人生の教科書



就職活動
会話にはリラックス効果がある。
就職活動
緊張しないと考えれば考えるほど、緊張する。
就職活動
緊張しているのは、応募者だけではない。
面接官も緊張している。
就職活動
面接対策として、面接前のカラオケが効くかもしれない。
就職活動

面接で緊張しない
30の方法

  • 緊張しない人はいない。
面接で緊張しない30の方法

もくじ

1
★1

緊張しない人はいない。

面接で緊張するのは、おかしなことでしょうか。 いいえ、まったくおかしなことではありません。 むしろ自然なことです。 自分の人生を決める重要な場面なのですから、誰でも緊張するのが普通です。 緊張している自分を「情けない人間」と攻めないことです。 自分を責めると、余計にプレッシャーがかかり、緊張が強くなります。 誰もが緊張するものであり、当たり前のことだと考えたほうが、緊張は和らぎます。 いけないのは、過度の緊張です。 適度な緊張なら、間違いを防ごうとする注意力を高めるため、面接に役立ちます。 ちなみに緊張しているのは、応募者だけではありません。 面接官も緊張しています。 面接官は平静を装っているかもしれませんが、心の中で「どんな応募者なのだろうか」とどきどきしています。 緊張の度合いに違いはあれ、実はお互いに緊張しているのです。 緊張は誰もがするものだと考える。

2
★1

スーツに着慣れておかないと、面接で緊張しやすくなる。

学生が就職活動をする際に着用する服と言えば、スーツです。 初めてスーツを着たとき、何とも言えない印象を受けるでしょう。 一言で言えば、堅苦しい雰囲気です。 この堅苦しさがいいのですが、着慣れていない雰囲気も出てしまいがちです。 ぎこちない動きになり、落ち着かないことでしょう。 着慣れていない違和感のため、面接の緊張感が増して、自然な返事がしにくくなるかもしれません。 「衣装を着ている」という感じが出て、面接官から見ると、頼りない様子に見えることもあるでしょう。 せっかく立派なスーツを身につけても、ぎこちない動きでは不格好です。 そこで、おすすめしたいことがあります。 就職活動中は、できるだけ普段からスーツを着るようにしましょう。 スーツの違和感がなくなり、自然と感じるくらいまで着慣れるのです。 スーツに着慣れている学生とそうでない学生とでは、面接官に与える印象が違います。 スーツに着慣れている学生のほうが、堂々として落ち着いた雰囲気が出るため、頼りがいがあるように見えるのです。 スーツを着慣れた本人にとっても、スーツの違和感が少なくなる分、面接に集中しやすくなるでしょう。 しばらくの間は、意図的に着る機会を増やしましょう。 スーツが特別な服装と思わないくらいによく着て、体になじませておきましょう。 就職活動中はスーツをよく着て、着慣れておく。

3
★8

緊張は、苦しむものではなく、楽しむもの。

緊張は、苦しむものではありません。 苦しむものだと考えるから、悪いことだという認識が生まれ、恐怖を感じます。 そもそも「緊張=悪」という先入観を抱いているのが、よくないのです。 緊張という物体がどこかにいて、あなたに攻撃を仕掛けてくるわけではありません。 自分が勝手に心の中で作り出し、暴れさせているだけです。 緊張を作る原因は外部にありますが、緊張するかどうかは自分次第。 緊張は、楽しむものと考えましょう。 楽しむものと考えれば、恐怖や緊張も、前向きになって楽しめます。 ちょっとしたスリルを味わうものだと考えればいいのです。 ミステリー小説を読むと、わくわくした気持ちになるのと同じです。 「どうなるんだろう」という不安定な状態を楽しみながら、少しずつ先に進みます。 緊張を楽しむ姿勢は、人生を楽しむ姿勢です。 緊張を楽しむものと考えて、前向きに受け入れたとき、緊張が敵ではなく味方になります。 いつのまにか緊張が、快感に変わっているでしょう。 前向きになって、緊張を楽しむ。

4
★3

面接前の緊張を和らげるには、履歴書の音読が効果的。

何もしないでじっとしていると、不安ばかりが大きくなり、余計に緊張します。 「どうしよう。うまくいくかな。緊張するな」 ネガティブなことばかりを考えやすくなる。 ネガティブになっていると、余計にネガティブを考えてしまうという魔のループ。 そんな悪循環を断ち切るときは、作成した履歴書を読みましょう。 自己PRと志望動機を中心に読むといいでしょう。 できれば黙読ではなく、声に出して読むのがおすすめです。 スポーツでいう、試合前の準備運動のようなものです。 体を動かすことで、筋肉が温まり、緊張が和らいでいきます。 履歴書を音読して口を動かすことで、顔の筋肉が温まり、緊張が和らいできます。 自己PRや志望動機の復習にもなるため、効果的です。 もし、周りに人がいて迷惑になるなら、小さな声で読んでもかまいません。 小さな声さえ厳しければ、声は出さず、口を動かすだけでもかまいません。 何もしないでじっとしているよりは、はるかに建設的です。 「面接に向けて何かをしている」という状況が安心感をもたらし、緊張が和らいでくるのです。 面接前は、履歴書を音読して、面接前の緊張を和らげる。

