就職活動
内定の自慢は、友達関係を壊すもと。
就職活動
入社が決まれば、内定先にお礼をする。
就職活動
内定をもらった後は、必要書類の提出を忘れやすい。
就職活動
企業が内定を取り消す、6つのパターン。
就職活動

内定後から入社日までにしておきたい
30のこと

  • 内定をもらってからが、
    本当のスタート。
内定後から入社日までにしておきたい30のこと

もくじ
  1. 内定をもらってからが、本当のスタート。

    内定は、ゴールではありません。
    内定は、スタートです。
    社会人として自立するためのスタートです。

  2. 入社までの時間をどれだけ有効に使ったかで、入社後の仕事が変わる。

    めでたく内定が決まれば、喜んでばかりはいられません。
    入社が決まれば、入社までの時間を有効に使いましょう。
    企業に問い合わせて、入社までに必要なことを問い合わせ、事前に身につけておくのです。

  3. 複数の会社から内定をもらったが、選択が難しい場合、どうすればいいか。

    就職活動が順調に進み、複数の会社から内定をもらう場合があります。
    複数から内定をもらえるのは、素晴らしいことです。
     

  4. 内定が決まった後は、就職活動をしてはいけないルールはない。

    内定が決まってしばらくすると、だんだん別の不安を生じることがあります。
    「このまま入社していいのだろうか」
    「もっとふさわしい企業があるのではないか」

  5. 内定の自慢は、友達関係を壊すもと。

    内定をもらった後に気をつけたいのは、自慢です。
    「○○社から内定をもらったよ。やった!」
    日頃の努力が実れば、嬉しい気持ちがあふれ、言いふらしたくなるでしょう。

  6. 内定の数を、友達と比べない。

    内定をもらっても、落ち込む人がいます。
    よくあるパターンは、内定の数の比較です。
    他の人は、たくさん内定をもらっている一方、自分は1社しか内定をもらっていない。

  7. 内定をもらった後は、必要書類の提出を忘れやすい。

    内定をもらった後に提出しなければいけない書類があります。
    内定誓約書・健康診断書・卒業証明書などです。
    必要書類の提出を忘れていませんか。

  8. 就職活動を継続している場合、親睦会や研修の参加には慎重な判断が必要。

    内定をもらった企業から、親睦会や研修の案内が届くことがあります。
    もちろん第1志望の企業なら、親睦会も研修も、欠かさず出席したほうがいいでしょう。
    迷うことはなく、最優先をして当然です。

  9. 入社が決まれば、内定先にお礼をする。

    就職活動の末、いくつかの企業から内定をもらいます。
    検討を繰り返した結果、1社に決めるでしょう。
    企業と内定承諾書などの契約を交わせば、正式に決定です。

  10. 入社が決まっても、努力の継続を忘れない。

    「入社が決まった」
    ほっと一安心をして、胸をなで下ろしているところでしょう。
    もちろん就職活動の区切りがついたのですから、休憩するのもいいでしょう。

  11. 入社が決まっただけで、まだ将来が決まったわけではない。

    入社が決まっただけで、将来が決まったわけではありません。
    決まったのは、勤める企業と入社だけです。
    本当の将来を決めるのは、これからです。

  12. 入社後の成り行きが決まるのは、就職祝いの使い方。

    内定が決まれば、親や親戚などから記念の品物をいただくことがあります。
    代表的なものといえば、就職祝いです。
    一度に大金を入手すれば、誰でも気分が高揚して、ぱっと使いたくなるものです。

  13. 入社するまでに、旅行を経験しておきたい。

    入社するまでにおすすめしたいのが、旅行です。
    社会人になると、嵐のような多忙な日々が続くため、休暇が取りにくくなります。
    いつの間にか1日が終わり、瞬く間に1週間が過ぎていきます。

  14. 入社日までに、生活リズムを整える。

    入社日までに、生活リズムを整えましょう。
    今までは夜更かしも叱られる程度で済みましたが、社会人では本人の評価に関わります。
    さらに言えば、収入にも影響します。

  15. 仕事を始めていない今だからこそ、ストレス発散を考えるベストタイミング。

    入社日までに、ストレス発散の方法を考えておきましょう。
    「まだ仕事を始めていないのに早すぎるのではないか」と思いますが、早すぎではありません。
    むしろ、ベストタイミングです。

