就職活動

就職活動の不安と悩みを軽くする
30の言葉

  • 丸い卵も、
    切りようで四角。
    四角い卵も、
    切りようで丸。
就職活動の不安と悩みを軽くする30の言葉

もくじ
  1. 丸い卵も、切りようで四角。
    四角い卵も、切りようで丸。

    「自分は取り柄がない」
    そう嘆くとき、ぜひ、聞いてほしいことわざがあります。
    「丸い卵も、切りようで四角」ということわざです。

  2. いい企業とは。

    「いい企業の見分け方」
    「いい企業のランキング」
    「いい企業に就職しよう」

  3. どの道に進んでも後悔するのが確実なら、後悔の少ない道を選べばいい。

    就職活動では、後悔のない道を選ぶことが大切です。
    自分の人生ですから、納得できる道が最善ですね。
     

  4. 毎日数キロのジョギングは、健康対策だけでなく、就職対策にもなる。

    「3キロのジョギングを、3年間続けています」
    この一言は、意外に面接官の心を動かします。
    「単なるジョギングではないか」と思いますが、企業にとって歓迎する点がいくつもあるからです。

  5. OB・OG訪問が少なければ、低い評価しか得られないのか。

    OB・OG訪問をしたことがあれば、一定の評価は得られます。
    もちろん人数が多ければ多いほど、評価も高くなりやすい傾向があります。
     

  6. 面接官役を演じることも、面接の練習になる。

    面接では、事前の練習が重要です。
    練習を通して、面接で聞かれるであろう質問の準備をしておけば、本番でもうまく答えられるでしょう。
    友達に面接官役を演じてもらい、交代して、次は自分が面接官役を演じる。

  7. 自分には大きな可能性が眠っていると信じることが大切。

    可能性が見つかってから「自分には可能性がある」と思うのではありません。
    「自分には可能性がある」と思うから、可能性が見つかるのです。
    可能性とは、何かを実現できる潜在的な要素。

  8. 企業研究の前に必要なのは、自分研究。

    就職活動を、企業研究から始めるのは得策ではありません。
    企業研究の前に必要なのは、自分研究。
    すなわち、自己分析です。

  9. 志望する企業が決まれば、すぐ本エントリー。

    志望企業が決まれば、すぐ本エントリーをしましょう。
    もちろん志望するか迷っている段階なら、気持ちや考えを整理する必要はあります。
    企業研究をしっかりして、自分に適した企業なのか、焦らず落ち着いて判断しましょう。

  10. どちらでもよい状況があれば、最後の判断基準は、自分の好み。

    就職活動のスーツには、常識の範囲があります。
    奇抜な色や柄のスーツは不適切ですが、シンプルなスーツなら、黒でもグレーでも問題ありません。
    スーツ売り場の店員に「どちらがいいでしょうか」と相談しても「どちらでも大丈夫ですよ」と言われる状況もあるでしょう。

  11. 就職活動に関する会合への参加も、就職活動の一環。

    就職活動の時期になると、就職活動に関するさまざまな会合を見かけるようになります。
    就職活動の基礎講座や説明会。
    面接マナーの練習会。

  12. 自分で決めたことなら、どんな道でも、自分の道。

    就職するか、進学するか。
    どの業界で働くべきか。
    複数の企業から内定をもらい、どの企業に入社しようか。

  13. 就職対策本を選ぶ基準で、大切にしたいこと。

    「この本、おすすめだよ」
    「就職対策なら、この本が一番」
    「就職活動なら、絶対この本しかない」

  14. メールの冒頭に役職や肩書を加えるだけで、丁寧な印象が出る。

    メールの冒頭は、相手の社名と名前を一緒に記載するのが一般的です。
     
    たとえば「○○株式会社 ○○様」という書き方です。

  15. 面接の不安を防ぐ、3つの想定。

    面接の不安を防ぎたければ、想定外を1つでも減らすことです。
    面接の対策をせず、場当たりで対応するのは危険です。
    面接で起こりうる出来事を徹底的に想定して、必要な対処をしっかり準備しておくのです。