5
★3

面接の練習回数に応じて、緊張に強くなる。

誰でもできる、本番の緊張を防ぐ単純な方法があります。 面接の練習回数を増やすことです。 少しでも多く、面接の練習をすることが大切です。 3回より5回、5回より10回です。 面接の練習をすればするほど、面接では緊張に強くなる傾向があります。 「緊張したらどうしよう」と悩んでいるだけでは、解決になりません。 緊張に悩む時間があれば、面接を練習する時間に充ててください。 何度も練習繰り返すことで、言いたい発言や適切な態度が、さっと表現できるようになります。 どんな質問にも対応できるという自信が、緊張を防ぐ効果を生むようになります。 練習、練習、また練習。 面接の練習を、1回でも多く繰り返しましょう。 難しいことは考えず、シンプルに、面接の練習回数を増やすことです。 練習回数を少しでも増やして自信を持つことが、本番の緊張を防ぐ具体策です。 面接の練習回数を、少しでも増やす。

6
★4

「面接」という名の小旅行。

面接会場まで距離が遠いなら、少し発想を変えてみましょう。 「面接をしに行く」ではなく「旅行をしに行く」と考えてみるのです。 もちろん目的は面接なのですが、あえて発想の転換です。 少し遠い土地まで出かける、日帰りの小旅行。 「メインは旅行。サブが面接」 そう考えれば、面接に向かうときの心持ちや足取りが軽くなるのではないでしょうか。 たとえ面接会場が近場でも、普段行かない場所に行くなら、旅行という考え方ができるのではないでしょうか。 地元を離れて別の土地へ行くなら、すべて旅行です。 新しい場所に向かうときは、気持ちが新鮮になり、わくわくしますね。 「どんな場所なのだろう。新しい世界を見たい。聞きたい。楽しみたい」 そんな旅行感覚を楽しめば、旅行の嬉しさが、面接の緊張感をかき消してくれるでしょう。 「面接も旅のついで」と考えれば、緊張感もきっと和らぐはずです。 「面接」という名の小旅行に出かけましょう。 発想を変えて「旅行のついでに面接をする」と考えてみる。

7
★1

緊張しないと考えれば考えるほど、緊張する。

緊張しやすい人には、ある特徴があります。 「緊張しないようにしよう」と考えていることです。 緊張しないことを考えているなら、緊張が抑えられると思いますが、そうではありません。 逆に、緊張を増幅させてしまいます。 緊張しないと考えるのは、緊張を考えているのと同じです。 「緊張しないようにしよう」と考えているとき、頭の中では、緊張している自分を想像しているのです。 しかも鮮明に、繰り返し想像しています。 緊張しないと考えれば考えるほど、余計なプレッシャーがかかり、緊張が強くなるのです。 面接前に「緊張しないようにしよう」と考えることほど、危険なことはありません。 では、どうするか。 面接前は、緊張について考えすぎないことです。 できれば「緊張」というキーワードすら思い浮かべません。 緊張を考えそうになれば、わざと別のことを考え、気を紛らわせます。 自己PRや志望動機の内容を復習したほうが、よほど気持ちを落ち着かせてくれるでしょう。 面接前は、緊張について考えすぎない。

8
★8

「面接をしに行く」と考えるから、緊張する。
「話をしに行く」と考えれば、安心できる。

「面接をしに行く」と考えるから、緊張します。 いかにも鋭い質問が飛んできて、しっかり回答しなければならないように感じます。 難しい試験を受けに行くような堅苦しさがあります。 まだ何もしていなくても、考えているうちに、だんだん疲れてきます。 ちょっとふざけた答えをすると怒られるのではないかという恐怖があります。 恐怖の妄想が膨らんで、嫌な予感ばかりが頭をよぎり、体が震え始める。 これでは緊張するのも無理はありません。 面接を受ける前から疲れてしまいます。 そこで、こう考えてみてください。 面接をしに行くのではなく、話をしに行くと考えるのです。 採用について、面接官と話をしに行くだけです。 将来のことで、ちょっと話をするような感覚です。 時にはそうしたユニークな見方のほうが、居心地のよい状況を作れる場合があります。 面接官は、あなたに会いたがっています。 自分の話をきちんと聞いてもらえる、絶好のタイミングです。 自分をしっかり表現して、働きたい気持ちを聞いてもらいましょう。 たくさん話をして、将来についての会話を楽しもうと思えば、面接に向かう足取りが軽くなるでしょう。 「面接をしに行く」ではなく「話をしに行く」と考える。

