就職活動

面接で緊張しない
30の方法

  • 緊張しない人はいない。
面接で緊張しない30の方法

もくじ

緊張しない人はいない。

緊張しない人はいない。

面接で緊張するのは、おかしなことでしょうか。
いいえ、まったくおかしなことではありません。
むしろ自然なことです。

スーツに着慣れておかないと、面接で緊張しやすくなる。

スーツに着慣れておかないと、面接で緊張しやすくなる。

学生が就職活動をする際に着用する服と言えば、スーツです。
初めてスーツを着たとき、何とも言えない印象を受けるでしょう。
一言で言えば、堅苦しい雰囲気です。

緊張は、苦しむものではなく、楽しむもの。

緊張は、苦しむものではなく、楽しむもの。

緊張は、苦しむものではありません。
苦しむものだと考えるから、悪いことだという認識が生まれ、恐怖を感じます。
そもそも「緊張=悪」という先入観を抱いているのが、よくないのです。

面接前の緊張を和らげるには、履歴書の音読が効果的。

面接前の緊張を和らげるには、履歴書の音読が効果的。

何もしないでじっとしていると、不安ばかりが大きくなり、余計に緊張します。
「どうしよう。うまくいくかな。緊張するな」
ネガティブなことばかりを考えやすくなる。

面接の練習回数に応じて、緊張に強くなる。

面接の練習回数に応じて、緊張に強くなる。

誰でもできる、本番の緊張を防ぐ単純な方法があります。
面接の練習回数を増やすことです。
少しでも多く、面接の練習をすることが大切です。

「面接」という名の小旅行。

「面接」という名の小旅行。

面接会場まで距離が遠いなら、少し発想を変えてみましょう。
「面接をしに行く」ではなく「旅行をしに行く」と考えてみるのです。
もちろん目的は面接なのですが、あえて発想の転換です。

緊張しないと考えれば考えるほど、緊張する。

緊張しないと考えれば考えるほど、緊張する。

緊張しやすい人には、ある特徴があります。
「緊張しないようにしよう」と考えていることです。
緊張しないことを考えているなら、緊張が抑えられると思いますが、そうではありません。

「面接をしに行く」と考えるから、緊張する。
「話をしに行く」と考えれば、安心できる。

「面接をしに行く」と考えるから、緊張する。「話をしに行く」と考えれば、安心できる。

「面接をしに行く」と考えるから、緊張します。
いかにも鋭い質問が飛んできて、しっかり回答しなければならないように感じます。
難しい試験を受けに行くような堅苦しさがあります。

適度な緊張はいい。
いけないのは、過度の緊張。

適度な緊張はいい。いけないのは、過度の緊張。

緊張には、2種類あります。
「適度の緊張」と「過度の緊張」です。
同じ緊張でも、それぞれはまったく別物と考えていいでしょう。

「少しくらい緊張してもいい」と思ったほうが、かえって緊張しない。

「少しくらい緊張してもいい」と思ったほうが、かえって緊張しない。

「絶対緊張してはいけない」と思うから、緊張します。
緊張をわずかでも感じると「これではいけない」と考え、焦りを感じます。
その結果、緊張が増えると、さらにまた「これではいけない」という焦りが増幅されます。

面接対策として、面接前のカラオケが効くかもしれない。

面接対策として、面接前のカラオケが効くかもしれない。

面接前の緊張対策として、人によっては有効かもしれない方法をご紹介します。
カラオケです。
「面接は緊張する」

あなたには「お守り」と呼べる存在がありますか。

あなたには「お守り」と呼べる存在がありますか。

面接の緊張を少しでも防ぐために、お守りを持参してはいかがでしょうか。
お守りといえば、神社のお札やお守り袋を想像する人が多いのではないでしょうか。
もちろんお札やお守り袋もいいのですが、お守りの形に決まりはありません。

冷たい水で手を洗うだけで、落ち着ける。

冷たい水で手を洗うだけで、落ち着ける。

面接直前のお手洗いでは、冷たい水で手を洗いましょう。
手が汚れていなくてもいいのです。
手を冷たい水で洗うことは、興奮して高ぶった気持ちを静める効果があります。

緊張を悪者扱いしすぎると、緊張している自分まで、悪者に思えてくるだろう。

緊張を悪者扱いしすぎると、緊張している自分まで、悪者に思えてくるだろう。

緊張したくらいで、即不採用になることはありません。
面接官も、緊張したくらいで不採用にするつもりはありません。
緊張したくらいで不採用になるのでは、応募者全員が不採用になるでしょう。

