大切。

    挨拶と自己紹介が終われば、さっそくノートを取り出し、質問を始めましょう。
    「いきなり質問を始めると失礼ではないか」と思いますが、逆です。
    むしろ、だらだらした時間を過ごすほうが失礼でしょう。

  22. 調べて分かることは、わざわざ聞かない。

    OB・OG訪問では、企業のウェブサイトに載っている情報を聞かないようにしましょう。
    企業のウェブサイトに載っている情報を聞くと「企業のウェブサイトを見ていないな」とばれてしまいます。
    「事前準備が不足している」と思われ、OB・OGをがっかりさせるでしょう。

  23. OB・OG訪問で聞きたい質問例。

    OB・OG訪問での質問は、基本的に自由です。
    自分が気になることを、どんどん聞いていけばいいでしょう。
     

  24. 質問順にも注意が必要。

    質問するときは、質問順にも注意しましょう。
    いきなり、デリケートな質問から始めるのは、避けたほうが賢明です。
     

  25. OB・OG訪問で聞かないほうがいい質問例。

    OB・OG訪問で聞きたい質問例があれば、逆に聞かないほうがいい質問例があります。
    意欲がないと誤解されたり、企業を疑ったりする質問は避けたほうがいいでしょう。
    ふざけたような質問も、避けるのがマナーです。

  26. 企業に特化した履歴書の確認は、OB・OGが適任。

    履歴書を確認してもらうのは、親・先生・友達だけではありません。
    OB・OG訪問でも、先輩にも履歴書を確認してもらいましょう。
    企業に特化した履歴書の確認は、OB・OGが適任です。

  27. 確保できる時間を決め、時間内に終わる。

    OB・OGと連絡の際に確認するのは、会える日時や場所だけではありません。
    どのくらい時間を確保できるかも、確認しておきましょう。
    30分かもしれませんし、2時間かもしれません。

  28. OB・OGに、ほかの社員を紹介してもらう。

    OB・OG訪問をすれば、ほかの社員を紹介してもらえないか、尋ねてみましょう。
    一連の質問が終わり、履歴書の確認も終わって、最後の段階で尋ねるといいでしょう。
    社員であるOB・OGは、当然、別の社員とのつながりもあるはずです。

  29. OB・OG訪問の後にすべきことは、お礼。

    OB・OG訪問の後は、お礼を伝えましょう。
    会って話を聞いて終わりというのは、就職活動をする人として好ましくありません。
    面接が終わったときと同様、OB・OG訪問が終わった後も、お礼の連絡を入れましょう。

  30. OB・OG訪問を最大限に生かすために必要なのは、近状報告。

    お礼のメールは、OB・OG訪問が終わった直後だけとは限りません。
    余裕があれば、近状報告を心がけるといいでしょう。
    近状報告は、定期的でも不定期でも自由です。

同じカテゴリーの作品