9
★1

適度な緊張はいい。
いけないのは、過度の緊張。

緊張には、2種類あります。 「適度の緊張」と「過度の緊張」です。 同じ緊張でも、それぞれはまったく別物と考えていいでしょう。 面接で防ぎたい緊張は、過度の緊張です。 緊張をしすぎると、心身がこわばり、自分らしくない行動になります。 体ががたがた震え始め、失態につながりやすくなります。 頭が真っ白になり、言いたいことがうまく言えません。 過度の緊張は避けるべきであり、何らかの対策が必要です。 一方、適度の緊張なら、むしろあったほうがいい。 適度な緊張は、注意力を高め、失言や失態を防ぐ効果があります。 適度な緊張感があるほうが、就職を希望する人らしい新鮮で初々しい雰囲気も漂うでしょう。 すべての緊張をなくそうと思わないことです。 適度に緊張しましょう。 適度の緊張なら、むしろ歓迎したほうがいいのです。 適度な緊張を味方につけ、身も心も引き締める道具として活用することが大切です。 過度の緊張は避け、適度な緊張をする。

10
★4

「少しくらい緊張してもいい」と思ったほうが、かえって緊張しない。

「絶対緊張してはいけない」と思うから、緊張します。 緊張をわずかでも感じると「これではいけない」と考え、焦りを感じます。 その結果、緊張が増えると、さらにまた「これではいけない」という焦りが増幅されます。 悪循環なのです。 ですから、逆に考えましょう。 「少しくらい緊張してもいい」と考えるのです。 「それでは余計に緊張しそう」と思うかもしれませんが、意外にも緊張を抑える効果があります。 「緊張してもいい」と考えるのは、自分に許可を与える行為です。 緊張しそうな自分を受け入れれば、安心感が出て、かえって緊張が和らぐのです。 少しくらいの緊張は、許容範囲です。 面接は本来、多少の緊張があったほうがいいのです。 適度な緊張は、注意力を高め、気持ちを引き締めること。 気持ちが引き締まっているほうが、失言や失態を防ぐ効果があります。 適度の範囲なら、緊張するのも大切なことなのです。 「少しくらい緊張してもいい」と考える。

11
★1

面接対策として、面接前のカラオケが効くかもしれない。

面接前の緊張対策として、人によっては有効かもしれない方法をご紹介します。 カラオケです。 「面接は緊張する」 「大きな声を出せるか不安」 「どうしても表情が硬くなってしまう」 そんな人は、面接直前にカラオケで歌ってみるのはいかがでしょうか。 カラオケで明るい曲を歌えば、自然と気持ちも明るくなるでしょう。 テンションが高くなり、面接直前の緊張を吹き飛ばす効果があります。 大きな声を出して歌えば、面接でもはきはきした声を出しやすくなります。 声を出す準備運動です。 ほんの数曲歌うだけで、気持ちはだいぶ晴れやかになるでしょう。 表情もよくなり、第一声から生き生きした声が出せるに違いありません。 テンションを上げるのは、面接中ではなく、面接前に上げておくほうがいい。 カラオケが自分に合っていると感じるなら、試してみる価値はあるでしょう。 面接前のカラオケで声を出し、テンションを上げていく。

12
★1

あなたには「お守り」と呼べる存在がありますか。

面接の緊張を少しでも防ぐために、お守りを持参してはいかがでしょうか。 お守りといえば、神社のお札やお守り袋を想像する人が多いのではないでしょうか。 もちろんお札やお守り袋もいいのですが、お守りの形に決まりはありません。 自分の好みに合わせて、自由に決めることができます。 たとえば、愛用のハンカチでもいいのです。 長期にわたる就職活動を共に戦ってきたハンカチを、お守りとして面接に持参します。 面接前のお手洗いのとき、そのハンカチで手を拭けば、ほっとする安心感に包まれるでしょう。 「いつも一緒に戦ってきたよね」 「多くの困難を一緒にくぐり抜けてきたね」 「このハンカチがあれば、きっとうまくいく」 お守りには、気持ちを落ち着かせてくれる効果があります。 勝負の場面にお守りを持参すれば、心強い仲間がそばにいるような感覚になり、いつもの自分を表現しやすくなるでしょう。 あなたには「お守り」と呼べる存在がありますか。 お守りは、ストラップでも腕時計でもスケジュール帳でもかまいません。 自分なりのお守りを準備しましょう。 お守りを面接に持参すれば、無意識のうちにプラスの効果を与えてくれるはずです。 面接の直前、お守りに触れて、勇気と元気をもらいましょう。 自分なりのお守りを決めて、面接に持参する。

