人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
面接に持参したい、11の持ち物。
就職活動
緊張のせいで、質問内容を忘れたとき。
就職活動
嘘はNG。
誇張はOK。
就職活動
話すスピードが、早すぎないか。

就職面接
30基本マナー

お気に入り14 読んだ
2

面接かせない、
メラビアン法則

接をうまく対応するために、まず知ってほしい法則があります。

メラビアンの法則です。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した、人の印象を数値化した法則です。

メラビアンの法則によると、人が受ける印象の割合は、次のとおりとされます。

この割合から、面接で大切な順位も見えてきます。

私たちが面接といえば「回答が重要」と思いがちです。

もちろん重要であるのは事実ですが、最重要というわけではありません。

もう一度、メラビアンの法則を見てください。

話の内容からの印象は、たった7パーセントです。

わずかなのです。

実際に重要なのは、見た目と声の印象です。

 

たとえば、無表情で「頑張ります」という場合と、真剣な表情で「頑張ります」という場合を比べてください。

同じ発言でも、受ける印象はまったく違いますね。

真剣な表情で「頑張ります」というほうが、強い就労意欲が伝わってくるでしょう。

話す内容も大切ですが、現実では、見た目と声が印象の大半を占めるのです。

 

さて、メラビアンの法則に従って面接の優先順位を考えると、次のようになります。

1に見た目、2に声、3に話の内容です。

面接で最も大切なのは、見た目です。

清潔感のある服装を着ましょう。

椅子に座るときは、姿勢を正しましょう。

前を向いて話しましょう。

次に意識するのは、声です。

大きな声で、はきはき話しましょう。

気持ちを込めて、力強く説明しましょう。

話す内容を考えるのは、最後でいいのです。

見た目と声をしっかり整えておけば、面接対策の半分は、クリアできていると考えていいでしょう。

就職面接の基本マナー その2

  • 内容より、
    を、
    重視する
面接で必ず聞かれる質問は3つ。
自己紹介・自己PR・志望動機。

もくじ
(就職面接の30の基本マナー)

同じカテゴリーの作品