  16. 就職活動が終われば、あなたの出番。

    入社が決まれば、あなたの出番です。
    何の出番かというと、助ける出番です。
    就職活動に困っている友達や後輩がいれば、快く助けましょう。

  17. 体力は、なくて困ることはあっても、あって邪魔になることはない。

    入社日までに、体力をつけておきましょう。
    「体力と仕事は関係ない」と思うかもしれませんが、大いに関係します。
    体は、資本です。

  18. 内定の確定から入社日までの間は、印鑑を新しくするベストタイミングの1つ。

    無事に入社が決まれば、印鑑を新しくしてみてはいかがでしょうか。
    現在使っている印鑑は、どこから手に入れたものでしょうか。
    学生が使う印鑑の多くは、親からもらった印鑑が多いはずです。

  19. 印鑑は、自分の分身。

    就職を機に、印鑑を作ってみてはいかがでしょうか。
    社会人になれば、印鑑を押す機会が何かと増えます。
    状況によっては、押印後の印鑑の変更が、手間だったり難しかったりする場合もあります。

  20. 入社が決まった後のほうが、OB・OG訪問の価値が高い。

    OB・OG訪問は、入社が決まる前にするものとは限りません。
    企業から禁止されていないかぎり、OB・OG訪問は、入社が決まった後にもできます。
    「入社が決まったならOB・OG訪問をしても意味がない」

  21. 引っ越しの場所と時期には、慎重な判断が必要。

    入社が決まれば、引っ越しが必要になる場合があります。
    引っ越しを、いつ、どこにするか。
    簡単な話に思えますが、真剣に考え始めると、実は奥の深い決断です。

  22. 入社が決まれば、もう一歩踏み込んだ業界研究。

    「すでに業界研究はしている」
    そう思う人もいるでしょう。
     

  23. 気持ちよく入社を迎えるポイントは、内定式にある。

    内定をもらった後、企業によっては、内定式や懇親会などを開催することがあります。
    主な目的は、就業意欲を高めたり、内定者同士の親睦を深めたり、内定辞退者を防いだりなどです。
    すでに内定が決まっているため、以前よりは緊張が和らぎ、安心して出席できるでしょう。

  24. 企業が内定を取り消す、6つのパターン。

    一度内定を出したとしても、企業は内定を取り消すことがあります。
    企業が内定を取り消す代表例は、6つあります。
    (1)応募者の落第

  25. 内定式や懇親会などでふさわしい服装とは。

    内定が決まってから入社するまで、内定者が集まる場があります。
    内定式や懇親会などです。
    こうした場では、どのような服装で出席すればいいのでしょうか。

  26. 親睦会も研修も、受動的にならない。

    入社前に、親睦会や研修が行われることがあります。
    参加は自由ですが、入社を決めているなら、おろそかにするわけにはいきません。
    都合がつくかぎり、できるだけ出席したほうがいいでしょう。

  27. なぜ、わざわざ内定式や親睦会を開催するのか。

    内定が決まってから入社日までに、内定式や親睦会が開催されることがあります。
    開催しない企業もありますが、規模の大きな企業では、まだまだ健在です。
    内定式や親睦会も、企業にとっては費用も手間も時間もかかります。

  28. 入社誓約書を提出した後、辞退できるのか。

    入社誓約書を提出した後、事情があって、内定を辞退したい場合があります。
    誓約書という正式な書類を提出した後ですから、辞退が不可能であるように思えますが、実際はどうでしょうか。
    実は、基本的に辞退はできるのです。

  29. 大変な仕事だから、大きな成長ができる。

    「入社が決まったのはいいが、仕事が大変そうだ」
    そう思う人もいるでしょう。
    「大変な仕事でもいいから内定がほしい」と思っていたが、入社が決まったとたん、仕事への不安が強くなるもの。

  30. 学生生活でやり残したことはありませんか。

    学校を卒業すると、学生時代が恋しくなるものです。
    学生時代は、その価値に気づきにくいのですが、卒業したとたんに学生時代が恋しくなります。
    その恋しさたるや、強烈です。

同じカテゴリーの作品