13
★3

冷たい水で手を洗うだけで、落ち着ける。

面接直前のお手洗いでは、冷たい水で手を洗いましょう。 手が汚れていなくてもいいのです。 手を冷たい水で洗うことは、興奮して高ぶった気持ちを静める効果があります。 手は、たくさんの神経が集まっている部分です。 手を冷たく刺激することで、興奮していた神経が静まり、リラックス効果を生み出します。 温かい水ではいけないのです。 温かいと、かえって興奮を高めてしまうため、逆効果です。 冷たい水だからこそ、気持ちを静め、緊張を抑える効果があります。 私たちは、海から生まれました。 水に触れたときに安心するのは、生みの親に触れている感触があるのかもしれません。 冷たい水に触れ、手がきれいになることで、面接に向かう準備が整います。 冷たい水で手を洗うとき、できれば石鹸を使って洗いましょう。 石鹸で手を洗った後、手を軽くにおってみてください。 ほのかに香る石鹸のにおいは、とても落ち着きます。 石鹸のにおいは、人が落ち着くにおいの1つ。 清潔感のある香りをかぐことで、気持ちも浄化されるでしょう。 「冷たい水」と「石鹸の香り」の相乗効果で、落ち着かせる効果が倍増するのです。 面接直前は、冷たい水と石鹸で手を洗って、気持ちを落ち着かせる。

14
★1

緊張を悪者扱いしすぎると、緊張している自分まで、悪者に思えてくるだろう。

緊張したくらいで、即不採用になることはありません。 面接官も、緊張したくらいで不採用にするつもりはありません。 緊張したくらいで不採用になるのでは、応募者全員が不採用になるでしょう。 たとえプロスポーツ選手でも、本番前は緊張するものです。 プロにできないことが、素人にできるはずがありません。 面接官は「誰でも緊張して当然」と考えています。 もちろん緊張は、ないほうが楽ですが、絶対してはいけないものでもありません。 多少の緊張は許容範囲。 おかしなことではありません。 減点の対象になることもありません。 緊張を悪者扱いしすぎないことです。 緊張を悪者扱いしすぎると、緊張している自分まで、悪者に思えてくるでしょう。 緊張しているのは、人間らしい証拠です。 適度な緊張は、むしろ面接によい効果をもたらします。 注意力を高め、気持ちを引き締めてくれる、大切な感情なのです。 緊張を悪者扱いしすぎないようにする。

15
★4

緊張するから、表情が硬くなるのではない。
表情が硬いから、緊張する。

緊張している人は、必ず硬い表情をしています。 歯を食いしばる。 唇をかみしめる。 眉間にしわをよせる。 緊張しているから表情が硬くなるのも当たり前と思いますが、違うのです。 緊張するから、表情が硬くなるのではありません。 表情が硬いから、緊張するのです。 硬い表情をすると、表情筋からの電気信号が脳に伝わります。 脳は「今、危険が迫っている」と勘違いして、アドレナリンやノルアドレナリンなどのストレスホルモンを分泌します。 その結果、赤面したり、汗が出たり、体が震え始めたりするのです。 このことは、実際に試してみると、体感できます。 たとえば今、わざと硬い表情をしてみてください。 歯を食いしばる。 唇をかみしめる。 眉間にしわをよせる。 ぎゅっと力を入れて、自分の心境の変化に注目してください。 しばらくすると、だんだん暗くて嫌な気持ちになり、緊張を感じ始めるでしょう。 表情が硬いから、緊張するのです。 大切なことは、意識をして笑顔を心がけることです。 緊張を感じそうな場面になれば、楽しいことがなくても、にっこりとした笑顔を心がけましょう。 口角を上げて、柔らかい表情を意識するだけでもかまいません。 明るい笑顔をすると、表情筋からの電気信号が脳に伝わります。 脳は「今、楽しんでいる」と思い、エンドルフィンなどの快感ホルモンを分泌するようになります。 その結果、体の緊張が和らぎ、前向きで明るい気持ちになるのです。 緊張したときは、にっこりする。