  16. 初任給のいい仕事がある。
    だから、どうした。

    初任給のいい仕事があるとします。
    業界や職種の平均を大きく上回る初任給。
    それぞれの企業の初任給を比較して、できるだけ初任給のよいところを選びたくなる気持ちがあるでしょう。

  17. 履歴書を買う時点で、必要最低限を意識するのは、早すぎる。

    履歴書を、どんな買い方をするかです。
    「自分は10社くらい応募するから、履歴書も10枚くらいでいいかな」
    そう思って、予定に合った履歴書の枚数を買うのではないでしょうか。

  18. その企業に入社して、10年後の自分を想像する方法。

    「その企業に入社して、10年後にはどうなっているのか」
    就職活動では、就職だけでなく、就職してからの未来にも興味が出てくるのではないでしょうか。
    やはり入社してからも、充実した仕事をずっと続けたいと思うもの。

  19. 面接対応は、疑似的に仕事ぶりを見せているのと同じ状況。

    面接官は、応募者の面接対応から、働きぶりを想像します。
     
    たとえば、面接官がある質問をしたとき、応募者が企業の詳細データを使って答えたとします。

  20. 不幸だから、不幸になるのではない。
    不幸と思うから、不幸になる。

    不採用になった自分を、不幸と思わないことです。
    不幸だから、不幸になるのではありません。
    不幸と思うから、不幸になるのです。

  21. なぜ緊張していることを白状しても、評価は下がりにくいのか。

    面接で緊張したとき、正直に白状するのも、1つの賢い手段です。
    無理に緊張を隠さなくて済むため、心が楽になります。
    「第1志望である御社との面接で、緊張しています。お見苦しい点があれば、お許しください」

  22. 就職活動でマナーを心がける、もう1つの重要な理由。

    なぜ、就職活動では、マナーが必要なのでしょうか。
    最初に浮かぶ理由は、やはり相手に不快感を与えないためでしょう。
    マナーとは、相手に不快感を与えることなく、物事のやりとりをスムーズにする一連の動作基準です。

  23. 緊張しているのは、応募者だけではない。
    面接官も緊張している。

    面接官は、応募者の話を聞くことで、就業意欲を確認する責任があります。
    意地悪な質問をするのは、面接官の性格が悪いからではありません。
    本当は面接官も、優しく接したいと思っています。

  24. 応募者も忙しいが、採用担当者も忙しい。

    就職活動中の学生は、多忙な日々の連続です。
    自己分析を突き詰め、業界研究や企業研究に時間をかける。
    エントリーシートや履歴書を大量に書いて、多くの企業を回って、面接をする。

  25. 企業が求める人物像より、自分らしさ。

    就職活動では、企業が求める人物像の把握が重要です。
    企業が求める人物像が分かれば、自己PRや志望動機も、その企業に特化して考えやすくなります。
    手応えのあるポイントが分かれば、選考の突破率も高くなるのは確実。

  26. 小型の裁縫セットがあれば、面接直前にボタンが取れても安心。

    ボタンは、いつか取れるもの。
    ボタンをしっかり留めていても、糸は消耗品です。
    ほどけたりちぎれたりするトラブルは、どうしても避けられません。

  27. メガネとコンタクトレンズで迷ったときの判断基準。

    「メガネにするか。コンタクトレンズにするか」
    面接前に迷うときがあります。
    少しでもルックスの印象をよくしたいと思い、メガネとコンタクトレンズで迷う人もいるでしょう。

  28. 何でも仕事に結びつける話し方に、疑問を抱く必要はない。

    特技・資格・趣味。
    これらを答えるなら、どれも仕事に生かせる内容に絞って紹介するのが得策です。
    仕事に関係ない特技・資格・趣味まで話すと、応募者の人柄や特質がぼやけます。

  29. 営業の仕事を短期間で終わらせるには、どうすればいいか。

    文系の場合、入社後はまず営業を担当するのが定番です。
    販売活動は、会社の末端業務です。
    現場に出て、お客様と直接接する業務を担当します。

  30. 大企業に挑戦する難しさとは。

    大企業に志望する場合、履歴書や面接で、気をつけたいことがあります。
    採用担当者が聞き飽きているであろう内容を避けることです。
     

同じカテゴリーの作品