緊張するから、表情が硬くなるのではない。
表情が硬いから、緊張する。

緊張するから、表情が硬くなるのではない。表情が硬いから、緊張する。

緊張している人は、必ず硬い表情をしています。
歯を食いしばる。
唇をかみしめる。

平常心を取り戻す魔法の言葉は「平常心」。

平常心を取り戻す魔法の言葉は「平常心」。

不安・緊張・焦りを感じたとき、すぐ平常心を取り戻す魔法の言葉があります。
平常心です。
心の中で「平常心」という言葉を、繰り返し唱えてください。

不安や緊張の緩和には、軽いストレッチが効果的。

不安や緊張の緩和には、軽いストレッチが効果的。

不安や緊張の緩和には、軽いストレッチが効果的です。
手首を振る。
首を回す。

「うまくいくだろう」と考える人は、うまくいくだろう。
「うまくいかないだろう」と考える人は、うまくいかないだろう。

「うまくいくだろう」と考える人は、うまくいくだろう。「うまくいかないだろう」と考える人は、うまくいかないだろう。

「就職活動は、うまくいきそうですか」
そう尋ねたとき、2とおりの答えが返ってきます。
「うまくいくだろう」と「うまくいかないだろう」です。

「不採用になったらどうしよう」と考えた時点で、不採用に向かっている。

「不採用になったらどうしよう」と考えた時点で、不採用に向かっている。

「不採用になったらどうしよう」と考えてはいけません。
「不採用になったらどうしよう」と考えたとき、あなたは何を想像していますか。
きっと、不採用になった自分を想像しているはずです。

たった1回の深呼吸で、緊張は和らぐ。

たった1回の深呼吸で、緊張は和らぐ。

面接直前の緊張を抑える簡単な方法は、深呼吸です。
名前を呼ばれて面接室のドアを開ける前に、大きな深呼吸をします。
大きく息を吸い込んで、ゆっくり吐きます。

深呼吸の長さと落ち着きは、比例する。

深呼吸の長さと落ち着きは、比例する。

面接前には、緊張を和らげるために深呼吸をしましょう。
大きく息を吸い込むことで、大量の酸素が脳に行き渡ります。
落ち着くとともに、頭の働きも明瞭になるのです。

特別な日であっても、気持ちは「いつもどおり」を心がける。

特別な日であっても、気持ちは「いつもどおり」を心がける。

面接の日は、特別な日です。
就職活動の中でも、採用の成否を決める上で、特に重要な1日になるでしょう。
面接は、スポーツの試合でいうトーナメントです。

緊張すると、おなかを下しやすい体質の対処法。

緊張すると、おなかを下しやすい体質の対処法。

人によっては、大変緊張しやすい人もいるでしょう。
緊張するだけなら、まだいいほうです。
中には、緊張するといつも体調まで悪くなり、おなかを下しやすい体質の人もいるはずです。

会話にはリラックス効果がある。

会話にはリラックス効果がある。

集団面接では、他の応募者の存在が気になり、圧倒されがちです。
みんな自分より、賢く、しっかりしているように見えるものです。
もちろん考えすぎなのですが、緊張していると思考に余裕がなくなり、極端に考える傾向があるのです。

実は面接官も、緊張している。

実は面接官も、緊張している。

面接で緊張しているのは、応募者だけではありません。
実は面接官も、緊張しています。
「面接官のほうが立場は上なのだから、緊張するはずがない」と思いますが、立場の問題ではないのです。

面接中にも深呼吸をしよう。
ただし、ため息には注意。

面接中にも深呼吸をしよう。ただし、ため息には注意。

緊張を抑えるためには、深呼吸が効果的です。
深呼吸をすれば、大量の酸素が脳に行き渡り、頭の働きをよくする効果もあります。
交感神経の興奮を抑えて、副交感神経を優位にさせるため、心を落ち着かせる効果もあります。

ベストの返事を心がけると、緊張が倍増する。
ベターの返事を心がけると、緊張が半減する。

ベストの返事を心がけると、緊張が倍増する。ベターの返事を心がけると、緊張が半減する。

面接で、ベストの返事を心がけていませんか。
もちろんより完璧に近い返事を目指すのは、応募者として当然です。
できるだけ立派な返事を心がけることで、面接官は好印象を抱き、採用率もよくなるでしょう。

緊張して、声が震えてしまうときの対処法。

緊張して、声が震えてしまうときの対処法。

「緊張して、声が震えてしまう」
そんなときは、まず心がけたいコツがあります。
いつもより声を大きくして話しましょう。

緊張は、自白すると、半減する。

緊張は、自白すると、半減する。

面接でリラックスしたくても、体が正直に反応してしまい、震えが止まらないことがあります。
体の震えは、止めようと思っても、簡単に止められるものではありません。
止めようと思うと、プレッシャーが大きくなり、余計に震えが大きくなるでしょう。

失言の後は、失言をしやすい。
失態の後は、失態をしやすい。

失言の後は、失言をしやすい。失態の後は、失態をしやすい。

面接で、失言や失態をしてしまうことがあります。
本来は防ぐことができればいいのですが、やはり人間ですから、不注意があるものです。
「しまった」

同じカテゴリーの作品