16
★1

平常心を取り戻す魔法の言葉は「平常心」。

不安・緊張・焦りを感じたとき、すぐ平常心を取り戻す魔法の言葉があります。 平常心です。 心の中で「平常心」という言葉を、繰り返し唱えてください。 ゆっくり、丁寧に、やさしい言葉で語りかけるように唱えましょう。 心の中で唱えることで、自分に言い聞かせることができます。 「平常心、平常心、平常心……」 暗示の効果が生まれ、だんだん気持ちが落ち着いてくるでしょう。 状況が許せば、声に出してもかまいません。 言葉の力を借りましょう。 言葉には、不思議な力が宿っています。 冷静な言葉を使えば、心も冷静になっていきます。 自分を縛っていた見えない鎖が解かれ、ゆったりした気持ちを取り戻せるでしょう。 不安・緊張・焦りを感じたときは、心の中で「平常心」と唱える。

17
★2

不安や緊張の緩和には、軽いストレッチが効果的。

不安や緊張の緩和には、軽いストレッチが効果的です。 手首を振る。 首を回す。 肩を回す。 背伸びをする。 腰をくねらせる。 つま先立ちを繰り返す。 ストレッチには副交感神経の働きを高める作用があるため、不安や緊張を和らげる効果があります。 オリンピック選手が、本番前に手首を振ったり首を回したりする様子を見かけることがありますね。 あの動作は、単なるストレッチという意味だけでなく、不安や緊張を和らげる意味もあるのです。 面接前に軽いストレッチをすることで、落ち着いた心を取り戻すことができるでしょう。 ただし、注意が2つあります。 (1)やりすぎには注意する やりすぎると、体を痛めたり、かえって興奮を高めたりする場合があります。 ストレッチは、適度の範囲で心がけましょう。 (2)他の人がいる前ではしない 面接官や他の応募者がいる前で、露骨にストレッチをするのは避けたほうが賢明です。 不自然な動きをする応募者は、目立って選考に影響する場合があります。 ストレッチは、お手洗いなどの人目のつかないところで、こっそりするといいでしょう。 人目のつかないところで軽いストレッチをして、不安や緊張を和らげる。

18
★2

「うまくいくだろう」と考える人は、うまくいくだろう。
「うまくいかないだろう」と考える人は、うまくいかないだろう。

「就職活動は、うまくいきそうですか」 そう尋ねたとき、2とおりの答えが返ってきます。 「うまくいくだろう」と「うまくいかないだろう」です。 「うまくいくだろう」と答えた人は、きっとうまくいくでしょう。 「うまくいくだろう」という考え方は、いわゆるポジティブ思考です。 困難があっても、前に向かう力が強く、うまくいかせることを前提にしています。 転んだなら、起き上がる。 行き止まりなら、回り道をする。 できなければ、できる方法を考える。 さまざまなトラブルがあっても「うまくいくだろう」という前向きな考えがあるため、壁も乗り越えやすくなります。 一方「うまくいかないだろう」と答えた人は、就職活動が難航するでしょう。 「うまくいかないだろう」という考え方は、いわゆるネガティブ思考です。 暗い未来を考えていると、履歴書や面接でも、暗い様子が自然と表に出てしまい、悪影響を与えます。 考えるなら「うまくいかないだろう」より「うまくいくだろう」です。 「くだらない。そんな方法では、うまくいかないだろう」 ほら、その考え方がよくありません。 うまくいかないと思っていると、本当にうまくいかなくなります。 考え方を前向きに変えて、就職活動の成り行きをポジティブに変えるのです。 「うまくいかないだろう」より「うまくいくだろう」と、考える。

19
★3

「不採用になったらどうしよう」と考えた時点で、不採用に向かっている。

「不採用になったらどうしよう」と考えてはいけません。 「不採用になったらどうしよう」と考えたとき、あなたは何を想像していますか。 きっと、不採用になった自分を想像しているはずです。 面接官に叱られ、不採用通知を見て涙を流し、絶望で途方に暮れている様子を思い浮かべているでしょう。 暗い未来を考えていると、その気持ちが面接でも表に出てしまいます。 表情が暗くなったり、弱気になったり、おどおどした態度になったりなど、印象を悪くする原因になります。 つまり「不採用になったらどうしよう」と考えた時点で、不採用に向かっているのです。 考えたくなるかもしれませんが、ぐっとこらえましょう。 考えるなら、うまくいった状況を想像しましょう。 「不採用になったらどうしよう」と考えるのではありません。 「採用になったらどうしよう」と考えるのです。 考え方が前向きになり、明るい気持ちになれます。 「期待しすぎると、不採用になったときに、ひどく落ち込んでしまう」と思うかもしれません。 その弱腰がいけないのです。 その考え方が、すでに「不採用になったらどうしよう」になっています。 今あなたがすべき仕事は、明るく考えることです。 採用になったときの様子を思い浮かべ、未来に希望を持ちましょう。 「採用になったらどうしよう」と、考える。

20
★2

たった1回の深呼吸で、緊張は和らぐ。

面接直前の緊張を抑える簡単な方法は、深呼吸です。 名前を呼ばれて面接室のドアを開ける前に、大きな深呼吸をします。 大きく息を吸い込んで、ゆっくり吐きます。 わずか数秒の動作ですが、気持ちを落ち着かせる効果があります。 深呼吸は、副交感神経を意図的にコントロールできる方法です。 大きく息を吸い込むことで、体の中に大量の酸素が取り込まれます。 酸素が脳に供給され、気持ちが落ち着いてくるでしょう。 余裕があれば1回だけでなく、3回でもかまいません。 酸素が脳に行き渡り、緊張が和らぐだけでなく、頭の働きもよくなるのです。 これは面接に限らず、プレゼンの直前でも使える方法です。 「大切な場面の直前は深呼吸」と覚えておきましょう。 たった1回の深呼吸で、面接を左右するかもしれません。 名前を呼ばれたら、ドアを開ける前に深呼吸をする。

21
★4

深呼吸の長さと落ち着きは、比例する。

面接前には、緊張を和らげるために深呼吸をしましょう。 大きく息を吸い込むことで、大量の酸素が脳に行き渡ります。 落ち着くとともに、頭の働きも明瞭になるのです。 ただし、大きく息を吸って吐けばいいわけではありません。 深呼吸の素晴らしさが体感できるのは、深さより長さです。 深呼吸を、ゆっくりしてみてください。 ゆっくり息を吸って、ゆっくり吐きます。 このとき、目をつぶって深呼吸すると、いっそう効果的です。 視界からの情報が制限されることで、気持ちを落ち着かせることに、より集中しやすくなります。 できるかぎり時間をかけた深呼吸を心がけてみてください。 3秒より5秒、5秒より10秒です。 早い深呼吸より、ゆっくりした深呼吸のほうが、落ち着きやすくなることに気づくでしょう。 呼吸とは、自律神経を自分の意思でコントロールできる、唯一の方法。 時間をかけた深呼吸のほうが、副交感神経を刺激しやすくなり、落ち着きを取り戻す効果が強くなります。 焦っているときこそ、ゆっくりとした深呼吸を心がけることで、落ち着きを取り戻しましょう。 焦っているときこそ、目をつぶって、ゆっくりとした深呼吸を心がける。

22
★1

特別な日であっても、気持ちは「いつもどおり」を心がける。

面接の日は、特別な日です。 就職活動の中でも、採用の成否を決める上で、特に重要な1日になるでしょう。 面接は、スポーツの試合でいうトーナメントです。 勝負の1日であり、運命の1日。 面接の結果によって、さらに先の面接に進めるかどうかが決まります。 今までしてきた面接の練習をしっかり発揮して、自己PRや志望動機をうまく言わなければなりません。 しかし、特別な日であっても、それを意識しすぎないことです。 特別な日であると意識しすぎると、精神状態も特別になって、余計な緊張を促してしまいます。 興奮しすぎない。 難しく考えすぎない。 気合を入れすぎない。 大切なのは「いつもどおり」という心がけです。 特別な日であっても、気持ちはいつもどおりであることが大切です。 面接の日だけ特別なことを意識するのではなく、面接で練習してきたことを、いつもどおり表現するだけです。 いつもどおりの笑顔を心がける。 いつもどおりに自己紹介をする。 いつもどおりに自己PRと志望動機を話す。 自分らしさを維持でき、自分の表現がうまくなります。 「いつもどおりの自分を出していこう」と思えば、余計な緊張をしなくて済むのです。 「特別な日」とは考えず「いつもどおりの自分を出していこう」と考える。

23
★0

緊張すると、おなかを下しやすい体質の対処法。

人によっては、大変緊張しやすい人もいるでしょう。 緊張するだけなら、まだいいほうです。 中には、緊張するといつも体調まで悪くなり、おなかを下しやすい体質の人もいるはずです。 いわゆる、ストレス性の下痢です。 医学的にも認められ、医学用語の正式名称は「過敏性腸症候群(IBS)」と呼ばれます。 これまでの人生を振り返ってみてください。 試験の前、発表会の前、デートの前。 大事な日の前は、いつも体調が悪くなる。 心当たりのある人は、面接でも、やはり同じ状態になる可能性があります。 緊張したとき、おなかを下しやすい体質なら、面接前に下痢止めをおすすめします。 確実に防止できるわけではありませんが、何もしないよりは、効果的です。 「下痢止めを飲んだ」という安心感があるだけでも、やはり緊張感を緩和する効果があるはずです。 さらに面接では、一言断りを入れると安心です。 「本日の面接は、大変緊張しております。体調が少し不安定のため、途中で席を立つかもしれません。どうぞご了承ください」 あらかじめ事情を説明しておけば、面接官も理解してくれるでしょう。 万が一、本当に席を離れることがあったとしても、印象の悪化を、比較的軽く抑えることができるはずです。 緊張したとき、おなかを下しやすい体質なら、面接前に下痢止めを飲む。

24
★1

会話にはリラックス効果がある。

集団面接では、他の応募者の存在が気になり、圧倒されがちです。 みんな自分より、賢く、しっかりしているように見えるものです。 もちろん考えすぎなのですが、緊張していると思考に余裕がなくなり、極端に考える傾向があるのです。 その結果、緊張感がいっそう強くなり、自分で自分を追い詰めてしまうことがあります。 こうしたときに必要なのは、他の応募者との会話です。 集団面接前の待合室で待っている間、同席している他の応募者と軽く会話をしてみましょう。 もちろん大声を出したり大笑いしたりなど、騒ぐのはNGです。 自己紹介や軽い雑談など、あくまで挨拶程度の会話を楽しめばいいでしょう。 声のボリュームには注意して、常識の範囲内の話題を心がけます。 事前に軽く挨拶をしておくだけでも、緊張感はずいぶん和らぐはずです。 会話には、リラックス効果があります。 他の応募者と会話していくうちに、さらに緊張がほぐれていくでしょう。 待合室で同席している他の応募者と、挨拶程度の会話を楽しむ。

25
★2

実は面接官も、緊張している。

面接で緊張しているのは、応募者だけではありません。 実は面接官も、緊張しています。 「面接官のほうが立場は上なのだから、緊張するはずがない」と思いますが、立場の問題ではないのです。 面接官にも、緊張せざるを得ない状況があります。 面接官は上司から「採用」という大きな仕事を任されています。 新入社員がすぐ辞めることにでもなれば、その社員を採用した面接官にも責任が問われます。 多くの応募者から、自社にふさわしい人を見抜くことが必要です。 1人を雇うために、多くの時間と費用を掛けているため、人選に間違いがあってはいけません。 人選に間違いがあれば、面接官も、仕事の評価に悪影響が出るでしょう。 応募者は「面接を成功させる」と意気込んでいますが、面接官も「採用を成功させる」と意気込んでいます。 それが分かれば、緊張は和らぐのではないでしょうか。 あまり緊張すると、面接官も面接という仕事がうまく進められず、困ります。 考えていることは、お互い様なのです。 面接官も緊張していることに、気づく。

26
★1

面接中にも深呼吸をしよう。
ただし、ため息には注意。

緊張を抑えるためには、深呼吸が効果的です。 深呼吸をすれば、大量の酸素が脳に行き渡り、頭の働きをよくする効果もあります。 交感神経の興奮を抑えて、副交感神経を優位にさせるため、心を落ち着かせる効果もあります。 面接前には大きな深呼吸をして、適度な余裕を作るようにしましょう。 ただし深呼吸は、面接前にすれば十分というわけではありません。 面接中にも、深呼吸が必要です。 むしろ面接中のほうが、より重要です。 面接中は、緊張と堅苦しい雰囲気のため、呼吸が浅くなりがちです。 面接官との対応に集中する一方、自分への意識が弱くなり、呼吸が浅くなりやすいのです。 これになかなか自分では気づけない。 面接中に限って頭が真っ白になるという人は、呼吸が浅くなっている可能性があります。 呼吸の浅さが酸素不足を生み出し、無駄に緊張感を高めている場合があるのです。 そこで、あらかじめ面接中に深呼吸をするタイミングを決めておくのはいかがでしょうか。 深呼吸のおすすめのタイミングは、質問の区切りです。 質問が終わって次の質問に移るとき、深呼吸をしましょう。 ただし、大きく息を吸った後にすぐ息を吐くと、ため息になってしまいます。 鼻から息を大きく吸った後は、鼻からゆっくり息を吐き出しましょう。 吐くときは、吸うより、長い時間をかけます。 面接中にも深呼吸をすることで、常に新鮮な酸素を脳に運び続けることができるようになります。 シンプルな方法ですが、効果は抜群です。 面接中にも、区切りのいいところで深呼吸をしよう。

27
★4

ベストの返事を心がけると、緊張が倍増する。
ベターの返事を心がけると、緊張が半減する。

面接で、ベストの返事を心がけていませんか。 もちろんより完璧に近い返事を目指すのは、応募者として当然です。 できるだけ立派な返事を心がけることで、面接官は好印象を抱き、採用率もよくなるでしょう。 しかし、完璧を目指すときは、副作用に注意です。 完璧を目指そうとすると「絶対に間違えてはいけない」というプレッシャーが強くなり、余計に緊張します。 倍増した緊張のせいで、体は震えて、頭は真っ白になる。 余計にベストの返事がしにくくなる、という結果になるでしょう。 たとえ、ベストの返事ができたとしても、さらに別の問題が浮上します。 きちんとしすぎた返事をすれば、面接官は「借りてきた言葉」「暗記したセリフ」などと勘ぐるのです。 きれいすぎる返事ほど、素直に信じてもらいにくくなるでしょう。 台本通りに話をしている雰囲気が出てしまい、好印象にもつながりにくい。 ベストを目指すのは、ベストではありません。 ベターを目指すのです。 完璧でなくても、おおむねうまく答えることができれば、よしと考えます。 満点ではなく、合格点を目指すことです。 緊張してもいいのです。 緊張感がゼロの状態より、多少緊張しているほうが、応募者らしい初々しさが出るでしょう。 人間ですから緊張しますし、間違えることもあります。 多少のミスを許容すれば、人間味が増して、結果としてベストに近づけるはずです。 面接では、ベストではなく、ベターを心がける。

28
★3

緊張して、声が震えてしまうときの対処法。

「緊張して、声が震えてしまう」 そんなときは、まず心がけたいコツがあります。 いつもより声を大きくして話しましょう。 もちろん「大声」ではなく「少し大きめの声」を意識することが大切です。 大きめの声で話せば、震える声が引き締まります。 緊張感が半減して、勇気が倍増するでしょう。 大きめの声を出そうとすることで、気持ちに気合が入って、体の内側から元気がみなぎります。 緊張感を吹き飛ばし、震えも小さくなるのです。 完全に震えを抑える方法ではありませんが、ある程度抑えたいときに、意識するといいでしょう。 面接官に対しても、元気がある印象を与えられるため、一石二鳥です。 緊張して声が震えるときは、大きめの声を出す。

29
★3

緊張は、自白すると、半減する。

面接でリラックスしたくても、体が正直に反応してしまい、震えが止まらないことがあります。 体の震えは、止めようと思っても、簡単に止められるものではありません。 止めようと思うと、プレッシャーが大きくなり、余計に震えが大きくなるでしょう。 もし、どうしても震えが止まらなければ、思いきって次のような一言が有効です。 緊張を自白してしまうのです。 「慣れない場で大変緊張しております。お聞き苦しいとは思いますが、よろしくお願いいたします」 開き直って白状する。 自白すれば、隠す必要がなくなるため、精神的に軽くなります。 声が多少震えていても、ある程度寛大に受け止めてくれる傾向があります。 面接官も人間です。 面接官もかつては、就職活動を経験したはずであり、緊張する状況を理解してくれるはずです。 面接で緊張するのは自然なことであり、おかしなことではありません。 声が多少震えていても、事情を理解してくれるでしょう。 「情けない、自分の評価が落ちるのではないか」と思いますが、誤解です。 正直に告白できるのは、正直者であることの証明にもなります。 正直は、企業が求める重要要素の1つ。 正直に緊張を告白すると、場合によっては、評価が下がるどころか高くなることもあります。 緊張を隠し切れないときは、思いきって自白する。

30
★2

失言の後は、失言をしやすい。
失態の後は、失態をしやすい。

面接で、失言や失態をしてしまうことがあります。 本来は防ぐことができればいいのですが、やはり人間ですから、不注意があるものです。 「しまった」 「どうしよう」 「もうダメだ」 焦ったり混乱したりして、一瞬にして動揺してしまうでしょう。 ここが注意なのです。 犯した失敗を気にしていると、次の質問に移っても、話に集中できなくなります。 失言の後は、失言をしやすい。 失態の後は、失態をしやすいのです。 動揺や混乱をしていると、余計に失敗しやすくなります。 たしかに失敗があったのは事実ですが、終わったことは仕方ありません。 うっかり失言や失態をしても、いつまでもずるずる引きずらないことです。 引きずったところで、失敗を挽回できるわけではありません。 大切なことは、さっと気持ちを切り替えること。 失言や失態があっても、さっと気持ちを切り替え、次の質問に集中しましょう。 失敗した瞬間に、そのことを忘れるくらいでいいのです。 失敗については、面接が終わってから反省しましょう。 失敗の有無にかかわらず、面接中は、常に今に集中することが最優先です。 うっかり失言や失態をしても、さっと気持ちを切り替える。

同じカテゴリーの作品